「スーパー戦隊」とは?

関連ニュース

「スーパー戦隊レジェンドウォーズ」に“リアルタイム協力プレイ”が実装 - 10月23日(月)17:32 

スーパー戦隊レジェンドウォーズスーパー戦隊レジェンドウォーズ配信元バンダイナムコエンターテインメント配信日2017/10/23<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>AppStore・G…
カテゴリー:

[彩川ひなの]話題の戦隊美女がビキニに 「スピリッツ」グラビア - 10月23日(月)08:00 

 特撮ドラマ「スーパー戦隊」シリーズの「宇宙戦隊キュウレンジャー」で森の精霊・エリスを演じたことも話題のタレント・彩川ひなのさんが、23日発売のマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)47号の表紙と巻頭グラビアに登場した。  彩川 ……
カテゴリー:

【芸能】鈴木砂羽の主演舞台を降板したあの美魔女・牧野美千子が「真相」暴露か - 10月15日(日)23:15  mnewsplus

牧野美千子という名前を聞いてピンとくる人はかなりの芸能通だ。 先月、鈴木砂羽が主演、初演出を務める舞台『結婚の条件』に出演予定だった女優ふたりが、 「鈴木氏から人道にもとる数々の行為を受けた」 ということで揃って降板するというトラブルが起きた。その女優のうちひとりが彼女だ。 騒動は「土下座させられた」「させていない」など双方の言い分が異なるなどして、法廷に持ち込まれそうな気配もあったのだが、その後は沈静化したように見える。 ニュースが報じられたときに、彼女の顔を見て牧野美千子だとすぐに分か...
»続きを読む
カテゴリー:

テレ朝系日曜ワイド 高橋克典、安田顕、松重豊らの主演作続々登場 - 10月13日(金)14:05 

 テレビ朝日系で今年4月からはじまった日曜午前のドラマ枠『日曜ワイド』(毎週日曜 前10:00~11:50)で放送予定の新企画が一挙された。『土曜ワイド劇場』の人気シリーズに主演歴のある高橋克典や高島礼子、「トリック」シリーズやスピンオフ『警部補 矢部謙三』でおなじみの生瀬勝久のほか、安田顕や松重豊が主演する新作が続々登場する。 【場面写真】安田顕主演『白い刑事』ほか、放送を待つばかり  第1弾となるのが、15日放送の高橋主演『庶務行員 多加賀主水が許さない』。銀行を舞台にした江上剛氏原作の傑作ミステリーを初ドラマ化。高橋が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮し、組織の闇に立ち向かっていく。  22日は、安田主演の『白い刑事』を放送。“警察の天敵”ともよばれた敏腕弁護士・相良修平(安田)が、なんと警察の特別職員に“転職”。かつて自らが弁護し、逆転無罪を勝ち取った女性が絡んだ事件の謎を、“刑事”として暴いていく、まったく新しいタイプのミステリードラマが誕生する。  生瀬の主演作は、藤野恵美氏の小説『ハルさん』(創元推理文庫)を初ドラマ化する『ハルさん~花嫁の父は名探偵!?』(12月放送予定)。妻を亡くし、男手ひとつで娘を育て上げてきた人形作家の父“ハルさん”(生瀬)が、これまで娘の周囲で起きてきた数々の“事件”を振り返る、ハートウォーミングな異色ミス...more
カテゴリー:

【グラビア】小宮有紗:「ラブライブ!サンシャイン!!」声優が「週プレ」初表紙 ビキニ姿を披露 - 09月25日(月)05:13  mnewsplus

2017年09月25日 小宮有紗:「ラブライブ!サンシャイン!!」声優が「週プレ」初表紙 ビキニ姿を披露  テレビアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」で黒澤ダイヤの声優を務める小宮有紗さんが、25日発売の週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)41号の表紙とグラビアに登場した。小宮さんが同誌の表紙を飾るのは初めてで、グラビアではビキニ姿を披露した。  小宮さんは1994年2月5日生まれの23歳。2012年にスーパー戦隊シリーズ「特命戦隊ゴーバスターズ」の宇佐見ヨーコ(イエローバスター)役でテレビドラマに初出演。「ラブ...
»続きを読む
カテゴリー:

[彩川ひなの]話題の戦隊美女がビキニに 「スピリッツ」グラビア - 10月23日(月)08:00 

 特撮ドラマ「スーパー戦隊」シリーズの「宇宙戦隊キュウレンジャー」で森の精霊・エリスを演じたことも話題のタレント・彩川ひなのさんが、23日発売のマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)47号の表紙と巻頭グラビアに登場した。  彩川 ……
カテゴリー:

ハリウッドで活躍する27歳の日本人アーティスト・田島光二。プロが使うiPad Proの使い方とは「一番描き心地がいいのは純正のメモアプリ」 - 10月18日(水)12:10 

Image: Copyright © 2014 Kouji Tajima Art, All rights reserved. 27歳、ハリウッドの最前線で活躍する日本人アーティストをご存知でしょうか?彼の名前は田島光二。現在ハリウッド映画の制作に携わる田島さんは、日本の専門学校でCGを学び、在学中に出会った3DCG制作をきっかけに現在のコンセプトアーティストのキャリアをスタート。彼の腕前は、学生時代、インターネットに公開していた自主制作作品をきっかけに『スター・ウォーズ』のルーカスフィルムから就職のオファーが来るほど。しかし英語が話せず断念した ルーカス・フィルムのオファーを糧に、その後ヨーロッパ最大のVFXスタジオ・Double Negative(ダブル・ネガティブ)にコンセプトアーティストとして所属しました。最近では『ブレードランナー 2049』や『パシフィック・リム:アップライジング』などのコンセプトアートを手がけ、ハリウッドの最前線で活躍しています。 Image: CLAUDETTE CARRACEDO 田島光二さん そんな弱冠27歳でハリウ...more
カテゴリー:

ブレークの登竜門『仮面ライダー』制作陣語る抜擢の裏側 - 10月15日(日)06:00 

塚田英明プロデューサー(以下・塚田)「僕は、最初の『仮面ライダー』放送年の'71年に生まれました。その自分が『アギト』('01年)『フォーゼ』('11年)などの仮面ライダーシリーズに携わっているのは、不思議な気分でした」 大森敬仁プロデューサー(以下・大森)「僕の子どもの時代は、ちょうど仮面ライダーシリーズは放送していなかったんです。僕はこれまで、アシスタント時代を含めると、『電王』『キバ』はじめ、シリーズ6作品。スーパー戦隊も入れると11作品に関わりましたね」 塚田「僕は8作品。後輩なのに僕よりたくさんやっているのか(笑)」 こう和やかに笑いあうのは、平成の『仮面ライダー』を手がける2人のプロデューサー(ともに東映所属)。平成の仮面ライダーといえば、それまで役者の経験がなかった竹内涼真(24)、菅田将暉(24)らがオーディションを勝ち抜き、歴代の主演に抜擢されているシリーズ。まさに、今をときめく人気俳優の“登竜門”でもある。“子どものヒーロー”という枠を飛び越え、ママたちの心もつかんで離さないライダー俳優たち。制作陣たけが知る彼らの“素顔”を2人が明かしてくれた。 塚田「『アギト』に出た要潤くんも、当時はまだ素人に近かった。でも、現場で監督にしごかれて力をつけて、今では文句なしの活躍ぶりです」 仮面...more
カテゴリー:

[恐竜戦隊ジュウレンジャー]“伝説の獣騎神”キングブラキオンの巨大食玩が登場 走行、変形も - 10月09日(月)16:00 

 特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」で1992~93年に放送された「恐竜戦隊ジュウレンジャー」に登場するロボット、獣騎神キングブラキオンのプラモデル「スーパーミニプラ 獣騎神キングブラキオン」が、バンダイから発売される。ラムネのおまけの食玩で ……
カテゴリー:

「スーパー戦隊」の画像

もっと見る

「スーパー戦隊」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる