「セールス」とは?

関連ニュース

【モバイル】2017年、iPadは進化をやめたのか? 値段を下げるだけに終わった「iPad」の新モデル - 03月26日(日)19:47 

http://news.mynavi.jp/articles/2017/03/26/ipad/ アップルは3月21日に、iPadのラインアップを刷新した。昨年3月にはアップル本社で発表イベントを開催し、 iPad Pro 9.7インチモデルを発表したが、今回はウェブサイト上での発表に留まった。その理由も、登場した新型iPadを見れば分かる。 アップルのiPadラインアップはこれまで、iPad Pro 12.9インチ・9.7インチモデルを頂点に、9.7インチのiPad Air 2、 7.9インチのiPad mini 4、iPad mini 2という5つの製品を取り揃えていた。 今回のアップデートで、iPad Air 2とiPad mini 2...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

小松政夫、植木等との秘話明かす「私を父親だと思えばいい」 - 03月26日(日)17:10 

阿川佐和子が、毎回各界で活躍する著名人とトークを展開する『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)。3月25日は、コメディアンの小松政夫が、芸能界入りのきっかけや、盟友・伊東四朗との共演秘話を語った。今年、芸能生活50周年を迎えた小松。高校卒業後に役者を目指して上京するも、アルバイトを転々とした後にコピー機会社にセールスマンとして就職。持ち前の明るさと話術で好成績を上げた彼は、その腕をかわれ営業マンとして自動車販売会社に転職した。役者への道が遠くなっていく中、雑誌の募集広告が大きな転機に。それはクレイジーキャッツのメンバーとして活躍していた植木等の付き人募集記事だった。「(週刊誌の中の)小さな囲みで“植木等の付き人兼運転手募集。やる気があるなら面倒見るよ~~~~~ん”って震えていたんですよ(笑)」と、インパクトのある広告に驚いたとか。「植木等が好きで好きでたまらなかった」と話す小松だが、その求人広告には600人が応募。高い倍率の中から見事選ばれた小松は「今で言うと、何か持ってるな(笑)」と、笑いながら当時のことを振り返った。植木等と初めて対面した場所は病院。その頃、植木は検査入院していた。映画やテレビのテンションとは違う静かな語り口の植木に緊張していた小松は「君は父親を早くに亡くしたようだ。私のことを父親だと思えばいい」と言われ、「あっ、私は一生この人についていこ...more
in English
カテゴリー:

サン・クェンティン刑務所のプログラミング学校を訪ねてみた、入所者に自尊心を与えている - 03月26日(日)10:37 

サンフランシスコの北の海沿いに、ヨーロッパの要塞のような建物があり、そこが3000名あまりの囚人たちの“家”だ。風光明媚なところだが、カリフォルニアの最古の刑務所サン・クェンティンの高い壁の内側では、刑務所の中庭などからそれを楽しむことはほとんどできない。 初めてその施設に入ったとき、メディアに付き添う護衛の一人が、天国は右、地獄は左、と言った。私の右手にはチャペルと、ムスリムやユダヤ人、クリスチャン、プロテスタントなどが礼拝する場所があった。左手には矯正センターがあり、暴力犯が収監されている。そこはカリフォルニアで唯一の、死刑囚監房だ。 丘を下りて中庭を通る。中庭では一人の囚人がトランペットを吹き、何人かがバスケットボールやジョギングをしている。そしてその先に、The Last Mile(TLM)のあるCode.7370という建物がある。以前は印刷工場だったそこに、今やサン・クェンティンでもっとも革新的な部分がある。そこでは、入所者たちが起業家としてのスキルやプログラミング、そしてWebデザインの初歩を学んでいる。 入所者の一人がサン・クェンティンの中庭でトランペットを吹いている。 昨日(米国時間3/23)は、The Last Mileが、California Prison Industry Authority(CALPIA)〔入所者たちの生産活動を管...more
in English
カテゴリー:

ベーヤン堀内孝雄、歌手生活45周年を迎え「サンキュー!!」 - 03月26日(日)06:00 

堀内孝雄が歌手生活45周年を迎え、3月25日に東京・日本橋三井ホールで記念コンサート「堀内孝雄45thアニバーサリーツアー2017」を行った。 【写真を見る】ベーヤン「サンキュー!!」 堀内孝雄は'71年12月25日にアリスを結成。アリスとして10年、ソロとして35年、計45年という活動の中でバンドで成功し、ソロとしても違うジャンルで成功してきた。 今回のコンサートは2部制で、1部はアリス時代の楽曲を中心に、愛用しているモーリス・アコースティックギターを携えのライブとなった。 1曲目はアリス時代の名曲で、さまざまなアーティストがカバーしている「遠くで汽笛を聞きながら」でスタート。楽曲の冒頭、堀内のアコギから歌いだされ、途中からバンドがアンサンブルしてくるというアレンジで、1曲目から堀内孝雄の世界で観客を魅了していく。 その後も「冬の稲妻」「夢去りし街角」「秋止符」といったアリスのヒット曲や、滝ともはるとデュエットしたビールのCMソング「南回帰線」などのメドレーが続き、1部の最後は化粧品のCMソングとして大ヒットした堀内の代表曲「君のひとみは10000ボルト」で締めくくった。 2部で堀内は、1部のカジュアルな雰囲気とはガラッとイメージを変えたグレーのスーツで登場し、「恋文」で幕を開ける。続いて、堀内が放送開始からシリーズ18作にわたって毎回主題歌を担当したドラマ「はぐれ刑事純情派」(...more
in English
カテゴリー:

【クルマ】なぜ「ジープ」はアメ車で唯一売れているのか - 03月25日(土)11:59 

http://toyokeizai.net/articles/-/162859 「米国人は毎年何百万台も日本車を買っているのに、日本人がほとんどアメリカ車を買わないのは不公平だ」 ドナルド・トランプ米大統領は、選挙戦中から日米自動車貿易の不均衡を批判し続けている。日本の自動車市場は 「先進国で最も閉鎖的」と言ってはばからない。実際2016年の新車販売全体のうち、輸入車(外国メーカー車)の割合は7.1%にとどまった。 アメ車人気は低迷、フォードが撤退 トランプ氏の不満は「アメ車」の低いシェアにも起因するといえる。日本の輸入車市場はドイツ系...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

小松政夫、植木等との秘話明かす「私を父親だと思えばいい」 - 03月26日(日)17:17 

阿川佐和子が、毎回各界で活躍する著名人とトークを展開する『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)。3月25日は、コメディアンの小松政夫が、芸能界入りのきっかけや、盟友・伊東四朗との共演秘話を語った。今年、芸能生活50周年を迎えた小松。高校卒業後に役者を目指して上京するも、アルバイトを転々とした後にコピー機会社にセールスマンとして就職。持ち前の明るさと話術で好成績を上げた彼は、その腕をかわれ営業マンとして自動車販売会社に転職した。役者への道が遠くなっていく中、雑誌の募集広告が大きな転機に。それはクレイジーキャッツのメンバーとして活躍していた植木等の付き人募集記事だった。「(週刊誌の中の)小さな囲みで“植木等の付き人兼運転手募集。やる気があるなら面倒見るよ~~~~~ん”って震えていたんですよ(笑)」と、インパクトのある広告に驚いたとか。「植木等が好きで好きでたまらなかった」と話す小松だが、その求人広告には600人が応募。高い倍率の中から見事選ばれた小松は「今で言うと、何か持ってるな(笑)」と、笑いながら当時のことを振り返った。植木等と初めて対面した場所は病院。その頃、植木は検査入院していた。映画やテレビのテンションとは違う静かな語り口の植木に緊張していた小松は「君は父親を早くに亡くしたようだ。私のことを父親だと思えばいい」と言われ、「あっ、私は一生この人についていこ...more
in English
カテゴリー:

福島産の桃が海外で大人気!!! - 03月26日(日)14:36 

福島県の特産品・モモの2016年の輸出量が30.6トンとなり、東京電力福島第1原発事故前の10年(23.9トン)を上回った。 原発事故後、各国の輸入規制で一度はストップしたものの、官民挙げてのセールスが奏功し、タイを中心に東南アジアで輸出を伸ばしている。 関係者は、海外での人気が国内で根強く残る風評の払拭(ふっしょく)につながればと期待している。 モモの出荷、原発事故前を上回る 海外で人気 http://mainichi.jp/articles/20170326/k00/00m/040/018000c ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

今夜放送「LEADERS リーダーズ II」モデルはトヨタ自動車、モデルとなった男たちも熱い - 03月26日(日)10:00 

今夜9時よりTBS系でスペシャルドラマ「LEADERS II」が放送される。3年前に放送された「LEADERS リーダーズ」の続編だ。前回より引き続き、佐藤浩市演じるアイチ自動車創業者・愛知佐一郎を主人公に、日本における自動車産業の草創期が描かれる。ただし、今回は自動車開発よりも、主に販売にスポットが当てられるという。その中心的役割を担うのは、内野聖陽演じる「山崎亘(わたる)」という人物だ。佐藤浩市演じる愛知佐一郎のモデルは、トヨタ自動車創業者の豊田喜一郎(何しろドラマにはトヨタが全面協力している)。これに対し、内野演じる山崎亘にもちゃんとモデルがいる。トヨタのお膝元・愛知県でトヨタ車の販売を担う愛知トヨタの初代社長、山口昇その人である。今回、劇中には山崎亘が支配人として勤める自動車販売店として「日の出モータース」という会社が出てくるが、山口昇はまったく同じ名前の会社でやはり支配人を務めていた。中等学校野球のエースが夜逃げするまで山口昇は、愛知県碧海郡新川町(現在の碧南市)の出身。ちなみに碧海郡は、昨年の大河ドラマ「真田丸」で内野聖陽の演じた徳川家康の生地・旧三河国に属する。山口は地元の高等小学校を1910(明治43)年に卒業すると、上京して慶應義塾の事務員をしながら同義塾の夜間商業に入学、さらに1913(大正2)年の春には慶應商工本科1年に転入学している。年齢的にはいまの高校生に...more
in English
カテゴリー:

プレゼンで自分の企画が通るようになる!中国古典最強の「人心操縦術」 - 03月25日(土)19:30 

■伝説の中国古典『鬼谷子』をラノベで読み解く!面白い企画のはずなのに企画会議に通らない。魅力ある商品なのに営業で結果が出せない……。そんな思いを抱えて、スタイリッシュなプレゼンの手法やセールストークの磨き方を学ぶ人は多いだろう。しかし、言葉で人を動かすには、表面的なテクニックだけでは足りない。必要なのは、いかに人の心を動かす状況をつくり、自分に有利な状況を整えるか、だ。そんな状況をつくり、自分の企画や提案を通す「人心操縦術」がある。伝説の中国古典「鬼谷子」の教えだ。二千年以上前の中国。苛烈な戦国時代において、「鬼谷子」の教えを学んだ遊説家たちは、権力者の心をつかみ、動かし、自分の策を採用させて軍師や参謀として確固たる地位を築いた。そんな「鬼谷子」の教えをビジネス小説の形で学べるのが『今日からヒラ社員のオレが会社を動かします。』(高橋健太郎著、草思社刊)だ。じつは本書には、『鬼谷子 100%安全圏から、自分より強い者を言葉で動かす技術』(草思社)という同著者による前著がある。こちらを理論編と位置づけるなら、本書は実践編とも言うべき一冊だ。物語の主人公は、大手出版社に吸収合併された弱小出版社出身の編集者。合併によって以前のような書籍企画が通らなくなったことに悩む主人公が、謎の老人から「鬼谷子」の教えを学び、言葉で人を動かし、自分の企画が通るように奮闘する、というストーリーである。ライト...more
in English
カテゴリー:

「サマー・オブ・ラブ」から50周年を祝う米サンフランシスコの2017年 - 03月24日(金)23:20 

 サンフランシスコ観光協会(SanFrancisco Travel Association)は3月23日、セールスミッションのために来日したのを機に、関係者を招いてのイベントを実施した。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「セールス」の画像

もっと見る

「セールス」の動画

Wikipedia

  • redirectセール...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる