「ジョージ・ハリスン」とは?

関連ニュース

2020年の『GODZILLA vs. KONG』を楽しみにしながらディティールを反芻! - 03月25日(土)20:09 

() 【映画を聴く】『キングコング:髑髏島の巨神』後編 戦闘シーンの合間にちりばめられた心憎い音楽的演出 キングコングを扱った映画としては2005年のピーター・ジャクソン監督『キング・コング』以来となる『キングコング:髑髏島の巨神』。舞台は1973年のベトナム戦争が終わった直後という設定になっている。クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルやジェファーソン・エアプレインの楽曲を効果的に使いながら、本作は怪獣映画としてだけでなく、人間ドラマとしてもさりげなく、かついい感じに作り込まれている。 音楽の使われ方で特に印象に残るシーンは2つある。1つは『地獄の黙示録』に由来するハンク・マーロウという名の髑髏島の住人にして第二次大戦の生存者が、主人公らのチームのクルーがポータブル・レコードプレーヤーでかけるデヴィッド・ボウイの「Ziggy Stardust」を聴いて「どこの世界の音楽だ」と驚くシーン。ボウイが演じた架空のロック・スター、ジギー・スターダストは、この島の先住民族たちにとってのマーロウであり、マーロウにとっての主人公たちである。 もう1つは、終盤でマーロウらがヴェラ・リンの「We’ll Meet Again(また会いましょう)」を口ずさむシーン。第二次大戦時に流行したこのスタンダード曲を一躍有名にしたのは、スタンリー・キューブリック監督『博士の異常な愛情』のエンディング...more
in English
カテゴリー:

「ジョージ・ハリスン」の画像

もっと見る

「ジョージ・ハリスン」の動画

Wikipedia

ジョージ・ハリスン (George Harrison, MBE一部にハロルド-''Harold''というミドルネームがあると記されているものがあるが、ジョージの出生証明書などにミドルネームは記載されていない、1943年2月25日出生届上は25日であるが、ジョージ本人は1992年に「実際には1943年2月24日生である」と述べている。 - 2001年11月29日) は、イギリスミュージシャンザ・ビートルズのメンバー。ビートルズ解散後もソロミュージシャンとして活動。

概要

1960年代にビートルズのリードギタリストとして活動し、解散後はソロ活動した。ソロでは、「マイ・スウィート・ロード」「ギヴ・ミー・ラヴ」「セット・オン・ユー」などがヒット。オール・シングス・マスト・パス(1970年)は、ロック・アルバムの金字塔として高く評価さ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる