「スクーター」とは?

関連ニュース

「アディバ・プジョースクーター」がさらに身近に! 全国54店にて販売開始 - 05月19日(土)15:12 

ADIVAは現在、ルーフ付きスクーター「アディバ」および「プジョースクーター」の正規ディーラーネットワークを全国19の都道府県に構築している。2018年4月に東京都港区赤坂にオープンした「ADIVAショールーム」に加え、同社はこのほど54店の「アディバ・プジョースクーター 正規ディーラー」にて車両販売およびアフターサービスを開始。正規ディーラーネットワークは、今後も随時拡大を予定している。
カテゴリー:

「アディバ・プジョースクーター」全国54店の正規ディーラーネットワークにて販売開始 - 05月18日(金)10:46 

[ADIVA 株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/32055/8/resize/d32055-8-667838-0.jpg ] 【ショールーム】 ADIVAショールーム  東京都港区赤坂2-5-4 赤坂室町ビル1F [画像2: https://prtimes.jp/i/32055/8/resize/d32055-8...
カテゴリー:

「西郷どん」二階堂ふみ、奄美大島ロケで出会ったおばあちゃんたちとの特別な思い出 - 05月16日(水)07:00 

二階堂ふみが、鈴木亮平主演の大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00‐8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。 【写真を見る】驚きと恐怖の表情を浮かべるとぅま。吉之助のやり場のない怒りが降りかかる(5月13日放送回)/(C)NHK 二階堂演じるとぅま(愛加那)は、斉彬(渡辺謙)と月照(尾上菊之助)を失い絶望の中で島送りとなった吉之助(鈴木)を救い、やがて恋に落ち結婚することに。 そんな生命力に溢れ、吉之助に愛と生きる喜びを教えたとぅま(愛加那)を演じている感想などを聞いた。 ――愛加那という人物をどのように演じていらっしゃいますか? 奄美大島の海と山と、自然のパワーのようなものを感じながら愛加那さんを演じています。 それと、鈴木さんが体格はもちろん、心も大きくて、正面から“どしっ”と受けとめてくださるので、愛加那さんを演じていて出てきた感情を真っすぐにぶつけていました。 そうすると、本当に愛加那さんになっているような気持ちになりました。 ――愛加那に共感する部分などはありますか? 愛加那さんには、どんなに悲しいことが起きても、目の前に大きい壁が現れても、それを乗り越えていくという印象があり、私にも、そういうところがあるのかなと感じていてます。 愛加那さんほど強くはないと思うんですけれど、物事に体当たりしていくという姿勢は近いのではないかと思います。 ――愛加那のどのような一面に魅...more
カテゴリー:

【第5回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』マセラティ兄弟のO.S.C.Aからアストンマーティン黄金期の名車まで、展示車両をご紹介  - 05月14日(月)20:30 

Filed under: クーペ, アストンマーティン, フェラーリ, セダン/サルーン, スポーツ/GT, パフォーマンス, ラグジュアリー, レーシング, クラシック【ギャラリー】Concorso d'Eleganza Kyoto 201814 2018年3月30日(金)~4月2日(月)にかけて、京都・元離宮二条城にて『コンコルソ・デレガンツァ京都2018』が開催された。前回に引き続き、今回もカロッツェリア・トゥーリングの車両を中心にこれまでに紹介できなかった展示車を紹介して行く。前回までの記事はこちら【第1回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』アルファ ロメオの空飛ぶ円盤を見に京都へ(千葉からスクーターで)行く【第2回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』数々の美しい名車を生み出したカロッツェリア・トゥーリングを知っていますか?【第3回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』新旧の"空飛ぶ円盤"が京都に集結【第4回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』 アルファ ロメオからフィアットまで、魅力的なイタリアの名車をご紹介!Continue reading 【第5回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』マセラティ兄弟のO.S.C.Aからアストンマーティン黄金期の名車まで、展示車両をご紹介 【第5回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018...more
カテゴリー:

【第4回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』 アルファ ロメオからフィアットまで、魅力的なイタリアの名車をご紹介! - 05月13日(日)20:00 

Filed under: クロスオーバー/ CUV, クーペ, アルファロメオ, フィアット, マセラティ, デザイン/スタイル, クラシック【ギャラリー】Concorso d'Eleganza Kyoto 201817 2018年3月30日(金)~4月2日(月)にかけて、京都・元離宮二条城にて『コンコルソ・デレガンツァ京都2018』が開催された。今回はカロッツェリア・トゥーリングの車両を中心に、これまでに紹介できなかった展示車を紹介して行く。前回までの記事はこちら【第1回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』アルファ ロメオの空飛ぶ円盤を見に京都へ(千葉からスクーターで)行く【第2回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』数々の美しい名車を生み出したカロッツェリア・トゥーリングを知っていますか?【第3回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』新旧の"空飛ぶ円盤"が京都に集結Continue reading 【第4回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』 アルファ ロメオからフィアットまで、魅力的なイタリアの名車をご紹介!【第4回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』 アルファ ロメオからフィアットまで、魅力的なイタリアの名車をご紹介! originally appeared on Autoblog Japan on Sun, 13 May 20...more
カテゴリー:

二階堂ふみ、『西郷どん』奄美ロケで「おばあちゃんに拝まれました」 - 05月19日(土)06:00 

 大河ドラマ『西郷どん』は、舞台を江戸から南国・奄美へと移した。吉之助(鈴木亮平)は島津斉彬(渡辺謙)の急死をきっかけに失脚、幕府を追われ、奄美大島に送られる。そこで吉之助に大きな影響を与える存在が、二階堂ふみ演じる愛加那。奄美では島の人々から広く慕われる存在となっている愛加那を演じるにあたって、二階堂が思いを語った。【写真】胸元の開いたセクシーなドレス姿の二階堂ふみ 二階堂は吉之助を演じる鈴木について、「身体も心も大きな方でドシッと受け止めてくださるんです」という。なので愛加那として接していくにあたり「頭で考えるよりは体当たりに近いような感じで、愛加那として自分の中から出てくるものをぶつけたいという気持ちです」と語る。 愛加那を演じるにあたり奄美の大自然にも助けられた。「自然のパワーをいただきながら演じていました。自分自身が自然に愛加那さんになっていくような感じでした」という。 そんな愛加那のキャラクターについて「女性としてだけではなくて、人として、どんなものにも臆さないところが尊敬できます。目の前にどんなに大きな壁があったり、悲しいことが起きても、自分から当たっていって壁を壊していくような方。私は愛加那さんほど強くはないと思うんですけど近しいものを感じました」といい、そんな強さの一方、「繊細さも持っていて、相手を表面だけでは判断しない。その中にある悲しみだったり、背負ってきた過...more
カテゴリー:

【社会】ポルシェであおり運転、バイクに幅寄せし転倒させ逃走。命を救うはずの医師だったのになぜ - 05月16日(水)14:16  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000518-san-soci 排気音を響かせ、300馬力のスポーツカーは1台のバイクを執拗(しつよう)に追い回した-。 神奈川県伊勢原市の路上でバイクに幅寄せして転倒させ、運転していた男性を負傷させたとして、 自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの疑いで25歳の無職の男が神奈川県警に逮捕、起訴された。 男がハンドルを握っていたのはドイツ製の高級車「ポルシェ」。現場には今も衝撃の跡が残されていた。 起訴された伊勢原市の無職、杉本壮被告は3月18日の午後1時4...
»続きを読む
カテゴリー:

【第6回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』ランボルギーニからダットサンまで、貴重な名車をご紹介! - 05月15日(火)21:00 

Filed under: スーパーカー, コンバーチブル, クーペ, アルファロメオ, ランボルギーニ, スポーツ/GT, 日産, パフォーマンス, クラシック【ギャラリー】Concorso d'Eleganza Kyoto 201814 2018年3月30日(金)~4月2日(月)にかけて、京都・元離宮二条城にて『コンコルソ・デレガンツァ京都2018』が開催された。最終回はランボルギーニの車両を中心にこれまでに紹介できなかった展示車を紹介して行く。前回までの記事はこちら【第1回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』アルファ ロメオの空飛ぶ円盤を見に京都へ(千葉からスクーターで)行く【第2回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』数々の美しい名車を生み出したカロッツェリア・トゥーリングを知っていますか?【第3回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』新旧の"空飛ぶ円盤"が京都に集結【第4回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』 アルファ ロメオからフィアットまで、魅力的なイタリアの名車をご紹介!【第5回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』マセラティ兄弟のO.S.C.Aからアストンマーティン黄金期の名車まで、展示車両をご紹介Continue reading 【第6回】『コンコルソ・デレガンツァ 京都 2018』ランボルギーニからダットサンまで、貴重...more
カテゴリー:

プジョー ジャンゴ125──ネオレトロにロックオン - 05月14日(月)12:00 

フランスのプジョーは、世界最古の量産自動車メーカーとして知られるが、二輪車部門のプジョー・モトシクルも世界で最も古い歴史を持つ。2018年は、そのプジョーのオートバイが生まれてから120周年となるメモリアルイヤー。そんななかで登場したのが、ネオレトロなスクーター『DJANGO(ジャンゴ)125』シリーズの4モデルだ。キーワードは「1950年代のフランス」である。 先進的なデザインからレトロへと舵を切った世界最古のブランド・プジョー クルマでもバイクでも、「メイド・イン・ジャパン」がなかなかヨーロッパに追いつけない理由があるとすれば、それはデザインだろう。明確な理由はわからないが、工業デザインとしての歴史や伝統の差が大きいのかもしれない。 そういう意味で、東京モーターサイクルショー2018で発表されたプジョーのスクーター、『ジャンゴ125』シリーズはちょっと意外であり、驚きを感じた。 なぜなら──勝手な思い込みだが、プジョーは常に先進的で新しいデザインを追求する、過去を振り向かないメーカーで、レトロな路線には舵を切らないだろうと思っていたのだ。 しかし、がっかりしたわけではない。むしろ実車を見ると購買意欲を刺激された。というのも、デザインが巧みで、美しさと懐かしさが見事に融合していたからである。 50年代のプジョー『S55』のイメージを受け継ぐ『ジャンゴ125エバージョン』 ...more
カテゴリー:

板尾創路「エビフライ定食のエビを残す」謎すぎる天然伝説 - 05月13日(日)20:00 

 2017年11月に、グラビアアイドルとの不倫疑惑が報道された板尾創路。この不倫報道はドラマ『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京系)で、板尾が不倫のエキスパート役を演じている最中の出来事という、偶然では済まされないほどのタイムリーさだったが、板尾は他にも、にわかには信じがたい“伝説”を多く持つことで有名だ。  板尾の伝説の中で特に有名なのが、「エビフライ定食のエビを食べなかった伝説」で、これまで多くの芸人が語っている。この件について、バラエティ番組『本能Z』(CBC)で、後輩の東野幸治が真相を問い詰めたところ、板尾は「そんなすごい覚えてないねんけど、みんなは衝撃的やったからすごい覚えている」と答えていた。板尾は「なんでエビフライ定食頼んだのかなぁ。腹減ってなかったのか、まったく覚えていない」と説明。伝説を認めながらも本人自身が覚えていないと言い、やはり予想の斜め上をいく発言をしていた。  また、ダウンタウンの松本人志は、かつて自身のラジオ番組『放送室』(TOKYO FM)で、板尾と若手時代に合コンへ行った際のエピソードを語っていた。なんでも板尾は、相手の女性に対し「あいつないわ~。帰るわ~」と言って帰ったにもかかわらず、数時間後には、その女性と手をつないで街を歩いていたのだという。「人類の七不思議のうち、六つはあいつ(板尾)が持っている」と、長年つきあいがあ...more
カテゴリー:

もっと見る

「スクーター」の画像

もっと見る

「スクーター」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる