「スペシャルドラマ」とは?

関連ニュース

吉岡里帆が時代劇初挑戦、初共演の田村正和は"生きるレジェンド" - 01月21日(日)07:30 

女優の吉岡里帆が、田村正和主演のフジテレビ系スペシャルドラマ『眠狂四郎』(2月17日21:00~23:10)で、時代劇に初挑戦することが21日、明らかになった。
カテゴリー:

「ひよっこ」「最後から二番目の恋」...人気脚本家が企業ドラマを初描き下ろし - 01月16日(火)16:41 

「ひよっこ」「最後から二番目の恋」「ビーチボーイズ」――。世代を超えた話題作を手がける脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル短編ドラマ「ENVISION」が2018年1月からECC外語学院の特設サイト上で公開されています。 岡田氏が企業ドラマを書き下ろすのは今回が初めて。約15分のドラマで描かれているのは、ある女性の苦悩と成長です。シェアハウスの新メンバーに戸惑い... 主人公は、とあるシェアハウスで暮らす25歳の社会人女性「いずみ」。持ち前の明るさと何事にも果敢に取り組む姿勢で、職場では若手きっての活躍ぶりをみせています。ところがある日、アメリカ出身の「レオナ」がシェアハウスに入居したことで生活は一変。実はいずみには英語で話すことに対するトラウマがあり、レオナから逃げ、本当の自分からも逃げる毎日を送ることに...。 英語に対しての苦手意識を持ち、いつの間にか自分らしさを失っていく20代女性の苦悩を繊細に描いた同作は、思わず感情移入してしまうこと間違いなし。人気脚本家のスペシャルドラマは、ファンなら是非チェックしたいところです。 なお、タイトルにある「ENVISION」はECC外語学院が新たに開発した英会話カリキュラムの名称。「バイリンガル講師+外国人講師のペアティーチング」「アウトプット中心のレッスン」といった特長を持ち、最短でのスムーズな英会話スキル習得を目指すコ...more
カテゴリー:

千原ジュニア主演『新・ミナミの帝王』大東駿介とのタッグは息ピッタリ - 01月13日(土)12:00 

千原ジュニア主演のスペシャルドラマ『新・ミナミの帝王』(カンテレ)の第15作「ニンベンの女」が、1月13日(土)15時から放送される。 同作は、原作・天王寺大の漫画『ミナミの帝王』を実写化した人気…
カテゴリー:

ジュニア&大東俊介ミナミの帝王コンビ、小芝風花の存在感に驚き - 01月13日(土)09:00 

 タレントの千原ジュニアが主演するカンテレのスペシャルドラマ『新・ミナミの帝王』第15弾「ニンベンの女」が13日の午後3時から放送され、ジュニアとコンビを組む大東俊介の2人がみどころを語った。今回から女優・小芝風花演じる若き“偽造屋”の矢倉紅(やくら・べに)が仲間入り。小芝についてジュニアは「あんなに小柄でかわいらしいけど、背骨が太い感じがしますね。小芝さんが演じる紅は、いろんなバックボーンがあって、そういうのが見え隠れする非常にいい役どころというか、いいお芝居をされていると思いますね」とその存在感に感心した。 【写真】小芝風花の出演シーン  原作・天王寺大/作画・郷力也の作品『ミナミの帝王』を実写化した同作は、2010年よりジュニアを主演に据え、映画を含めると16作品を制作。ジュニアが演じるどんな手を使ってでも借金取り立てる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎が、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいくヒューマンドラマ。大東は銀次郎の舎弟・坂上竜一を演じている。  過去に小芝と映画共演も経験した大東も「ちょうど僕が『新・ミナミの帝王』を始めたのが、彼女くらいの年なので、感慨深いです。とにかく“力強い目をした、透明度の高い人だな”という印象で、大人になってご一緒できるのは、すごく楽しいです。彼女には有無を言わさない力があるので、思いの熱量が高い紅の役にすごくピッタリだと...more
カテゴリー:

遠藤憲一の女性ファンが急増中 ポイントはギャップ萌え - 01月12日(金)09:00 

1月11日放送のスペシャルドラマ「白日の鴉」(テレビ朝日系)に出演する遠藤憲一(56)。本作で遠藤は、冤罪にかけられたサラリーマンを熱演。その冤罪をめぐって物語は二転三転し、予想外の結末へと突き進む。 遠藤といえばそのコワモテを活かし、シリアスな作品を中心に活躍。“名脇役”として高い評価を得てきた。しかし近年は、幅広いファンを獲得。昨年「2017年テレビCMタレントランキング」の「会社数ランキング」男性部門では単独1位に輝いている。 さらに彼のTwitterでの言動が、人気の広がりに拍車をかけているという。1月3日のツイートにはカニを手にした自身の写真が。満面の笑みだが「体日はカニ(原文ママ)」と書き込んでおり、その誤字にファンから「かわいい」との声が上がっていた。 昨年12月24日にも、クリスマスイブのディナー写真が話題に。デザートを写真に収めようと、皿を斜めに傾けた遠藤。だがソースがまるで血のように垂れるアクシデントが。《垂れまくってました》とコワモテ顔で報告したところ、40万件もの「イイネ!」が寄せられていたのだ。 「実は今、遠藤さんの女性ファンが急増しています。ポイントは『コワモテだけどかわいい』という“ギャップ萌え”。『怖そうに見えるのに、バラエティに出たときのハニカミ顔がたまらない』というものです。さらに彼は、恐妻...more
カテゴリー:

村上弘明、歴史うんちくで事件を解決 新キャラ『将軍刑事』主演 - 01月20日(土)06:00 

 俳優の村上弘明が主演する新作ミステリードラマ『将軍刑事』が21日(前10:00~11:50)にテレビ朝日系で放送される。村上が演じるのは、自他ともに認める大の歴史オタク、警視庁銀座中央署刑事の将野軍平。凶悪事件が起きると、まさに大軍を率いる将軍のようにカリスマ性のあるリーダー力と独自の歴史的考察力を駆使して事件を解決に導いていく。ついたあだ名が「将軍」。後輩刑事の久野苺子(笛木優子)や茶屋乙美(中村静香)から熱い視線を向けられるダンディーな将軍刑事を熱演する。 【写真】「将軍」と呼ばれても普段はスーツです  そんな将軍刑事が挑むのは、AI(人工知能)が起こした犯罪(!?)。物流システムを円滑化する目的で開発されたAIが暴走し、勝手に殺害予告を流していたというもの。知識も速度も人間を圧倒しはじめているAIの暴走を、将軍刑事は解決することができるのか。  これまで数々の時代劇で明智光秀や高坂昌信などの“武将”を演じてきた村上も、“将軍”と名のつく役柄は本作が初めて。劇中では “平将門伝説”から“忠臣蔵”や“黒船来航”まで、歴史うんちくの数々を披露する。  ミステリードラマで刑事役も多い村上だが、今回の将軍刑事ほど斬新なキャラクターはいなかったはず。「日曜日の朝の番組ということで、家族がみて、おもしろおかしい作品を目指しました。監督と相談しながら、所々にコミカルな要素を取り入れ...more
カテゴリー:

【今夜、出発進行!】松井玲奈、冬の連ドラ「名古屋行き最終列車2018」の魅力を語る! - 01月15日(月)19:13 

2018年1月15日(月)から放送の、名古屋鉄道を舞台とした地域密着型ドラマ「名古屋行き最終列車2018」(メ~テレ、毎週月曜 深夜0:20~、全10回)。第6弾となる今回は短期のスペシャルドラマではなく、連続ドラマとして放送される。そんななか1月12日(金)に「ミッドランドスクエア シネマ」(名古屋市中村区)では、「名古屋行き最終列車2018」の第1話の試写会が開催され、主演の松井玲奈による舞台挨拶が行われた。 【写真を見る】第1話は松井玲奈演じる一美が、女子プロボウラー・加納由香(堀内敬子)に一美が最終列車で出会うところから始まる 舞台挨拶で松井玲奈は、「私が演じる一美は、詐欺にあったり、失業したりとおみくじで毎年、凶を引いているんじゃないかなと思うぐらい運の悪い女性。今回はそんな一美がインタビュアーとして、名古屋行きの最終列車に乗車している人にインタビューをするところからはじまります。今までは、一美がトラブルに巻き込まれる話が多かったのですが、今回は最終列車に乗っている人が“なぜ、この列車に乗っているのか”をきっかけに話が進みます。インタビューした乗客自身や、関わった一美が成長できるようなお話となっています」と語った。 「名古屋行き最終列車」は、主役が変わる全10回のオムニスバス形式のドラマ。そのうち松井玲奈が主演する回は、3回に分けて放送されるという。また、このドラマのお馴...more
カテゴリー:

千原ジュニア主演『新・ミナミの帝王』大東駿介とのタッグは息ピッタリ - 01月13日(土)12:00 

千原ジュニア主演のスペシャルドラマ『新・ミナミの帝王』(カンテレ)の第15作「ニンベンの女」が、1月13日(土)15時から放送される。同作は、原作・天王寺大の漫画『ミナミの帝王』を実写化した人気シリーズ。千原演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎は、貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがないのが自慢で「ミナミの鬼」と恐れられている。そんな銀次郎が、紅は、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいく姿を描くヒューマンドラマだ。2010年の放送から8年を迎えた今年。萬田銀次郎を演じる千原と、銀次郎の舎弟・坂上竜一を演じる大東駿介は、ともに関西出身。映画版を含めるとシリーズ16作で師弟関係を演じる2人は、休憩中は会話に花を咲かせ、ドラマの中でも息ピッタリだ。大東とのコンビについて千原は「芝居は、大東さんの土俵ですから、そこに僕が偉そうにお邪魔しているんです。でもそれを大東さんはええ感じで迎え入れてくれています」と、大東に敬意を示し、2人の関係は良好の様子。一方の大東は、「面白いもので、すごく慣れたチームで16回やっていても、年に一度、3週間くらいの撮影なので、毎回雰囲気が微妙に違うんです。みんなが年に1回ここに集まるという仕組みができていて、“新・ミナミの帝王のチーム”が完成しつつあるのかなという感じがします」と、千原を含め、9年目となる制作チームとの信頼関係の強...more
カテゴリー:

千原ジュニア主演『新・ミナミの帝王』大東駿介とのタッグは息ピッタリ - 01月12日(金)13:24 

千原ジュニア主演のスペシャルドラマ『新・ミナミの帝王』(カンテレ)の第15作「ニンベンの女」が、1月13日(土)15時から放送される。同作は、原作・天王寺大の漫画『ミナミの帝王』を実写化した人気シリーズ。千原演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎は、貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがないのが自慢で「ミナミの鬼」と恐れられている。そんな銀次郎が、紅は、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいく姿を描くヒューマンドラマだ。2010年の放送から8年を迎えた今年。萬田銀次郎を演じる千原と、銀次郎の舎弟・坂上竜一を演じる大東駿介は、ともに関西出身。映画版を含めるとシリーズ16作で師弟関係を演じる2人は、休憩中は会話に花を咲かせ、ドラマの中でも息ピッタリだ。大東とのコンビについて千原は「芝居は、大東さんの土俵ですから、そこに僕が偉そうにお邪魔しているんです。でもそれを大東さんはええ感じで迎え入れてくれています」と、大東に敬意を示し、2人の関係は良好の様子。一方の大東は、「面白いもので、すごく慣れたチームで16回やっていても、年に一度、3週間くらいの撮影なので、毎回雰囲気が微妙に違うんです。みんなが年に1回ここに集まるという仕組みができていて、“新・ミナミの帝王のチーム”が完成しつつあるのかなという感じがします」と、千原を含め、9年目となる制作チームとの信頼関係の強...more
カテゴリー:

浅野ゆう子結婚祝福の浅野温子 時間が埋めた「W浅野」の溝 - 01月11日(木)19:00 

浅野ゆう子(57)が昨年末に同年代の一般男性と結婚したことを1月11日、所属事務所が報告した。 相手が一般人であるとして、素性などには一切触れず。結婚を決めた理由を「お互いこの年齢で…とも思いましたが、この年齢だからこそ、互いの健康に気遣いつつ、寄り添いながら穏やかに、これからの人生を歩んでいこうと決めました」と説明した。 この結婚報告を受け、「W浅野」として一時代を築いた浅野温子(56)も「ご結婚おめでとうございます!とにかくとにかくおめでたいです」と祝福。1988年放送のフジテレビ系ドラマ「抱きしめたい!」で共演した2人だが、当時はとても“戦友”と呼べるような関係ではなかったという。 「いまでも当時を知る人たちの間では語り継がれていますが、ドラマ現場の緊張感がものすごかったそうです。2人は相当互いをライバル視しており、互いに対していいたいことがある場合はプロデューサー経由。共演者やスタッフはどちらの“派閥”にも偏ることなく、あくまでも中立に仕事をこなすのが大変だったようです」(フジテレビ関係者) 浅野ゆう子は16年8月に「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の人気コーナー「本音でハシゴ酒」で、当時の関係について言及。「(登場とか)あっちゃんが先なんですよ。二枚看板なんだけど、何秒差とか。オープニングの出とかで&...more
カテゴリー:

もっと見る

「スペシャルドラマ」の画像

もっと見る

「スペシャルドラマ」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 特別番組...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる