「スクート」とは?

関連ニュース

【イベントレポート】【関空旅博2018】スクート、就航地への輪投げゲームでオリジナルグッズをゲット。CAとの記念撮影も - 05月19日(土)22:49 

 スクートは、5月19日~20日に関西国際空港で開催されている「関空旅博2018」に出展(ブース番号:N56)。関空からの4路線をPRするとともに、CA(客室乗務員)との撮影会や、プレゼントが当たる輪投げゲームを実施している。
カテゴリー:

スクート、JCBカード利用で15%オフ 20都市行きエコノミー対象 - 05月15日(火)21:57 

スクートは、JCBカードの利用でエコノミークラス運賃が15%オフとなるキャンペーンを、5月14日午前11時から27日まで開催している。 台北/桃園・シンガポール・バンコク/ドンムアン・ペナン・高雄・アムリトサル・ホノルル・メルボルン・シドニー・パース・ゴールドコースト・ハイデラバード・パレンバン・プーケット・アテネ・ベルリンの20都市行きが対象となる。プロモーションコードは「ILOVEJCB」。 搭乗期間は10月31日まで、繁忙期など一部セール運賃が対象とならない日もある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スクート、シンガポール航空の法人向けプログラム「HighFlyer」に加盟 - 05月11日(金)08:32 

スクートは、シンガポール航空が運営する法人向けプログラム「シンガポール航空 HighFlyer」に加盟した。 登録企業は、シンガポール航空の法人向け予約プラットフォームや指定旅行代理店で発券・予約した際に、シンガポール航空かシルクエアーのフライトの旅程にスクートが運航する区間の利用が含まれている場合、5月2日以降の発券分より、利用額1シンガポールドルにつき、5HighFlyerポイントを積算する。 積算されたポイントは、シンガポール航空とシルクエアーの航空券代、アップグレード料金や選択した付帯サービスなどの支払いで、全額もしくは一部を現金と併用して利用できる。年内には、スクートの運航する旅程でポイントを引き換えることができるサービスも提供する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スクート、日本発着各路線でセール 台北・バンコクへ片道1万円以下! - 05月10日(木)11:45 

スクート(Scoot)は、日本発着東南アジア、オセアニア、ヨーロッパ線を対象としたセールを、きょう5月10日午前11時から12日まで開催している。 いずれも片道運賃で、東京/成田発着では台北/桃園へ7,900円から、バンコク/ドンムアンへ9,500円から、シンガポールへ11,900円から。札幌/千歳発着では台北/桃園へ7,900円から、シンガポールへ11,900円から。大阪/関西発着では高雄へ7,900円から、バンコク/ドンムアン・ホノルルへ9,900円から、シンガポール・ペナンへ11,900円から、プーケット・クラビ・クチン・ランカウイへ12,500円から、パース・ハイデラバード・アムリトサルへ17,900円から、ゴールドコーストへ18,900円から、シドニーへ19,900円から、アテネ・ベルリンへ29,900円から。 搭乗期間は10月31日までで、路線によって異なっている。燃油サーチャージは不要、諸税と空港使用料込み、支払手数料や受託手荷物料金、座席指定料金は別途必要となる。諸税や燃油サーチャージは、為替レートの変動により変わる可能性がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

LCC、次の戦場は「中長距離路線」? JALが設立を検討  - 05月09日(水)19:01 

日本航空(JAL)が格安航空会社(LCC)の設立を検討していることが2018年5月8日に明らかになった。JALはすでに、豪カンタス航空などが出資する「ジェットスター・ジャパン」に出資している。ジェットスターが日本国内や東アジアを中心に就航しているのに対して、新会社では中長距離路線を中心に展開したい考えだ。 現時点では日本を発着するLCCは近距離が中心だが、ここ数年でハワイやインドネシアといった中長距離路線も増えてきた。JALの参入で競争が激化しそうだ。 「北米や欧州の中堅都市向けの路線を検討しているようだ」 日本では2012年が「LCC元年」と言われ、全日空(ANA)系のピーチ・アビエーションなど多くのLCCが国内に参入したが、10年に経営破たんしたJALは経営再建の途上だった。さらに、公的支援で競争環境が歪められたという指摘があったことから、国交省は「8.10ペーパー」と呼ばれる文書を出して、事実上、新規路線の開設を制限してきた。 こういった事情からJALのLCCへの取り組みは抑制的だったが、「8.10ペーパー」の効力が17年3月末に切れたこともあって、本格参入に乗り出した模様だ。5月8日付の日本経済新聞では、JALがすでに運航している国際線路線との競合を避け、「北米や欧州の中堅都市向けの路線を検討しているようだ」と報じている。日経によると、20年にも運航を始めるという。 すでに...more
カテゴリー:

シンガポール航空、シルクエアーを統合 2020年から客室アップグレード - 05月18日(金)17:16 

シンガポール航空は、グループで短距離線を運航するフルサービスキャリアのシルクエアーを統合する。 統合に向けて新型シートを導入するなど、客室をアップグレードする。ビジネスクラスは新型のライフラットシートとなる。ビジネスクラスとエコノミークラスの全席にエンターテインメントシステムを導入する。これにより、シンガポール航空の客室との一貫性を持たせるという。客室アップグレードは2020年から開始する。投資額は1億米ドルに及ぶとした。シンガポール航空とシルクエアーの合併は、シルクエアーの客室のアップグレードが充分に済んだ後に行われる計画としている。 シルクエアーは1989年にトレードウィングスとして設立し、1992年に現在の名称に変更した。現在はボーイング737-800型機とボーイング737 MAX 8を22機、エアバスA320型機を11機保有している。将来的には全機をボーイング737型機に統一する。就航都市は16カ国の49都市に及び、広島にも就航している。 シンガポール航空グループでは、2017年7月にタイガーエアをスクートに統合している。シンガポール航空とシルクエアーの統合後のシンガポール航空グループの航空会社は、貨物航空会社を除くと、フルサービスキャリアはシンガポール航空、格安航空会社(LCC)はスクートに一本化されることなる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

スクート、JCBカード利用で15%オフ 20都市行きエコノミー対象 - 05月15日(火)21:57 

スクートは、JCBカードの利用でエコノミークラス運賃が15%オフとなるキャンペーンを、5月14日午前11時から27日まで開催している。 台北/桃園・シンガポール・バンコク/ドンムアン・ペナン・高雄・アムリトサル・ホノルル・メルボルン・シドニー・パース・ゴールドコースト・ハイデラバード・パレンバン・プーケット・アテネ・ベルリンの20都市行きが対象となる。プロモーションコードは「ILOVEJCB」。 搭乗期間は10月31日まで、繁忙期など一部セール運賃が対象とならない日もある。 ⇒詳細はこちら 投稿 スクート、JCBカード利用で15%オフ 20都市行きエコノミー対象 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

スクート、シンガポール航空の法人向けプログラム「HighFlyer」に加盟 - 05月11日(金)08:32 

スクートは、シンガポール航空が運営する法人向けプログラム「シンガポール航空 HighFlyer」に加盟した。 登録企業は、シンガポール航空の法人向け予約プラットフォームや指定旅行代理店で発券・予約した際に、シンガポール航空かシルクエアーのフライトの旅程にスクートが運航する区間の利用が含まれている場合、5月2日以降の発券分より、利用額1シンガポールドルにつき、5HighFlyerポイントを積算する。 積算されたポイントは、シンガポール航空とシルクエアーの航空券代、アップグレード料金や選択した付帯サービスなどの支払いで、全額もしくは一部を現金と併用して利用できる。年内には、スクートの運航する旅程でポイントを引き換えることができるサービスも提供する。 ⇒詳細はこちら 投稿 スクート、シンガポール航空の法人向けプログラム「HighFlyer」に加盟 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

スクート、日本発着各路線でセール 台北・バンコクへ片道1万円以下! - 05月10日(木)11:45 

スクート(Scoot)は、日本発着東南アジア、オセアニア、ヨーロッパ線を対象としたセールを、きょう5月10日午前11時から12日まで開催している。 いずれも片道運賃で、東京/成田発着では台北/桃園へ7,900円から、バンコク/ドンムアンへ9,500円から、シンガポールへ11,900円から。札幌/千歳発着では台北/桃園へ7,900円から、シンガポールへ11,900円から。大阪/関西発着では高雄へ7,900円から、バンコク/ドンムアン・ホノルルへ9,900円から、シンガポール・ペナンへ11,900円から、プーケット・クラビ・クチン・ランカウイへ12,500円から、パース・ハイデラバード・アムリトサルへ17,900円から、ゴールドコーストへ18,900円から、シドニーへ19,900円から、アテネ・ベルリンへ29,900円から。 搭乗期間は10月31日までで、路線によって異なっている。燃油サーチャージは不要、諸税と空港使用料込み、支払手数料や受託手荷物料金、座席指定料金は別途必要となる。諸税や燃油サーチャージは、為替レートの変動により変わる可能性がある。 ⇒詳細はこちら 投稿 スクート、日本発着各路線でセール 台北・バンコクへ片道1万円以下! は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

JAL、中長距離線LCCの設立検討 「現時点で決定した事実はない」 - 05月09日(水)06:12 

日本航空(JAL)は、中長距離線を運航する格安航空会社(LCC)の運航を、2020年にも開始する見通しであることがわかった。日本経済新聞やブルームバーグなどが伝えた。 JALは、カンタス航空、三菱商事とともに2011年にジェットスター・ジャパンを設立。2012年より運航を開始し、国内線と短距離国際線を展開している。新LCCは中長距離線に特化することで住み分けを図る。日本経済新聞電子版は、成田国際空港を拠点に北米やヨーロッパの中堅都市を結ぶ路線を検討していると報じている。 ANAホールディングスも、傘下のLCC、ピーチ・アビエーションとバニラエアを統合し、中長距離線へ進出する意向を示している。エアアジアXやスクートなどのLCCの日本への乗り入れも相次いでおり、訪日旅行需要が堅調に推移していることから、比較的高い搭乗率を維持している。 JAL広報は、「国際線中長距離LCCの設立については検討を行っていますが、現時点において決定した事実はございません。開示すべき事項を決定した場合には、速やかに公表いたします。」とコメントした。 投稿 JAL、中長距離線LCCの設立検討 「現時点で決定した事実はない」 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

もっと見る

「スクート」の画像

もっと見る

「スクート」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる