「ストーリー」とは?

関連ニュース

杉江大志、新作舞台「メサイア」に主演 異例の卒業後オファーに「正直悩んだ」 - 12月16日(土)17:21 

 スペシャルトークイベント「メサイア -TALK MISSION’17-」が16日、東京都内で行われ、キャストの杉江大志、長江崚行、山沖勇輝、橋本真一、山本一慶、宮城紘大、小谷嘉一ほかが登壇した。 「メサイア」は、高殿円氏の小説『MESSIAH-警備局特別公安五係』を原作としたメディアミックスプロジェクト。世界規模の軍縮協定により、兵器による戦争が無くなり、情報戦が激化した世界に生きるスパイの男たちを描く。 この日は、新作舞台となる「メサイア -月詠乃刻-」が来年4月から東京と大阪で上演されることが発表された。 本作に主演するのは、今年9月に舞台「メサイア -悠久乃刻-」で、ミッションクリアを果たし“卒業”したばかりの杉江。「メサイア」シリーズ史上初めて、今まで描かれてこなかった“卒業生”を主軸としたストーリーになるという。 杉江は「あれだけ盛大に卒業させていただいたのに、またすぐに出てほしいというお話を頂き、しかも主演として、ということで、正直すごく悩みました。あれだけやった後だったし、僕は次に(バトンを)渡したつもりで、そこは(次の人たちに)任せてあげたいなというのもあったので…」と率直な思いを語った。 一方“卒業後”を描くという新たな展開に、「熱い思いを感じた。これだけ期待していただけてお話も頂ける。僕自身メサイアが大好き。考えても、考えても、断る理由がなかった。もう一度、精...more
カテゴリー:

【芸能コラム】サバイバルの時代が生んだ究極のゴジラ 『GODZILLA 怪獣惑星』 - 12月16日(土)15:42 

 1954年、水爆実験の恐怖の象徴として生まれたゴジラは、その後も時代を反映してさまざまな脅威のメタファーとしてスクリーンに登場してきた。1984年の『ゴジラ』では、東西冷戦を背景にした核戦争の危機、昨年公開の『シン・ゴジラ』では、現代日本を襲うさまざまな災厄の象徴として。では、現在公開中の『GODZILLA 怪獣惑星』に登場するゴジラは、どんな存在なのか。  20世紀末に出現した多数の怪獣と、その怪獣たちをもしのぐ究極の存在“ゴジラ”との戦いに敗れ、わずかに生き残った人類は、宇宙船で地球を脱出する。それから20年。新天地となる惑星の発見に失敗した人類は、地球への帰還を決断する。だが、帰り着いた地球では、亜空間航行の影響で2万年もの時間が経過し、地上はゴジラを頂点とした未知の生態系へと変貌を遂げていた…。  本作におけるゴジラの脅威の度合いは、これまでの比ではない。何しろ、あらゆるものを駆逐する力で人類を地球外に追いやり、文字通り“地球の支配者”となっているのだ。過去のゴジラ映画で、これほど人類が追い込まれたことはなかった。他に行き場を失った人類は文字通り、生き残りを懸けてゴジラに挑むことになる。つまり、“サバイバルのための乗り越えるべき究極の壁”がゴジラなのだ。  2017年の映画界を振り返ると、広い意味で“サバイバル”をモチーフにした作品が多数公開されたことに気付く。『沈黙 ―...more
カテゴリー:

アニメ『東京喰種:re』花江夏樹、石川界人らキャスト発表 - 12月16日(土)15:13 

 来年4月に放送開始予定のテレビアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』の新キービジュアル&PV、キャスト情報などが解禁された。16日、千葉・幕張メッセで開催中の『ジャンプフェスタ2018】で発表された。 【キャスト発表】キャラクター設定画も公開  人を喰らう怪人“喰種”(グール)をめぐり、怒涛のストーリーが展開する石田スイ氏のダークファンタジー漫画を原作としたアニメ『東京喰種トーキョーグール』(2014年)、続編『東京喰種トーキョーグール√A』(15年)、そして『東京喰種√A』の2年後を描く、『東京喰種:re』。  群衆に紛れ、人の肉を喰らう。人の形をしながら、人とは異なる存在、“喰種”を駆逐・研究する「CCG」は、あるひとつの命題を果たすため、実験体集団を新設。その名は「クインクス」。「まともな人間」ではない彼らと、佐々木琲世(ささき・はいせ)一等捜査官が “東京(このまち)”で向き合うものとは!?  過去20年間の記憶を失っている佐々木琲世を演じるのは、過去2作品にも出演した声優の花江夏樹。「キャラクターもそうですが、クインクスを演じるメンバーもとても個性の強い方々ばかりなので今から楽しみです。ちゃんと皆をまとめられるように佐々木として頑張りたいと思います!」と意気込みを語っている。  父は元・特等捜査官で、“隻眼の梟”と対峙した際に殉職。復讐を果たすため、父が所属...more
カテゴリー:

メサイア・プロジェクトのコミカライズ版、pixivコミック内のARIAで始動 - 12月16日(土)14:30 

高殿円原作・ストーリー構成による、ミナヅキアキラの新連載「MESSIAH -CODE EDGE-」が、本日12月16日よりpixivコミック内のARIAにてスタートした。
カテゴリー:

土屋太鳳、佐藤健の手紙に涙「同じ時代に生きられて良かった」 - 12月16日(土)14:15 

 女優の土屋太鳳が16日、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台挨拶に登壇。共演した俳優・佐藤健から手紙のサプライズを受けて「こんな素晴らしい役者さんと同じ時代に生きれて、本当に間に合って良かったと思います」と喜びの涙を見せた。【関連】『8年越しの花嫁 奇跡の実話』初日舞台挨拶フォトギャラリー 本作は、実話をもとにしたラブストーリーで、結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁・中原麻衣と、彼女を8年間待ち続けた新郎・西澤尚志の間に起きた奇跡を描く。 西澤を演じた佐藤は岡山での撮影を振り返って「芝居をしてるというより、尚志さんという人の人生を生きさせてもらったような時間でした。最高に幸せな時間でした」と挨拶。中原役の土屋も、映画の封切りにあたって「胸がいっぱい」と感無量の様子を見せた。 舞台挨拶には佐藤や土屋のほか、薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆり、瀬々敬久監督がクリスマスをイメージした衣装で登場。クリスマスにちなんでキャスト陣が理想のクリスマスデートを発表し、さらに一足早い特大クリスマスケーキが登場。土屋と佐藤がファーストバイトを実施して、本作の門出を祝った。 イベント最後には、佐藤が土屋に向けて手紙を読み上げるサプライズも。佐藤が「『るろうに剣心』で共演した時に、僕から刀を盗んで『ウシシ…』と笑い、陸上選手ばりに走り去っていくあなたの背中を見ながら『ヤバイ子が現...more
カテゴリー:

『ゲーム・オブ・スローンズ』ショーン・ビーン主演ドラマの配信権をNetflixが獲得! - 12月16日(土)17:10 

七王国が玉座をめぐり熾烈な戦いを繰り広げる大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』で、ネッド・スタークを演じたショーン・ビーン。彼が主演する英ミステリードラマ『The Frankenstein Chronicles(原題)』の配信権を、Netflixが獲得したことが明らかとなった。米Varietyが報じている。【関連記事】海外ドラマスターを追え!:一筋縄ではいかないキャラクターがよく似合う!? ショーン・ビーン(Sean Bean)メアリー・シェリーによるゴシック・ホラー小説「フランケンシュタイン」にインスパイアされた本作で、ショーンが演じるのはテムズ川警察の警官ジョン・マーロット。舞台は1830年代のロンドン。アヘン密輸組織を逮捕した後、それぞれ違う子どもの体の部位をつなぎ合わせた死体が発見され、ジョンは奇怪な事件の捜査に当たることになるが...というストーリーだ。本作は、2015年から2シーズンにわたり英ITVのドラマチャンネルEncoreで放送されていたが、同サービスの終了が決定したことからNetflixが本作の配信権を獲得。『ゲーム・オブ・スローンズ』で製作総指揮を務めるフランク・ドールガーが同職を手掛け、ショーンのほかには、トム・ワード(『高慢と偏見、そして殺人』)、ヴァネッサ・カービー(『ザ・クラウン』)、エリオット・コーワン(『ダ・ヴィンチと禁断の謎』)、エド・ス...more
カテゴリー:

土屋太鳳、佐藤健からの手紙に涙 「同じ時代に生きられて良かった」 - 12月16日(土)15:15 

 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、土屋太鳳ほかが登場した。  本作は、結婚式の直前に意識不明となった花嫁(土屋)を、新郎(佐藤)が8年間待ち続けた実話を基に描いた、奇跡のラブストーリー。  佐藤は「1年前に岡山で暮らして撮影したんですけど、そのときは芝居をしているというより、本当に(新郎の)尚志さんという人の人生を生きさせてもらったような最高の時間でした」と振り返った。  クリスマスが近いことにちなみ「理想のクリスマスデートは?」と聞かれた土屋は、「イルミネーションがすごく好きなんですけど、クリスマスは混んでいると聞いたので、家でやりたいな。家でイルミネーションを盛り盛りにして、手作りのケーキを一緒に飾ったりしたいです」と願望を明かした。  イベントでは、特製クリスマスケーキが舞台上に登場し、花嫁役の土屋から花婿役の佐藤にケーキのファーストバイトが行われた。  終盤には、佐藤が土屋へ向けてサプライズの手紙を読んだ。佐藤は「『るろうに剣心』で共演したときに僕から刀を盗んでウシシと笑い、走り去っていくあなたの背中を見ながら、やばい子が現れたなと思いました。そんなあなたと4年越しで夫婦役として、共に人生を歩めたことをうれしく思います。難しい役だったと思います。命というものに本当の意味で向き合うことのできる、唯一無二の女優さん...more
カテゴリー:

佐藤健、土屋太鳳の成長を実感「命と向き合える唯一無二の女優」 - 12月16日(土)14:33 

 岡山県のあるカップルに起きた奇跡の実話を実写化した「8年越しの花嫁 奇跡の実話」が12月16日、全国320スクリーンで封切り。東京・丸の内ピカデリーで行われた初日舞台挨拶にダブル主演を務めた佐藤健と土屋太鳳、共演の薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆり、メガホンをとった瀬々敬久監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】佐藤健と土屋太鳳、その他の写真はこちら  12月9日に岡山県で先行公開された本作は、中原尚志さん・麻衣さん夫妻の体験を基にした物語。結婚式を3カ月後に控えた2006年末、麻衣(土屋)は発症率が300万人に1人という「抗NMDA受容体脳炎」と診断されてしまう。昏睡状態が続くなか、尚志(佐藤)は諦めずに回復を祈り続ける。  クリスマスが間近ということで「理想的なクリスマスデートは?」という質問が投げかけられた。「イルミネーションが大好き」と明かした土屋は、人混みを避けて「家をイルミネーションでモリモリに飾りつけたいですね」と手作り感を重視したいと回答。一方、薬師丸と中村は記念日のイベントは苦手なようで「煮物などの茶色いご飯を食べたり、無縁でいたいですね(笑)。あえて言うならば、毎年とびっきり美味しいクリスマスケーキを食べます」(薬師丸)、「普段はビールや焼酎ばかりなので、クリスマスだけは良いお酒を飲んでもいいかも。改めておしゃれをして会うのが恥ずかしいので、普通...more
カテゴリー:

土屋太鳳、佐藤健からのサプライズ手紙に「家宝にします」と瞳ウルウル! - 12月16日(土)14:26 

佐藤健、土屋太鳳を主演に迎えて奇跡の実話を映画化した『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台挨拶が12月16日に丸の内ピカデリーで開催され、サプライズで佐藤から手紙を贈られた土屋が、瞳を潤ませて感激した。 【写真を見る】土屋太鳳、佐藤健にファーストバイト!佐藤は「あーん」と大きな口を開けた 結婚式の直前に病に倒れて意識不明になった花嫁と、そんな彼女への愛を貫き8年間待ち続けた新郎との奇跡の実話を映画化したラブストーリー。この日は、薬師丸ひろ子、杉本哲太、浜野謙太、中村ゆり、瀬々敬久監督も登壇した。 舞台挨拶の最後の挨拶の際に、佐藤から手紙があると伝えられた土屋。まったくのサプライズだったそうで、「全然知らないです!」と困惑を隠しきれないまま、手紙に聞き入った。 佐藤は「太鳳へ」と口火を切り、手紙を読み上げた。「『るろうに剣心』で共演したときに、僕から刀を盗んでウシシ”と笑い、陸上選手ばりのダッシュで走り去っていくあなたの背中を見ながら、『ヤバイ子が現れたな』と思いました」と土屋との出会いを振り返る。 「4年越しに夫婦役でこんなにも素敵な作品で共に人生を歩めたこと、心からうれしく思います」と再共演への喜びを伝えたものの、「心残りがある」と吐露した佐藤。それは、土屋が「背中を追いかけてきた」「健先輩には本当に感謝している」と何度も熱い思いをぶつけてくれたことに、うまくリアクションを取れ...more
カテゴリー:

津田健次郎、『スター・ウォーズ』吹き替えは「時間を掛けて丁寧に」役作り秘話明かす - 12月16日(土)13:00 

 人気声優・津田健次郎は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でファンの度肝を抜いたキャラクター、カイロ・レンの日本語吹き替え声優を担当した。現在公開中の同シリーズの続編『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でももちろんカイロ・レン役だ。自身も『スター・ウォーズ』のいちファンであり、なかでもダース・ベイダーが好きだという津田に、演じるカイロ・レンというキャラクターの役作りについてや、“『スター・ウォーズ』に出演する”ことが明らかとなった当時の反響について話を聞いた。【関連】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』津田健次郎インタビューフォトギャラリー 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、シリーズ最新作。ルーク・スカイウォーカーにレイがライトセーバーを差し出す…というシーンで幕を閉じた前作の続きから描かれる。ルークとめぐり逢ったレイが知ることになる驚くべき真実、なぜカイロ・レンはダース・ベイダーを受け継ごうとするのか。タイトル“最後のジェダイ”が意味するものとは…。全世界待望のシリーズの続編がついに始まる。  「ダース・ベイダーが好きで、ダンボールで仮面を作り、棒を持って遊んでいましたので…。その系譜である赤いライトセーバーを持つキャラクターを演じさせていただけると聞いたときは、とてもうれしかったです」と、満面の笑みで当時の心境を語っ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ストーリー」の画像

もっと見る

「ストーリー」の動画

Wikipedia

ストーリーとは、小説戯曲映画漫画等の創作物における筋のこと。 プロットと区別される。

物語世界の中で起きている出来事が''起った時間に沿って''並べられたものがストーリーであるが、小説などの創作物の作者は、それら出来事の順序を入れ替えるなどして再構成する。そのため物語世界で順番に起きた出来事が、小説などの中で同じ順番で読者に提示されているとは限らない。推理小説で本当は最初に行われている犯罪のトリックが、再構成されて最後に明かされるのが良い例であるとされる。または、「妻が重い病気になった。夫は毎日泣き暮らすようになった」はストーリー、「夫は毎日泣き暮らすようになった。理由がわからなかったが、妻が重い病気になったからだとわかった」はプロットである、などと説明されることが多い。

プロットとストーリーについては、イギリスの作家E・M・フォースターが1927年に発表した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる