「セネガル」とは?

関連ニュース

日本は56位=FIFAランキング - 01月18日(木)19:34 

 国際サッカー連盟(FIFA)は18日、今年最初のFIFAランキングを発表し、日本は前回の昨年12月から一つ上げて56位だった。アジア連盟内ではイランが34位、オーストラリアが36位。 ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本が1次リーグで対戦するポーランドは7位、コロンビア13位、セネガル24位。1位ドイツ、2位ブラジルなど上位に変動はなかった。 [時事通信社]
カテゴリー:

【サッカー】今季好調もW杯構想外の岡崎 ハリル「オカは○○が足りない」 - 01月17日(水)18:33  mnewsplus

“侍ストライカー”の待望論が高まっている。ロシアW杯に臨むハリルジャパンから外れているFW岡崎慎司(31=レスター)は、今季公式戦7ゴール(16日現在)と好調をキープし、地元でも評価が高い。 W杯出場権の獲得後、日本代表が低迷している中で英国から懸命なアピールを続けるが、W杯メンバー入りは極めて厳しい状況にあるという。一体どういうことなのか。  今季の岡崎は開幕から安定した活躍を続けており、欧州でもトップレベルのイングランドで公式戦7ゴールをマークしている。 その決定力と持ち前の運動量は高く評価...
»続きを読む
カテゴリー:

クリスタル・パレス、フィオレンティーナFWババカル獲得に近づく - 01月16日(火)13:19 

 フィオレンティーナに所属するセネガル代表FWクマ・ババカルが、クリスタル・パレスへの移籍に近づいていると、イタリア紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』が15日に伝えた。  クリスタル・パレスは、ボーナ
カテゴリー:

セルジオ越後、本田や香川らの落選に持論「もっと早く外すべきだった」 - 01月14日(日)13:00 

サッカー解説者のセルジオ越後が、1月14日に放送された『FOOT×BRAIN』(テレビ東京、毎週日曜11:00~)にゲスト出演。先週に引き続き、今年6月に開催が迫るロシアワールドカップの展望を語った。昨年、日本代表は欧州遠征でブラジル、ベルギーといった世界の強豪に力及ばず、さらにEAFF E-1サッカー選手権2017では、韓国に1-4と惨敗を喫するなど、不安を残す結果となった。6月のロシアW杯では、「グループH」に入り、コロンビア、セネガル、ポーランドと戦う。課題が残る中、あと半年で日本の選手たちがすべきことは何かを聞かれたセルジオは、「あれ(ブラジル、ベルギーとの戦い)がグループリーグだったら、2試合で終わったね」と厳しい一言。また、「半年あると言うけど、代表にとっては半年もない。集まって生活するのは2週間あるかないか。所属しているチームで試合に出て、パフォーマンスを上げること、選手1人1人の宿題はそこだと思います」と考えを述べた。また、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が本田圭佑、香川真司、岡崎慎司を最近招集していないことについては、「僕はもっと早く外すべきだった」とズバリ。「選んでしまうと、(選手が)“そのままでいい”と思っちゃう。1回外すと、代表に未練があるなら意識が変わる。本田らは危機感を感じていると思う」と語った。続けて「呼んで使って次から使わない、呼んでおいて使わないで切...more
カテゴリー:

【サッカー】<日本代表>3月の欧州遠征の結果次第でハリル解任、岡田監督の再任なるか? - 01月13日(土)07:10  mnewsplus

平昌五輪と並ぶスポーツ界のビッグイベントといえば、ロシアで開催されるサッカーワールドカップ(以下W杯)。 6大会連続6度目のW杯出場となる日本代表はポーランド、セネガル、コロンビアと同組となった。 強豪ひしめくグループに、専門家からは「全敗濃厚」「よくて1分2敗」の声が多く、 残念ながら、ハリルホジッチ監督率いる日本代表は予選敗退が濃厚と見られている。サッカージャーナリストの大住良之氏が語る。 「現実的に考えれば、私も1分2敗で予選敗退の可能性が高いと思います。でも、W杯までに監督が変われば、話は変わ...
»続きを読む
カテゴリー:

マカフィーがランサムウェア攻撃者に対し覆面調査!攻撃者の動機や技術、行動が明らかに - 01月18日(木)17:48 

イメージ セキュリティソフトベンダーのマカフィーは、ランサムウェア攻撃の背後にいる人々を掘り下げる企画として、攻撃者に接触して情報を引き出すという試みを実施し、その結果を発表している。 ランサムウェア攻撃では、パソコンなどのデバイスをのっとった際に、デバイスを自由にするかわりに身代金を支払うように攻撃者から「身代金の要求文」が表示され、連絡をとるためのメールアドレスも記載される。マカフィーはこのメールアドレスに対し、修士論文を執筆中の学生のふりをして攻撃者にメールを送り、回答をしてきた複数の攻撃者とコンタクトをとることに成功している。コンタクト後にチャットで会話してわかったことは、攻撃者がランサムウェアを送りつける動機は「簡単かつ安全にすぐ稼げる」という短絡的なもの。そもそも攻撃者は、自分自身でランサムウェアを記述し、既存のソースコードに新しい技巧や別のアプローチを取り入れられるだけの知識をもっている人物が多く、その知識を悪用してランサムウェアをばらまいていたことがわかった。被害者から巻き上げたお金の使い道についてたずねた所、旅行や車、借金の返済など様々な用途があり、多数のアフィリエイトを使っていた攻撃者は「家を買える」ほど儲けていることも判明した。ほかにも、被害者に要求金額を支払う能力がなければ最初に要求した金額よりも交渉によって値下げするという回答が多かったり、マカフィーによっ...more
カテゴリー:

W杯で日本と対戦…セネガルの“市場価値”が高い選手ランキングTOP20 - 01月17日(水)18:01 

 開幕まであと5カ月となった2018 FIFAワールドカップロシア。  そこで、グループリーグで日本代表と同組に入り、第2戦で対戦するセネガル代表の中で市場価値の高い選手20名を紹介する。 ※データは
カテゴリー:

セルジオ越後、本田や香川らの落選に持論「もっと早く外すべきだった」 - 01月14日(日)13:17 

サッカー解説者のセルジオ越後が、1月14日に放送された『FOOT×BRAIN』(テレビ東京、毎週日曜11:00~)にゲスト出演。先週に引き続き、今年6月に開催が迫るロシアワールドカップの展望を語った。昨年、日本代表は欧州遠征でブラジル、ベルギーといった世界の強豪に力及ばず、さらにEAFF E-1サッカー選手権2017では、韓国に1-4と惨敗を喫するなど、不安を残す結果となった。6月のロシアW杯では、「グループH」に入り、コロンビア、セネガル、ポーランドと戦う。課題が残る中、あと半年で日本の選手たちがすべきことは何かを聞かれたセルジオは、「あれ(ブラジル、ベルギーとの戦い)がグループリーグだったら、2試合で終わったね」と厳しい一言。また、「半年あると言うけど、代表にとっては半年もない。集まって生活するのは2週間あるかないか。所属しているチームで試合に出て、パフォーマンスを上げること、選手1人1人の宿題はそこだと思います」と考えを述べた。また、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が本田圭佑、香川真司、岡崎慎司を最近招集していないことについては、「僕はもっと早く外すべきだった」とズバリ。「選んでしまうと、(選手が)“そのままでいい”と思っちゃう。1回外すと、代表に未練があるなら意識が変わる。本田らは危機感を感じていると思う」と語った。続けて「呼んで使って次から使わない、呼んでおいて使わないで切...more
カテゴリー:

セルジオ越後、日本の弱点を指摘 ロシアW杯での戦い方とは - 01月14日(日)00:39 

サッカー解説者のセルジオ越後が、1月14日放送の『FOOT×BRAIN』(テレビ東京、毎週日曜11:00~)にゲスト出演。先週に引き続き、今年6月に開催が迫るロシアワールドカップの展望を語る。昨年、日本代表は欧州遠征でブラジル、ベルギーといった世界の強豪に力及ばず、EAFF E-1サッカー選手権2017では、韓国に1-4と惨敗を喫するなど、不安を残す結果となった。番組では今回、セルジオが日本代表の問題点、そして日本サッカーの弱点にも言及し、W杯前に修正しなければいけない課題などについて、MCの勝村政信と皆藤愛子と共に考える。ロシアW杯で、日本は「グループH」に入り、コロンビア、セネガル、ポーランドと戦うことになった。この中で2位までが決勝トーナメントに進めるのだが、世界の格上相手にどう戦うべきなのか?また、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司を最近召集していない現状についても言及する。なぜ3人は選外となっているのか? ハリルホジッチ監督の独占インタビューも交え、ロシア大会開幕まで半年を切った今、W杯を展望していく。 関連リンク ハリルホジッチ監督の言葉の真意は?『FOOT×BRAIN』で公開大討論 加藤一二三、知るべきは“外国人の精神構造”根本...more
カテゴリー:

「最大の不安は長谷部」ハリル監督、W杯を語る - 01月12日(金)07:34 

 6月に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会まであと半年となった。日本代表はコロンビア、セネガル、ポーランドと強豪が居並ぶ1次リーグ突破、そして初の8強入りを目指す。結果を残すため、残り…
カテゴリー:

もっと見る

「セネガル」の画像

もっと見る

「セネガル」の動画

Wikipedia

首都ダカール

IMFの推計によると、2013年のセネガルのGDPは148億ドルである。一人当たりのGDPは1,047ドルであり、世界平均の約10%の水準にある。

農業の生産品目はピーナッツ、トウジンビエ綿花などであるが、特にピーナッツの栽培は、フランスが植民地時代に持ち込んで栽培を奨励したこともあり、1960年代に独立する頃には労働人口の87%が従事する規模となっていた。漁業は、マグロタコイカカツオエビが中心であり、これらのほとんどは輸出される。2002年のセネガルの総漁獲量は36万トンであり、このうち4万トンがニシン科の魚であり、加工してケチャと呼ばれ干物として国内市場に流通する。世界の食文化11アフリカ(小川了 著、農文協)。

鉱業リン鉱石)と工業は、リン鉱石を原料にする化学工業にて相互関係を持ち、観光、サービス業が...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる