「セダン」とは?

関連ニュース

460馬力の直6搭載セダンBMW「M3 CS」発売|BMW - 02月23日(金)01:28 

ビー・エム・ダブリューは2月20日、高性能スポーツカー「M3コンペティション」をベースに、2017年に発売された「M4 CS」と同等のサーキットパフォーマンスを実現する「M3 CS」を30台限定で、同日から発売すると発表した。続きを読む
カテゴリー:

いすゞ製乗用車の魅力 生産終了から25年たっても人気衰えず - 02月22日(木)19:55  news

 運送会社のトラックや路線バスなどの商用車で知られる「いすゞ自動車」。いまや世界有数のトラックメーカーだが、かつては乗用車も手がけていた。 個性的なデザインで品質にもこだわった往年のいすゞ製乗用車たち。頑丈な設計と丁寧な整備でいまだ現役の中古車には、根強いファンがいるという。 2月中旬に横浜市西区のパシフィコ横浜であったクラシックカーの催し「ノスタルジック2デイズ」(芸文社主催)では、会場に並んだピカピカのいすゞ車が 来場者の注目を集めていた。 先進的ながら販売は低迷  1937年創業のい...
»続きを読む
カテゴリー:

レクサスの新型フラッグシップセダン「LS500」に試乗|Lexus - 02月21日(水)13:26 

昨年秋に日本でも販売が開始された、新型レクサス「LS」。そのなかでも、ターボを搭載するガソリンエンジンモデル「LS500」に小川フミオ氏が国内初試乗し、レクサスがフラッグシップサルーンをどう進化させたかを確かめた。続きを読む
カテゴリー:

Geneva: フォルクスワーゲンの電気自動車コンセプト「I.D.」ファミリー4番目の車種は、完全自動運転の高級セダン! - 02月21日(水)06:00 

Filed under: コンセプトカー, ジュネーブモーターショー, セダン/サルーン, フォルクスワーゲン, ラグジュアリー, 電気自動車【ギャラリー】Volkswagen I.D. Vizzion concept3フォルクスワーゲン(VW)はこれまで、次世代の電気自動車コンセプト「I.D.」ファミリーとして3車種を発表してきた。手頃な価格帯となりそうなハッチバック、クロスオーバーの「I.D. CROZZ」、そして往年のマイクロバスに着想を得た「I.D.BUZZ」だ。これらは全て、VWが未来に発売する製品を予告するものだが、今年のジュネーブ・モーターショーで発表予定の高級セダン「I.D. VIZZION」をもってI.D.ファミリーはさらに拡大する。この新型コンセプトカーの目玉となるのは完全自動運転技術だ。Continue reading フォルクスワーゲンの電気自動車コンセプト「I.D.」ファミリー4番目の車種は、完全自動運転の高級セダン!フォルクスワーゲンの電気自動車コンセプト「I.D.」ファミリー4番目の車種は、完全自動運転の高級セダン! originally appeared on Autoblog Japan on Tue, 20 Feb 2018 16:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalin...more
カテゴリー:

Official: アルファ ロメオが「ステルヴィオ クアドリフォリオ」の米国価格を発表! 同社のラインアップで最高額モデルに - 02月18日(日)10:00 

Filed under: SUV, クロスオーバー/ CUV, アルファロメオ, パフォーマンス, ラグジュアリー【ギャラリー】2018 Alfa Romeo Stelvio: LA 201611アルファ ロメオがクロスオーバーSUV「ステルヴィオ」の最上位グレードである「クアドリフォリオ」の米国での販売価格をついに発表した。やはり安くない。輸送費込みで8万1,590ドル(約867万円)と、現行アルファ ロメオのラインアップで最も高額なモデルとなった。プラットフォームやエンジンを共有する4ドア・セダンの「ジュリア クアドリフォリオ」は7万5,295ドル(約800万円)だから、その差は6,295ドル(約67万円)。その上、カーボンファイバー・シェルを使ったスパルコ製レーシング・シートや、ブレンボ製カーボンセラミック・ブレーキをオプション装備すれば、さらに値段は跳ね上がる。アルファ ロメオは、これらのオプションの価格を明らかにしていないが、ジュリア クアドロフォリオと同等であれば、レーシング・シートは2,750ドル(約30万円)、カーボンセラミック・ブレーキは8,000ドル(85万円)ほどになると思われる。 Continue reading アルファ ロメオが「ステルヴィオ クアドリフォリオ」の米国価格を発表! 同社のラインアッ...more
カテゴリー:

【車】いすゞの乗用車、生産終了から25年 いまだ人気だった 「ベレット」「117クーペ」「ピアッツァ」 - 02月22日(木)23:19  newsplus

運送会社のトラックや路線バスなどの商用車で知られる「いすゞ自動車」。いまや世界有数のトラックメーカーだが、かつては乗用車も手がけていた。個性的なデザインで品質にもこだわった往年のいすゞ製乗用車たち。頑丈な設計と丁寧な整備でいまだ現役の中古車には、根強いファンがいるという。2月中旬に横浜市西区のパシフィコ横浜であったクラシックカーの催し「ノスタルジック2デイズ」(芸文社主催)では、会場に並んだピカピカのいすゞ車が来場者の注目を集めていた。 ■先進的ながら販売は低迷  1937年創業のいすゞは戦前...
»続きを読む
カテゴリー:

【旧車】いすゞの乗用車、生産終了から25年 いまだ人気だった - 02月22日(木)14:06  bizplus

リンク先に画像あり https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180221004853.html  運送会社のトラックや路線バスなどの商用車で知られる「いすゞ自動車」。いまや世界有数のトラックメーカーだが、かつては乗用車も手がけていた。個性的なデザインで品質にもこだわった往年のいすゞ製乗用車たち。頑丈な設計と丁寧な整備でいまだ現役の中古車には、根強いファンがいるという。2月中旬に横浜市西区のパシフィコ横浜であったクラシックカーの催し「ノスタルジック2デイズ」(芸文社主催)では、会場に並んだピカピカのいすゞ車が来...
»続きを読む
カテゴリー:

Official: 米国のホンダ車チューナーが、新型「アコード」で「シビック TYPE R」を上回る最大トルクを実現! しかも費用はわずか4万円から! - 02月21日(水)11:00 

Filed under: ホンダ, チューナー, セダン/サルーン, アフターマーケット, パフォーマンス【ギャラリー】2018 Honda Accord Sport 2.0T78ホンダの自然吸気エンジンが、正当な理由はあれど、徐々に姿を消そうとしていることを残念がる意見は多いが、同社のターボ・エンジン採用の拡大にはメリットがある。1つは、長らくあった「ホンダのエンジンはトルク不足」という不満の声が消えたこと。もう1つは、コンピューター・チューニングでターボ・エンジンからさらなる馬力とトルクを、いとも簡単に引き出せると立証されたことだ。 Continue reading 米国のホンダ車チューナーが、新型「アコード」で「シビック TYPE R」を上回る最大トルクを実現! しかも費用はわずか4万円から!米国のホンダ車チューナーが、新型「アコード」で「シビック TYPE R」を上回る最大トルクを実現! しかも費用はわずか4万円から! originally appeared on Autoblog Japan on Tue, 20 Feb 2018 21:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this |&...more
カテゴリー:

【大阪オートメッセ2018】早くもフォルクスワーゲン「アルテオン」のカスタマイズパーツが登場!! - 02月19日(月)10:00 

Filed under: 日本, チューナー, その他の自動車ショー, セダン/サルーン, スポーツ/GT, フォルクスワーゲン, アフターマーケット, デザイン/スタイル【ギャラリー】OAM2018 VW Arteon10オートメッセ2018の『af imp.』のブースには、2017年10月末に日本で発売されたばかりのフォルクスワーゲン「アルテオン」のカスタマイズカーが早速出展されていたのでご紹介しよう。 フロントセクションでは、ブーメランが開発したばかりのブラックに塗装されたリップスポイラーが装着され、純正パーツと相まってよりスポーティなフェイスに仕上げられている。 サイドセクションには、フロント同様ブラックに塗装されたサイドステップも装着され、ボディ全体の印象を引き締めていた。 今回の出展は、VW・アウディのカスタマイズを手掛けるVoomeran(ヴ―メラン)と3SDM、KW、そしてニューイングによるコラボレーション車両となっており、サスペンションはKWバージョン3、ホイールは3SDMの0.04の20インチモデルが装着されている。 Continue reading 【大阪オートメッセ2018】早くもフォルクスワーゲン「アルテオン」のカスタマイズパーツが登場!!【大阪オートメッセ2018】早くもフォルクスワーゲン「アルテ...more
カテゴリー:

Quick Spin: 【短評】新型レクサス「LS500 F Sport」に米国版Autoblog編集部員たちが試乗「これはLCのセダン・バージョンではない」 - 02月17日(土)19:00 

Filed under: 試乗記, セダン/サルーン, レクサス, デザイン/スタイル, ラグジュアリー【ギャラリー】2018 Lexus LS 500 F Sport12レクサスの最上位モデルとして同ブランドを誕生から支える「LS」がフルモデルチェンジした。アグレッシブな名高い(悪名高い?)スピンドルグリルや、滑らかな曲線を描くインテリア・デザインを採用し、全ラインアップにV型6気筒エンジンが搭載された。ガソリン・エンジン車は3.5リッターV6ツインターボを積む。その上、あの素晴らしい「LC500」と同じGA-Lプラットフォームが採用されている。 Continue reading 【短評】新型レクサス「LS500 F Sport」に米国版Autoblog編集部員たちが試乗「これはLCのセダン・バージョンではない」【短評】新型レクサス「LS500 F Sport」に米国版Autoblog編集部員たちが試乗「これはLCのセダン・バージョンではない」 originally appeared on Autoblog Japan on Sat, 17 Feb 2018 05:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email th...more
カテゴリー:

もっと見る

「セダン」の画像

もっと見る

「セダン」の動画

Wikipedia

セダン(')とは、車体形状や使用形態により分類される自動車の形態のひとつである。

概要 呼称

セダンチェア セダンの名称は17世紀頃に南イタリアから広まった乗り物のセダンチェア(sedan chair、椅子かご)からである。ラテン語で「腰掛ける」の意味の sedeo, sedo が語源といわれている。ちなみに、セダンチェアの語源がフランスの町のスダンで作られたことに由来するといわれることがあるが、間違いである板倉聖宣日本史再発見 - 理系の視点から(朝日選書477)朝日新聞社、1993年、第一部第10話、ISBN。

英国ではサルーン ()、ドイツではリムジーネ、フランスではベルリーヌ(ベルリネット)、イタリアではベルリーナ(ベルリネッタ)もしくはクワトロポルテ(「4つの扉」の意) と呼ばれる(ただし一部の欧州ではクラシックと呼ばれる場合もある)。日本および米国では一般にはセダンが一般名称で、サルーンは上級グレードの商標として用いられることが多いが、実質は英国と米国の呼称の違いであり、JISや自動車技術会での技術的な扱いではまったく同じものを表す。

セダンとサルーン

日本のJISや自動車技術会では、「サルーン」という呼び名が基本で、「セダンともいう」と規定されている。日本では各メーカーが、一時期英国高級車のサルーンをイメージして、大型上級セダンに「サルーン」と名づけたことから、「サルーン」に高級感のイメージが付加された日産・セドリック/グロリアや...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる