「スタン・リー」とは?

関連ニュース

<楽天>松井裕2軍で実戦復帰 1回無失点 - 08月18日(金)09:17 

左肩のけがで離脱している東北楽天の松井裕樹投手が17日、イースタン・リーグのロッテ戦(ロッテ浦和)で故障後初めて実戦登板し、1回無失点だった。1安打を許したが、2三振を奪った。 松井裕が実戦のマウンド
カテゴリー:

『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版予告にドクター・ストレンジ登場 - 08月17日(木)05:00 

 「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオ映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(11月3日公開※全米と同時公開)の日本版の本予告映像で、ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジの出演シーンが世界初解禁された。 【動画】『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版予告編  アベンジャーズ最強コンビのソー(クリス・ヘムズワース)とハルク(マーク・ラファロ)がアベンジャーズのような“新チーム”を結成。裏切り王子のロキ(トム・ヒドルストン)、新キャラ・戦闘力MAXの女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)も加わり、力をあわせて復讐に燃える最強の敵・死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)との極限バトルに挑む。  本予告では、ドクター・ストレンジが冒頭から登場。ストレンジは、ソーに「君に大きな試練が」と未来を予言し、ソーは「俺が運命を変えてやる」と力強く答える、なんとも意味深なシーンとなっている。予告編でドクター・ストレンジの登場シーンがみられるのは日本版のみ! カンバーバッチは、今回の本作への出演について、もともとロキ役のヒドルストンとは同郷のため大の仲良しだったことから、撮影も非常に楽しんでいたという。  さらに、史上最強の死の女神・ヘラにムジョルニア(ハンマー)を破壊され絶体絶命となったソーが、ヘラから世界を守るため、アベンジャーズのメンバーとして共に戦った盟友...more
カテゴリー:

愛した人との間に子どもが欲しかった、男性 無事出産 - 08月15日(火)12:50 

アメリカのオレゴン州、ポートランドで、男性が出産しました。 トリスタン・リーズさんは、女性の身体を持って生まれたけれど、心は男性だったトランスジェンダー。ホルモン治療を行い、男性として生きています。そしてトリスタンさんは […]
カテゴリー:

【映画クロスレビュー】『スパイダーマン:ホームカミング』青春映画としてこれ以上ないほど優れた一本! - 08月10日(木)19:30 

『スパイダーマン:ホームカミング』ストーリー ベルリンでアベンジャーズの戦いに参加し、キャプテン・アメリカからシールドを奪って大興奮していたスパイダーマン=ピーター・パーカー。昼間は15歳の普通の高校生としてスクールライフを過ごし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンから貰った特製スーツに身を包み、NYの街を救うべく、ご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標は、アベンジャーズの仲間入りをし、一人前の【ヒーロー】として認められること。ある日、スタークに恨みを抱く宿敵“バルチャー”が、巨大な翼を装着しNYを危機に陥れる。アベンジャーズに任せておけ、というスタークの忠告も聞かずに、ピーターは一人、戦いに挑むが……。 監督:ジョン・ワッツ 製作:ケビン・ファイギ ピーター・パーカー/スパイダーマン:トム・ホランド エイドリアン・トゥームス/バルチャー:マイケル・キートン ハッピー・ホーガン:ジョン・ファブロー メイおばさん:マリサ・トメイ トニー・スターク/アイアンマン:ロバート・ダウニー・Jr. 『スパイダーマン:ホームカミング』 http://www.spiderman-movie.jp (C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved. スパイダーマンに文字どおり命を吹き込んだ、新星トム・ホランド 『アベン...more
カテゴリー:

<楽天>藤田が1カ月ぶり実戦復帰 2安打1打点 - 08月10日(木)09:03 

腰痛のため7月19日に出場選手登録を抹消された東北楽天の藤田一也内野手が9日、イースタン・リーグのヤクルト戦(仙台泉)で約1カ月ぶりに実戦復帰した。代打から指名打者に入って守備には就かず、3打数2安打
カテゴリー:

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』シネマ・コンサート日本初上陸 - 08月18日(金)06:02 

 人気映画シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)を記念して、2015年に公開された前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のの映画全編を、迫力満点のフルオーケストラの演奏とともに大スクリーンで上映するフィルムコンサートの開催が決定。「スター・ウォーズ」シリーズを通じて、シネマ・コンサート(シネオケR)の日本公演は初開催となる。 【動画】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特別映像  演奏は東京フィルハーモニー交響楽団。『フォースの覚醒』のせりふや効果音はそのままに、音楽の部分はフルオーケストラで演奏。耳に残る映画音楽のほとんどを手掛けたと言っても過言ではない音楽家ジョン・ウィリアムズの代表的作品である「スター・ウォーズ」の音楽を、生で体感するまたとない機会だ。  『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』inコンサートのチケットは、9月16日からの一般発売に先駆け、きょう18日より最速先行予約(抽選)の受付が開始される。  新たに生まれた謎、圧倒的なラストシーンで、全世界のファンの胸を躍らせた『フォースの覚醒』。砂の惑星ジャクーで家族を待ち続けていた孤独な女性レイは、なぜフォースの力に目覚める事ができたのか? 彼女の家族とは? そしてルーク・スカイウォーカーとの関係とは?  少年の頃から祖父であるダース・ベイダーを崇拝し、父ハン・ソロを赤い十字型...more
カテゴリー:

9nine、サマソニで一曲限りの異色コラボが決定! - 08月16日(水)23:15 

パフォーマンスガールズユニットの9nineが、8月20日(日)に「SUMMER SONIC 2017 TOKYO」のGARDEN STAGEのトリとして出演する、THE TREVOR HORN BANDのステージに登場し、1曲限りのスペシャルコラボレーションを行うことが急遽決定した。 今回のコラボは、9nineが8月16日にリリースしたニューシングル「SunSunSunrise」を、数々の大物アーティストを手がけてきたトレヴァー・ホーンが書き下ろしたことから実現。 「SunSunSunrise」は、アメコミ界の巨匠・スタン・リー氏が原作のNHKアニメ「ザ・リフレクション」のエンディングテーマで、トレヴァー・ホーンにとって、初めての日本人アーティストへの楽曲プロデュースとして話題になっている。 また、8月16日にはトレヴァー・ホーンが完全プロデュースした同アニメのサウンドトラックCD『THE REFLECTION WAVE ONE - Original Soundtrack』も発売される。 「SunSunSunrise」はもちろん、トレヴァー本人が歌う劇中歌である「Sky Show」、ハリウッド映画級に壮大なスケールのシーンを描いた楽曲群や、80’sファンの心をくすぐるシンセポップ・サウンドなどが収録されている。 なんと、トレヴァー・ホーンがメイン・ボーカルをとるの...more
カテゴリー:

<楽天>コラレス初先発へ「全力で」 - 08月15日(火)06:05 

コラレスは移籍後初先発が決まり、「大事な試合と分かっているが意識せず、自分のできることを全力でマウンドで出したい」と意気込んだ。 188センチ、102キロの大型右腕は6月の移籍後、イースタン・リーグ5
カテゴリー:

世界が注目の「オモ写」 コンテスト開催中の『豆魚雷』に撮影のアドバイスを聞いてきた - 08月10日(木)16:00 

トイショップの『豆魚雷』が開催している『第一回 豆魚雷PRESENTS オモ写コンテスト』。「オモチャの写真=オモ写」にハッシュタグ「#豆魚雷オモ写」をつけて『Twitter』または『Instagram』へ投稿することで誰でも参加でき、優秀作品には豪華賞品がプレゼントされる企画だ。 今回ガジェット通信では、『豆魚雷』のバザロ米山さんに「オモ写」撮影のアドバイスを聞いてきた。「オモ写」に興味を持ちながら撮り方がわからなかった人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。 あの大物ハリウッドスターまでが注目する「オモ写」とは 「オモ写」とは「オモチャの写真」のこと。「オモ写」の生みの親として知られるホットケノービ氏が名前を考案し、同氏が投稿した「オモ写」は、映画『アイアンマン』シリーズの俳優ロバート・ダウニー・Jrや、マーベル・コミックの生ける伝説スタン・リーも『Facebook』で幾度となくシェアしている。 アイデアや工夫を詰め込んで撮影された「オモ写」は、まるでオモチャに魂が与えられたかのよう。映画のワンシーンのように演出したり、クスッと笑えるシチュエーションを作ったり、オモチャとオモチャの組み合わせでドラマを生み出したり……その可能性は無限大である。 まずはオモチャで遊んでみて写真を撮ってみるべし ――「オモ写」のはじめ方、オススメのフィギュアはありますか。 バザロ米山さん(以下、米山)...more
カテゴリー:

『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版ポスター解禁 - 08月10日(木)07:00 

 「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオ映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(11月3日公開)の日本版本ポスターが解禁された。主人公ソーを中心に盟友のハルク、ソーの義理の弟ロキ、新キャラクターの女戦士ヴァルキリーらが勇ましく立つ姿、そして彼らを憎しみにあふれた表情で見下ろす“死の女神ヘラ”の姿が描かれたインパクトのあるビジュアルになっている。 【動画】『マイティ・ソー バトルロイヤル』日本版予告編  ヘラはマーベル映画初となる女性ヴィランにして史上最強。特報映像では、片手でソーの究極の武器ムジョルニア(ハンマー)を粉々にするという衝撃的なシーンが公開され、解禁されたポスターのコピーも「死の女神:ヘラの“復讐”」。彼女を復讐という行動に駆り立てさせた理由は何だったのか。そこに、ソーの運命を変える秘密が隠されていた…というのが本作の核となるストーリー。  この最強の敵ヘラから世界を救うために、ソーと共闘することになるメンバーもくせ者ばかり。アベンジャーズのメンバーであるソーとハルクは、メンバーの中でも1位2位を争うパワーの持ち主のため、互いに自分が一番最強と思っていることもあり、子ども染みたけんかをすることも。アベンジャーズとして世界を救ってきた2人だから今回も大丈夫だと思われるが…。そこに加わるのが、何度も裏切り不信感しかない義理の弟ロキ。過去ハルクに叩きのめされたこ...more
カテゴリー:

もっと見る

「スタン・リー」の画像

もっと見る

「スタン・リー」の動画

Wikipedia

スタン・リー(、1922年12月28日 - )は、アメリカン・コミックス漫画原作者。本名はスタンリー・マーティン・リーバー ()。マーベル・コミック編集委員、マーベル・メディア名誉会長

マーベル・コミック発行責任者などを歴任した。

概要

1960年代にマーベル・コミックスパイダーマンX-メンなどのスーパーヒーローコミックの原作を手がけ、業界に変革をもたらした。現在はマーベル・コミックの編集委員、マーベル・メディアの名誉会長を務め、マーベル・コミックの実写映画版の製作総指揮などを務めているDVDスパイダーマン 誕生の秘密 -スタン・リーの世界(2002年、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)。。

スタンが編集後記の締めに用いる言葉「エクセルシオール(Excelsior)!!」英語での意味は、名詞としては梱包用の木屑のことを指すが、スタンが用いるような間投詞や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる