「セクハラ」とは?

関連ニュース

セクハラ確認で市長に辞職要求 東京・狛江 - 05月21日(月)10:35 

東京都狛江市の高橋都彦市長(66)が、複数の女性職員にセクハラをしたとされる疑惑で、水野穣副市長がセクハラを確認し...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

狛江市幹部「市長セクハラ、数年前から注意」 辞職迫る - 05月21日(月)03:00 

 東京都狛江市の高橋都彦(くにひこ)市長(66)によるセクハラ疑惑で、市長が数年前からセクハラ行為をやめるよう市幹部や市議に注意されていたことがわかった。18日の非公開の幹部会議で、市幹部の1人が発言…
カテゴリー:

狛江市長のセクハラ疑惑、市議らが辞職求め署名活動 - 05月20日(日)18:03 

 東京・狛江市の市長のセクハラ疑惑を巡り、女性市議らが市長の辞職などを求める署名活動を行いました。
カテゴリー:

「#MeeToo」の広がりを阻む日本社会のコンプリシットとは? - 05月20日(日)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、日本社会でセクハラが生まれる構造について言及する! * * * 昨年、“complicit(コンプリシット)”という言葉がアメリカで大流行し、オンライン辞典のアクセス数が約300%増加しました。直訳すると「共犯の、共謀した」といった意味ですが、最近の使われ方は「見て見ぬふり」というようなニュアンスです。 この言葉が注目を集めたきっかけは、昨年3月にアメリカを代表するコメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』で放映された、イヴァンカ・トランプ大統領補佐官を揶揄(やゆ)するパロディ作品でした。「complicit」という名の架空の香水のCMをイヴァンカになりきって演じたのは、女優のスカーレット・ヨハンソン。 そのメッセージは、イヴァンカも父であるトランプ米大統領の“共犯”だ――つまり、いくらセレブよろしく女性やマイノリティの権利向上を口にしても、それは単なるポーズにすぎず、結局は父による差別を事実上、追認しているんだというわけです。 作品が放映された翌月、イヴァンカはあるインタビューで反論を試みましたが、「complicitという...more
カテゴリー:

「おっさんずラブ」は「頑張る人が救われるドラマ」 - 05月19日(土)22:00 

 おっさん同士の純愛を描き、話題のテレビ朝日系「おっさんずラブ」(土曜午後11時15分)。貴島彩理プロデューサー(28)に制作の裏側を聞く第2回はLGBT、セクハラやパワハラなど昨今、議論される問題も盛り込んだ作品に込められた、現代日本…
カテゴリー:

DV妻に耐える、男の#Metoo「家庭内のミスで反省文を書かされる」 - 05月21日(月)08:51 

 女性の性被害をSNSなどで告発する「#Metoo」。しかし、世の中いつでも「女が被害者、男が加害者」とは限らない。日々妻の言葉のDV、パワハラに耐える夫が世の中に溢れ、「男の#me too」とも言える例が勃発しているのだ。    警視庁によると、DV(※)の相談件数は7万2455件(平成29年)。そのうち「夫が被害者」なのは17.3%で、5年で11ポイントも急増している(※配偶者からの身体に対する暴力または生命等に対する脅迫)。  そこで、家庭という一番落ち着いて過ごせるはずの場所で、まったく安らげない、悲壮な夫の声を届けたい。 ◆「臭い」から始まった言葉のDV 「同じことを3回繰り返したら反省文を書かされています」と語るのは、デザイン事務所の契約カメラマンとして働くM田さん(38歳)。  M田さんは5年間の交際を経て、現在、結婚6年目。5歳と2歳の2人の子宝にも恵まれ、傍から見ると“幸せな家族”といった印象を受ける。しかし、実際のところは、毎日妻からの言葉の暴力を受けているという。 「妻は3歳年下の出会った時は僕を立ててくれたり、周りの空気を読めたり、協調性があるタイプでした。だから僕の友人との飲み会にもよく当時彼女だった妻を連れて行っていましたね。気が強くなったのは結婚当初からで、1人目の出産を機に発言がオブラートに包まれなくなっていきました」  どこの家庭に...more
カテゴリー:

授賞式でイタリア女優がセクハラ告発 カンヌ映画祭 - 05月21日(月)00:21 

 第71回カンヌ映画祭の授賞式でひときわ大きなどよめきが広がったのが、女優賞の授賞役として登壇したイタリア女優アーシア・アルジェントのスピーチだった。  米映画界のセクハラ問題で追及された大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏を…
カテゴリー:

「俺の部下で自殺したやつがいる」と自慢げに話す上司…地方公務員のブラックな実態 - 05月20日(日)15:53 

 最近は問題続出で、与野党の追及と国民からの非難に晒される過酷な毎日を送る官僚たち。しかし、現場のほとんどの職員は「真面目に業務に励んでいるのに……」と嘆く。そんな“やってらんねぇよ”な声は霞が関だけじゃなく、地方公務員たちも同じだった。 ◆理不尽な上司の数は中央官僚も顔負け 「ウチには『これまで俺の部下で◯人自殺したヤツがいるんだぜ!』と武勇伝のように自慢してくる、人格が崩壊した管理職がいます」  苦々しい顔でこう語るのは、都庁職員の黒沢亮さん(仮名・38歳)だ。 「議会対応という名目で夜間残業を強いられるのですが、延々とやらされるのは『てにをは』などの文書の修正。しかも、ちょっとした文書表現のミスでも『緊張感が足りない!』と怒鳴り散らされることも珍しくありません」  度重なるパワハラで鬱状態に陥り、自殺に追い込まれた同僚もいるという。さらに黒沢さんを襲ったのは、理不尽な“役所の論理”だった。 「ある日、小池都政のスローガンである『自律的改革』が課され、残業を大幅に減らそうと、上司から業務効率化のためのマニュアル作りを迫られました。そのために夜な夜な残業を強いられ……。残業を減らすための取り組みで逆に残業が増える羽目になるとは。どうせこれも徒労に終わるし、ふざけんなって感じですよ」  ある地方の県庁で働く佐藤実さん(仮名・35歳)は数年前、国体開催の準備のために設立...more
カテゴリー:

狛江市の副市長、市長に辞職を迫る発言 セクハラ疑惑で - 05月19日(土)23:11 

 東京都狛江市で、市長による女性職員へのセクハラ行為を確認したとして、副市長が市長に辞職を迫る異例の事態となっている。3月に市議会で疑惑が発覚して以降、市長は「身に覚えがない」と一貫して否定している。…
カテゴリー:

立憲民主党公式「閣議決定をする事なのでしょうか…。」 立民・逢坂議員の質問主意書だと指摘されツイート削除 - 05月19日(土)21:40 

5月18日、政府の行った閣議決定が大きな話題となった。 衆議院議員逢坂誠二(立憲)提出セクハラ罪という罪に関する質問に対する答弁書について https://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2018/kakugi-2018051801.html 「現行法令において『セクハラ罪』という罪は存在しない」というもの。これに対し、さまざまな方が『Twitter』にて意見を述べていた。 立憲民主党の公式アカウントは、閣議決定の件を報じた朝日新聞デジタルの記事にリンクを貼り 閣議決定をする事なのでしょうか…。 https://web.archive.org/web/20180519060722/https:/twitter.com/cdp2017/status/997694309880152064(web魚拓) とツイートを行う。これに対し、そもそも質問主意書を提出したのは立憲民主党の逢坂議員だろうという内容の返信が数多く寄せられていた。 立憲民主党公式はツイートを削除したが、「消せば増える」という言葉もあるようにスクリーンショットが拡散される。また、説明もなく削除したことについても批判が集まっているようだ。 ※画像は「ウェブ魚拓」のサイトより ―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』
カテゴリー:

もっと見る

「セクハラ」の画像

もっと見る

「セクハラ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる