「スッポン」とは?

関連ニュース

北原みのり「日韓合意、国際社会的に終わっているのは日本の方」「性暴力問題にどう向き合うか問われる - 01月18日(木)20:40  news

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180117-00000019-sasahi-kr  作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。今回は、慰安婦問題にについて。 *  *  *  韓国の文在寅大統領が「『日韓合意』は真実と正義の原則に反する」と、元「慰安婦」の女性たちに謝罪した。  さっそく産経新聞は「新方針などありえない」と韓国批判をしてるけど、2015年の合意の時は、妥協すべきでない、と一番苛立っていたのに一貫性がないというものよ。 一方、合意を「新しい日韓関係」と好意的に語っていた人は...
»続きを読む
カテゴリー:

【かいぼり】井の頭池 池の水を抜いたらスッポンが… 在来種増える - 01月14日(日)14:54  newsplus

東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池で、水を抜いて水質浄化し、外来生物を駆除する「かいぼり」が行われている。13日は水位が膝下まで下がった池で、市民ボランティア約100人が魚や亀を捕獲。駆除する外来種と保全する在来種に選別した。 かいぼりは都や両市などが実施し、今回は2013年度と15年度に続き3回目。過去2回と比べて、外来種が減って在来種が増えた傾向がみられたという。自転車などの粗大ゴミも大幅に減り、公園利用者の意識が向上したようだ。  井の頭池は四つに区分され、このうち「お茶...
»続きを読む
カテゴリー:

【植物】見た目はタコ、匂いはカニ 「悪魔の指」の名を持つキノコ「タコスッポンタケ」世界に拡散 - 01月03日(水)15:18  newsplus

見た目はタコ 匂いはカニ!「悪魔の指」の名を持つキノコ 世界に拡散 2018年01月03日 07時00分 http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/3/23273.html タコかイカの足が地面から突然生えてきたような物体の正体は?(Dan Hoare @DJHbutterflies)  透明なビニールのような膜に包まれたタコかイカの足のような不気味な姿。驚くなかれ、スッポンタケの一種「タコスッポンタケ」だ。  「卵」と呼ばれる透明な膜がパンパンに膨らんで限度に達すると、ある日突然、風船が破裂するように中身が露出する。  タコの足のよう...
»続きを読む
カテゴリー:

「井の頭池の水」ぜんぶ抜く スタートから4年、在来種が順調に回復 - 01月15日(月)20:00 

2018年1月13日~14日にかけて井の頭恩賜公園で「井の頭かいぼり祭」が開催された。「かいぼり」とは農閑期にため池の水を抜き、池を干す管理作業のことだが、最近は公園などの池で水質改善や外来種駆除を目的に行われる例も増えている。2017年からテレビ東京で不定期放送されている番組『池の水ぜんぶ抜く』を思い浮かべる人もいるだろう。ただし、井の頭池のかいぼりは同番組の企画というわけではない。「豊富な湧水に支えられ多様な水生生物の生育していた井の頭池を目指す」として東京都が主導し、市民ボランティアの協力のもと、2014年から2年おきに行われてきた。なんとスッポンが生息「井の頭恩賜公園 100年実行委員会」の公式ブログによると、池の水をポンプで抜き始めたのが2017年12月26日。井の頭池は「お茶の水池」「弁天池」「ボート池」「ひょうたん池」の4つの池から構成されており、神田川につながっているひょうたん池を通して排水していく。そして、ある程度水位が下がった1月13日~14日時に、市民ボランティアによって水生生物を捕獲する「おさかなレスキュー隊」が実施された。すでに同公園の一大イベントとして認知されているようで、ツイッター上にはかいぼりを見かけた人や参加者と思われるユーザーから、その様子が投稿されていた。 「井の頭公園かいぼり祭り」なう。テレビ取材が来てる訳でもないのにすごい人出。明らかに例の...more
カテゴリー:

井の頭池:かいぼり 在来種増加、スッポンも ゴミ大幅減 - 01月14日(日)12:00 

 東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池で、水を抜いて水質浄化し、外来生物を駆除する「かいぼり」が行われている。13日は水位が膝下まで下がった池で、市民ボランティア約100人が魚や亀を捕獲。駆除する外来種と保全する在来種に選別した。
カテゴリー:

「スッポン」の画像

もっと見る

「スッポン」の動画

Wikipedia

スッポン(鼈、'''')は、爬虫綱カメ目スッポン科キョクトウスッポン属に分類されるカメ。「キョクトウスッポン」「シナスッポン」の名で呼ばれることもある。

分布

中国・日本台湾・韓国・北朝鮮・ロシア南東部・東南アジア

日本では本州以南に生息するが養殖場から逃亡した個体に由来する個体群と自然個体群の両方が生息するため、正確な自然分布については不明な点が多い。日本国内に生息している個体群は、本州、四国、九州のものは主として在来個体群に起源すると考えられているが、南西諸島の個体群は、過去に中国など海外から人為的に持ちこまれたものが起源と考えられ、その由来の追跡研究も現在行われている。なお、日本国内の個体を亜種''P. s. japonicus''とする説もある。

形態

スッポンの頭部
下顎の唇の内側にくちばし状の鋭い角質版が見える 最大甲長は38.5cm。ごく稀に60cmになる。他のカメと異なり、甲羅表面は角質化していないので軟らかく、英訳のSoft-shelled turtle(柔らかい甲羅を持つカ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる