「スピードスケート」とは?

関連ニュース

「なぜ氷の上は滑るのか?」という問いに対する伝統的な通説が覆される - 05月23日(水)07:00 

氷上を滑り速さを競うスピードスケートなど、氷の上で行われるウインタースポーツは多いものです。しかし、意外なことに「なぜ氷の上で滑るのか?」というメカニズム自体はこれまで解明されていませんでした。ついに、マックスプランク・ポリマー研究所の研究者が古くからの謎を解明しています。続きを読む...
カテゴリー:

小結・御嶽海「高安関と同じ地位を目指す!」独占インタビュー - 05月18日(金)06:00 

 先場所の負け越しで、6場所ぶりに関脇陥落。大関取りの重圧から開放され、心機一転、巻き返しを誓った信州生まれの黒豹の胸中に迫る!(取材・文:武田葉月/ノンフィクションライター)  横綱・鶴竜の優勝で、幕を閉じた大相撲春場所。4月上旬からスタートした春巡業は連日満員で、相撲人気の高さを物語っていた。そんな中、明るい笑顔でチビッコ力士に胸を出すなど、サービス精神旺盛に土俵を盛り上げていたのが、小結・御嶽海である。昨年から今年にかけて、5場所連続で関脇の座に君臨。「大関に最も近い男」と言われていたが、春場所は7勝8敗と苦杯を舐め、“大関獲り”は一旦、白紙に……。再チャレンジに燃える御嶽海を直撃した! ――巡業中は精力的な稽古を積まれていましたね。 御嶽海(以下、御) 春場所、久しぶりに負け越してしまったでしょう。“大関候補”と言われて、関脇にずっといるのは、キツいものがあるんですよ。大関昇進は、10勝以上しなければならない(昇進基準は3場所で33勝以上)ので、自分の中で“二ケタ勝利”にこだわって、疲れてしまった部分もあったんです。負け越したことで、逆にリセットできました。 ――関脇に居続けるというのは、厳しいものですね。 御 ハイ。でも、今回負け越して、なぜか悔しくなかったんですよ。昨年九州場所、今年の初場所で、8勝、9勝と二ケタに届かなかったときのほうが悔し...more
カテゴリー:

小平選手、成田選手らに紫綬褒章 春の褒章 5/15 19:35更新 - 05月15日(火)19:35 

春の褒章で、紫綬褒章の受章が決まった平昌オリンピック・パラリンピックの金メダリストらに褒章が授与された。文科省で行われた伝達式には、スピードスケートの小平奈緒選手やスノーボードの成田緑夢選手、小説家の夢枕獏さんなど40人あまりが出席した。
カテゴリー:

髙木美帆、世界一に必要だった「3つの変化」を告白 - 05月14日(月)14:47 

スピードスケート選手の髙木美帆が、テレビ東京系で5月5日放送にされるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週土曜24:20~)にゲスト出演。今年2月に開催された平昌オリンピックで、金メダル(団体パシュート)、銀メダル(1,500m)、銅メダル(1,000m)を獲得する大活躍で日本中を沸かせた彼女が、世界の頂点に立つに至った“3つの変化”について語った。オリンピックだけでなく、世界選手権とワールドカップでも総合優勝を果たした髙木だが、実は、小中学生時代にはサッカーもやっており、北海道選抜としてU-15日本代表の合宿に参加した経歴を持つ。番組MCの勝村政信は、「日本サッカーは個で勝てないと言われていますが、オリンピックを見ると個人でメダルをあれだけ取れている。確実にヒントがありますよね」と言って、髙木のゲスト出演を大歓迎した。オリンピックには中学3年生で迎えたバンクーバー大会で初挑戦し、4年後のソチ大会直前まで日本代表に選ばれ続けてきた髙木。しかし、ソチ大会の代表に落選。「高校3年間でやっていたことが上手くいっていたために、変化の必要性に向き合わず、それまでのやり方に固執してしまったのがソチ大会のシーズンだった」と振り返り、その経験もあり、成長の糧として一番大きなものが「自分自身を変えること」だと考えるに至ったという。そこで髙木が具体的に変えたのが「食生活、靴、練習方法・アプローチ」...more
カテゴリー:

スケート女子・高木菜那&美帆姉妹が清水宏保の親戚に 本人らも驚き - 05月11日(金)11:57 

 平昌オリンピック女子団体パシュートで金メダルを獲得した高木菜那・美帆姉妹が10日、『VS嵐』(フジテレビ系/毎週木曜19時)にゲスト出演し、一般女性と再婚した元スピードスケート選手でタレントの清水宏保と親戚になっていたことが分かった。【写真】「高木菜那&美帆姉妹」フォトギャラリー 番組には平昌五輪女子団体パシュートのメンバーである高木姉妹、菊池彩花、佐藤綾乃らのほか、長野オリンピック金メダリストの清水、アンタッチャブルの柴田英嗣が「チームパシュート」を結成し、嵐の5人と各種競技で対決を繰り広げた。「キッキングスナイパー」では、中学までサッカーにも打ち込んでいた美帆がリフティングの腕前を披露し、スタジオを沸かせた。  そんな中、番組では清水が昨年再婚したことが話題に。清水が「(結婚したことで)高木家と親戚になった」ことを明かすと、驚きの声があがった。高木姉妹もこのことは知らなかったようで「ホントですか?」と目を丸くする。 清水は「妻のおじいちゃんの妹の旦那の姉弟が高木姉妹のおばあちゃんにあたる」と説明した。遠縁ではあるものの、親戚になったようだ。嵐の櫻井翔は「(清水に)お子さんが生まれたら、清水家と高木家の最強スピードスケート遺伝子が生まれる可能性がある」と感心していた。 対決は「チームパシュート」が勝利。4月に現役引退を表明した菊池には、番組の最後に嵐から花束が贈られた。 ■...more
カテゴリー:

ムロ似? 女子パシュート菊池彩花、スランプで彼氏を振った過去明かす - 05月22日(火)11:58 

 平昌五輪で金メダルを獲得したスピードスケート女子チームパシュート代表メンバーの一人・菊池彩花が、21日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系/毎週月曜21時)に出演。スランプに陥ったとき、当時付き合っていた男性を振った過去を明かした。【写真】美人枠? 油断してるとムロツヨシ枠? レッツ確認!「菊池彩花」フォトギャラリー 彼女がスケートを始めたのは2歳の頃。地元・長野県南相木村がスケートの盛んな土地ということもあり、妹たちを段ボール箱に入れて引っ張りながら滑っていたという。  1998年、長野五輪の開催を機に、自らもオリンピックに出たいと思うようになった菊池。高校は出身の村から40キロ離れていたが、電車にただ乗っているくらいなら練習したいと、往復約80キロを自転車で4時間かけて通った。 さらに体力がつくようにと、バーベルにつける10キロのウェイトを通学カバンに入れていたが、「バカにされたり笑われても強くなれるんだと信じていた」と、芯の強さを垣間見せた菊池。オリンピック前は1日100キロのロードバイクなど、練習のためのスケジュールでびっしりだったという。 そんな多忙な日々の中でも菊池は「勝ちたいという強い思い」をずっと持ち続けていたそうで、「どれだけ頑張ってもずっと結果が出せなかったので、それを理由に彼氏を振ったことがあります」と笑顔で衝撃の告白をした。 今回、彼女を含...more
カテゴリー:

フリーで同一4回転1度に=ISU改正案、総会で審議 - 05月16日(水)22:58 

 国際スケート連盟(ISU)は16日、スペインのセビリアで6月4~8日に開く総会で審議する議題を発表し、フィギュアスケートではフリーで跳べる4回転ジャンプを1種類につき1度に制限する改正案が入った。技を評価する出来栄え点(GOE)を、現行の3点からマイナス3点まで1点刻みの7段階から、5点からマイナス5点までの11段階に拡大する案も審議する。 4回転ジャンプはこれまで2種類までは単発と連続ジャンプで2度組み込めた。プログラムの多様性を確保しながら、多くの種類の4回転を跳べる選手が有利となることが改正の狙い。 ペアでは世界選手権でフリーに進める枠をショートプログラム上位16組から上位20組に拡大する改正案が入った。アイスダンスではショートダンスからリズムダンスへの改称を審議する。 スピードスケートと、スピードスケート・ショートトラックの四大陸選手権新設も検討する。 [時事通信社]
カテゴリー:

世界が魅了された美人スケーターが来日 今田耕司が大興奮 - 05月15日(火)12:10 

 今田耕司が、14日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系/毎週月曜21時)に出演し、平昌オリンピックで一目惚れしたというエストニアの美人スケーターのまさかの来日に、喜びの絶叫をあげた。【写真】5秒で世界が騒然とした美ぼう「サスキア・アルサス」 その美ぼうの主は、サスキア・アルサル選手、24歳。平昌オリンピックの開会式で同国の旗手を務めた際、中継映像にわずか5秒しか映らなかったにも関わらず、身長176センチというモデル並みのルックスと美しい顔立ちに世界が騒然。SNS上で、「あの美人は一体何の選手?」「まるでモデルみたい」などと話題を独占した。 同オリンピックにエストニアで初めての女性スピードスケーターとして出場した彼女は、高木菜那選手が金メダルを獲得した「女子マススタート」で4位入賞も果たしている。  そんな実力に加え、美人の同選手のもとには、ヨーロッパ中からテレビ出演やモデルのオファーなどが舞い込み、今まさに引っ張りだこだという。 そんな世界が恋した奇跡の生中継を部屋で見ていたのが今田。映った瞬間、「なんやこの子、めちゃめちゃ可愛いがな!」と驚いたそう。さらには「大人の女性、雪の妖精」と絶賛し、「ちょっと目を逸らしてたらもう分からない、それがパチンと目が合った」「だから出会ったんですよね」などと“愛”を語った。 そして羽鳥慎一アナウンサーから、「『サスキア選手とコン...more
カテゴリー:

目指せ五輪メダリスト 発掘プロジェクト、本年度の8人認定 - 05月13日(日)13:31 

 五輪メダリストの育成を目指す県の「AKITAスーパーわか杉っ子発掘プロジェクト」の本年度認定証交付式が13日、秋田市の県スポーツ科学センターで行われ、フェンシング、ライフル射撃、スピードスケートに打…
カテゴリー:

武豊、スピードスケートの小平奈緒を見て思いついた新トレーニングとは? - 05月11日(金)05:00 

武豊のさまざまな素顔・魅力を、全4回にわたって紹介する番組『武豊のひととき〜Yutaka's Style〜』(読売テレビ、毎週金曜20:54~21:00)の第2回が、5月11日に放送される。日本ダービー5勝など、競馬界で数々の金字塔を打ち立ててきた名ジョッキーの武。JRAジョッキーとして史上最多となる通算4000勝を目前にした今もなお、最前線で走り続けるレジェンドだ。同番組では、そんな彼のオフタイムを取材。食生活をはじめ、トレーニングや趣味などに迫る。今回は、武の“トレーニング”について取り上げる。京都にある武プロデュースによるトータルボディーコンディショニング施設を訪れ、ストレッチをしている武を直撃。ナビゲーターの尾崎紗代子に「すごい気持ちよさそうですね」と話しかけられた武は、「そうですね。基本的には気持ち良いですよ。運動前に各関節をできるだけ柔軟にします。体はそんなに柔らかい方ではないんですけど」と、話しながらもゆっくりとストレッチ。週3~4回はジムに通い、軽めの負荷をかけ、関節の使い方を体に覚えさせてトレーニングをするようにしているという武は、太い筋肉をつけるより細くて柔らかい強くてしなやかな体作りを目指しているという。この日、武はスピードスケートの小平奈緒選手がトレーニングで使用しているのを見て取り寄せたという、“ある物”を使った新トレーニングを実施。果たして、その新トレー...more
カテゴリー:

もっと見る

「スピードスケート」の画像

もっと見る

「スピードスケート」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる