「スペシャリスト」とは?

関連ニュース

誹謗中傷記事が噴出…! セミヌードもやった元グラドルの運命は? - 12月13日(水)21:30 

念願だった保育園設立をブログで報告した元グラドルの筆者・小阪。だが、この記事が発端となり、事態は思わぬ方向へ進み始めた。グラドル時代に報じられた熱愛スキャンダルが再燃し、その影響は園にも……。文・小阪有花【グラドルから保育園へ】vol. 84 何気なく書いたブログから状況は暗転 ひとり歩きした記事はどんどん悪いほうに進み、あることないことを書かれた。元グラドルが保育園なんて無理に決まってる、どうせすぐ終わると、悪いことばかり書かれ、ここまで来るのにさまざまな苦労を乗り越えてきたのに、その背景には全く興味を示してくれなかった。まぁ、そういう予想は勝手にすればいいし、他人に何を言われようが続ければいいだけの話。一般人の私はもう関係ないからと、案外あっさりと流すことができた。 しかし、記事の内容はそこだけに留まらず、過去の間違いすらも引っ張り出し、私を闇へと引きずり戻そうとした。過去、週刊誌に熱愛スクープとしてある写真を撮られたこと。その相手はまだ離婚していなかったことで、私は不倫経験があると書かれた。そんな経験は全くなく、二人で家に帰ったなどさまざまなことが書かれたが、それも全て友人に騙されたもの。昔の傷も癒えて、これから新しい人生が始まるというのに、私はここでもまた同じような思いをしなくてはならないのかと落胆した。 不倫女の保育園なんかに預けたくない しかも、何年も前の偽りの記事を...more
カテゴリー:

比嘉愛未、マフラーに包まれた天使の寝顔を公開!「誰が巻いた?」の声も - 12月13日(水)07:40 

2018年1月4日(木)に放送決定した「DOCTORS 最強の名医 新春スペシャル」(テレビ朝日系)で、連続ドラマ第1弾より看護師・宮部佐知を好演している女優の比嘉愛未。そんな彼女が、12月11日に公式Instagramを更新し、マフラーに巻かれてぐるぐる巻きにされた寝顔を公開した。 【写真を見る】まさに天使! 比嘉愛未の寝顔にキュンキュン!!/※画像は比嘉愛未(higa_manami)公式Instagramのスクリーンショットです 「DOCTORS 最強の名医」は、普段は患者に笑顔で優しく接するが、自分が信じる医療のためなら目的・手段を選ばない非情な一面も持ち合わせているスゴ腕外科医・相良浩介(沢村一樹)と、高嶋政伸演じる“腕は確かだが人間性にやや問題アリ”な外科医・森山卓が対立しながらも、患者を救う医療のために尽力していく物語。 比嘉は仕事熱心で、相良を心から尊敬してやまない佐知を演じている。実に約6年にわたって連続ドラマで3期、SPドラマとして2回オンエアされてきた本作で、その佐知というキャラクターを昇華させてきた。 そんな比嘉は、何の因果か、ことしの夏には7年半ぶりに連ドラで復活した「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)でのフライトナース、6年ぶりにSPドラマで復活した「最上の命医2017」(テレビ東京系)での小児外科医、...more
カテゴリー:

DBSに必要な「リスクマネジメント」「情報セキュリティ管理」の基礎 - 12月12日(火)05:00 

あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。本企画では、データベーススペシャリスト試験 午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。今回はデータベースシステムに必要な「リスクマネジメント」「情報セキュリティ管理」の基礎を解説します。
カテゴリー:

ロザン宇治原「疲労感はんぱないな!」天才キッズに大人げない攻めで対抗 - 12月11日(月)12:30 

今夜12月11日放送の『天才キッズ全員集合~君ならデキる!!~』(テレビ朝日系、19:00~)では、人気クイズバラエティー『Qさま!!』とのコラボが初実現。ロザンの宇治原史規が天才キッズ相手に大人げない攻めで挑む。インテリ芸人が集まる『Qさま!』でも、数々の難問をクリアしてきた芸能界屈指の頭脳を持つ最強の刺客、ロザン・宇治原が登場するが、そんな宇治原の大ファンであり、わずか10歳で超難関の漢検一級に合格した天才キッズ・佐古奏くんが、宇治原の前に立ちはだかる。初対面で、緊張しながらも、大好きな宇治原を前に、サインをお願いするなど、子どもらしい表情をのぞかせるが……。第1ラウンドは「漢字1文字しりとり対決」。相手が書いた漢字の読みの、最後の文字から始まる漢字を書き、しりとり勝負を行う。宇治原は執拗に濁音だけを出し続けるなど、小学生相手に、真剣な面持ちで陰湿な攻めに。第2ラウンドは「難読出し合い対決」。2人が「くだもの」「楽器」「野菜」「体」「国名・地名」の5ジャンルから1つずつ、難読漢字の読み仮名問題を出題し、その正解数を競う。第3ラウンドは「多答対決」。「ごんべんの付く漢字」や「“けん”と読む漢字」「同じ文字を重ねた品字様の漢字」など、各条件に当てはまる漢字を、どれだけ多く書けるかを競う。「こんなにわかりやすく、攻守が入れ替わることってある!?」「疲労感はんぱないな!」など、百戦錬磨...more
カテゴリー:

「人」という字を3回書くのはもう古い? 緊張しないおまじない最新版 - 12月11日(月)12:00 

 仕事のプレゼンなど緊張でドキドキするとき、手のひらに「人」を書いてのみ込んだ経験がある人は多いのでは? “新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、シウマが「人」を書いてのむよりも効果のある、緊張をほぐすとっておきの方法を教えてくれた。 ■ビジネス系は「23」、お楽しみ系は「13」で緊張をほぐす  琉球風水と数の魔法で運を味方にする数字のスペシャリスト・シウマが教えてくれたのは、緊張をほぐす効果のある数字。おススメの数字は「23」で、てのひらに「人」ではなく「23」と書いてのみ込めば気持ちは落ち着き、平常心で人前に立てるのだという。  ではなぜ「23」が効くのだろう? 「23という数字にはコミュニケーションを高める力がある」とシウマ。「23」が緊張を消してくれるわけではなく、「この緊張感を楽しんでやろう」と前向きに心を切り替えてくれるそうだ。その結果、緊張感がいいほうに作用し、たとえばさらに話がおもしろくなるなどのプラスの効果が生まれるという。数字をのみ込むほかにも、「23」と書き込んだ資料を見ながらプレゼン……というのも効果がありそう。  ちなみに「今日は勝負合コン! ドキドキする~」という場合は、「23」ではなく「13」がおススメなのだとか。「23は仕事系の発表向きで、人を楽しませたり、その場を盛り上げたりといった場合は13のほうが相性が...more
カテゴリー:

保田圭が“食空間コーディネーター”2級に合格「何度挫折しそうになったことか」 - 12月13日(水)16:59 

タレントの保田圭が13日にアメブロを更新。“食空間コーディネーター”の2級に合格したことを報告した。 “食空間コーディネーター”とは、食空間のプロ、スペシャリストのことを指し、おもてなしを主とする業界、家族の団らんやパーティなどさまざまな分野で生かすことができる資格。保田は14年に同資格の3級を取得し、2級取得に向けて勉強していることを明かしていた。ブログでは、認定証の写真を公開するとともに「無事に合格しました~」と喜びをあらわに。 しかし、合格への道のりは簡単ではなかったようで「思ったよりかな~り大変でした 筆記試験に受かってから実技試験まで…かなりの労力と時間とお金がかかりました 何度挫折しそうになったことか」と苦労をにじませた。一方で「こうやって大人になってから何かに向かって頑張るというのは達成感がありますね」とやりがいをつづった。 現在は「食育」の指導者を目指す“食育インストラクター”の資格取得に向けて勉強中といい、「先日受けた食育の授業はまさに妊婦の私にぴったりな内容でした。知らないって怖い事だなぁと思ってしまうそんな授業で本当に勉強になりました」と感想をつづっている。 ファンからは「ムリなく頑張ってください!」「合格おめでとうございます♪圭ちゃんは偉いですよね♪」など、祝福のコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・合格しました!!(保田圭オフィシャルブログ...more
カテゴリー:

Dockerの俊敏性がビジネスのデジタル化を支える - 12月13日(水)07:30 

朝日インタラクティブが2017年10月に開催したセミナー「ZDNet Japan 攻めのITセミナー─“Docker”は攻めの一手になり得るか?」では、ユーザー企業のキーマンや日本ヒューレット・パッカードのスペシャリストらが登壇し、企業の情報システム部門の役割の変化と、その中におけるDockerの活用価値について議論を交わした。
カテゴリー:

女性のための海外ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」の魅力 - 12月11日(月)16:00 

(C)2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc. 『お笑い』→『海外ドラマ』→『マンガ』→『ラジオ』の4ジャンルを週替わりで、そのスペシャリストが“最推し番組”を指南する『今週の萌えガタリ』。今週は『海外ドラマ』ということで、『BAILA』『日経エンタテインメント!』ほか各種媒体に映画・海外ドラマのレビューやコラムを連載中の今祥枝さんが最推しドラマを紹介! 【最推し海外ドラマ】『ビッグ・リトル・ライズ』 今年を代表するドラマのひとつが、オスカー女優のニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーンという映画スターが豪華共演の『ビッグ・リトル・ライズ』。企画から制作まで、女優陣が自身でプロダクションを率いて手がけたミステリーの傑作です。 軸となるのは、ニコールとリースが演じるママ友、セレステとマデリン、引っ越してきた若いシングルマザーのジェーンの3人。世話好きなマデリンは再婚してパートで働く2人の子持ち、弁護士だったが現在は専業主婦の美女セレステは、夫はイケメン&エリートで双子の母親、一方のジェーンは子どもの父親について語らず、...more
カテゴリー:

ロザン宇治原「疲労感はんぱないな!」天才キッズに大人げない攻めで対抗 - 12月11日(月)12:22 

今夜12月11日放送の『天才キッズ全員集合~君ならデキる!!~』(テレビ朝日系、19:00~)では、人気クイズバラエティー『Qさま!!』とのコラボが初実現。ロザンの宇治原史規が天才キッズ相手に大人げない攻めで挑む。インテリ芸人が集まる『Qさま!』でも、数々の難問をクリアしてきた芸能界屈指の頭脳を持つ最強の刺客、ロザン・宇治原が登場するが、そんな宇治原の大ファンであり、わずか10歳で超難関の漢検一級に合格した天才キッズ・佐古奏くんが、宇治原の前に立ちはだかる。初対面で、緊張しながらも、大好きな宇治原を前に、サインをお願いするなど、子どもらしい表情をのぞかせるが……。第1ラウンドは「漢字1文字しりとり対決」。相手が書いた漢字の読みの、最後の文字から始まる漢字を書き、しりとり勝負を行う。宇治原は執拗に濁音だけを出し続けるなど、小学生相手に、真剣な面持ちで陰湿な攻めに。第2ラウンドは「難読出し合い対決」。2人が「くだもの」「楽器」「野菜」「体」「国名・地名」の5ジャンルから1つずつ、難読漢字の読み仮名問題を出題し、その正解数を競う。第3ラウンドは「多答対決」。「ごんべんの付く漢字」や「“けん”と読む漢字」「同じ文字を重ねた品字様の漢字」など、各条件に当てはまる漢字を、どれだけ多く書けるかを競う。「こんなにわかりやすく、攻守が入れ替わることってある!?」「疲労感はんぱないな!」など、百戦錬磨...more
カテゴリー:

アニマックスでしか見られない!今話題のアニメカルチャーをお届けする番組!「アニカル部!」 - 12月11日(月)12:00 

[株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン] [画像1: https://prtimes.jp/i/3633/225/resize/d3633-225-454821-0.jpg ] 『アニカル部!』は、毎回MCの3人(加藤諒、足立梨花、桃井はるこ)が、その道のスペシャリストをゲストとして招き、話題のアニメカル...
カテゴリー:

もっと見る

「スペシャリスト」の画像

もっと見る

「スペシャリスト」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる