「スコア」とは?

関連ニュース

チャウラシアが欧州開幕戦を首位発進 谷原秀人は出遅れ70位 - 11月23日(木)20:42 

<UBS香港オープン 初日◇23日◇香港GC(6,703ヤード・パー70)> 欧州ツアー新シーズンの開幕戦であり、アジアンツアーとの共催大会の「UBS香港オープン」。第1ラウンドが終了し、インドのSSP・チャウラシアが5アンダー単独首位発進を決めている。 【関連】みんなでぽかぽかダフナリング? 1打差2位タイにマシュー・フィッツパトリック(イングランド)、シュブハンカー・シャルマ(インド)、2打差4位タイには日本ツアーで活躍するアンジェロ・キュー(フィリピン)のほか、トーマス・デトリー(ベルギー)、ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)、プーム・サクサンシン(タイ)らが続いた。 昨シーズンの年間王者に輝いたトミー・フリートウッド(イングランド)は2アンダー11位タイと上々の立ち上がり。世界ランク6位のジャスティン・ローズ(イングランド)も同順位につけた。 また、日本勢でただ1人出場している谷原秀人は、2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと振るわず、2オーバー70位タイと大きく出遅れている。 【初日の順位】 1位:SSP・チャウラシア(-5) 2位T:マシュー・フィッツパトリック(-4) 2位T:シュブハンカー・シャルマ(-4) 4位T:アンジェロ・キュー(-3) 4位T:トーマス・デトリー(-3) 4位T:ジェイミー・ドナルドソン(-3) 4位T:プーム・サクサンシン(-...more
カテゴリー:

テレサ・ルーが大会2勝目へ首位発進!8バーディの裏に開き直りと上田桃子 - 11月23日(木)18:52 

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 初日◇23日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)> 3年前の覇者が最高のスタートを切った。国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の初日に、テレサ・ルー(台湾)が風速6.2mの風が吹く中、8バーディ・4ボギーの“68”でラウンド。4アンダーで首位発進を決めた。 テレサ・ルーの貴重なオフショットが見られるのはこちらの女子プロ写真館だけ 風の強い台湾育ちということもあって、この程度の風はお手の物…と思いきや、「前半は強くて大変でした。(グリーンに)乗らないし、アプローチも寄らない」と、らしくないゴルフ。反撃のきっかけは開き直りだった。 「たとえ変なところに行っても私のせいじゃない。風のせいだって(笑)」。この思考が迷いを消した。「風は急に吹いたり、向きが変わったりする。だけど決めたら打つしかない。それが大事だと思った。とにかくグリーンに乗せることだけを考えてやりました」。自分のプレーに集中したことでショットが復調。思考を切り替えてからはバーディを量産し、リーダーボードの頂点まで一気に駆け上がった。 仲良しの上田桃子との2サムも好プレーを後押し。「彼女はリズムもいいし、話したりして共に良いプレーができます。今日も宮崎のおいしいお店を教えてもらいました(笑)」。上田は終盤の5ホールで3ボギー...more
カテゴリー:

香妻琴乃、最終日「79」でサードQT敗退に…【サードQT B地区 最終日】 - 11月23日(木)17:54 

11月21日(火)から23日(木)までの3日間の日程で開催される、来季のツアー出場権をかけたサードQT。茨城県・アスレチックガーデンゴルフ倶楽部(A地区)、兵庫県・東急グランドオークゴルフクラブ(B地区)の2つの地区に201名の選手が出場してる。 A地区の最終ラウンドは、降雨によるコースコンディション不良のため、11月24日(金)の予備日に順延となったが、B地区最終ラウンドは予定どおり開催。3日間の競技を終えて、新垣比菜が4アンダー・首位でファイナルQTに進出した。 サードQTにも多くが進出!今季プロテスト合格者フォトギャラリー 優勝実績、シード経験のある前田陽子、一ノ瀬優希は順当に突破。注目選手では、香妻琴乃が45位でファイナルQT進出を逃している。香妻は2日目の「68」で上位に浮上したが、最終日は「79」でトータル7オーバーに。同スコアで9名が並んだが、カウントバック※により、圏外となってしまった。 また今季プロテスト合格者では、勝みなみ、吉本ひかるら8名が突破している。B地区最終日の順位は以下のとおり。 【サードQT B地区 最終日順位】 1位:新垣比菜(-4) 2位:沖せいら(-3) 3位:前田陽子(-1) 4位:小橋絵利子(-1) 5位:山田成美(E) 6位:篠原まりあ(+1) 7位:金井智子(+1) 8位:新田彩乃(+2) 9位:小野祐夢(+2) 10位:北村響...more
カテゴリー:

【高校サッカー】選手権千葉県予選決勝 千葉を制したのは流経大柏!! ライバル市立船橋下して3年ぶりに全国へ - 11月23日(木)15:02  mnewsplus

[11.23 選手権千葉県予選決勝 流経柏高2-1市立船橋高 フクアリ] 第96回全国高校サッカー選手権千葉県予選決勝が23日に行われ、3年ぶり5回目の出場を狙う流通経済大柏高と3年連続22回目の出場を目指す市立船橋高が対戦。 前半12分に先制した流経大柏が後半38分に追加点を奪うと、市立船橋の反撃を1点に抑えて2-1の勝利を収め、全国行きのチケットを手に入れた。 序盤は流経大柏が押し込む展開となるが、前半7分に市立船橋が一瞬の隙を突いてフィニッシュに持ち込む。 後方から送られたボールを流経大柏DF関川郁万(2年)がコントロー...
»続きを読む
カテゴリー:

「スーパーマリオ オデッセイ」なわとびチャレンジに使えるバグが発見 - 11月23日(木)13:36 

ヒント鳥は、思った以上に役に立つようだ。 バグのお陰で、プレイヤーは9万9999回のハイスコアを出せるようになった。
カテゴリー:

堀奈津佳が39位浮上 トップ5に日本勢3人【台湾女子ツアーQT 2日目】 - 11月23日(木)19:29 

来季の出場権を懸けた戦い、台湾女子ツアーのQTが台湾のサンシティ・カントリークラブにて22日(水)より開幕。第2ラウンドが終了し、日本の脇元華が2バーディ・4ボギーとスコアを2つ落としながらも、トータルイーブンパーで首位をキープしている。 【関連】ドレス姿も!堀奈津佳の特選フォトギャラリー 日本勢2番手はトータル2オーバー2位タイの小竹莉乃、日本勢3番手はトータル4オーバー単独5位の鎮西まゆみとなっている。 初日に8オーバー64位タイと出遅れた堀奈津佳は、この日も6ストローク落とす苦しいゴルフを見せるが、他選手が軒並みスコアを落としたため、トータル14オーバー39位タイに浮上。来季の台湾ツアー参戦へ、最終日に望みをつないだ。 2013年に2勝を挙げた後、極度の不振に陥った堀は、今季日本のレギュラーツアーに8試合出場していずれも予選落ち。2015年の「サマンサタバサレディス」を最後に決勝ラウンド進出は叶わずにいる。 今回のQTには日本から35人が出場。24日(金)までの3日間で競技が行われ、上位の選手が来季の台湾女子ツアーの出場権を獲得する。 【関連リンク】 ・2018台湾女子ツアーQT成績 ・今季は全試合予選落ち…堀奈津佳、見据える復活ロードとは? ・復活を期す“シンデレラ” 堀奈津佳が1年5か月ぶりアンダーパー ・香妻琴乃がまさかの… 日本女子サードQT B地区最終結...more
カテゴリー:

石川遼 ショットには手ごたえも「練習量の足りてない部分が出た」 - 11月23日(木)18:21 

<カシオワールドオープン 初日◇23日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)> ホスト大会初日は、手ごたえと課題がはっきりと出た。今大会を主催するカシオの所属プロ、石川遼は、2バーディ・4ボギーの“74”でラウンド。2オーバー・52位タイと出遅れた。 【関連】石川遼、理想のスイングは過去にアリ? ショットは最低限の結果を残した。この日のフェアウェイキープ率は42.86%の76位タイと、ラフから2打目を打つことも多かったが、パーオン率は72.22%で全体の13位タイと、アイアンショットは安定してきた。「風の向きが毎ショット違う」と強風に見舞われたKochi黒潮CCで、前半はチャンスを量産。バーディはスタートホールの10番(パー5)で4メートル、14番(パー3)で5メートルを入れた2つだけだったが、12番(パー4)や16番(パー4)、17番(パー4)でも2〜4メートルにつけており、これらを決めていればアンダーパーのラウンドになるチャンスもあった。石川も、「もう少し明日は入るように頑張りたい」と悔しさを滲ませた。 しかし、「ピンにまっすぐ行くショットが増えてきた」のは大きな収穫。これを「4日間つづけられて初めてそこからが勝負。時間がかかる部分だけど、来シーズンに向けての一番の課題なので」と、ショットに関しては着実に調子が良くなっている。しかし、そちらに...more
カテゴリー:

キム・ハヌル 鈴木愛との直接対決制すも後半失速に「とても残念」 - 11月23日(木)17:37 

<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 初日◇23日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)> 今大会で優勝しなければ賞金女王の座につくことができないキム・ハヌル(韓国)。昨年制した舞台で、首位と2打差の2アンダー・4位タイと好発進。同組で回った賞金ランク1位の鈴木愛には1打差をつけ直接対決を制したが、クラブハウスに引き上げてくる表情は曇っていた。 超貴重!キム・ハヌルがノリノリダンスを披露 序盤は手が付けられなかった。出だしの1番で2mを沈めてバーディを先行させると、3番、4番とそれぞれ7m、10mを沈めて連続バーディ。さらに6番でも7mを沈めて、鈴木愛に「ショットもパットもすごく良かった」と言わしめるプレーを見せた。 だが、チャンスホールの9番(パー5)をパーとすると徐々に後退。10番でバーディを奪ったものの、11番(パー5)では3打目をバンカーに入れてボギー。その後も15番、18番とスコアを落とし、「9番でバーディを獲っていたら、その流れで行けたかもしれません。せっかく5アンダーまで行ったのに、とても残念です」と肩を落とした。 課題に挙げたのはパー5。「4ホールあってスコアは1オーバー。これではいけない。アンダーで上がらないと。もう一度攻め方を考えたいです」。現在パー5平均スコアは、川岸史果に続く2位のハヌル(4.7151)。今日は自分の強みが全く...more
カテゴリー:

バルサとのスコアレスドローにアッレグリは満足「無失点に抑えたことが重要」 - 11月23日(木)13:59 

ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督はバルセロナ戦の出来に手ごたえを感じている。
カテゴリー:

今から日本はどうするべきなのか?とセルジオ越後「イタリアやチリなどW杯出場を逃した強豪国と対戦する交渉を!」 - 11月23日(木)11:00 

今の日本のレベル、戦い方では世界に通用しない。アジアと世界は全然違うということを、選手たちが肌で感じられたことが唯一の収穫だ。 日本代表の欧州遠征はブラジルに1-3、ベルギーに0-1と連敗で終わった。相手は共にロシアW杯で第1ポットに入る強豪国だけど、W杯のシミュレーションと考えれば、2試合終わって勝ち点0で、1試合を残してグループリーグ突破が絶望的という状況だ。 ブラジル戦は開始早々から力の差を見せつけられた。ボール回し、展開、正確さ、カウンターの質など、すべての面で圧倒された。後半になってブラジルがペースを落とし、セットプレーから1点を返したけど、まるでプロと高校生くらい差がある試合だった。 ベルギー戦は相手がパスをつないでくれたので、前線からのプレスがうまくハマった。でも、結局は個の力にやられた。攻撃面でも何回かチャンスはあったけど、狙ってつくった形というよりは、偶然チャンスになったという感じ。 実際、1点取られた時点で、もう追いつけないだろうなと思った人も多いはず。スコア以上に差があった。「善戦」「惜敗」と書くメディアもあったけど、なんの慰めにもならないね。 この2連戦でアピールできた選手はひとりもいない。特に攻撃陣は寂しかった。長澤と森岡、新戦...more
カテゴリー:

もっと見る

「スコア」の画像

もっと見る

「スコア」の動画

Wikipedia

スコア (score)

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる