「ソウル特別市」とは?

関連ニュース

韓国に行ったら絶対立ち寄りたい♡ かわいすぎな鉄板フォトジェニックカフェ - 04月23日(日)12:00 

はじめまして、ピンクやかわいいものが大好きなインスタグラマー小沼瑞季です!プライベートでは韓国に8回も行っているくらいの韓国マニア♡今回はそんな私が、韓国旅行で絶対行くべきフォトジェニックカフェをご紹介します♡インスタ映え120%  Bistopping(ビストピン) ♡小沼瑞季 mizuki konuma♡さん(@mizukikonuma)がシェアした投稿 - 2017 4月 15 5:38午前 PDTまずご紹介するのは、とってもかわいいアイスのお店「Bistopping(ビストピン)」。インスタグラムでも良く見かける人気店です。アイスクリームに、LOVEなど、自分の好きなかわいいトッピングができて、とってもかわいい!インスタ映え間違いなしのお店なので、カロスキルにきたときは必ず寄ってしまいます♡ 今までに3回ほど行っていますが、行くたびに増えていくトッピングも毎回の楽しみのひとつ。新沙(シンサ)駅の近くにあり、新沙駅からカンジャンケジャン通りがある方面にすこし歩きます。目印は公園の向かい! 少しわかりにくいかもしれないので、ナビを使って行くのがおすすめ。トッピング次第で料金には変動がありますが、大体1000円以内にはおさまるかと思います。アイスも自然素材を使っていておいしいですよ♡ リップとLOVEをトッピングするのがフォトジェニックでおすすめです!Bistopping住所...more
in English
カテゴリー:

「ソウル特別市」の画像

もっと見る

「ソウル特別市」の動画

Wikipedia

地域 リトル東京

漢江の岸辺にある龍山区二村洞(イチョンドン)はソウル在住日本人、特に駐在員が数多く住む地域であり、「ソウルのリトル東京」とも呼ばれる。通常この地域は東部二村洞(トンブイチョンドン)と呼ぶ。韓国鉄道・地下鉄4号線二村駅が最寄駅。

北には在韓アメリカ軍の龍山(ヨンサン)基地が広がり、ソウル中心部とは比較的孤立した地域で静かな高級団地が数多くある。もともとアメリカ軍基地が近かったことから二村洞付近には外国人居住者が多かったが、日本人の居住は日韓国交正常化以降、特に1970年代に入り企業駐在員や日本大使館員などが住み始めた。但し、もともと日本統治時代から日本人が多く居住していたのはこの地域である。上記アメリカ軍基地も元々は旧日本陸軍の朝鮮軍司令部をそのまま転用したものであり、この地域には日本統治時代の日本風建物が今なお多く存在している。

外国人が居住することから不動産価格が高騰し、敷金が殆どない場合では同地域の団地の入居には最も安くても月家賃が200万ウォンをくだらない。日本の食材を売る日本人向けの各種商店はもちろん、居酒屋、銀行には日本人専用窓口があり、幼稚園には日本人クラスまである。(ただし日本人専用窓口は二村洞が初めてではなく、最も早くできたのは旧ソウル銀行(後にハナ銀行に合併)鍾路5街支店である。二村洞にあるものはこれを真似た。)

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる