「セイバン」とは?

関連ニュース

ラン活で楽しく変身!セイバンの基幹ブランド「MODEL ROYAL(モデルロイヤル)」2018年新作テレビCM完成 - 04月23日(月)16:00 

[株式会社セイバン] ≪モデルロイヤル クリスタル「お姫さま変身」篇 ≫ [画像1: https://prtimes.jp/i/10024/14/resize/d10024-14-761582-0.jpg ] ≪モデルロイヤル ドラグーン「騎士変身」篇 ≫ [画像2: https://prtimes.jp/i/10024/...
カテゴリー:

重すぎるランドセルで腰痛になる小学生が急増... 腰痛を未然に防ぐには? - 04月15日(日)20:00 

荷物をひとまとめにして背負えるランドセルは、小学生が通学する時の必需品。何でも持ち運べて便利な反面、重たすぎるランドセルが原因で腰痛になる小学生も増えているそう。腰痛を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか? 【写真】子どもの体にフィットするランドセル選びが重要に/出典:株式会社セイバン 公式サイト ■ ランドセルが重い原因 3月22日の「あさイチ」(NHK)では、ランドセルについて調査しました。大正大学の白土健先生は、「重たすぎるランドセルが子どもたちの負担になっているのでは?」という考えのもと、各地で実態を調べています。 取材当日には、1年生から4年生までのランドセルを計測。重さの平均は4.02㎏あり、佐藤俊吉アナウンサーも「大人でも重い!」と驚いたよう。しかし白土先生は「今日は軽い方です」と涼しい顔。別の日に計測した時は、9㎏オーバーのランドセルを背負っている子どももいたそうです。 ランドセルが重量化した原因の1つは教科書の変化。2011年に学習指導要領が変更され、教科書は以前よりサイズが大きくなりページ数も増加しました。上下巻に分かれていた教科書が1冊にまとまって、2倍近くの重さになるケースも。そこに裁縫道具や放課後に通う習い事の用品が加わると、さらに重みがアップすることに。 千葉県にある接骨院の佐々木純院長は、小学生で腰痛を患う子どもが増加していると指摘。重たいランドセル...more
カテゴリー:

2019年度ランドセル商戦第一波のGWに向けて立ち上げ!セイバン直営店が4月27日(金)池袋にオープン! - 04月23日(月)14:00 

[株式会社セイバン] 『セイバン池袋』では、3月30日(金)より発売開始したアイテムに加え、セイバンのオンラインストア“天使のはねストア”と直営店でしか背負うことができない限定販売モデルも取り揃え、過去最多の107...
カテゴリー:

「セイバン」の画像

もっと見る

「セイバン」の動画

Wikipedia

株式会社 セイバン(''SEIBAN LIMITED.'')は、兵庫県たつの市揖保川町に本社を置く各種の製造・販売をおこなう企業である。社名は「カバンの製造=製カバン」を縮めたのと、同社が本社を置く兵庫県のたつの市が西播磨地域であり「西播=セイバン」と呼ぶことなどのダブル・ミーニングから来ている。

概要

創業者で室津出身の泉亀吉が、1919年(大正8年)に大阪市で、播磨地方で産出された皮革をもとに、カバンや財布、キセルなどを製造する会社を設立する。その後戦後の混乱期を経て、本社を御津町(現・たつの市)に移転し、1946年(昭和21年)よりランドセルの製造を開始する。そのころからのランドセルの老舗メーカーであったが、2003年(平成15年)に世界で一番軽くて丈夫なランドセルとしてギネスブックにも登録された「天使のはね」を開発・上市したことで、一躍西...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる