「セールス」とは?

関連ニュース

Official: ポラリス「スリングショット」に、少しだけ快適性が増した「ミッドナイト・チェリー」エディションが登場! - 04月25日(火)19:00 

Filed under: コンバーチブル, 特別/限定車, パフォーマンス【ギャラリー】2017 Polaris Slingshot SL LE Midnight Cherry8 軽量スポーツカーの分野では、ケータハムやアリエル「アトム」、KTM「X-Bow(クロスボウ)」に注目が集まりがちだが、ポラリスも非常に愉快なトライク(3輪車)の「スリングショット」で健闘している。そして今回、そのスリングショットに特別モデルが仲間入りした。「SL LE ミッドナイト・チェリー」と名付けられた同モデルは、カスタム・ペイントと少しだけ向上した快適性が2大セールス・ポイントとなっている。 Continue reading ポラリス「スリングショット」に、少しだけ快適性が増した「ミッドナイト・チェリー」エディションが登場!ポラリス「スリングショット」に、少しだけ快適性が増した「ミッドナイト・チェリー」エディションが登場! originally appeared on Autoblog Japan on Tue, 25 Apr 2017 06:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
in English
カテゴリー:

小室哲哉「宇多田ヒカルとiPodが音楽界を変えた」 - 04月25日(火)08:09 

98年の年末はちょうど日本にいたんですが、デビューしたばかりの宇多田ヒカルさんの衝撃がすごかった。大みそかから元旦に切り替わったとき、 テレビで『Automatic』のスポットが大量に流れたのを鮮明に覚えています。宇多田さんは、スラングも交えてネイティブな英語を流暢に話す アメリカ育ちの逆輸入なのかと思いきや、お母さんがすごい人(藤圭子)だったり。 プロセスや出自など、どこを取っても斬新。それまでの日本の芸能界のスターとは違って、海外のパパラッチが追うような人たちに近いなと感じました。 当時の僕は、憧...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

マルケト、セールスエンゲージメントプラットフォームのToutAppを買収 - 04月24日(月)19:14 

[株式会社マルケト] 【カリフォルニア州サンマテオ - 2017年4月20日(米国本社リリース抄訳)】 エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーであるMarketo(本社、米国カリフォルニ...
in English
カテゴリー:

『ラ・ラ・ランド』ヒットから見る、サントラの重要性 ポップで踊れる楽曲が浸透 - 04月24日(月)10:10 

 『第89回アカデミー賞』で最多6部門を受賞したミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』。興行収入(2月24日から4月2日までの38日間で興収37億3600万円)のみならず、サウンドトラックも好調なセールスを記録している。2月17日に発売して以来、11週にわたりTOP100位入りし、累積7万9781枚(17年4/24付)を売り上げ最高3位を獲得している。こうした映画ヒットの背景には、あえて主題歌をメインにしない独自の音楽プロモーションが功を奏したようだ。 【写真】SNSでも話題の“ララポーズ” ◆“ララポーズ”がSNSで話題 若年層へのアプローチも成功  2月24日に公開され、現在も動員数を伸ばしている映画『ラ・ラ・ランド』。興行収入のみならずサウンドトラックも累積7万9781枚(17年4/24付)を売り上げ、最高3位と好調なセールスを記録。『第89回アカデミー賞』授賞式でも主題歌賞を受賞するなど公開前から映画とともに注目されていた同作の楽曲は、すべてオリジナル曲であることから新鮮さとポップさが売りとなり、話題性とともに幅広く訴求した。  また、あえて日本では主題歌ではなく別の楽曲をプロモーションとして使用した。その理由についてユニバーサル ミュージックの小林祐一氏は、「主題歌は『シティ・オブ・スターズ』ですが、日本のマーケットで効果的なのは冒頭のシーンで流れる『アナザー・デイ・...more
in English
カテゴリー:

「B to C」「USP」「ROAS」…分かる? ビジネスで使われるアルファベット略語 - 04月23日(日)23:00 

■知ってるようで意外に知らない「アルファベット略語」突然ではあるが、ビジネスの現場で使われる、次の略語の意味を答えられるだろうか?(1)「B to C」(2)「USP」(3)「ROAS」新卒の社会人にとってひとつの壁になるのは、ビジネスの現場で当たり前のように飛び交う略語化されたマーケティング用語だ。下手に先輩や上司に「さっきの会議で言っていた○○ってどういう意味ですか?」などと聞くと、「勉強不足」などのレッテルを貼られてしまうかもしれない。また、似たような略語と取り違えて、戸惑う場面もあるだろう。いち早く仕事に慣れるためにも、ビジネスの現場で使われている共通語としての略語は覚えておきたいもの。そこで役に立つのが、『webマーケッターのための最新アルファベット略語辞典』(『webマーケティング支援会議、株式会社サプリ著、秀和システム刊)だ。本書は、A〜Zまでのアルファベットで表されるマーケティングの略語の意味と使い方が網羅されている。Web関連の業界人にヒアリングし、「最低限これだけはしっておいたほうがいい」という略語が載っており、その略語ひとつひとつに対して、同じような場面で使われる略語との相関関係なども説明されている親切設計だ。冒頭の略語も本書から抜粋したものだが、それぞれ次のような意味である。(1)「B to C」(Business to Customer)企業と個人間の商取...more
in English
カテゴリー:

ベトナム航空、名古屋/中部〜ホーチミン線をデイリー化 ハノイ線を合わせてダブルデイリーに - 04月25日(火)18:12 

ベトナム航空は10月29日より、名古屋/中部〜ホーチミン線を、現在の週5便から毎日1便に増便する。 ベトナム航空は名古屋/中部〜ハノイ線も1日1便運航しており、両路線を合わせて、名古屋/中部とベトナムを1日2便で結ぶことになる。名古屋/中部〜ホーチミン線は、夏期スケジュールでは、火・木・金・土・日曜に運航しており、これに月・水曜が加わる。機材は、ビジネスクラス16席、エコノミークラス161席を配置した、エアバスA321型機を使用する。 近年はビザ発給要件の緩和やベトナムの経済成長、加えて円安が進んだことなどの理由で訪日客が急増し、1月から3月までは前年比33%増で推移した。中部国際空港を利用するベトナム人の出入国者数も、2013年は約16,000人だったものの、2016年には約50,000人と3倍以上に拡大している。東京や大阪への周遊ツアーを組みやすいことや、ホテルの料金が比較的安価であることから、選ばれることが多いという。さらに、ベトナムからの技能研修生の受け入れが進んでいることや、東京に次いで2番目に多い、中京圏の約18,000人の在日ベトナム人の親族訪問や帰省などの需要が高く、堅調な需要が見込まれることから、空港周辺の自治体や経済界が熱心にセールス活動を行ってきた。 中部国際空港の友添雅直代表取締役社長は記者会見で、「ハノイやホーチミンのほか、ベトナム中部のダナン、ニャチャン...more
in English
カテゴリー:

ドン底を味わったマクドナルドが、したたかに進めている「脱却」 - 04月25日(火)04:45 

期限切れの鶏肉の使用や異物混入問題などで大きく業績を落とした日本マクドナルドですが、企業努力により2016年第1四半期、ついに営業黒字に転換、以来好調をキープしています。その秘密はどこにあるのでしょうか。メルマガ『理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】』の著者でMBAホルダーの理央周さんが、同社の「コンセプトと価格設定」に注目し、好調の要因を探ります。 マクドナルドに見るコンセプトと価格設定 マクドナルドが好調だ。日本マクドナルドホールディングス株式会社のリリースによると、「ビジネスリカバリープランの着実な実行により、売上高、利益ともに対前年比で大幅に改善」とあり、「既存店売上高は5期ぶりのプラス、経常損益は3期ぶりの黒字を達成。さらに、29年度は継続的な成長のための投資とビジネスの強化に注力する」とある。 確かに、平成28年12月期通期連結決算状況には、通年の売上で対前年同期比、61,935百万円、16.4%の増。連結の営業利益も、30,370百万円の増となっている。 4月6日にリリースされた同社セールスレポートによると、2017年1月から3月まで、対前年比での売上が二けた増になっている。 4月1日から、男性を中心に人気があった「クォーターパウンダー」の販売を中止し、やはりマクドナルドには高めの価格設定のハンバーガーは難しいのか? と感じていた中...more
in English
カテゴリー:

First Drive: 【海外試乗記】ランボルギーニ アヴェンタドールS、全てをアップグレードし、唯一無二の世界を深化させた:島下泰久 - 04月24日(月)17:00 

Filed under: スーパーカー, 試乗記, ハイテク, ランボルギーニ, ニューモデル, イタリア  ランボルギーニ社のステファノ・ドメニカリCEOが言うには、いま世界的に若い世代からのランボルギーニへの支持が高まってきているのを実感しているという。理由は色々と考えられるが、ブレないコンセプトとそれをストレートに反映したデザイン、そしてその一方で大胆に進化し続ける姿勢こそが、きっと彼らを熱狂させているのだろう。中庸なんて興味は持たれないのが、今の世の中。その意味で、これほどまでに個性が確立したブランドは、他には無いというわけである。  最新作アヴェンタドールSは、まさにそんな今のブランドの勢いをそのまま凝縮した1台と言える。デビューからわずか5年で、10年間に渡って販売された前作ムルシエラゴの累計販売より3割以上も多くのセールスを記録したヒット作、アヴェンタドールLP700-4の発展型は、期待を大きく上回る進化を実現していたのだ。  まずは見た目からして進化ぶり、あるいは洗練ぶりは明らかである。独自の世界、獰猛な存在感を決して損なうことなく、クーンタッチから引用したリアホイールアーチの形状など、ツボを押さえた見所を用意し、しかもその上で新しさ、あるいは上質感をプラスしたエクステリアの仕立ては、見事と言うほかない。  しかも延長されたフロントスポイラー、新しいディフューザー、...more
in English
カテゴリー:

開発、営業、3回の産休をへてマネジャーに(わたしの働き方改革) - 04月24日(月)05:00 

 新卒で日本オラクルに入社した平井輝恵氏。オラクル一筋約20年。育児休暇を3回取得しながら、15年近くセールス部門で働き、2016年6月にサービスクラウドソリューション部部長に就いた。モーレツなキャリアウーマンなのか。その働きぶりは?
in English
カテゴリー:

ジョージ王子効果は不動産にも! 学校周辺の不動産物件の価格が急騰 - 04月23日(日)11:00 

ジョージ王子の身に着けるものは何でも完売するという“ジョージ王子効果”は、不動産物件にも表われているようで、ジョージ王子が9月から通うことになったプリスクールの周辺の物件の価格が急騰しているようだ。 【写真を見る】しゃぼん玉で遊ぶ姿がかわいすぎるジョージ王子/写真:SPLASH/アフロ 3月に英王室が、「ジョージ王子は、9月からロンドン南部のバタシー地区にあるトーマス・ロンドン・デイ・スクールに通うことになった」と発表すると、その直後から、バタシー地区の不動産物件に対する注目度が急上昇したという。 「発表直後から、バイヤーの間でバタシーパークのエリアへの関心が一気に高まったことは間違いありません。400万ポンド(5億6000万円)より高い物件の照会が60%も上昇しており、ロイヤルファミリーとのつながりが持てるこのエリアへの関心が高まったことは明白な事実です」と同エリアのセールスマネージャーがハーパーズ・バザー誌のインタビューで語っている。 同エリアの物件の平均価格は150万ポンド(約2億円)だそうだが、物件価格の上昇は必至。地元はジョージ王子特需に沸いており、可愛いわが子のために、親たちのし烈な戦いが繰り広げられることになりそうだ。【NY在住/JUNKO】 【関連記事】 ・キャサリン妃、義弟の激白を絶賛!ジョージ王子出産後の複雑な心境を告白 ・ジョージ王子、父ウィリアム王子とは別...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「セールス」の画像

もっと見る

「セールス」の動画

Wikipedia

  • redirectセール...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる