「スクート」とは?

関連ニュース

スクート、日本発着路線で片道6,000円台からのセール きょうまで - 06月29日(木)07:46 

スクートは、6月27日から29日まで、日本発着路線を対象としたセールを開催している。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜台北/桃園線は6,900円から、札幌/千歳〜台北/桃園線は7,900円から、大阪/関西〜バンコク/ドンムアン線は9,900円から、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線は11,900円から、東京/成田・大阪/関西〜シンガポール線は13,900円から、札幌/千歳〜シンガポール線は14,900円から。スクートビズにも設定されている。 搭乗期間は12月10日まで、路線により異なっている。燃油サーチャージは不要、諸税と空港使用料込み、支払手数料は別途必要。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアアジア、ヨーロッパ再進出を断念 - 06月21日(水)12:12 

エアアジアは、ヨーロッパへの再進出を断念した。 トニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)が明らかにしたもので、多くのフルサービスキャリアが参入し、競争が激化していることや収益性が低下していることが要因。エアアジアではロンドンとパリ線を収益性が著しく悪いことから撤退し、2016年の再参入を目指していた。一部報道では、クアラルンプール〜イスタンブール〜バルセロナ線を開設する計画だった。 中長距離路線を運航するエアアジアXでは、飛行時間が8時間から9時間圏内をターゲットとしており、アジアを中心とした路線展開を継続する。6月28日より就航を開始する大阪/関西〜ホノルル線は日本から8時間以内であることを強調した。 一方で、シンガポール航空傘下のスクートは、シンガポール〜アテネ線をボーイング787-8型機で就航したばかり。ノルウェー・エアシャトルも、9月28日よりシンガポール〜ロンドン線を開設する。 ■関連記事 スクート、シンガポール〜アテネ線の運航開始 ヨーロッパ初進出 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「エアライン・オブ・ザ・イヤー」にカタール航空、スカイトラックス社発表 トップ100社も - 06月21日(水)08:00 

スカイトラックス社は、パリ・エアショーで「ワールド・エアライン・アワード2017」の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を発表し、トップにカタール航空を選出した。 カタール航空は、「ワールド・ベスト・ビジネスクラス」、「ワールド・ベスト・ファーストクラスラウンジ」、「中東の最優秀航空会社」にも選ばれている。2015年にも「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に選出されていたものの、2016年は2位で、今回1位に返り咲いた。 2位はシンガポール航空、3位は全日空(ANA)となった。ANAは日本の航空会社として初めてトップ3となった。前回トップのエミレーツ航空は4位に転落した。日本の航空会社は、日本航空(JAL)が16位と前回の21位から上昇、ピーチは96位と前回の78位から転落した。 調査対象となったのは325社で、2016年8月から2017年5月にかけて調査が行われた。 ■ランキング/1位〜50位(括弧内は昨年の順位) 1位:カタール航空(2) 2位:シンガポール航空(3) 3位:全日空/ANA(5) 4位:エミレーツ航空(1) 5位:キャセイパシフィック航空(4) 6位:エバー航空(8) 7位:ルフトハンザ・ドイツ航空(10) 8位:エティハド航空(6) 9位:海南航空(12) 10位:ガルーダ・インドネシア航空(11) 11位:タイ国際航空(13位) 12位:ターキッシュ・エアライン時...more
カテゴリー:

【旅レポ】LCCでも全機ボーイング 787型機! スクートの快適なシートで台湾を旅してきた(その2) 2017年に開通したばかりのMRT桃園空港線を使ってみた - 06月20日(火)00:00 

 前回は、スクートの機内の様子を紹介したが、今回は台湾の桃園国際空港到着後の様子などを紹介したいと思う。
カテゴリー:

スクートとタイガーエアが7月25日合併しスクートブランドへ統合、日本発着便は787型機での運航を継続 スクートの2レターコードはTZからTRへ、客室乗務員の制服も刷新 - 06月15日(木)19:45 

 スクートは6月15日、グループ会社のタイガーエアと合併し、スクートブランドに統合することを発表した。7月25日以降はタイガーエア運航便もすべてスクートとしての運航となり、Webサイトや空港チェックインカウンターを統一。シンガポールを中心にネットワークを持つタイガーエアへの乗り継ぎ利便性などが高まる。
カテゴリー:

スクート、旅行会社向けにセミナーをインフィニ・シンガポール政観と合同で開催 - 06月24日(土)09:15 

スクートは、インフィニトラベルインフォメーション、シンガポール政府観光局と合同で、「スクート・シンガポールセミナー」を、6月15日に大阪、6月20日に東京で開催した。 スクートとタイガーエアの合併に伴い開催したもので、旅行会社へ向けて、スクートは両社の合併の詳細、シンガポール政府観光局はシンガポールへの日本人渡航者の特徴や傾向、LCC利用者の多い層など統計に基づいた説明や注目スポットやイベント情報の紹介を行った。インフィニもスクートの2レターコードが「TZ」から「TR」への変更に伴う予約発券時のシステム使用方法を解説した。 スクートの坪川成樹日本・韓国支社長は、「スクートとタイガーエアの合併により、シンガポール以遠も含めた当社の低運賃をインフィニ上でご提供できるようになった。フルサービスキャリアと変わらない協業の親和性が高いLCCとして、旅行会社の皆様と新しいビジネスモデルを更に構築したい。」と述べた。 セミナー後は、シンガポール料理を囲みランチ意見交換会を行い、スクートのシンガポール往復航空券などが当たる抽選会も行いました。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スクート、シンガポール〜アテネ線の運航開始 ヨーロッパ初進出 - 06月21日(水)11:35 

スクートは、6月20日、シンガポール〜アテネ線の運航を開始した。 ボーイング787-8型機で火・木・土・日曜の週4便を運航する。所要時間は約11時間30分。機内ではWi-Fi、電源、機内エンターテインメントなどを有料で提供する。機内食「スクートカフェ」にはギリシャ料理も用意しており、事前予約は出発72時間前まで受け付けている。 スクートによるヨーロッパへの進出は初めて。シンガポールとアテネを唯一直行便として結ぶことになる。今後、長距離線1路線と中短距離線4路線を新たに開設する計画。 就航を記念して6月30日まで、シンガポール〜アテネ線でプロモーションを開催。エコノミークラスは片道268シンガポールドル、スクートビズは片道858シンガポールドルで販売する。 ■ダイヤ TZ702 シンガポール(02:45)〜アテネ(08:45)/火・木・土・日 TZ701 アテネ(11:30)〜シンガポール(03:55+1)/火・木・土・日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ノックスクート、タイ民間航空局が航空運送事業許可を再認定  - 06月20日(火)11:34 

ノックスクートは、タイ民間航空局より、国際民間航空機関(ICAO)の国際安全基準を満たしたとして、航空運送事業許可(AOC)の再認定を受けた。再認定を受けたのは、タイの航空会社37社のうち4社目。 タイ民間航空局は6月末までに、ICAOに対してICVM(ICAO Coordinated Validation Mission)を正式に要請する。ICAOによる規制が解除されれば、日本とタイを結ぶ定期便の就航が可能となる。すでにタイ民間航空局は、タイの国際線のうち約77%にあたる5社に対してAOCの再認定を与えている。 ノックスクートのピヤ・ヨドマニ最高経営責任者(CEO)は、「我々は常に安全を最優先としております。タイ民間航空局に全面協力し、9か月間ICAOの国際安全基準の監査を受けました。LCCとしてタイの航空会社の安全基準を向上させ、また、タイの航空業界のイメージの回復に努めてきました。今後とも低価格で良いサービスを提供してまいります。」とコメントした。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

台北のおすすめ観光地20選! 九份などの定番スポットから最新スポットまで解説 - 06月16日(金)11:00 

台北は、日本から4時間の隣国・台湾の首都で、人気の観光地となっています。台湾は親日国として知られていますので、日本人が比較的安心して旅行をすることができる国のひとつ。雰囲気も日本に似ていて、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニチェーンも多くあるため、はじめての海外旅行におすすめの国と言えるでしょう。そんな台北に旅行したいと考えている人のために、台北を訪れる上で知っておきたい基本情報とおすすめ観光地を紹介します。 ■台北の治安 日本からの激安ツアー、1泊3日などの台北弾丸ツアーで台北への旅行を検討されている方にとって、深夜早朝発着の場合の市内の治安は大変気になるところです。たとえば、真夜中に台北桃園空港に到着するツアーなどがあるため不安に思う方もいらっしゃると思いますが、台北市内の治安は比較的よいほうだと思います。 タクシーはメーター制でドライバーさんの身分証がきちんと車内に掲出されています。人気の観光スポット「夜市」は、裏通りや奥まった場所まで行かなければ日本の「お祭り」のような感じ。レストランや商店も地元の人がいる場所、観光客が集まる場所へいけば安心でしょう。とはいえ、外国ですので自分にスキを作らないように注意して旅行しましょう。それを守れば大きな事件・事故に巻き込まれることは少ないでしょう。 ■台北と日本の時差 台湾の正式国名は「中華民国(台北)」...more
カテゴリー:

スクートとタイガーエアの合併、7/25より全てをスクートに統一! 制服も新調 - 06月15日(木)18:20 

LCCのスクート(本拠地: シンガポール)は7月25日にLCCのタイガーエアと合併し、スクートブランドに統合する。現在のスクートおよびタイガーエアのフライトネットワークは、7月25日以降全てスクートとしての運航となり、ウェブサイトや空港チェックインカウンターはスクートに統一する。 この合併により、スクートは現在のボーイング787ドリームライナーに加え、今後はエアバスA320シリーズも保有する。現在、アジア太平洋地域部門でベストLCCを受賞しているスクートは、この合併によりネットワークを広げ、さらなる成長を目指す。 現在、合併における最終調整段階であり、今後最終的な認可を得て、7月25日以降全てのネットワークがスクートとして運航を開始する。スクートの2レターコードは現在のTZからTRに変更。フライトスケジュールについては現状通りとなる。 今後、タイガーエアのウェブサイトはスクートのウェブサイトに、コールセンターはスクートでのサービスに統一。この合併により、キャビンクルー(スクーティー)のユニフォームも新しくなる。 バジェット・アビエーション・ホールディングス(シンガポール航空グループ傘下のLCCスクートおよびタイガーエアの所有・管理を担う持株会社)のCEOであるLee Lik Hsin氏は、「スクートは現在、世界中の方に親しんでいただいております。私たちは、今回の合併によって...more
カテゴリー:

もっと見る

「スクート」の画像

もっと見る

「スクート」の動画

Wikipedia

Scoot (スクート)は、シンガポールにあるシンガポール・チャンギ国際空港を拠点に運航しているシンガポールの格安航空会社である。

概要

2011年11月1日、シンガポール航空の出資により、長距離国際線を運航する格安航空会社として設立。「SCOOT」は英口語で「走り出す」といった意味。 同じくシンガポール航空の出資による格安航空会社のタイガーエアは短距離路線の運航に限られている。

2012年6月4日に、シドニー線、ゴールドコースト線で初就航シンガポールのLCC・スクート、就航日は6月4日に早める : flyteam.jp。また、2012年10月29日から台北/桃園経由東京/成田線が就航した“シンガポールLCCも就航 成田に「スクート」、日本初路線”. 千葉日報(千葉日報社). (2012年10月30日)。

2013年には、「Terrapinn Holdings」が発表した、アジアの「ベスト ローコスト キャリア」に選出されたアジアのベストローコストキャリア(LCC)にScootが選出! Traicy 2013年2月2日付。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる