「ステップ」とは?

関連ニュース

「Q&Qアンサーズ」,オデュッセイアイベント前半の結果発表&後半がスタート - 11月24日(金)21:15 

Q&QアンサーズQ&Qアンサーズ配信元サイバーステップ配信日2017/11/24<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>11月24日(金)よりオデュッセイアイベント後半を開始!スマートフ…
カテゴリー:

「Ragnarok〜ヴァルハラサーガ〜」,勤労感謝の日イベントとステップアップ召喚を実施 - 11月24日(金)20:22 

Ragnarok〜ヴァルハラサーガ〜Ragnarok〜ヴァルハラサーガ〜配信元SkylineMatrix配信日2017/11/24<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>神話国造りRPG…
カテゴリー:

森岡亮太のステップアップにベフェレンOBが反対する理由「出て行ったら愚か」 - 11月24日(金)16:31 

加入から1年足らずでステップアップの可能性も伝えられる森岡。しかし、ベフェレンのOBは残留を勧めている。
カテゴリー:

全日本ジュニアは今年も熱い!有力選手を一気に紹介!【ジュニア女子・後編】 - 11月24日(金)12:55 

今週末、群馬県前橋市で開催される全日本ジュニア選手権の展望、後編では東日本の女子を取り上げる。近年、西日本が圧倒的に強い時代が続いていたが、それも徐々に変わりつつある印象だ。 【写真を見る】渡辺倫果、東日本ジュニア選手権でのフリープログラムの演技 ■ カナダに渡った決断が奏功。大きな成長を見せる、渡辺倫果 先日もこの連載で取り上げた渡辺倫果。大きな成長を見せ、東日本選手権では優勝を飾ることができた。昨年の東京ブロックでショート落ちしたことを考えると、1年間でよくぞここまで立て直したものだと思う。昨年は7月に膝の軟骨剥離を発症。腰骨から骨を移植する、6時間の大手術だったという。その後、東伏見のリンクで目撃されることもあったのだが、松葉杖をついていた、との話で大変に心配していた。東京ブロックには強行出場したのだが、とても試合に出られる状態ではなかったと聞いている。だが本人は、「試合に出て悔しい思いをした方が、今後につながると思ったんです」と、まともな演技ができないことは承知の上で大会に出たそうだ。この強気な姿勢が復活につながったのだ。 先日の記事でも紹介したが、関徳武コーチのチームに移籍した時点で、カナダに行く話は全くなかったのだそうだ。カナダでは「スケーティングをクロスからすべてやり直しました」と、基礎からみっちり練習を積んでいるそうだ。「今までのスケート人生の中で、一番頑張った一年...more
カテゴリー:

【サッカー】<スペインの目利きが見た欧州遠征>「日本代表16選手のプレー評価」「4-1-4-1という布陣は日本人に合っている」 - 11月24日(金)12:21  mnewsplus

「ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、2017年に入ってから低調な戦いを見せていた。しかし試行錯誤の中、ベルギー戦で『ひとつの答えにたどり着いた』と言えるかもしれない。4-1-4-1という布陣は、日本人選手のキャラクターに合っている」  ミケル・エチャリは、そう言って日本代表の明るい展望を示した。ハビエル・デ・ペドロ、ホセバ・エチェベリア、そしてシャビ・アロンソを発掘、育成した「スペインの名指導者」の目に狂いはない。 「日本はメンバーも固まりつつある。そのなかで、ベルギー戦では山口蛍が成長の跡を見せ...
»続きを読む
カテゴリー:

【2人目あるある】きょうだいを平等に愛せない!その理由とは - 11月24日(金)21:00 

source:https://www.shutterstock.com/ 家族が見守るなか2人目の赤ちゃんが誕生しました。しかし、周りのママ友から言われていたように「上の子優先にしたい」と思うものの、なぜか“上の子にイライラ”してしまうんです……。上の子も、生まれたばかりの赤ちゃんも同じように愛せないなんて、わたしってなんてダメな母親なんでしょう。 こうやって悩むママは、実は珍しくありません。今では4人の子を持つ筆者も、同じように感じていました。 そこで今回は、元幼稚園教諭であり4人の子育てをする筆者が「上の子を下の子と同じように愛せないママ」へ伝えたいメッセージをご紹介します。 上の子に手がかかってイライラするのは必然? きょうだいの歳の差にもよりますが、2・3歳差というご家庭が多いのではないでしょうか。 2人目の赤ちゃんが生まれるときはちょうど、イヤイヤ期やら、魔の2歳やら、反抗期やら、“大変”のフルコースの時期なのです。 つまり、上の子の月齢の発達段階として、手を焼く時期ということを念頭に置きましょう。 赤ちゃんが生まれたから、つい“赤ちゃん返り”の名のもとに上の子に手がかかるイメージですが、もしかしたら、赤ちゃんが生まれてなくても手がかかっていたのかもしれませんよ。 赤ちゃんだけがかわいい!って思ってしまうのはナゼ? ・上の子に対して今までは許せていたことが急...more
カテゴリー:

浅田真央、指導者としての第一歩は姉の振り付け「いずれは子どもに教えたい」 - 11月24日(金)18:41 

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央(27)が24日、東京・日比谷公園で行われた『スミセイ バイタリティ アクション Presents プレミアム“カラダ”フライデーRUN』に登場。12月15日から新横浜スケートセンターで行われる、アイスショー『Christmas on Ice』に出演する姉の浅田舞(29)の振り付けを担当していることを明かした。 【写真】ランニングポーズを披露した飯塚翔太選手&浅田姉妹  姉の舞は、現在真央から直接振り付けの指導を受けているといい「目の前で見せてくれるので、私としてはステキなお見本がいるので、とてもわかりやすいですね」とにっこり。続けて「動画付きで『ここはこうやって』みたいな感じで、細かいところまで指導してくれる」と指導者としての真央の意外な一面を打ち明けた。  今年4月に現役引退した真央にとっては、今回の振り付け担当も新たなステップとなるが「いずれは私も子どもに教えたいと思っているので、自分がどれだけ作れるのかっていうチャレンジでもありますね」と力説。「(引退して)体の中から重いものが抜けたなという感じです。大きな決断をした2017年はもうサヨナラで、2018年がやってくるので、年末に残っているお仕事をしっかりやって、次につなげていきたい」と笑顔で意気込んでいた。  同イベントは、プレミアムフライデーで少し早めに退社した同僚や友人と夕...more
カテゴリー:

【交通】国内初「フルフラットバス」、東京で来秋導入へ 床の段差解消、バリアフリー加速 - 11月24日(金)14:54  newsplus

東京都は2018年秋にも、床に段差のない都営バス「フルフラットバス」の運行を始める。 公募で決まった欧州大手メーカーが新たに製造する29台を導入する。 都交通局によると、路線バスに「フルフラット」を導入するのは国内で初めて。 20年東京五輪・パラリンピック開催を見据えて公共交通のバリアフリー化を加速し、車内での事故防止や混雑緩和につなげる。 都営バスは現在、1464台の全車両で乗降口に段差のない「ノンステップバス」を採用しているが、 変速機などが車体後部の床下にあり、後方に移動するには通路の...
»続きを読む
カテゴリー:

全日本ジュニアは今年も熱い!有力選手を一気に紹介!【ジュニア女子・前編】 - 11月24日(金)12:53 

11月24-26日、群馬県前橋市にて全日本ジュニア選手権が開催される。毎年、注目選手が鎬を削る大会だが、今季は特に女子の戦いが熱い。紀平梨花という次世代のエース候補が現れたことに加え、他にも世界のトップを狙えるホープが多数いる、レベルの高い大会となる。まずは女子の西日本勢からご紹介したい。 【写真を見る】トム・ディクソンの難しい振付だが、見事にこなしている ■ 次世代のスター候補、大本命は紀平梨花! 福岡市で開催された西日本選手権、すべてのカテゴリーを含めても、紀平梨花が大会の主役だったと言って過言ではないだろう。日本のジュニア女子勢で唯一、12月に名古屋で開催されるジュニアグランプリファイナルへの出場を決めている。 昨シーズンの紀平梨花は、その能力の高さは誰しもが認めるところではあったものの、今一つ安定感に欠けるきらいがあり、昨年は全日本ジュニアで惨敗。シニアの全日本選手権、そして世界ジュニア選手権に駒を進めることなく、不本意な形でのシーズン終了となってしまった。しかし今季は大きく成長した姿を見せ、次世代エースの名にふさわしい活躍を見せているのは周知の通りだ。 紀平梨花といえば、とかくトリプルアクセルへの挑戦ばかりが取り沙汰され、さぞやプレッシャーになっているのではないかと心配になるほどだった。ところが本人は「トリプルアクセルの人、と見られていることを感じているので、成功を見ても...more
カテゴリー:

18歳Fカップ大原優乃、『月刊ヤンマガ』で最新ビキニを堂々披露 - 11月24日(金)06:30 

 元Dream5でティーン誌『LOVE berry』専属モデルの大原優乃(18)が、21日発売の『月刊ヤングマガジン』12号(講談社)の表紙と巻頭グラビアに登場。今年のグラビアシーンを大いに盛り上げているFカップボディを堂々と披露した。 【別カット】最強Fカップボディを開放した大原優乃  大原は2009年にNHK教育テレビ『天才テレビくんMAX』のオーディションに合格し、Dream5を結成。2014年に「ようかい体操 第一」が大ヒットし同年の『NHK紅白歌合戦』出場、「第56回日本レコード大賞」話題賞、「第47回日本有線大賞」有線話題賞を獲得するなど、大ブレイクした。グループは昨年末に活動を終了し、現在はモデルや女優として活動している。  今年の夏からグラビアでも活動を始めると、あどけないキュートなルックスと大迫力のFカップの“最強ギャップ”で、あっというまにグラビアシーンの注目株に。今回も沖縄のビーチを舞台に、ビキニ姿で元気いっぱいに撮影をエンジョイ。さらなる飛躍を予感させる爽やかなカットの数々が掲載されている。  なお、「ヤンマガデジタル写真集」第1弾として、大原の写真集『ファーストステップ』が22日から予約受付がスタートする(主要電子書店にて配信予定・税込1296円)。  また、同号の巻末グラビアには、同誌と『週刊ヤングマガジン』で欅坂46全員のソログラビアを掲載す...more
カテゴリー:

もっと見る

「ステップ」の画像

もっと見る

「ステップ」の動画

Wikipedia

ステップ ()

ステップ () ステップ ()

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる