「セリフ」とは?

関連ニュース

オネエ役に初挑戦の滝藤賢一「脱いだらムッキムキで大好物!」小山慶一郎の肉体を絶賛 - 11月22日(水)07:00 

滝藤賢一がオネエ役に初挑戦していることも話題となっている、玉森裕太主演ドラマ「重要参考人探偵」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)。いつも死体の第一発見者となってしまう不幸体質のモデル・弥木圭(玉森)が、モデル仲間で推理マニア・周防斎(小山慶一郎)、女の子が大好きで聞き込み上手なシモン藤馬(古川雄輝)と事件の真相を追うコメディー&本格ミステリーだ。 【写真を見る】第6話では男性下着のファッションショーに浪江(滝藤)も大興奮!?/(C)テレビ朝日 滝藤が演じるのは圭たちの所属するモデル事務所「ウェーブ」の社長で、カリスマモデルの過去を持ち、人脈が広く情報通という浪江篠介。圭の過去の知っているような、意味深な表情を第5話で浮かべていたことも印象的だった。そんな浪江を演じる滝藤にインタビューを敢行し、浪江の役どころや共演者についてのエピソード、幅広い役を演じる難しさなどを聞いた。 ■ 浪江のインパクトでドラマに勢いをつけられたら ――今回はオネエ役に初挑戦されていますが、手応えはいかがですか? ないです、まだまだこれからですね。これから進化していくはずです! もう撮影終わりますけど(笑)。 ――SNSなどでも、滝藤さんが演じる社長は「かわいい」と評判ですよね。 え! そうなんですか? そういうことは早く言ってもらっていいですか。芝居が大きく変わってきますから(笑)。1話と...more
カテゴリー:

「決まりなのでよろしく」と丸投げ、部下が上司を見限るセリフ(だから部下に嫌われる) - 11月22日(水)05:00 

 「なぜこんなことをするのか」「どうしてこの方法なのか」。部下が理不尽・不条理と思う納得感の欠如は、上司が嫌われる大きな原因になる。
カテゴリー:

モー娘。17、日本武道館公演はサプライズだらけ! 新曲発表!! プラチナ期復活!!!  - 11月21日(火)21:00 

モーニング娘。'17の秋ツアーの東京公演が、11月22日に日本武道館で行われた。本ツアーはモーニング娘。結成20周年記念コンサートツアーとなっており、今回の公演はOGの辻希美、高橋愛、道重さゆみ、田中れいながサプライズゲストとして登場。会場に訪れた約1万人のファンを熱狂させた。 【写真を見る】辻・加護ペアによるW(ダブルユー)の楽曲「ロボキッス」を、現在の名コンビ”まぁどぅー”ペアで披露 また、今回は11月30日に最新デジタルシングルとして「五線譜のたすき」を配信することが発表され初披露された。 モーニング娘。初となるインディーズシングル「愛の種」を再録音した、「愛の種(20th Anniversary Ver.)」を現役メンバーで披露したのち、サイドステージにOGメンバーの田中れいなが登場。「愛する人は~」と、自身(6期メンバー)のモーニング娘。としてのデビュー曲「シャボン玉」を歌い出すと、サプライズ演出にも関わらず、ファンは「れいなだけ!」と往年のコールで対応する。その後も、高橋愛、道重さゆみといったOGメンバーが続々登場。道重の「なのに どこいったんだよ〜」の名セリフも飛び出し、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。 高橋愛がリーダー時、高いパフォーマンスで周囲を圧倒したプラチナ期のメンバーがステージに集まったことで、会場のボルテージは最高潮に。その勢いのまま、プラチナ期の代表...more
カテゴリー:

平塚刑事役に近藤芳正。「吉展ちゃん事件」を舞台化 - 11月21日(火)16:55 

水戸芸術館ACM劇場2017年公演企画「斜交(しゃっこう)~昭和40年のクロスロード~」が11月23日(木・祝)に開幕する。その主演を務める近藤芳正に話を聞いた。舞台「斜交(しゃっこう)~昭和40年のクロスロード~」チケット情報(PC)昭和史に残る誘拐事件「吉展ちゃん事件」をもとにした、古川健(劇団チョコレートケーキ)書き下ろしの戯曲を、高橋正徳(文学座)の演出で上演される本作。事件の容疑者と対峙した“落としの八兵衛”の異名をもつ刑事・平塚八兵衛を近藤が演じる。昭和38年、東京オリンピックの波に乗り切れず事件を起こしてしまった男と平塚刑事との息も詰まるような攻防を描く本作。オリンピックを目前に控えた今、この作品を上演することについて聞いてみると近藤は「劇中に『たった10年しか経ってないのにこんなに変わった』というセリフがあるのですが、実際この10年の間でも政治の方向性、テレビのニュース、交通機関…いろんなことで大きな変化が起きていると感じます。でも、こうした変化はどの時代でもある。だとしたら、この作品はどの時代にも必要なものだと思ったりします」と普遍的な戯曲の魅力を語る。自身が演じる平塚刑事は「作家の古川さんとは今回が2度目。普段はあてがきをしないと言っている方なのですが、この役に関しては、平塚八兵衛さんに私自身が入り混じっていると思う」と感じているそう。“落としの八兵衛”の異名を...more
カテゴリー:

三浦春馬も絶讃!高橋優、秋田弁で人生初の警察官役に - 11月21日(火)11:49 

三浦春馬が主演するドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系、毎週土曜23:05~)。11月25日に放送される第6話に、本作の主題歌「ルポルタージュ」を手掛ける高橋優がゲスト出演することがわかった。先日、三浦が「ルポルタージュ」のミュージックビデオにゲスト出演して話題になっていたが、今回はその逆バージョンでの共演が実現した。この作品は、深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、チェリートこと30歳のエリート童貞・荒川英人(三浦)ら、異性との性経験がない30歳以上の男女たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。先週放送された第5話では、超問題児・総理大臣の息子・石清水(城田優)が登場し、授業をボイコットし学級崩壊させるなど大暴れをしたものの、その後の展開に“感動”さらには“まさかの号泣”する視聴者も続出した。オトナになってから訪れた周回遅れの青春、友情、そしてせつない失恋。ひきこもりニートのヒミコ(山田真歩)の精一杯の告白と、それをそっと見守る担任教師・翔馬(竜星涼)の姿には「泣ける……!」「誰より一途! 頑張ったね、すごいよ!」「ペガサスずるい。胸キュン、こんな優しくされたら惚れてまるやろ」、同性であるチェリート(三浦)を好きになってしまったヤルデンテ(夕輝壽太)が涙をこらえて身を引く姿にも、「ヤルデンテ良い奴すぎる。すぐ彼氏できるぞ!」「すご...more
カテゴリー:

総再生回数1000万回超!人気CMシリーズ最新作は国民的漫画「サザエさん」 - 11月22日(水)06:00 

日清食品は、カップヌードルのCM「HUNGRY DAYS」シリーズ第三弾として、「HUNGRY DAYS サザエさん篇」を11月22日(水)の「いい夫婦の日」から全国でオンエアする。 【写真を見る】原作とは違う、まったく新しいサザエさんが楽しめる/©長谷川町子美術館 2017年、カップヌードルは「青春(アオハル)」をテーマに掲げ、青くて、熱くて、ハングリーな青春の日々を送るすべての人を応援している。一日限りでTV放映した「予告篇」、その後開始した「魔女の宅急便篇」、そして前回の「アルプスの少女ハイジ篇」と続く同CMシリーズはインターネットでの動画総再生回数1000万回を超える注目作となった。 そんな話題の最新作はなんと、あの国民的漫画「サザエさん」!主人公・サザエと夫・マスオが出会った原作エピソード「公開お見合い」を題材に、現代の若者文化でもある「公開告白」風にアレンジすることで、ふたりの青春パラレルワールドを描いている。シリーズ第一弾から引き続き、楽曲は「BUMP OF CHICKEN」の「記念写真」、声優陣はTVアニメ「三者三葉」の西川葉子役を務めた和久井優さんがサザエ役、アニメ「黒子のバスケ」で櫻井良役、映画「君の名は。」で藤井司役を務めた島崎信長さんを起用するなど、豪華メンバーが揃う。 ストーリーの舞台は高校生活最後となる文化祭。大勢の高校生で賑わう会場で意を決し、マスオは...more
カテゴリー:

蜷川幸雄の意志を継ぐ吉田鋼太郎の演出作は問題劇 - 11月21日(火)22:07 

シェイクスピア全37作品の上演を目標に掲げたシリーズで、5作品を残して逝った演出家・蜷川幸雄。昨年、長く舞台を共にしてきた吉田鋼太郎が、その5作品を演出する2代目彩の国シェイクスピア・シリーズ芸術監督に就任した。主演も兼ねる第1弾は、日本ではめったに上演されないシェイクスピアの“問題劇”だ。 【写真を見る】吉田鋼太郎が笑顔で演劇の魅力を語る 舞台はギリシャ・アテネ。貴族のタイモンは執事の助言、哲学者の皮肉を無視し、誰にでも気前よく金品を与え、破産。友人たちが自分の金目当てだったとわかり、人間不信に陥る。引きこもった森で、タイモンは大金を掘り当てるが…。 蜷川演出のシェイクスピア・シリーズで吉田とともに重要な役を演じてきた、藤原竜也、横田栄司らに加え、若手実力派の柿澤勇人がシリーズに初参加する。舞台と同じパワフルさ全開で会見に臨んだ吉田。蜷川からバトンを引き継ぐ責任とその思いが強く熱く感じられた。たまに関西弁が混じる口調は、住吉区長居で過ごした子供時代と関西出身の奥さんの影響のよう。会見のまとめと個別取材を紹介する。 まずは会見からレポート。 【意気込み】 「今も蜷川さんの作品を楽しみにしてくださっているお客様もたくさんいらっしゃいますので、蜷川さんとずっとお芝居をやらせていただいた僕が、非常に非力ですが、蜷川さんの魂を受け継いでお客様にお見せしようと思っております。ほんとに責任重大...more
カテゴリー:

「嫁」と呼びたい男、「妻」と呼ばれたい女。「配偶者」の呼び方にまつわる、男女のすれ違い - 11月21日(火)19:50 

■「嫁」と呼びたい男、「妻」と呼ばれたい女。「配偶者」の呼び方にまつわる、男女のすれ違い 最近古いドラマで主人公が友人に妻の愚痴を言うシーンのとき「うちの家内がさ~」というセリフを言っているのを見て、最近奥さんのことを「家内」と呼ぶ人って少なくなったなと感じました。 一方で、まだ結婚していない若者カップル同士なのに「嫁」とか「旦那」と呼び合っている人もチラホラいますよね。 みなさんは知人に配偶者の話をするときなんて呼びますか? また呼ばれたい呼び方はありますか? ということで今回は、株式会社インテージリサーチが全国の20~69歳の男女1万人に調査した「夫婦の呼び方」の結果をご紹介します! ■「希望する呼ばれ方」と「実際の呼ばれ方」はなんですか? (女性 3,277人、複数回答)   【希望する呼ばれ方】 1位:妻 23.0% 2位:奥さん 17.9% 3位:嫁 12.1% 4位:名前の呼び捨て 11.8% 5位:家内 11.4%   【実際の呼ばれ方】 1位:嫁 23.0% 2位:奥さん 15.7% 3位:名前の呼び捨て 12.3% 4位:家内 10.9% 5位:妻 10.6%   親しい人の前で配偶者の話をするとき、女性が希望する呼ばれ方1位は「妻」、2位は「奥さん」、実際の呼ばれ方1位は「嫁」、2位は「奥さん」でした! 一番呼ばれている「嫁」は...more
カテゴリー:

三浦春馬も絶讃!高橋優、秋田弁で人生初の警察官役に - 11月21日(火)12:00 

三浦春馬が主演するドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系、毎週土曜23:05~)。11月25日に放送される第6話に、本作の主題歌「ルポルタージュ」を手掛ける高橋優がゲスト出演することがわかった。先日、三浦が「ルポルタージュ」のミュージックビデオにゲスト出演して話題になっていたが、今回はその逆バージョンでの共演が実現した。この作品は、深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、チェリートこと30歳のエリート童貞・荒川英人(三浦)ら、異性との性経験がない30歳以上の男女たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。先週放送された第5話では、超問題児・総理大臣の息子・石清水(城田優)が登場し、授業をボイコットし学級崩壊させるなど大暴れをしたものの、その後の展開に“感動”さらには“まさかの号泣”する視聴者も続出した。オトナになってから訪れた周回遅れの青春、友情、そしてせつない失恋。ひきこもりニートのヒミコ(山田真歩)の精一杯の告白と、それをそっと見守る担任教師・翔馬(竜星涼)の姿には「泣ける……!」「誰より一途! 頑張ったね、すごいよ!」「ペガサスずるい。胸キュン、こんな優しくされたら惚れてまるやろ」、同性であるチェリート(三浦)を好きになってしまったヤルデンテ(夕輝壽太)が涙をこらえて身を引く姿にも、「ヤルデンテ良い奴すぎる。すぐ彼氏できるぞ!」「すご...more
カテゴリー:

『監獄のお姫さま』Pが語る、TBS「火10」枠強さの秘訣 - 11月21日(火)08:10 

 宮藤官九郎が脚本を手がけるTBS系火曜ドラマ『監獄のお姫さま』は、罪を犯した5人の女と罪を憎む1人の刑務官が、ある男への復讐を目論む“おばさん犯罪エンタテインメント”。同作の挑戦と、『逃げるは恥だが役に立つ』(16年10月期)や『カルテット』(17年1月期)など、注目を集め続ける同局「火曜ドラマ」枠の魅力について、宮崎真佐子プロデューサーに聞いた。 【写真】宮藤作ドラマ初出演の菅野美穂ほか、女囚姿の主要キャスト ◆宮藤官九郎のユニークな発想に、女性目線のアイデアをプラス  『監獄のお姫さま』の企画が立ち上がったのは3年前。同局系ドラマ『ごめんね青春!』が終わった後、「次回作は『大好きな女優さんたちが集まって、わちゃわちゃ会話劇を繰り広げる話はどうでしょう』と宮藤さんから提案があり、今まで宮藤さんのドラマを手がけてきた磯山(晶)プロデューサーや金子(文紀)監督と話したことから始まりました」と、プロデューサーの宮﨑氏。そこから「舞台を女子刑務所という特殊な設定にすれば面白い」、「復讐劇にすれば話が転がっていくのではないか」などと、入念な打ち合わせが行われていったという。  「物語の構成は複雑で、1話で現在の状況が描かれ、2話からそこに到るまでの6年前の物語が描かれます。そのため宮藤さんは脚本を2話から書き始めました。その際に最も心を砕いたのは伏線の整合性。最近は、視聴者の皆さ...more
カテゴリー:

もっと見る

「セリフ」の画像

もっと見る

「セリフ」の動画

Wikipedia

セリフ (serif)

  • セリフ (文字) - タイプフェイス用語。文字のストロークの端にある小さな飾り。

台詞科白(せりふ)

  • 台詞 - 演劇や創作物の劇中で登場人物が発する言葉
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる