「ゼクシィ」とは?

関連ニュース

結婚相手選びの重要項目「セックスの相性」を考えてみる by 三松真由美 - 05月17日(木)10:30 

いくら仲のいい女友達でも、性に関する悩みは話しにくいもの。かといってネットの掲示板や、質問サイトの匿名のアドバイスでは不安・・・。 人には言えない性の悩みをきちんと相談できるのが、私、三松真由美が主宰する「恋人・夫婦仲相談所」。ここに集まる1万3000人のお悩みを元に、性についての話をしてみたいと思います。 今回のテーマはセックスの相性。 結婚とは一種の「契約」。人生のパートナーを選ぶことはすなわち、一生のセックスパートナーを選ぶことでもあります。結婚後の毎日の夜を楽しいものにするためにも、セックスの相性は、結婚相手を選ぶ最重要要素のひとつです。 ここを重要と考えずに、無視してしまうとあとでとんでもない事態になります。 では、セックスの相性がいいかどうかをどうやって見極めたらいいか? たくさんあるポイントの中から、今日は代表的な4つをご紹介しましょう。 1・生理的な「心地よさ」 よく「肌が合う・合わない」などという言い方をしますが、言葉や理屈ではなく、生理的に相手のことを「心地よい」と思うかどうかは重要なポイントです。 裸になって、ぎゅっと抱きしめられたときに感じる相手の匂い、肌の質感、筋肉や脂肪のつき方、体毛など、理屈では説明できないけど「気持ちいい」と感じるかどうかが最初のポイント。ここで生理的にダメな場合は、先に進むことはできません。 2・性欲の強...more
カテゴリー:

婚活、何からすればいい? 初心者向け婚活サービスの選び方 by トイアンナ - 05月16日(水)10:31 

こんにちは、トイアンナです。突然ですがあなたは婚活の種類をいくつ言えますか? アラサー女性なら少なくとも「友達の紹介」「合コン」「アプリ」くらいは出てくるのではないでしょうか。リクルートブライダル総研のデータによると、2017年に結婚した男女の11%が婚活サービス経由。いまや婚活は「当たり前」の時代となりました。 婚活業界を見ていると、近年はサービスの選択肢が増えています。2000年代の婚活サービスといえばオーネットやサンマリエなどの大手マッチングサイトへ登録するのが一般的でした。さらに前ならお見合い写真を親から見せられ、うんざりする光景もあったでしょう。 しかし今や、代表的な婚活を挙げろといわれても一つ二つに絞れないほど、サービスが多様化。正直、初心者さんには何が何だかわからないほど増えています。 そこで今回は初心者さん向けに、あなたがどの婚活サービスを選ぶべきか判定します! 「すぐデートする」ことに特化したサービスの登場 婚活を始めるなら、まずはこの質問を自分自身へしてください。 「とりあえず出会いたいか、じっくりメッセージをやりとりしてから出会いたいのか?」 婚活は大別して「すぐデート型」と「じっくり様子を見てから出会う型」へ分かれています。たとえばとにかく出会いたい方にとって、メッセージのやりとりは苦痛でしかありません。もっと、いきなりデートし...more
カテゴリー:

清潔感がない人は、結婚候補から外される! - 05月14日(月)11:00 

会った瞬間に結婚相手(夫)の候補から外される人っていますよね? 例えば、上から目線で接してきたり、好みでないと明らかに興味を失ったり、他人の悪口を言ったり…。そんな会った瞬間に、「この人はないな」と結婚相手の候補を外される特徴、気になりませんか? ■大部分の女性が結婚相手から外すポイントは「清潔感がない」! ということで、「会った瞬間に結婚相手から外すポイント」を男女別にアンケートで聞いてみました。まずは、20~40代の女性に「男性の外見と言動で結婚相手から外すこと」を質問。すると、 <男性の外見と言動で結婚相手から外すこと>※複数回答 1位:「清潔感がない」(73%) 2位:「上から目線で接してくる」(53%) 3位:「食べ方が汚い」(44%) 4位:「笑顔がなく暗い表情」(28%) 5位:「たばこを吸っている」(27%) 以下、6位「会話が続かない」(21%)、7位「顔がタイプではない」(17%)、8位「太っている」(13%)、9位「背が低い」(10%)、10位「ファッションセンスが悪い」(7%)でした。 1位は、断トツで「清潔感がない」こと。汚らしかったり、不潔だったりすると、生理的に受け付けられないという女性は多いかもしれません。2位は、「上から目線で接してくる」という言動の特徴でした。外見と言動で、具体的にNGポイントを聞いてみると、 <外見> ●「太っている...more
カテゴリー:

お見合いパーティで「カップル成立!」。その後の行動が運命を分ける!? by まる美 - 05月13日(日)10:30 

こんにちは、まる美です。 お見合いパーティは短時間に何人もの人と会話をします。気疲れをして終わるころにはヘトヘトになっています。 めでたくカップルが成立したらホッと力が抜けてしまいますが、カップル成立はあくまでもスタートラインに立った状態、本当の勝負はここからなんです。 カップル成立=お付き合い開始ではありませんからね。(連載8回目参照) カップルが成立したらそのまま食事やお茶に行くのが一般的です。そこでのやり取りや距離感がとっても大事になってきます。 パーティ後そのまま解散はNG 「もう遅いからまた後日会いましょう」などと言われてそのまま解散した人もいましたが私の場合、本当に後日ちゃんと会った人はいませでした。 パーティでは他にも沢山の人と話をしているので、その後じっくり話をしないとカップル成立した人とはいえ印象がどんどん薄まって忘れてしまうんですよね。これは相手も同じだと思います。たとえメールのやり取りをしていても盛り上がりに欠けてそのままフェードアウトしてしまうことが多かったです。 カップルが成立することを想定してパーティの後は予定を空けておくのがマナーだと思います。あと、周辺のお店もリサーチしておいた方がいいですよ。 盛り上がらない場合 2人きりで改めてじっくり話してみると「あれ…?思ってた感じと違う、話しが合わないかもしれない」と思うことも...more
カテゴリー:

価値観診断マッチングとデート調整代行が頼もしい『ゼクシィ縁結びアプリ』が新登場! - 05月12日(土)10:30 

生涯未婚率の増加が社会問題になっている、なんてニュースも耳にするけれど、全国には20代〜40代の結婚願望のある恋人のいない未婚男女がなんと720万人もいるのだとか。 リクルートブライダル総研が行った調査(2017年)では、男女とも「恋人がいない(できない)理由」の設問に対し、「出会いがないから」という回答がトップに挙がっているんです。 そう、出会いさえあれば…… ゼクシィ縁結びのアプリが新登場! 同総研の調査によると2016 年に結婚した人の11.3%がなんらかの婚活サービスで相手を見つけていて、この傾向は年々増加しているそう。 婚活サービスの存在は以前にくらべて当たり前のものになってきているんですね。 特にスマホひとつで手軽に始められる婚活アプリは、理想のマッチングを実現する大きな助けになってくれることでしょう。 そこで今回は、この春新しく登場した『ゼクシィ縁結びアプリ』をご紹介します! 18の質問に答える価値観診断がユニーク 2015年から婚活を応援する総合サービスとして始まった「ゼクシィ縁結び」。 ネット、イベント、結婚相談所と合わせて約60万人が利用しているこのサービスに2018年4月から加わったのが、スマホ利用に特化した『ゼクシィ縁結びアプリ』です。 ゼクシィ縁結び|はじめての婚活を応援する総合婚活サービス ...more
カテゴリー:

いくら課金した? 恋活・婚活マッチングアプリ利用の目的は?マクロミルが調査結果を公表 - 05月16日(水)13:00 

マクロミルは、「恋活・婚活マッチングアプリ」に関するリサーチ結果を公表した。■恋活・婚活マッチングアプリって、実際どうなの?オンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は、 2018年に374億円にまで成長すると予想されている(マッチングエージェント調べ)。恋愛・婚活マッチングアプリユーザーはこのアプリをどのように使い、恋人や結婚相手を見つけられた人はどのくらいいるのだろうか。恋活・婚活マッチングアプリの利用経験者1,000名に調査を実施した。【1】 恋活・婚活マッチングアプリの利用目的、「恋人づくり」76%がダントツ、次いで「結婚相手探し」41%。真剣なパートナー探しが多い中、「デート相手探し」「暇つぶし」も3割強 恋活や婚活などを目的としたスマートフォンのマッチングアプリを今までに利用したことのある20代~40代男女1,000人を対象に調査を行った。 恋活・婚活アプリを利用する(していた)目的を尋ねたところ、最も多かったのが「恋人づくり」で、ダントツの76%。 35ポイント差が開き、 2位が「結婚相手探し」で42%だった。真剣なパートナー探しを目的とする人が多い中、 3位以降には、「デート相手探し」36%、「暇つぶし」34%、「友達づくり」33%といった回答が挙げられ、真剣交際や結婚以外の目的を持つ人もいることがわかった。また、 6位は「どのようなものか試した」27%で、お試し感...more
カテゴリー:

許される「うち来る?」と許されない「うち来る?」 by oyumi - 05月15日(火)10:30 

こんにちは、oyumiです。 同じ「うち来る?」でも、許される「うち来る?」と許されない「うち来る?」がありますよね。上は許されないほうです。 自分から誘っていると見せかけて、あくまで責任は持たないスタイル。まるでこっちがお願いしているかのような対応を見せてくるわけですが、その手には乗らないぞ、と怒りを込めて「反省しろ」とだけ伝えたのがつい先日の私です。 まぁ許されるも何も、そんなものは本来付き合ってもいない男女間でよしとされるべきではないでしょうね。 知らない人のおうちには行っちゃいけません。当たり前のことですが。 前回の記事:女が求めている“男のかわいさ”を知り尽くした男 by oyumi 著者:oyumi 平成生まれ。幸の薄い人生を送っているうちに漫画やライター活動が始まりました。 ブログ:http://vaginally.hateblo.jp/ twitter:@oyumijp この作者の過去記事 oyumiさんの過去記事はこちら 【関連記事】結婚相手は「決めるもの」ではなく「わかるもの」♡ by 小原綾子お見合いパーティで「カップル成立!」。その後の行動が運命を分ける!? by まる美 価値観診断マッチングとデート調整代行が頼もしい『ゼクシィ縁結びアプリ』が新登場!「年収1000万円以上...more
カテゴリー:

結婚相手は「決めるもの」ではなく「わかるもの」♡ by 小原綾子 - 05月14日(月)10:30 

わたしはですね、【結婚相手というのはある程度「選ぶ」という感覚が必要だ!】という派閥に属する女のひとりです。 でもね、現在2回目の結婚生活を体験する中で、「選ぶ」の感覚で「決めて」しまわない方がいいんだろうなぁ、と思うようになっています。 「いつかその時一番好きな誰かと、そのうち結婚するんだろうな」 という感覚が幼少の頃からあったせいか、「結婚は、誰もがいつか、必ずするもの(そうなると決まっているもの)」と思っていました。 1回目の結婚は、わたしの親の都合で(希望で)結婚する!と「決めた」のですが、その時の気持ちというのは、当時の花婿となった元夫もわたしも、 別に「結婚したかった」というわけではありませんでした。 彼のことは大切だけど、結婚するほど好きかどうかなんてわかりませんでしたし、彼の国では結婚せずに長年同棲を続けるカップルがものすごく多かったですし、 「結婚なんて、まだまだ…」という心づもりだったのです。 しかし、当時のわたしは「決めた」のです。外国で彼氏の実家にホームステイしている娘の世間体を病的に気にしていた母のためにも、 そして何とか円満に帰国したかったわたしのためにも、結婚を「決めた」のでした。 たぶんね、初めて結婚する時って、本当に好きで好きで「ずーーーーっと一緒にいようね♡」って盛り上がりながら結婚す...more
カテゴリー:

新婚生活に必要なお金はどう準備したらよい? - 05月12日(土)20:30 

結婚のためにどれくらいのお金を貯めたらいいのでしょうか。リクルート「ゼクシィ新生活準備調査2017」によると、新生活準備のためにかかった費用総額(インテリア・家具、家電製品)の平均は56万3000円と…
カテゴリー:

サークル内の“出会い”は御法度?ミレニアル世代の恋愛観 - from AERAdot. - 05月12日(土)05:00 

今の20代の3人に1人は、会社やサークル内での恋愛に乗り気でない――。リクルートグループが25日開いた「ゼクシィ」の事業説明会で、そんな実態が報告された。婚活期に入ったミレニアル世代(1980年代以降生まれ)の恋愛観をひもとくと……。
カテゴリー:

もっと見る

「ゼクシィ」の画像

もっと見る

「ゼクシィ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる