「スロベニア」とは?

関連ニュース

スロベニア選手、ドーピングの陽性反応 平昌五輪で3例目 - 02月21日(水)15:30 

平昌(ピョンチャン)冬季五輪に参加しているスロバキアのアイスホッケー選手、ジガ・イエグリッチがドーピング検査で陽性反応が出たため、資格停止処分を受けたことが21日までにわかった。陽性反応が出た例としては今大会3例目。 スポーツ仲裁裁判所(CAS)によれば、イエグリッチがドーピング違反を認めた。調査の結果については大会後に発表するとしている。 今大会では、これまでに、スピードスケート・ショートト...
カテゴリー:

青山組は1回戦敗退=女子テニス - 02月21日(水)00:15 

 女子テニスのドバイ選手権は20日、アラブ首長国連邦のドバイで行われ、ダブルス1回戦で青山修子(近藤乳業)カタリナ・スレボトニク(スロベニア)組は、エカテリーナ・マカロワ、エレーナ・ベスニナ組(ロシア)に1-6、2-6で敗れた。 [時事通信社]
カテゴリー:

スロベニア選手がドーピング違反=CAS〔五輪〕 - 02月20日(火)17:33 

 【平昌時事】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は20日、平昌五輪のアイスホッケー男子に出場しているスロベニアのジガ・イエグリッチにドーピング違反が発覚したと発表した。 イエグリッチからは気管支拡張作用のある禁止薬物フェノテロールが検出された。同選手は残り試合の出場停止処分を受け入れた。 [時事通信社]
カテゴリー:

スロベニア代表アイスホッケー選手がドーピング、平昌五輪で3例目 - 02月20日(火)16:38 

【2月20日 AFP】スポーツ仲裁裁判所は20日、アイスホッケー男子スロベニア代表のジガ・イェグリッチが、ドーピング検査で薬物の陽性反応示したため、出場停止処分を科されたと発表した。≫続きを読む
カテゴリー:

五輪アルペン:「新しい歴史創設」コソボから初の冬季選手 - 02月17日(土)12:32 

 コソボから初の冬季五輪代表としてアルビン・タヒリがアルペンスキーに出場している。スロベニア生まれだが「コソボの存在を世界にアピールしたい」との思いで、2008年の独立宣言から17日に10年を迎える父の故国から出場した。ここまでの3種目では複合の37位が最高ながら、「コソボの新しい歴史を作れた」とすがすがしい表情だ。
カテゴリー:

韓国の対北政策「強く支持」=スロベニア大統領 - 02月21日(水)10:49 

【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪に合わせて韓国を訪問したスロベニアのパホル大統領は21日までに、ソウル市内のホテルで聯合ニュースのインタビューに応じ、北朝鮮核問題について、「韓国大統領の平和的な解決策の追求や(南北)統一に向けた和解政策を支持する」と述べた。
カテゴリー:

五輪アイスホッケー:スロベニア選手がドーピングで陽性 - 02月20日(火)20:56 

 【平昌・田原和宏】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は20日、平昌冬季五輪でスロベニア男子ホッケー代表のジガ・イエグリッチ(29)がドーピング検査で陽性反応を示し、暫定の資格停止処分を科したと発表した。大会期間中の陽性反応はスピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧(神奈川大)、「ロシアからの五輪選手(OAR)」でカーリング混合ダブルスで銅メダルを獲得した男子のアレクサンドル・クルシェルニツキーに続いて3例目。
カテゴリー:

韓国・スロベニア首脳会談 「米朝とも対話の必要性感じている」 - 02月20日(火)17:06 

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、青瓦台(大統領府)でスロベニアのパホル大統領と昼食会を兼ねて会談し、両国の実質的な協力強化や北朝鮮問題での連携などについて議論した。
カテゴリー:

韓国の主な週間日程(19~25日) - 02月19日(月)05:00 

◇19日(月) ▲統一部、定例会見(10:30) ▲青瓦台(大統領府)首席秘書官・補佐官会議(14:00) ▲韓国・フィンランド首相会談(14:00、政府ソウル庁舎) ▲ソウル市、フィンランドのシピラ首相に名誉市民証授与(16:00) ▲韓国・スウェーデン外相会談(17:00) ◇20日(火) ▲閣議(10:00、政府世宗庁舎) ▲朴槿恵(パク・クネ)被告の公判(10:00、ソウル中央地裁) ▲文在寅(ムン・ジェイン)大統領、スロベニアのパホル大統領と昼食会(12:00、青瓦台) ▲外
カテゴリー:

【平昌五輪】旧正月と重なり外国人悲鳴「列車の切符がない」...宿泊施設の予約も低調「外国人が来なかったらどうなる…?」 - 02月16日(金)07:01  mnewsplus

 12日午後、ソウル駅の切符売り場では、スイスからやって来たハンス・メンゴティさん(48)が平昌発ソウル行きの17日の高速鉄道(KTX)の自由席券を購入しようとしていた。メンゴティさんはすでに14日のスピードスケート、15日のフィギュアスケートの入場券を購入していた。試合を観戦後、平昌を観光してソウルに戻るつもりだった。ところが列車の切符が買えないのだ。メンゴティさんは何時間も待った末に、結局スケジュールを変更して14日午前にソウルに帰ってくることにした。帰国便の日にちが決まっているため、平昌滞在を延期するこ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「スロベニア」の画像

もっと見る

「スロベニア」の動画

Wikipedia

住民は、スロベニア人が89%、旧ユーゴスラビア系の住民(クロアチア人セルビア人ボシュニャク人など)が10%、マジャル人ハンガリー人)やイタリア人が0.5%である。マジャル人とイタリア人は議会内に1議席ずつ代表を持つ。ドイツ系住民は、他の国と比較すると多くない。

言語

言語は、スロベニア語が公用語になっている。ユーゴスラビア時代、多くの国民は教育によってセルビア・クロアチア語を習得しており、一定以上の世代ではセルビア・クロアチア語の通用度が高い。独立後の教育では、第二言語としては、英語が最もよく教えられているが、ドイツ語も広く通用する。

宗教

宗教は、ローマ・カトリックが2/3以上、その他は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる