「スバル」とは?

関連ニュース

ワンコインで味わえる、魚介や肉のだしが香る「パエリア」 - 03月24日(金)13:10 

3月23日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系、午前05時25分~)では、SNSで話題になっているミニサイズのグルメを特集したコーナーで、飯富まりえさんが「Paella&Tapas・Barta・目黒(パエリアアンドタパスバルタメグロ)」(東京都品川区)を訪れた。 こちらは目黒駅から徒歩3分という優れた立地に居を構えるスペインバル。「トルティージャ」や「アヒージョ」などを提供しているが、中でも話題を呼んでいるのが本場の味が楽しめる看板メニューの「パエリア」。1人前から注文可能で、しかもワンコインで味わう事が出来る。 番組では、1番人気の「3種エビのパエリア」(※ランチ限定)を紹介。魚介をベースにしたダシで炊いたご飯に、ズッキーニ、パプリカ、ニンジン、桜エビ、殻付きエビ、ムキエビをトッピングし、オーブンで焼き上げた一品だ。早速頂いた飯富まりえさんは、「桜エビの香りがすごい!」「魚介のうま味と野菜の甘味、すごく相性が良いです。3種類のエビの食感も楽しめます。おいしいです!」とコメント。 続いて、お肉のだしを使用した「豚肉のパエリア」(※ランチ限定)を頂くと、「お肉のだしがお米に凝縮されていて、上にのっている豚肉とベーコンがスパイシーなので、すごくマッチしています!」と絶賛していた。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている...more
in English
カテゴリー:

Video: 【ビデオ】スバル「インプレッサ WRX」が大活躍する新作カーアクション映画『Baby Driver』の予告編が公開! - 03月21日(火)10:15 

Filed under: ビデオ, シボレー, ダッジ, スバル, パフォーマンス, TV/映画, 映画 もしクルマ映画のガレージがあったとしたら、『ワイルド・スピード ICE BREAK』は重量級SUVのようにガレージを占領するだろうが、別のクルマ映画がそのガレージに入るスペースも無い訳ではない。"鷹目"のスバル「インプレッサ WRX」やダッジ「チャレンジャー」、1980年代のシボレー「カプリス」が繰り広げる迫力のカーチェイスなど、クルマ好きを唸らせるシーンが多数登場する新作カーアクション映画『Baby Driver』(原題)はその良い例だ。Continue reading 【ビデオ】スバル「インプレッサ WRX」が大活躍する新作カーアクション映画『Baby Driver』の予告編が公開!【ビデオ】スバル「インプレッサ WRX」が大活躍する新作カーアクション映画『Baby Driver』の予告編が公開! originally appeared on Autoblog Japan on Mon, 20 Mar 2017 21:00:00 EST. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
in English
カテゴリー:

【クルマ】日産 次世代EVの新型リーフ 2017年9月正式デビューへ!米テスラへ対抗か - 03月20日(月)12:18 

http://autoc-one.jp/nissan/leaf/special-3240822/ 日産の北米法人は3月9日、EV(電気自動車)に関する公式ツイッターで「新型リーフ(LEAF)が今年9月に世界デビューし、今年末に発売を開始する」と発表した。 これを受けて、アメリカの自動車関連ウェブサイトでは、アメリカにおけるEV市場の今後を占う様々な記事が出ている。 アメリカ市場では、昨年から乗用車が売れない状況が続いており、その流れは今年になっても続いている。 トヨタ新型“カムリ”、ホンダ“アコード”など、アメリカのセールスボリュームを担うミッ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

Official: アクセントカラーでデザイン性がUP!! スバル「フォレスター」の人気グレード「X-BREAK」に「カラーアクセント仕様」が追加 - 03月17日(金)18:15 

Filed under: SUV, 日本, クロスオーバー/ CUV, 特別/限定車, スバル, ニューモデル 富士重工業は、スバル「フォレスター」に改良モデルを、2017年4月3日より発売すると発表した。 スポーティかつカジュアルな内外装とタフに使える機能性を持った人気グレード「X-BREAK」には、今回新たに、エクステリアのデザイン性を高めた「カラーアクセント仕様」を追加した。 ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイール、オレンジの加飾を施したフロントフォグランプカバーとサイドクラッディングに加え、X-BREAKリヤオーナメントやブラックのルーフレール等を採用し、より躍動感のあるエクステリアに仕上げながらも、従来の「X-BREAK」と同一価格というお買い得なモデルとなっている。 Continue reading アクセントカラーでデザイン性がUP!! スバル「フォレスター」の人気グレード「X-BREAK」に「カラーアクセント仕様」が追加アクセントカラーでデザイン性がUP!! スバル「フォレスター」の人気グレード「X-BREAK」に「カラーアクセント仕様」が追加 originally appeared on Autoblog Japan on Fri, 17 Mar 2017 05:00:00 EST. Please see our terms for u...more
in English
カテゴリー:

【経済】助けて!スバルが売れ過ぎてヤバイの!主力の米国市場、在庫適正化に目を光らせる - 03月17日(金)14:59 

◆スバルに売れすぎリスク 主力の米国市場、在庫適正化に目を光らせる 「これがスバルの販売店?と目を疑うくらい立派な建物だった」。 北米営業を担当する執行役員の早田文昭は苦笑いする。 富士重工業にとって未開拓地区だった米国南部の有力ディーラーがスバル車のディーラー権を獲得。 ここ5年ほどで真新しい販売店がいくつもできた。 スバル車は米国で16年に9年連続で前年販売を上回った。 商品、マーケティング、販売戦略がうまくかみ合いスバルブランドは全米に浸透。 従前から販売シェアが高い米北部だけでなく南部で...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【ジュネーブモーターショー2017】現地レポート 日本勢の目玉はズバリ『シビック・タイプ R』 - 03月21日(火)18:00 

スイス・ジュネーブで毎年開かれている世界5大モーターショーのひとつ、『ジュネーブモーターショー』。87回目を数える今回、並み居る欧州強豪メーカー中においても、日本のメーカー各社は多くの車を発表。本記事ではそんな日本勢の中でも特に注目を集めていたクルマを一挙ご紹介します! 空力装備が半端じゃない! 新型シビック・タイプR まず最初にご紹介するのは、世界初公開となった『シビック・タイプR』の量産モデル。2017年夏に日本を含む世界各地で販売されることが公式アナウンスされ、今後一層注目を集めるであろうクルマですが、まずは正面から見ていきましょう。 「一般公道でのグランドツアラー性能を大幅に進化させた次世代のTYPE R」を標榜する今回のタイプRは、確かに以前のモデルと比べガラリと印象が変わっているのは一目瞭然。 横から見ても、前モデルとの違いがハッキリ確認できます。ぱっと見、FN以降のシビックでは最も初代EK9に近い印象を受けるのが今回のタイプRです。取材中何度も欧米のテレビクルーが訪れレポートしていたので、注目度の高さは群を抜いていたように感じます。 後部ドアのハンドルは元の位置に戻っています。 斜め後ろから足回り。リアサスはマルチリンク式、タイヤには20インチタイヤを採用。さらにホイールベースおよびトレッドの拡大も行われています。 リアビュー。いかに空力を意識したパーツがふ...more
in English
カテゴリー:

【経済】助けて!スバルが売れ過ぎてヤバイの!主力の米国市場、在庫適正化に目を光らせる★2 - 03月21日(火)08:39 

◆スバルに売れすぎリスク 主力の米国市場、在庫適正化に目を光らせる 「これがスバルの販売店?と目を疑うくらい立派な建物だった」。 北米営業を担当する執行役員の早田文昭は苦笑いする。 富士重工業にとって未開拓地区だった米国南部の有力ディーラーがスバル車のディーラー権を獲得。 ここ5年ほどで真新しい販売店がいくつもできた。 スバル車は米国で16年に9年連続で前年販売を上回った。 商品、マーケティング、販売戦略がうまくかみ合いスバルブランドは全米に浸透。 従前から販売シェアが高い米北部だけでなく南部で...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

富士重工、運転支援システム「アイサイト」搭載モデルの国内販売台数50万台達成 - 03月20日(月)10:51 

富士重工業(スバル)が販売する運転支援システム「アイサイト」搭載モデルの国内累計販売台数が、2月に50万台を達成した。2008年に販売を開始して以来、8年10ヶ月で達成したことになる。 アイサイトは世界で初めて、ステレオカメラのみで自動車、歩行者、二輪車を対象としたプリクラッシュブレーキや、全車速追従機能付クルーズコントロール等を実現したシステム。日本以外にも、世界各市場で販売しており、2016年11月には世界累計販売台数が100万台を達成している。 アイサイトの予防安全性能は、アメリカで道路安全保険協会(IIHS)の2017年安全評価の前面衝突予防性能試験で最高評価「Superior」を獲得。日本では国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントで最高評価であるJNCAP「予防安全性能評価 ASV++」に選定されている。欧州の新車評価基準であるユーロNCAPの2016年安全性能総合評価では、最高評価のファイブスターを獲得している。
in English
カテゴリー:

Official: スバル、運転支援システム「アイサイト」搭載モデル国内累計販売台数50万台達成 - 03月17日(金)16:05 

Filed under: 日本, 安全性, スバル  富士重工業が販売する運転支援システム「アイサイト」搭載モデルの国内累計販売台数が、2017年2月に50万台を達成した。2008年5月に日本で発売して以来、8年10か月で達成した。  アイサイトは、世界初のステレオカメラのみで、自動車、歩行者、二輪車までも対象としたプリクラッシュブレーキや、全車速追従機能付クルーズコントロール等を実現したシステム。  現在、アイサイト搭載車は日本をはじめ、豪州、北米、欧州、中国の各市場で販売し、2016年11月には世界累計販売台数100万台を達成した。  アイサイトの予防安全性能は、アイサイトを搭載したスバル車が、米国でIIHS(道路安全保険協会)による2017年安全評価の前面衝突予防性能試験において最高評価「Superior」を獲得。日本では国土交通省とNASVAが実施する予防安全性能アセスメントにおいて最高評価であるJNCAP「予防安全性能評価 ASV++」に選定されている。さらに、欧州の新車評価基準であるユーロNCAPにおける、2016年安全性能総合評価で最高評価のファイブスターを獲得し、第三者機関から高い評価を獲得している。Continue reading スバル、運転支援システム「アイサイト」搭載モデル国内累計販売台数50万台達成スバル、運転支援システム「アイサイト」搭載モデル国内...more
in English
カテゴリー:

助けて!スバルが売れ過ぎてヤバイ - 03月17日(金)12:03 

スバルに売れすぎリスク 主力の米国市場、在庫適正化に目を光らせる 「これがスバルの販売店?と目を疑うくらい立派な建物だった」。北米営業を担当する執行役員の早田文昭は苦笑いする。 富士重工業にとって未開拓地区だった米国南部の有力ディーラーがスバル車のディーラー権を獲得。ここ5年ほどで真新しい販売店がいくつもできた。  スバル車は米国で16年に9年連続で前年販売を上回った。商品、マーケティング、販売戦略がうまくかみ合いスバルブランドは全米に浸透。 従前から販売シェアが高い米北部だけでなく南部でもシ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「スバル」の画像

もっと見る

「スバル」の動画

Wikipedia

スバル(SUBARU)は、富士重工業が展開する自動車製造部門のブランド名である。

富士重工業そのものを指す固有名詞として使用されることも比較的多い他、同社の軽飛行機であるFA-200の愛称「エアロスバル」として、自動車以外に使われた例もある。2016年5月には、2017年4月1日に富士重工業が株式会社SUBARUに変更され、社名がブランド名に合わせられると発表されている富士重工業株式会社が「株式会社SUBARU」に社名を変更(富士重工業 2016年5月12日)。

概要

スバル恵比寿ショールーム 富士重工業は太平洋戦争までの航空機メーカーである中島飛行機を源流に持ち、創業期に百瀬晋六をはじめとする元航空技術者たちが自動車開発に携わってきたという歴史から、航空機に通じる機能性・合理性優先で、既成概念にとらわれない...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる