「スタートアップ」とは?

関連ニュース

インドネシア 起業への投資53件30億ドル 1~8月で前年の倍 - 11月23日(木)05:00 

 インドネシアは起業に対する投資が急増した。米検索大手グーグルと米コンサル大手ATカーニーの調査によると、インドネシアのスタートアップ企業への投資額は2016年に14億ドル(約1572億円)と5年で68倍に増加し、17年1~8月は30億ドルとさらに勢いを増している。現地紙ジャカルタ・グローブなどが報じた。
カテゴリー:

『New みんなのGOLF』 11月23日より、スタートアップ応援キャンペーン&ログインキャンペーンを開催 - 11月22日(水)16:30 

プレイステーション4用ソフト『New みんなのGOLF』では、2017年11月23日9時から期間限定で、スタートアップ応援キャンペーン&ログインキャンペーンを実施する。
カテゴリー:

株式会社インキュビット、NVIDIA Corporationのディープラーニングを活用するスタートアップの支援プログラム「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業に認定 - 11月22日(水)13:40 

[株式会社インキュビット] 人口知能をはじめとする最新テクノロジーを活用し、クライアントの新規事業開発をサポートする株式会社インキュビット(以下、インキュビット)は、GPUの開発・販売で最大手のNVIDIA Corporation(以下、NVIDIA)...
カテゴリー:

名刺管理アプリ「Eight」がインド進出、6ヶ月で100万ユーザーの獲得めざす - 11月22日(水)13:00 

法人向けと個人向けに名刺管理サービスを展開するSansanは11月22日、名刺管理アプリのEightをインド市場でも提供開始すると発表した。 2007年創業のSansanは、個人向け名刺管理アプリのEightと法人向けのクラウド名刺管理サービスSansanを展開するスタートアップ。Eightのユーザー数は150万人を超え、これまでに取り込んだ名刺データは約3億枚以上だ。 42億円の資金調達を実施したことを2017年8月に発表したSansanだが、その際、同社は調達した資金を利用してアジア諸国への展開に注力するとしていた。今回のインド進出がその第一弾となる。 進出先にインドを選んだ理由としてSansanは、「4億人を超える世界最大の潜在労働力を抱えるなど、(インドは)今後の成長性の面でも大きな期待がされている。また、インドにはビジネスのつながりを大切にし、次のビジネスに活かす文化もあり、日本と同様に日常的に名刺交換が行なわれている」と話す。 確かに、“インドとビジネスをするための鉄則55”(島田卓著)にも、「初対面の人たちとの会議では、まずあいさつし、握手をして名刺交換をします。なじみのない国では顔も名前も分からなくなりやすいので、目の前の卓上に名刺を並べて順番に確認していくといいでしょう」と書かれているように、この地では日本と同様の名刺文化が根付いているよう...more
カテゴリー:

AppleがARヘッドセット開発のVrvanaを30億円超で買収、ついにApple製ARヘッドセットが登場か? - 11月22日(水)11:17 

過去に「ARヘッドセットを開発中」と報じられ、ティム・クックCEOが「Apple社内でAR技術を開発中である」と発言したこともあるAppleですが、新たに、ARヘッドセットを開発するカナダのスタートアップ「Vrvana」を3000万ドル(約34億円)で買収したと報じられています。続きを読む...
カテゴリー:

「New みんなのGOLF」スタートアップキャンペーンとログインプレゼントが開始 - 11月22日(水)17:51 

NewみんなのGOLF配信元ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア配信日2017/11/22<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>国民的ゴルフゲームがPlayStat…
カテゴリー:

AppleがARヘッドセットのスタートアップVrvanaを3000万ドルで買収 - 11月22日(水)16:21 

2020年に拡張現実感(AR)ヘッドセットを出荷する作業を進めていると噂されているAppleは、その作業を助けてくれるであろう、モントリオール(カナダ)のスタートアップを買収した。TechCrunchは、AppleがTotemヘッドセットのメーカーであるVrvanaを買収したことを知った。同ヘッドセットは様々なレビューでは話題になっていたものの、これまで出荷されてはいなかった。この取引額は約3000万ドルであったことを、2つの情報源がTechCrunchに明かしている。 私たちはAppleに連絡したが、同社はコメントを拒否した。しかしストーリーそのものは否定していない。Vrvanaは私たちからのコメント要求に答えていない。取引に近い情報源によって私たちは買収の事実を確認している。 AppleがARハードウェアに対して持つ興味に関する、報告や噂を見聞きしてきた私たちにとって、この取引は重要な意味を持つ。Appleは口が堅く、特に完全に新しい未来のプロダクトに対しては、一般にとても秘密主義だからだ。この買収は、おそらく同社が開発したいと考えているものを最も明白に示唆するものだ。 スタートアップの多くの従業員たちはカリフォルニアのAppleに加わった。Vrvanaのサイトは、現在まだ稼働しているが、今年の8月にはソーシャルアカウントとニュースの更新が中止されていた。 Vrvanaの既存製...more
カテゴリー:

自宅で安価に歯列矯正治療ができるCandidがシリーズAで$15Mを調達 - 11月22日(水)13:18 

Candidは、歯列矯正を矯正器やInvisalignよりも安くできる、というスタートアップだ。同社はこのほど、Greycroft Partners, Bessemer Venture Partners, e.ventures, それに一部の既存の投資家たちが率いるシリーズAのラウンドで、1500万ドルを調達した。 同社のプレスリリースによると、資金の主な使途は、操業体制の強化と、それによる顧客ベースの拡大だ。 同じプレスリリースでGreycroftのパートナーJohn Eltonがこう言っている: “Candid Co.のビジョンは、テクノロジーを利用してより多くの人びとに高品質な歯科矯正サービスへのアクセスを提供し、しかもその人たちが自宅で便利にそして快適に治療できるようにすることだ。Greycroftは、非凡な能力を持つCandid Co.とパートナーして同社のポジティブなミッションを支援できることを、たいへん嬉しく思っている”。 Candidは、FDAの認可を得た整列器を3Dプリントで作っており、それらは軽度から中度程度の歯科矯正治療を必要とする人びとに適している。費用は2年間で1900ドル(月額88ドル)だが、これまでの矯正器は7000ドル、Invisaligなら最大で8000ドルぐらいかかる。 同社は過去に、Arena Ventures率いるラウ...more
カテゴリー:

TechCrunch Tokyo 2017スタートアップバトルで最優秀賞を獲得!株式会社空のホテル向け経営診断ツール「ホテル番付」 - 11月22日(水)12:00 

[株式会社空] [画像1: https://prtimes.jp/i/19984/9/resize/d19984-9-160926-0.jpg ] ■スタートアップの大型イベント 未来を作るイノベーションに取り組む創業3年未満のスタートアップ企業がそれぞれのビジネスプランを競い...
カテゴリー:

国内最大規模のスタートアップコミュニティー運営会社がスタートアップ企業専門の人材紹介事業を新規導入!スタートアップ企業向け最適人材紹介サービス『Starboard』2017年11月27日より開始! - 11月22日(水)11:00 

[Creww株式会社]  近年、日本国内における多様な業種・領域でのスタートアップ企業の活性化に伴い、スタートアップ業界全体での求人ニーズが飛躍的に高まっています。斬新なアイデアやユニークなノウハウを持つものの、資金や技...
カテゴリー:

もっと見る

「スタートアップ」の画像

もっと見る

「スタートアップ」の動画

Wikipedia

スタートアップ(start up, start-up, startup)

  • 「始める」「起こす」「立ち上げる」という意味を持つ英語表現。
  • 電子機器等の電源を入れて起動させる行為および、その処理やその時に動作するソフトウェアのこと。ブート
  • 新しく設立された会社のこと。特に、新規事業領域を開拓する会社のこと。ベンチャー
  • 2001年のアメリカ映画サベイランス -監視-の一部の国での題名。
  • スタートアップ!- 韓国の男性歌手グループBOYFRIENDの楽曲。
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる