「スッポン」とは?

関連ニュース

虚ろな目に恍惚とした表情…殺人犯役、吉高由里子の狂気的な演技にゾクリ - 09月12日(火)14:27 

主演ドラマ「東京タラレバ娘」やサントリーのトリスハイボールのCMなどで見せる、明るくハツラツとした印象の強い吉高由里子。バラエティ番組でも気さくな素顔をのぞかせるなど、男女問わず人気の彼女だが、最新主演作『ユリゴコロ』(9月23日公開)では、一転してミステリアスな殺人鬼になりきっている! 【写真を見る】“獲物”を見つけると本性を露わにする狂気的な演技を披露/[c]沼田まほかる/双葉社 [c]2017「ユリゴコロ」製作委員会 吉高が演じるのは、生まれながらにして“人の死を得る”ことでしか、心の拠りどころを感じることのできない美紗子。背中まで伸びる長い黒髪に、生気のない虚ろな眼差し、レトロな装いで陰鬱なムードを漂わせる。 そんな美紗子は“獲物”を見つけると本性を露わにする。階段の最上段で、躊躇なく背後から男を蹴って突き落とし、密室で愛撫されている最中に、相手の頭を鉄鍋で何度も殴りつけるなど、思わず目を覆いたくなる衝動的な殺人を連発。 さらに唯一心を許せるはずの親友・みつ子(佐津川愛美)でさえもターゲットにする。恍惚とした表情で親友を狙うさまからは、暗く複雑な美紗子の内面が透けて見えるようだ。ショッキングなシーンを怪演する吉高にゾクッとしてしまう! 「ユリゴコロ」と記されたある一冊のノートが見つかったことから、猟奇的な性を持った美紗子の殺しの記録と、彼女が運命的に出会った男との切ない愛の...more
カテゴリー:

ケモノになって動物園内を「全裸」でラン。 - 09月09日(土)11:00 

去る8月10日に「ZSL London Zoo(ロンドン動物園)」で開催されたイベントがある。初めて見る人には衝撃的かもしれない。恐らく日本だったら、絶対開催されないだろうから。なぜかというと、参加者は服を着ないことになっているから。野生に戻って園内を全裸で駆け抜けるコース内のピンクの看板には「下着をつける必要はない」「ズボンは履かなくていい!」というスローガンが書かれていて、参加者はほぼ全裸、もちろんスッポンポンの人もいて、動物園の敷地内にある350mほどのコースを駆け抜けている。何周走るかは個人の自由みたいだ。全身をペイントし、お尻にはシッポをつけて本人たちはなりきっているが、コレ何の動物かわかるだろうか?「まじめなハレンチ集団」目的はトラを守ることこのイベント、見た目のまんまなのだけれど、至ってまじめな目的を掲げている。チャリティーラン「Streak for Tigers」は、2013年に始まり、年に一度のペースで開催されている。絶滅が懸念されているトラ、そしてトラの生息地を守るための取り組みに使わるための資金集めが目的だ。今年は約200人が参加し、28,000ポンド(約395万円)が集まったらしい。ゴールでもらえるアルミホイルで体を包む参加者たち。トラのぬいぐるみを手にしてニッコリ。イベントの成果について、ディレクターのJames Wren氏はこのようにコメント。「この5年...more
カテゴリー:

【ボクシング】“怪物”井上尚弥(24=大橋)が米国へ出発「きっちり倒す」 日本時間10日、対アントニオ・ニエベス(30=米国)戦 - 09月03日(日)20:40  mnewsplus

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/754275/ V6戦に向け旅立った井上(中)、左は井上真吾トレーナー、右は大橋秀行会長  WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋)が3日、米国・カーソンのスタブハブ・センターで9日(日本時間10日)に行われるV6戦に向け成田空港を出発した。  ランキング7位の挑戦者アントニオ・ニエベス(30=米国)との敵地での防衛戦となるが、減量も順調とあって「一番はきっちり倒すことですね」とKO防衛を強気に宣言。 「(早いラウンドからも)全然いき...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京】ゴキブリやネズミが大集合?「オレたち夏のキラわれ者」展 - 09月01日(金)00:50  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3141194 【8月31日 AFPBB News】ゴキブリ、ネズミ、カラス──。そんな、人々に「厄介がられる」身近な生き物を集めた一風変わった企画展「オレたち夏のキラわれ者」が、東京都の府中市郷土の森博物館(Fuchu City Local Forest Museum)で開催されている。  会場にはアブやハチなどの昆虫やコウモリ、ハクビシンの標本のほか、スッポンやアメリカザリガニの生体など約120点を展示。同館では、これまでにも身近な自然を対象にした展示を行ってきた。中村武史(Takefumi Nakamura)学芸員(57)は「も...
»続きを読む
カテゴリー:

【どうぶつ】亀にバイブをあて雌雄判断 ローターを局部にあて射精させられることから着想 絶滅危惧種存続に朗報 - 08月27日(日)06:12  newsplus

バイブがある絶滅危惧種を救う (ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-00010006-giz-prod 8/26(土) 21:10配信 カメは約2億1000万年前の三畳紀後期から存在する生物ですが、淡水に住む約半分の種が絶滅の危機にひんしています。それを喰いとめるにはカメの雌雄の正確な数を知る必要があるのですが、カメの雌雄判別はとても難しいんです。 そこで、人間用大人のおもちゃが大活躍しているんだとか。どうやって使うのか気になりますよね。ええ、まさに人間に使うように患部に当て...
»続きを読む
カテゴリー:

旬の今こそすっぽん料理を - 09月11日(月)14:10 

9月9日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、午前09時25分~)では、京王線で途中下車しながらぶらり旅した中で、「鬼無里村」(東京都八王子市)が紹介された。 すっぽん料理や海鮮料理が味わえるこちらのお店では、1人用の「すっぽんコラーゲンひとり鍋」(1,944円)が女性客に大人気。 また、「すっぽん焼肉」(734円)、「すっぽん丸鍋」(3~4人前7,344円)、「すっぽん亀の子ゼリー」(734円)など、珍しいメニューが並んでいる。 なお、すっぽんは冬眠するため、秋口になると身体にタンパク質をため込み始める。ちょうど今の時期は身が付き、おいしい旬なのだとか。 今回は「すっぽんの刺身」と「すっぽんスッポンポン」(734円)をいただいた。 皿に載せられた「すっぽんの刺身」はわずか4枚。しかし薄いそれが4匹分というかなり希少な一品だ。 「すっぽんスッポンポン」は簡単に言えばすっぽんで作った酢豚。すっぽんの足を唐揚げにして甘酢あんをかけた一品だ。 「今が旬です、夏バテ解消に」と書かれた立て看板に惹かれ「すっぽんって旬があるんですか。知らなかったなぁ」と立ち寄ることにした舞の海秀平さん。 「初めてですよ…」と言いながら「すっぽんの刺身」を一口食べ、「うまいです!ホルモンのような弾力性があって、アッサリしてますね!」と嬉しそうだ。確認するようにもう一度食べて頷く。 気になっていた...more
カテゴリー:

精力剤を飲んだら下半身が20代のようにみなぎる 「これどこに売ってるの?」と聞かれた 満足度97.2% - 09月07日(木)06:28  news

唐突であるが、近頃元気がない。なにもする気がおきないぐらいの無気力なのである。これは夏バテだけのせいなのか、 加齢による精力減退なのかはわからないが、若いころのようなエネルギーは残暑と共に消えてしまったのであろうか。 私も40歳近いので仕方ないだろうか。 そんな私はとあるルートから健康栄養剤『GRAXET』を入手した。読み方は「グラゼット」。 白い掌サイズの箱には小さなおにぎりのような三角形の錠剤が30粒。箱の裏には次のように記載されている。 『サソリ末、馬睾丸エキス、カキ肉エキス、スッポン末、マム...
»続きを読む
カテゴリー:

【寄付】第二次大戦中に出会った亡き夫との思い出に…米90代女性、独ケルン動物園に24億円寄付 - 09月02日(土)14:12  newsplus

【9月2日 AFP】第2次世界大戦(World War II)中に亡き夫と出会ったドイツ西部の都市ケルン(Cologne)への恩返しとして、93歳の米国人女性が現地の動物園に2200万ドル(約24億円)もの巨額の寄付を決めたことが分かった。ドイツメディアが1日、伝えた。ユダヤ人の夫は当時、ナチス・ドイツ(Nazi)の目を逃れて暮らしていたという。 「私たちはケルンのことがずっと忘れられなかったのです」。エリザベス・レイヘルト(Elizabeth Reichert)さんは米フィラデルフィア(Philadelphia)の自宅でケルンの地元紙ケルナー・スタッド・アン...
»続きを読む
カテゴリー:

黄金色のスッポン 小1女児「珍しいものが見られてよかったです」 - 08月29日(火)10:57  news

珍しい黄金色のスッポンが出雲市の宍道湖自然館ゴビウスに展示され、訪れた人たちを楽しませています。 このスッポンは、遺伝子の突然変異で色素を欠き、全身が黄金色のスッポンで、8月、松江市で発見されて、ゴビウスに持ち込まれました。 大きさは、甲羅の長さが23センチで、少なくとも2、3年以上生きているとみられ、雄か雌かはわかりません。 一般的に色素のない状態で生まれた個体は、自然界で生き残ることが難しいため、ここまで大きく成長することは珍しいということです。 訪れた子どもたちは、黄金色に見えるスッポ...
»続きを読む
カテゴリー:

【海外セレブ】パリス・ヒルトン「私は第2のダイアナ妃」発言で大炎上! - 08月21日(月)14:52  mnewsplus

パリス・ヒルトン「私は第2のダイアナ妃」発言で大炎上! MovieWalker 2017年8月21日 12時12分 配信 https://news.walkerplus.com/article/118618/ なんだかお久しぶりの炎上 写真:SPLASH/アフロ パリス・ヒルトン(36)が、1997年に36歳の若さで亡くなったダイアナ妃について語り、炎上騒ぎになっている。 パリスは「ダイアナ妃はエレガントで素晴らしい女性よ。いつも尊敬の念を感じているし、同じ匂いがするの。 もしテープが流出していなかったら、私も同じような存在になれたと思う」とマリークレール誌のインタビューで...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「スッポン」の画像

もっと見る

「スッポン」の動画

Wikipedia

スッポン(鼈、'''')は、爬虫綱カメ目スッポン科キョクトウスッポン属に分類されるカメ。「キョクトウスッポン」「シナスッポン」の名で呼ばれることもある。

分布

中国・日本台湾・韓国・北朝鮮・ロシア南東部・東南アジア

日本では本州以南に生息するが養殖場から逃亡した個体に由来する個体群と自然個体群の両方が生息するため、正確な自然分布については不明な点が多い。日本国内に生息している個体群は、本州、四国、九州のものは主として在来個体群に起源すると考えられているが、南西諸島の個体群は、過去に中国など海外から人為的に持ちこまれたものが起源と考えられ、その由来の追跡研究も現在行われている。なお、日本国内の個体を亜種''P. s. japonicus''とする説もある。

形態

スッポンの頭部
下顎の唇の内側にくちばし状の鋭い角質版が見える 最大甲長は38.5cm。ごく稀に60cmになる。他のカメと異なり、甲羅表面は角質化していないので軟らかく、英訳のSoft-shelled turtle(柔らかい甲羅を持つカ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる