「スイートポテト」とは?

関連ニュース

驚き!「パンの耳」でできちゃう簡単スイーツ - 01月17日(水)07:00 

パンの耳が余ったら、簡単スイーツにしておやつにするのはいかがですか?今回はパンの耳の特性を活かしてよりおいしく活用するレシピをご紹介します。軽いおやつから、しっかり食べられるケーキまで様々なスイーツに変身させちゃいます!「驚き!「パンの耳」でできちゃう簡単スイーツ」のレシピリンク付きの記事を見るカリカリがたまらない!キャラメルラスクパンの耳に砂糖を振ったラスクは定番アレンジですが、バターと砂糖を絡めたキャラメルラスクなんていかがですか?ちょっと手を加えるだけで、ひと味違ったパン耳ラスクになります。香ばしいキャラメルはコーヒータイムにもぴったりですね。パンの耳が大活躍!お手軽ケーキ3選ケーキ作りの生地をパンの耳で代用すれば、とっても簡単にケーキもできちゃいます。コーヒー液を染み込ませ、お豆腐で作った生地を重ねたら、ヘルシーティラミスの完成です。和カフェに行ったような気分を味わえるデザートです。パンの耳を卵液に浸してりんごをのせ、オーブンにかければ甘酸っぱいりんごのケーキのできあがり♪ 焼きたてよりも翌日のほうが、しっとり味がなじんでよりおいしく食べられます。蒸したさつまいもなどを一緒にのせてもおいしいですね。ボリュームがあるので大勢で切り分けて召し上がれ!チョコ好きな方におすすめなのが、ココアプディング♪ ココアを加えた卵液にパンの耳を浸しココットに入れて焼き上げたらしっとりプディン...more
カテゴリー:

マックスブレナーのバレンタイン!真っ赤なワッフルや注射器でソースをかけるチョコサンデー - 01月14日(日)02:00 

MAX BRENNER CHOCOLATE BAR(マックスブレナー チョコレートバー)で、バレンタインシーズン限定メニュー「レッドベルベット ワッフル」と「メルティングチョコレート サンデー」が1月17日~2月14日の期間に販売される(ラフォーレ原宿店を除く)。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 レッドベルベット ワッフルは、鮮やかな赤色の自家製ワッフルにバニラアイスと生クリームをのせた華やかな一皿。仕上げにイチゴやラズベリーがトッピングされている。価格は1,450円(税込)。 メルティングチョコレート サンデーは、注射器に入ったストロベリーソースをかけて食べるチョコレートサンデー。ジャーの中にグラハムクラッカーとヘーゼルナッツクリーム、バニラアイス、チョコレートアイスを入れ、ホイップクリームの上からたっぷりとチョコレートソースがかけられている。チョコレートの濃厚な味わいとフルーティーなベリーの酸味がマッチするとか。価格は980円(税込)。【関連記事】・マックスブレナー秋は「スイートポテトアップルピザ」--ハロウィン向け「パンプキンモンスターフォンデュ」も・爽やかな「チョコミントアイスピザ」も!マックスブレナーに夏限定のチョコスイーツ・マックスブレナーに「イースターエッグチョコプリン」--ホワイトチョコの殻がリアル!・マックスブレナーに春限定“ピン...more
カテゴリー:

仕事の合間に!スイートポテトよりなめらかな「おちょ棒」発売 - 01月11日(木)20:10 

南風農菓舎は、東京・銀座エリアにある最大規模の複合商業施設「GINZA SIX」内の直売店舗でオリジナルのカラー芋デザート「おちょ棒」(3本入り800円)を2月1日(木)に販売開始する。 【写真を見る】おちょぼ口で食べる棒付きのデザート 南風農菓舎は、「GINZA SIX」にスイーツ部門では九州で唯一独自店舗を開いた。大隅半島の直営「南風ガーデン」で育てた素材のオリジナルデザートを販売し、スタート以来、銀座のOLから支持されている。「仕事のお休みタイムにちょっと気軽にほおばるデザートがほしい」と要望を受け、カラー芋「おちょ棒」の開発が始まった。カラー芋は食物繊維やビタミンを含み、紫芋のアントシアニンはパソコンで疲れた目にも優しいため銀座で働く女性にピッタリだ。 大隅半島は日本一の唐芋の生産地。サツマイモは世界の広い範囲で栽培され食糧としていかされているが、有色のサツマイモの研究は日本が最も進んでいる。同社では有色のサツマイモを「カラー芋」と呼び、30年前から直営農場で栽培しデザートの原料として活用している。直営農場では150品種のカラー芋を自然栽培しており、その中から「紅・紫・黄」の3色の芋を選んだ。また、手を煩わさなくても良いように、デザートに棒をつけた。一般的なスイートポテトよりなめらかで、あっさりした味わいになっている。 気軽に贅沢な味わいを楽しめる「おちょ棒」でカラー芋を堪...more
カテゴリー:

スーパーカップに新フレーバー「チョコチップバニラ」!なめらかバニラアイスにチョコチップ入り - 01月14日(日)21:55 

人気のアイス『明治エッセルスーパーカップ』シリーズから、新フレーバー「チョコチップバニラ」が1月15日に発売される。価格は140円(税込)。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 同シリーズならではのなめらかでコクのあるバニラアイスに、チョコチップを混ぜ込んだフレーバー。チョコチップのパリパリとした食感とカカオ風味がアクセントとなった味わいが楽しめるそうだ。 定番フレーバー「チョコクッキー」ともまた違った味わいが楽しめそうな新作。チョコ好きは要チェック!【関連記事】・ティラミス味の“贅沢スーパーカップ”がウマすぎる!チーズのコク×エスプレッソの苦み・話題の新商品ランキングTOP5!3位は東京ばな奈味のキットカット、2位はセブンのトップスアイス、1位は?・今週の人気記事10選!みんなが気になるスイーツは?セブンの新作「もこ」、スーパーカップ「スイートポテト味」など・スーパーカップに初の「スイートポテト味」!さつまいもペースト入りの濃厚な味わい
カテゴリー:

お金も手間も節約!「車麩」を驚きのスイーツに変身させよう - 01月12日(金)07:00 

小麦粉のグルテンから作られたお麩。乾物でストックしやすく、値段もお手頃なので、煮物など冬の料理に大活用!ぐるっと輪の形状をした車麩も、すき焼きの具などに使われます。使用するときは水で戻せば、様々な料理にINできます。「お金も手間も節約!「車麩」を驚きのスイーツに変身させよう」のレシピリンク付きの記事を見るそんな車麩ですが、美味しいスイーツにも作れると知っていましたか?使い切れなかった車麩があるときにおやつに変身させられると便利ですが、スイーツ用の車麩を買いたくなるほどの美味しさにきっと驚きます!サクサクからふわふわのスイーツに変身!車麸を調理する際に、きちんとお水で戻すのは基本。そこからスイーツに仕上げるためには、水気をしっかり切ってから調理にかかりましょう。例えばフレンチトーストを作る時に、水気を切らずに卵液につけても、卵液はお麩に吸収されず、もちっとふわっとに仕上がりません。卵液で浸したお麩で驚きのプディングもあっという間に完成し、揚げてみたら、見た目も食感もあのオールドファッションドーナツに!逆にお麩のサクサク食感を活かしているスイーツもあります。チョコクランチにコーンフレークの代わりにお麩を使ったり、トースターで焼いてラスクに変身させることもできます。バウムクーヘンのフレンチトースト!?バウムクーヘンをフレンチトーストにした?!いいえ、車麸ですよ!もっちり食感で、たっぷりの...more
カテゴリー:

セブン新作「フォンダンフロマージュ」がウマい!温めるとチーズがとろ~り - 01月11日(木)02:35 

チーズ好きのためのスイーツ!セブン-イレブン新作「2つの味わいフォンダンフロマージュ」をご紹介します。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 この商品は、ベイクドチーズの中に半熟チーズカスタードを入れた2層仕立てのチーズスイーツ。1月9日より順次発売されています。価格は200円(税込)。 そのまま食べても、レンジで温めてもおいしいのが魅力。そのまま食べると外側のベイクドチーズはしっとりふわふわ、中のチーズカスタードはぎゅっと濃厚。食べごたえのあるおいしさです。 レンジで数十秒温めると、ベイクドチーズはしゅわんと軽いスフレのような食感に。中からとろ~りとあふれるチーズカスタードとともにとろける口どけが楽しめます。チーズの香りもより引き立つ! 寒い日のおやつにはぜひ温めて!半分はそのまま、半分は温めてもお得な気分が味わえますよ。【関連記事】・セブンに苺スイーツ続々!シュークリームやモンブランなど「苺スイーツフェア」アイテム・これは嬉しい!セブンで人気の「もちとろ」が6種アソートに、クリスマス限定スイーツ第2弾・セブンに濃厚チョコケーキ「ウィーン発祥ザッハトルテ」--オーストリアの伝統菓子・今週の人気記事10選!みんなが気になるスイーツは?セブンの新作「もこ」、スーパーカップ「スイートポテト味」など
カテゴリー:

「スイートポテト」の画像

もっと見る

「スイートポテト」の動画

Wikipedia

スイートポテトスウィートポテト(sweet potato)とは、本来は英語サツマイモのこと。

日本ではサツマイモを用いた日本の洋菓子を指すことが多い。裏ごししたサツマイモに砂糖牛乳、無塩バター、好みで香料バニラシナモン)・洋酒などを混ぜ、小さなアルミホイル皿の上に楕円形に整形して乗せたり、星形の搾り袋で押し出した後、焦げ目を付けるため表面に卵黄を塗り、オーブンで焼いて作る。 洋菓子スイートポテト

歴史

サツマイモを洋菓子の主材料とするのは日本だけで、これは明治時代に始まったものである。もともと、サツマイモに鶏卵と砂糖をまぜて、サツマイモの皮に盛って料理としていたものが、明治20年に小さく作り、表面に卵黄を塗って焼いて菓子に変えられた歴史、起源について...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる