「セ・リーグ」とは?

関連ニュース

プロ野球:ベストナイン受賞者 - 11月17日(金)20:01 

 プロ野球のセ、パ両リーグは17日、プロ野球担当記者の投票で決まる今年度のベストナインを発表した。 ベストナイン投結果(◎が受賞者)   【セ・リーグ】票            【パ・リーグ】     票
カテゴリー:

プロ野球 ベストナイン発表 広島から最多の5人 - 11月17日(金)17:07 

プロ野球、セ・パ両リーグの今シーズンのベストナインに、37年ぶりにセ・リーグ連覇を果たした広島から、最多の5人が選ばれました。
カテゴリー:

細川は40万円増=プロ野球・DeNA - 11月13日(月)21:41 

 【DeNA】細川が40万円増の540万円で更改した。1軍デビューとなった10月3日の中日戦で、セ・リーグの高卒新人では3人目となる初打席本塁打を記録。翌日も本塁打を放った。クライマックスシリーズ、日本シリーズにも出場した。(金額は推定)。 [時事通信社]
カテゴリー:

<楽天>山形の新球場で開催 パ・リーグ来季日程 - 11月09日(木)09:31 

パ・リーグは8日、2018年シーズンの公式戦日程を発表した。3月30日にセ・リーグと同時に開幕し、各チーム143試合を戦う。開幕戦では東北楽天がZOZOマリンスタジアムでロッテと対戦する。2年ぶりに日
カテゴリー:

プロ野球:パ・リーグは3月30日開幕 来季日程を発表 - 11月08日(水)17:47 

 プロ野球パ・リーグは8日、2018年シーズンの公式戦日程を発表した。開幕はセ・リーグと同じ3月30日で、各チーム143試合を戦う。開幕カードは15年上位3チームのホームで、ソフトバンク-オリックス、日本ハム-西武、ロッテ-楽天の対戦。今年9月に開場した山形市のきらやかスタジアムで、7月10日に楽天-オリックスを初開催する。8月28日にオリックス-日本ハムを行うKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎でのパの主催試合開催は、08年5月のソフトバンク-西武以来。リーグ内の対戦は1カード25試合で各チーム125試合。今季のホームゲームが1試合少なかった楽天、ロッテ、オリックスが、来季は1試合多い63試合を主催する。
カテゴリー:

ベストナインに菅野、菊池両投手ら=広島から最多5人-プロ野球 - 11月17日(金)17:17 

 プロ野球のベストナインが17日発表され、投手部門では、セ・リーグは巨人の菅野が3年ぶり2度目、パは西武の菊池が初めて選ばれた。 セは2年連続優勝の広島から5人が選出され、捕手の会沢、二塁手の菊池、遊撃手の田中がいずれも初受賞。外野手の丸と鈴木はともに2年連続で受賞した。日本シリーズ進出のDeNAからは一塁手のロペス、三塁手の宮崎、外野手の筒香が選ばれた。 パは2年ぶりに日本シリーズを制したソフトバンクから捕手の甲斐、遊撃手の今宮、外野手の柳田と指名打者のデスパイネの4人。甲斐は育成出身選手初の受賞。首位打者を獲得した外野手の西武の秋山は2年ぶり、同僚の浅村は二塁手では2年連続の選出で、楽天からは一塁手の銀次と三塁手のウィーラーが入った。 セの阪神、中日、ヤクルトとパのオリックス、ロッテからは選ばれなかった。 [時事通信社]
カテゴリー:

【野球】韓国戦の先発は広島・薮田…アジアCS予告先発 - 11月15日(水)22:09  mnewsplus

野球日本代表・侍JAPANの稲葉篤紀監督(45)の初陣「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(16~19日・東京D)の開幕カードとなる日本対韓国戦の予告先発投手が15日、発表された。  日本は今季15勝をマークして広島のセ・リーグ連覇に大きく貢献した薮田和樹投手(25)、韓国はNCダイノスの先発要員として9勝をあげた本格派右腕・張現植(チャン・ヒョンシク)投手(22)が登板する。  日本、韓国、台湾が出場する同大会は、17日に韓国対台湾、18日に日本対台湾が行われ、19日に上...
»続きを読む
カテゴリー:

ゴールデングラブ賞発表 西武の投手・菊池らが初受賞 - 11月09日(木)16:13 

 プロ野球の2017年度・三井ゴールデングラブ賞が9日、発表された。セ・リーグからは捕手・小林(巨)、三塁手・鳥谷(神)、外野手・桑原(D)、パ・リーグでは投手・菊池(西)、捕手・甲斐(ソ)、一塁手・…
カテゴリー:

捕手でもとにかく走りたがる? ドラフト外れ1位で3球団が欲しがった肥後のベーブ・ルース、村上宗隆のスゴさ - 11月09日(木)06:00 

2017年のドラフトの主役は紛れもなく清宮幸太郎(早稲田実業)だった。高卒史上最多タイとなる7球団が競合し、交渉権を引き当てた日本ハム・木田優夫GM補佐の左手は“ゴッドハンド”とも称されている。 再び会場にどよめきが起こったのは、その抽選の後に行なわれた“外れ1位”の指名でのこと。清宮の交渉権獲得に失敗した6球団のうち、楽天、巨人、ヤクルトの3球団から、九州学院高校の捕手・村上宗隆(むねたか)の名が挙がったときだった(抽選の結果、ヤクルトが交渉権を獲得)。 高卒の捕手では、今夏の甲子園で6本の本塁打を放ち、広島が交渉権を獲得した中村奨成(広陵高)に注目が集まっていた。その陰に隠れた形となった村上だが、高校通算52本塁打を誇る、高校野球ファンなら誰もが知る“打てる捕手”なのだ。 まだ一塁を守っていた1年時の5月に、早稲田実業との練習試合で清宮とアーチ合戦を演じたことで注目を集め、同年夏には熊本県代表として甲子園に出場。村上は不発に終わり、チームも初戦で敗退したが、“肥後のベーブ・ルース”の異名は全国に広まった。捕手に転向した後は、投手とのマッチングに苦しんで打撃の調子を落とした時期もある。それでも村上は「捕手としてやるべきことを第一に考えていた」と、毎日のように居残り練習を続けた。 ...more
カテゴリー:

【野球】DeNAオーナー 補強に前向き「事業規模に見合う投資を 毎年リーグ優勝を狙える地力付けて」 - 11月07日(火)19:53  mnewsplus

セ・リーグ3位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち上がり日本シリーズ出場を果たしたDeNAのラミレス監督が7日、 東京都渋谷区の同本社を訪れ、南場智子オーナーにシーズン終了の報告を行った。 前身の横浜時代の1998年以来、19年ぶりの日本シリーズ進出。2勝4敗で日本一は逃したが、南場オーナーは「素晴らしい戦いを見せてくれた。 激闘の中でチームは強くなった」と笑顔で評価。ラミレス監督は「選手の成長を感じた。 得たものの大きいシーズン」と振り返った。 来季は20年ぶりのリーグ優勝が目標。ファ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「セ・リーグ」の画像

もっと見る

「セ・リーグ」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる