「スクート」とは?

関連ニュース

ノックスクート、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線でチャーター便 12月から1月に - 10月17日(火)06:45 

ノックスクートは、12月2日から2018年1月4日まで、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線でチャーター便を運航する。 運航便数はフェリー便の2便を含めた19便を運航する。いずれもタイからの訪日旅行客に販売する。スクートビズ24席、エコノミークラス391席の計415席を備えた、ボーイング777-200ER型機を使用する。利用者は7,000人以上となる見通し。 ノックスクートは2018年第1四半期にも、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線の定期便を開設する計画。路線開設にあわせ、ボーイング777-200ER型機を1機追加導入する。 坪川成樹日本支社長は、「日本を訪れるタイ人観光客数は年を追うごとに増加しており、東南アジア向けの訪日ビザ要件が緩和された事や、日本への新規路線開設を取り巻く環境が大きく改善される見込みがある為、急速に成長するタイからの観光需要を取り込み日本への渡航をより一層促進させ、タイと日本における経済の活性化に貢献できるよう努めます。また“いつか行きたい日本”から“今行きたい日本”への多様化する観光需要に応える為、チャーター便だけでなく、定期便開設の準備も進めてまいります。」とコメントしている。 ノックスクートは、2014年にスクートとノックエアーが合弁で設立し、2015年5月に定期便の運航を開始し、バンコク/ドンムアン〜南京・青島・大連・天津・瀋陽・台北/桃園線の6路線...more
カテゴリー:

ノックスクート、バンコク=成田線チャーター便運航--定期便開設を視野に - 10月16日(月)18:13 

シンガポールのLCCスクートとタイのLCCノックエアーの合弁航空会社であるノックスクートは、12月2日~2018年1月4日、訪日旅客向けにバンコク(ドンムアン)=成田間でチャーター便を17往復運航する。 このチャーター便はボーイング 777-200ERを使用し、座席数は415席(スクートビズ24席、エコノミー391席)となる。ノックスクートは2014年の設立直後よりチャーター便の運航を開始しており、今回も計7,000人以上のタイからの訪日旅客を予定している。 ノックスクート日本支社長の坪川成樹氏は、「日本を訪れるタイ人観光客数は年を追うごとに増加しており、東南アジア向けの訪日ビザ要件が緩和されたことや、日本への新規路線開設を取り巻く環境が大きく改善される見込みがあるため、急速に成長するタイからの観光需要を取り込み日本への渡航をより一層促進させ、タイと日本における経済の活性化に貢献できるよう努めます。また"いつか行きたい日本"から"今行きたい日本"への多様化する観光需要に応えるため、チャーター便だけでなく、定期便開設の準備も進めてまいります」とコメントしている。 【関連記事】 ・スクート、12/19に関空=ホノルル線就航--加熱するハワイ線を低価格&787で ・LCCアライアンスは切り札になるか? - バリューアライアンスに見るLCC戦略 (1) ・エアアジア・ジャパン、中部=...more
カテゴリー:

ノックスクート、2018年第1四半期にも東京/成田線就航へ ネットワーク拡大 - 10月12日(木)18:27 

ノックスクートは、国際民間航空機関(ICAO)がタイ民間航空局に対して、安全に対する重大な懸念がある国の指定を解除するのに伴い、ネットワークを拡大する。 バンコク/ドンムアンと日本、中国、インド、韓国への路線開設を進める。今月末までに4機目のボーイング777-200型機を導入する計画で、バンコク/ドンムアン〜西安線の就航や、既存路線のバンコク/ドンムアン〜天津・青島・瀋陽線の増便も予定している。2018年第1四半期にはボーイング777-200型機を1機以上追加導入し、バンコク/ドンムアン〜東京/成田・ソウル/仁川線に就航する。 ノックスクートは、2014年にスクートとノックエアーが合弁で設立し、2015年5月に定期便の運航を開始し、バンコク/ドンムアン〜南京・青島・大連・天津・瀋陽・台北/桃園線の6路線を運航しており、2017年には約110万人が利用する見込み。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ノックスクート、SSC解除でネットワーク拡大--2018年春に成田=ソウル線 - 10月12日(木)18:15 

シンガポールのLCCスクートとタイのLCCノックエアーの合弁航空会社であるノックスクートは、10月11日にICAOのタイ民間航空局に対するSSC(Significant Safety Concern)が解除されることに伴い、ネットワーク拡大を発表した。今後半年を目途に新たな航空機を導入し、ドンムアン国際空港から日本・中国・インド・韓国への新路線開設の計画を進める。 ノックスクートは10月末までに4機目のボーイング777-200を導入する予定で、既存の中国路線である天津、青島、瀋陽への増便が可能となり、また、西安へ就航を予定している。さらに2018年第一四半期には、777-200を1機以上導入し、政府認可後、東京(成田)とソウル(仁川)への就航を予定している。新規就航や増便を計画通りに進めた場合、2018年には前年を超える搭乗者数になると予想している。 日本支社長の坪川成樹氏は「本日、ネットワーク拡大の発表することができますのも、関係各署皆さまのご助勢のお蔭であり心より御礼申し上げます。今回のSSC解除は、今後日本の首都圏だけでなく、地方都市への路線開設実現化に向けて大きく前進することとなります。これはタイから日本への渡航をより一層促進させるだけでなく、日本発アウトバウンドの更なる活性化にも寄与できるよう、関係各署の皆様と準備を進めてまいります」とコメントしている。 ノックスク...more
カテゴリー:

スクート、日本線対象のセール 台湾へ片道7,000円台、バンコクは片道1万円以下から - 10月11日(水)21:31 

スクートは、10月10日より、日本発着路線を対象にセールを開催している。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜台北/桃園線は7,200円から、大阪/関西〜高雄線は7,900円から、札幌/千歳〜台北/桃園線は8,500円から、阪/関西〜バンコク/ドンムアン線は9,900円から、東京/成田~バンコク/ドンムアン線は12,900円から、東京/成田〜シンガポール線は13,500円から、大阪/関西〜シンガポール線は13,900円から、札幌/千歳~シンガポール線は14,200円から。スクートビズ運賃の設定もある。 搭乗期間は10月1日から12月20日までで、路線により異なっている。燃油サーチャージは不要、諸税と空港使用料込み、支払手数料や受託手荷物料金、座席指定料金は別途必要。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ノックスクート、バンコク=成田線チャーター便運航--定期便開設を視野に - 10月16日(月)18:13 

シンガポールのLCCスクートとタイのLCCノックエアーの合弁航空会社であるノックスクートは、12月2日~2018年1月4日、訪日旅客向けにバンコク(ドンムアン)=成田間でチャーター便を17往復運航する。このチャーター便はボーイング 777-200ERを使用し、座席数は415席(スクートビズ24席、エコノミー391席)となる。
カテゴリー:

ミニストップのグリーンスムージーにキウイが登場! - 10月13日(金)15:14 

ミニストップは、マルチビタミンを配合した「グリーンスムージー キウイ」(198円)を、10月17日(火)より国内のミニストップにて発売する。 【写真を見る】女性を中心に人気!「グリーンスムージー」 昨年7月より販売を開始し、リニューアルを繰り返しながら人気を集めている「グリーンスムージー」。今回は多くの要望に応え、2品目となる「グリーンスムージー キウイ」を発売する。 ニンジンや小松菜、大麦若葉、ケールなどの22種類の野菜と、リンゴやグレープフルーツなど6種類の果実を使用し、キウイベースで酸味がきいた味に仕上げた同商品。栄養素として人気のあるマルチビタミンA・C・Eとスーパーフード“スピルリナ”を配合し、キウイの風味で、野菜ジュースが苦手な人でも飲みやすく仕上がっている。 同商品を新たに加え、全8品をラインアップしたスムージーシリーズ。野菜や果物を使ったスムージーを、美味しく楽しもう!【ウォーカープラス編集部/ホシ】 【関連記事】 ・今だけお得!ミニストップで中華まん全品100円セール実施 ・パーティーに!「リッツ」に上品な甘さが香り立つ新フレーバー登場 ・パブロからハロウィン期間限定のチーズタルトやドリンクが登場 ・軽食を健康的に!ミニストップから“カスクート”発売
カテゴリー:

ノックスクート、SSC解除でネットワーク拡大--2018年春に成田=ソウル線 - 10月12日(木)18:15 

シンガポールのLCCスクートとタイのLCCノックエアーの合弁航空会社であるノックスクートは、10月11日にICAOのタイ民間航空局に対するSSC(Significant Safety Concern)が解除されることに伴い、ネットワーク拡大を発表した。今後半年を目途に新たな航空機を導入し、ドンムアン国際空港から日本・中国・インド・韓国への新路線開設の計画を進める。
カテゴリー:

今だけお得!ミニストップで中華まん全品100円セール実施 - 10月12日(木)15:25 

ミニストップでは、10月13日(金)から10月19日(木)の7日間限定で、人気の中華まんが全品100円で購入できるセールを国内のミニストップにて実施する。 【写真を見る】4種のチーズをバランスよく配合した「大人のチーズまん」 日中と朝夕の寒暖差が激しく、体感気温が低く感じられるこの季節、中華まんの需要が大きく高まる。ミニストップは、この時期に、定番の「肉まん」はじめ、4種類のチーズを使用した「大人のチーズまん」、バターチキンカレーを中華まんに仕立てた「バターチキンカレーまん」等、人気商品が全品100円となるお得なセールを実施する。 ■ 肉まん 豚肉、玉ねぎ、タケノコとシンプルな具材に、ブラックペッパー、ニンニク、ショウガを加え味に深みを出した。食べ応えのあるしっかりとした食感の生地を用い、 豚ロースと豚バラ肉のバランスを見直すことで、肉の具材感とジューシー感をさらに高めた肉まん。 ■ 大人のチーズまん                         4種類のチーズ(ゴーダ、チェダー、カマンベール、パルメジャーノレジャーノ)をバランス良く配合した中華まん。味のアクセントに黒胡椒を効かせ、ベーコンを加えることで食感の変化と味の深みを引き出している。コクのあるチーズに黒胡椒、塩気のあるベーコンが、若干甘めの生地と相性抜群。 ■ ピザまん トマトをしっかり味わえるシンプルなピザソースに、...more
カテゴリー:

スクート、アメリカ・カナダ西海岸都市から誘致働きかけ認める 就航時には北アジア経由 - 10月10日(火)15:47 

スクートの坪川成樹日本・韓国支社長は、アメリカやカナダの西海岸から就航の誘致を受けていることを明らかにした。 スクートは、シンガポール〜ホノルル線を大阪/関西経由で今年12月から就航すると発表している。大阪/関西線は高雄経由シンガポール線、バンコク/ドンムアン経由シンガポール線も就航しており、大阪/関西〜シンガポール・ホノルル線の2路線が増えることで、4路線となる。坪川氏は、関西国際空港がバーチャルハブになりつつあるとした上で、「他にも就航したいと都市がある。成田や新千歳など、ネットワークやスケールを広げることに集中したい。」と話した。 また、ノルウェー・エアシャトルやエールフランス航空傘下のJOONなど、ヨーロッパの格安航空会社(LCC)によるアジア線の路線展開で、空白地帯であるアジアと北米間への路線展開を積極化するかとの質問には、「数多くの都市や自治体から誘致を受けており、アメリカとカナダ西海岸の空港も含まれる。」(坪川氏)とした。 保有するボーイング787-8型機とボーイング787-9型機では、シンガポールとの直行便の運航はできず、具体化すれば経由地を検討せざるを得ないとした。日本のほか、台湾、香港、中国北部、韓国を経由することが想定されるという。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「スクート」の画像

もっと見る

「スクート」の動画

Wikipedia

Scoot (スクート)は、シンガポールにあるシンガポール・チャンギ国際空港を拠点に運航しているシンガポールの格安航空会社である。

概要

2011年11月1日、シンガポール航空の出資により、長距離国際線を運航する格安航空会社として設立。「SCOOT」は英口語で「走り出す」といった意味。 同じくシンガポール航空の出資による格安航空会社のタイガーエアは短距離路線の運航に限られている。

2012年6月4日に、シドニー線、ゴールドコースト線で初就航シンガポールのLCC・スクート、就航日は6月4日に早める : flyteam.jp 2012/04/20。また、2012年10月29日から台北/桃園経由東京/成田線が就航した“シンガポールLCCも就航 成田に「スクート」、日本初路線”. 千葉日報(千葉日報社). (2012年10月30日)。

2013年には、「Terrapinn Holdings」が発表した、アジアの「ベスト ローコスト キャリア」に選出されたアジアのベストローコストキャリア(LCC)にScootが選出! Traicy 2013年2...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる