「セルペ」とは?

関連ニュース

ホンダ、「VEZEL」をマイチェン―「SPORT HYBRID i-DCD」をチューニング - 02月15日(木)19:05 

ホンダは「VEZEL(ヴェゼル)」をマイナーモデルチェンジし、2月16日に販売開始する。エクステリア、インテリアに磨きをかけるとともに、ハイブリッドモデルに採用している「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」にきめ細かなチューニングを施した。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 「VEZEL」は2013年12月に登場したクルマ。SUVの力強さ、クーペのようなフォルム、ミニバン並みの使い勝手の良さなどを持ち合わせている。 今回のモデルチェンジでは、エクステリアデザインに磨きがかけられた。フロントのバンパーやグリルのデザインが変更され、また、インラインタイプのLEDヘッドライトが採用されている。 ボディーカラーには、新開発色「オーロラアメジスト・メタリック」「シルバーミストグリーン・メタリック」、新採用色「プラチナホワイト・パール」を含む、全8色のラインナップが設定された。 インテリアでは、フロントシートの形状を刷新しステッチを変更することで、ホールド性と質感を向上させている。 ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」にきめ細かなチューニングを実施。よりスムーズな加速フィールを実現している。また、ハイブリッドモデルのブレーキペダルにリンク機構を新採用。ブレーキ踏み込み時のペダルの軌跡を最適化し、よりスムーズ...more
カテゴリー:

ベラ・ハディッドがブルガリ 2018年アイウェアキャンペーンのアンバサダーに就任 - 02月14日(水)18:01 

[ブルガリ ジャパン株式会社] ファッションフォトグラファーのテオ・ウェナーのレンズがとらえた21歳のイットガールにしてスーパーモデルのベラは、太陽の喜びと陽気さに満ちたローマの美しい青空を景色に、ブルガリのアイコニックな「セルペ...
カテゴリー:

常識を覆す衝撃…日本が世界に誇る怪物FF車・シビックタイプRを試乗! - 02月15日(木)06:00 

まさに、現代のホットモデル! シビックタイプRはそんな表現が実に相応しい1台であり、最近試乗した中でも印象的な走りを持つモデルだ。 かつてホンダのタイプRといえば、徹底定期に無駄を削ぎ落とすことで走りを極めた求道モデルであり、シビックタイプRも1997年の登場以降、軽量化と究極のNAユニットで研ぎ澄まされ、ドライバーの感情を刺激し続けてきた1台だった。 しかし、そんなシビックタイプRが180度方向転換したのは2015年に登場した4代目モデルでのこと。このモデルはドイツの自動車開発の聖地・ニュルブルクリンクのノルドシェライフェ(北コース)で「市販FF車世界最速を目指す」というコンセプトのもと開発された。 当時、最大のライバルとされたルノー・メガーヌRSを打ち破るために選択したパワーユニットは、2リットルの排気量を持つ直列4気筒ターボエンジン。これを実に310馬力へと性能をアップして搭載。この時から、シビックタイプRはハイパフォーマンス志向のFFスポーツへとコンセプトを変えたわけだ。 そしてこのモデルは2015年3月、1周約20kmのニュルで、7分50秒63というラップタイムでルノー・メガーヌRSの記録を破り、ニュルFF市販車最速の座についた。だが、その座はすぐに、VW(フォルクスワ...more
カテゴリー:

【インドネシア】「ダブルフェイス」の改造車、公道での走行認められず 製作した70代男性、夢破れるも諦めず - 01月29日(月)01:28  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3160269?act=all 2018年1月28日 21:21 発信地:ジャカルタ/インドネシア 【1月28日 AFP】インドネシアで、70代の男性が車のフロント部分をつなぎ合わせたダブルフェイスの改造車を製作したものの、当局から公道での走行を禁じられてしまった。だが男性は、この改造車を公道で走らせることをまだあきらめてはいない。  この男性は西ジャワ(West Java)州バンドン(Bandung)に住む機械工のロニ・グナワン(Roni Gunawan)さん(71)。グナワンさんは同僚らの助けを借りて、オレンジ色のトヨタ製...
»続きを読む
カテゴリー:

「セルペ」の画像

もっと見る

「セルペ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる