「スクート」とは?

関連ニュース

航空業界ニュースをななめ読み (5) スクートの関空=ホノルル線参入、ジェットスターの有料会員のメリット - 08月17日(木)06:00 

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかったものを「深読み」しようという企画。今回は、スクートの関空=ホノルル線参入、ジェットスタージャパンの有料会員プログラムを刷新などについて取り上げたい。 スクート、2018年6月までに関空=ホノルル線参入を表明 スクートは7月25日のタイガーエアとの合併時に、今後の新規就航路線計画を発表した。2018年6月までに関空=ホノルル線参入の他に、中国のハルビン、マレーシアのクチンとクアンタン、インドネシアのパレンバンへの就航も計画している(7月25日: スクートより)。 ○激化するハワイ市場でANAがどう舵を切るか 関空=ホノルル線では2017年6月からエアアジアXが直行便を開始しており、スクートが今回続くことで、いよいよ日本でも長距離LCCの本格競合が始まったと感じる。LCCにとって新規就航を判断する上で、「誰も運航していない新地点」「既存キャリアが独占していた地点」がまず候補に上がり、次に「圧倒的ローコストのエアラインに目が向く需要層が存在するか」を考える。 その意味では、LCCの視線はこれまでの狭胴機マーケットから中長距離路線に移りつつあり、フルサービスキャリア(FSC)が独占する長距離路線のほとんどが「Opportunity」だと考えているだろう。そして、まずは需要の太い路線に狙いを定めるのだが、その意味...more
カテゴリー:

シンガポール航空、飛行訓練センター設立--CAE社とジョイントベンチャー - 08月16日(水)11:38 

シンガポール航空は8月16日、CAE社と共同でシンガポールにパイロット訓練センターを設立することで合意し、覚書を交わしたことを発表した。このジョイントベンチャーは、ボーイング社製のシミュレーターの提供を主に、シンガポールにおけるシンガポール航空グループやその他の航空会社のパイロット訓練のニーズをサポートする。 両社の折半出資による今回のジョイントベンチャー施設は、チャンギ空港近くに位置するシンガポール航空の訓練センター(STC)より活動を開始する。シンガポール航空は、まずボーイング社製のフルフライト・シミュレーター4基をジョイントベンチャーに移管し、その後順次、CAE社製の訓練装置を追加していく予定。この訓練施設では、ボーイング737MAX、747、777、787に対応した広範囲なイニシャル・タイプレーティング訓練や、リカレント訓練を提供する。 シンガポール航空のゴー・チュン・ポンCEO は、「航空業界の今後の見通しは明るく、新たにCAE社と設立する飛行訓練のジョイントベンチャーが、航空業界を牽引するハブとして、シンガポールの地位をさらに向上させると確信しています。シンガポール航空グループのさらなる成長を推し進める保有機数の拡大とともに、今回のジョイントベンチャーは、当社の訓練だけでなく、この地域に拠点を置く他の航空会社の訓練にも対応していきます。 また、世界有数の民間航空教...more
カテゴリー:

通常の4倍の湿度で機内環境も快適! 常識を覆すLCC「スクート」の魅力 - 08月15日(火)07:00 

「スクート」は、世界17カ国・60都市を結ぶ話題のローコストキャリア。全機に、長時間のフライトでも快適なボーイング787を採用している。2017年6月からは、シンガポール-アテネ間直行便も運航を開始した。
カテゴリー:

航空業界ニュースをななめ読み 第5回 スクートの関空=ホノルル線参入、ジェットスターの有料会員のメリット - 08月17日(木)06:00 

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかったものを「深読み」しようという企画。今回は、スクートの関空=ホノルル線参入、ジェットスタージャパンの有料会員プログラムを刷新などについて取り上げたい。
カテゴリー:

航空業界ニュースをななめ読み 第3回 JALとベトジェットの提携の意味、オリックス連合運営の神戸空港への期待 - 08月16日(水)06:00 

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかったものを「深読み」しようという企画。今回は、JAL植木義晴社長のA350に関する発言と、タイガーエア・シンガポールとスクートの合併について取り上げたい。
カテゴリー:

スクート、台湾やバンコクへ片道8,000円台からの「飛んじゃえセール」 12日まで - 08月10日(木)14:18 

スクートは、きょう8月10日から12日まで、日本発着路線を対象に「スクートの日 飛んじゃえセール!」を開催している。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜台北/桃園線と大阪/関西〜高雄線は8,000円から、札幌/千歳〜台北/桃園線は8,200円から、東京/成田・大阪/関西〜バンコク/ドンムアン線は8,800円から、東京/成田・大阪/関西〜シンガポール線は10,000円から、札幌/千歳〜シンガポール線は14,000円から。スクートビズにも設定されている。 搭乗期間は12月21日まで、路線により異なっている。燃油サーチャージは不要、諸税と空港使用料込み、支払手数料や受託手荷物料金、座席指定料金は別途必要。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「スクート」の画像

もっと見る

「スクート」の動画

Wikipedia

Scoot (スクート)は、シンガポールにあるシンガポール・チャンギ国際空港を拠点に運航しているシンガポールの格安航空会社である。

概要

2011年11月1日、シンガポール航空の出資により、長距離国際線を運航する格安航空会社として設立。「SCOOT」は英口語で「走り出す」といった意味。 同じくシンガポール航空の出資による格安航空会社のタイガーエアは短距離路線の運航に限られている。

2012年6月4日に、シドニー線、ゴールドコースト線で初就航シンガポールのLCC・スクート、就航日は6月4日に早める : flyteam.jp 2012/04/20。また、2012年10月29日から台北/桃園経由東京/成田線が就航した“シンガポールLCCも就航 成田に「スクート」、日本初路線”. 千葉日報(千葉日報社). (2012年10月30日)。

2013年には、「Terrapinn Holdings」が発表した、アジアの「ベスト ローコスト キャリア」に選出されたアジアのベストローコストキャリア(LCC)にScootが選出! Traicy 2013年2...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる