「セキュリティ機能」とは?

関連ニュース

メールサーバーソフト新版「MailGates V5」、クラウド型サンドボックスとDMARC対応 | IT Leaders - 05月16日(水)17:05 

サイバーソリューションズは2018年5月16日、セキュリティ機能に注力したメールサーバーソフトの新版「MailGates V5」を発表した。2018年6月1日から販売する。新版では、ランサムウェアや未知の脅威をディープラーニング技術により検知するサンドボックス機能を搭載したほか、送信ドメイン認証技術のDMARCに対応した。価格(税別)は100ユーザーの最小構成で年額19万円から。
カテゴリー:

AMD,Vega世代のGPUを統合した「Ryzen PRO」APUを発表。ゲーム性能の高さも謳う - 05月16日(水)00:00 

 北米時間2018年5月14日,AMDは,ビジネスPC向けプロセッサ「RyzenPRO」初のAPU製品を発表した。Vega世代のGPUコアを搭載し,セキュリティ機能「GuardMI」に対応する新製品は,デスクトップPC向けとノートPC向けに7製品が同時展開となる。
カテゴリー:

グーグルのProject Zero、「Microsoft Edge」のセキュリティ機能に不具合を指摘 - 05月14日(月)10:51 

グーグルの「Project Zero」の研究者が、「Microsoft Edge」に適用されたエクスプロイト緩和機能「Arbitrary Code Guard」(ACG)を迂回する脆弱性に関する研究結果を発表した。
カテゴリー:

「Firefox 60」公開、パスワードに依存しない認証「WebAuthn」をサポート - 05月11日(金)09:30 

Firefox 60では新しいセキュリティ機能として、パスワードに依存しない認証方法の「Web Authentication(WebAuthn)」をサポートした。
カテゴリー:

セキュリティ対策も可能、教職員向けソフト「ジャストスクール7 Premium」 - 05月08日(火)19:15 

 ジャストシステムは、教材や校務文書の作成のほか、セキュリティ対策も行える教職員向け統合ソフト「ジャストスクール7 Premium」を2018年6月8日に発売する。セキュア文書活用ソフト「ジャストスクール7 Light」も同時発売する。 「ジャストスクール7 Premium」は、さまざまな校務の情報化や効率化を支援する教職員向け統合ソフト。教育現場における文書の作成に役立つソフトウェアのほか、オリジナル教材や掲示物などを簡単に作れるソフトウェアや授業運営に便利なソフトウェアを搭載している。 教材やさまざまな校務に使いやすい著作権フリーの写真素材やイラストも多数収録。さらに、個人情報や試験問題などの文書の安全な管理が行えるセキュリティ機能も備わっている。  そのほか、ジャストシステムは「ジャストスクール7 Premium」において、Microsoft Office最新版との互換性を高めたオフィス互換ソフト「JUST Office 4」と、法人向け「一太郎」「ATOK」を搭載し、ラベル作成ソフトの最新版を提供することで機能の強化をはかったとしている。 ジャストスクール7 Premiumは、職員室のパソコンで使用できるライセンス製品「ジャストスクール7 Premium職員室パック」(上限100台)、「ジャストスクール7 Premium 職員室パック Advance」(上限150台)、教員...more
カテゴリー:

Weekly Report: 統合型 GPU に対する WebGL を利用したサイドチャネル攻撃 および Rowhammer 攻撃 - 05月16日(水)09:22 

スマートフォンなどの GPU が統合されたプラットフォームを利用する機器は、GLitch と呼ばれる攻撃を実行される可能性があります。結果として、遠隔の第三者が、当該機器を使用するユーザを悪意のあるサイトへアクセスさせ、ブラウザが提供するセキュリティ機能をバイパスさせる可能性があります。続きを読む
カテゴリー:

学校の情報セキュリティを見える化、安川情報システム - 05月14日(月)19:15 

 安川情報システムは2018年5月11日、教育委員会向けクラウドセキュリティソリューション「スマートスクールセキュリティ」の第一弾「見える化ソリューション」を発売した。学校の情報セキュリティについて、自治体間で格差が生じないよう開発された。 ICT整備が進み、学校のセキュリティリスクが高まっている。文部科学省が2017年10月に発表した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」では、セキュリティインシデントの未然防止、発生した場合の拡大防止・迅速な復旧を講じられる仕組みや体制を求めるなど、多岐にわたる推奨事項が示された。安川情報システムは、情報セキュリティに関する施設や人材に十分な投資ができない自治体にとっては、厳しい内容だと指摘している。 自治体ごとでセキュリティ格差を生じることがないよう、開発された「スマートスクールセキュリティ」では、学校現場で必要とされるセキュリティ機能を小さなセキュリティ装置「スクールエッジ」から提供。スクールエッジは学校に設置され、収集した学校内の情報ネットワークの情報をリスク分析のためにクラウドで見える化。リスク発見時には管理者にアラーム通知を行う。なお、個人情報にあたるデータは、クラウドへ持ち出さず、暗号化して守るという。 「スマートスクールセキュリティ」は、 施設や人材に寄らずセキュリティ強化が手軽に実現できるソリューションとなっていると...more
カテゴリー:

Project Zero、「Microsoft Edge」のセキュリティ機能に不具合を指摘 - 05月14日(月)10:51 

グーグルの「Project Zero」の研究者であるIvan Fratric氏が、「Microsoft Edge」に適用されたエクスプロイト緩和機能「Arbitrary Code Guard」(ACG)を迂回する脆弱性に関する研究結果を発表した。
カテゴリー:

これからはchrootツールを使わなくてもChrome OSの上で正規にLinuxを動かせる - 05月09日(水)10:26 

かなり前からデベロッパーたちは、Croutonなどのツールを使ってChrome OSマシンをLinuxベースのデベロッパーマシンとして使っていた。それはちょっと面倒なやり方だが、とりあえず使えた。でも今度からは、それがもっと簡単になる。Chrome OSマシンの上でLinuxアプリケーションを動かしたい人は、Settingsメニューにあるスイッチを切り替えだけでそれができるようになる。それは、今後Googleが、Chrome OSにLinuxの現在の安定バージョンの載ったDebian Stretchが動く、仮想マシンを同梱するからだ。 それは、シェルを使えるだけでなく、グラフィクスも完全にサポートされる。だからたとえば、Visual Studio CodeのMicrosoftによるLinuxバージョンを、Chrome OSマシンで動かせる。あるいはAndroid StudioでAndroidアプリを作り、そのラップトップ上でテストできる。Chrome OSのAndroidアプリのサポートは、昨年実現したから。 Linux on Chrome OSの最初のプレビューはすでにGoogleのPixelbookで試せるが、そのほかのデバイスのサポートは“もうすぐ”ということだ。 GoogleのChrome OS担当プロマネ・ディレクターKan Liuによると、デベ...more
カテゴリー:

【PC周辺機器】Google、白くて丸い11acルータ「Google Wifi」を26日発売 - 04月25日(水)12:36  bizplus

マイナビニュース 2018/04/25 12:12:35 https://news.mynavi.jp/article/20180425-google/ Google Wifi。Google Home Miniに少し似ている Google Wifiの底面 Googleは25日、11acに準拠した家庭向けルータ「Google Wifi」を発表した。混雑していない最適な帯域に 自動接続でき、ペアレンタルコントロール機能やメッシュ機能などを備える。また、シンプルで手軽な 設定アプリも提供される。 4月26日に販売開始。価格は「Google Wifi」1台で税別15,000円、3台パックで税別39,000円。 同社のハードウェア プロダクトマネージ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「セキュリティ機能」の画像

もっと見る

「セキュリティ機能」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる