「ジョージ・ハリスン」とは?

関連ニュース

巨匠をもストイックにさせたテーマに変化の兆し? 独裁者の狂気をカラフルに描く - 02月18日(土)19:08 

() 【映画を聴く】 後編/『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』から考える ナチス映画の音楽のトーン&マナー 極めてカラフル! 音楽的にも新鮮だった『帰ってきたヒトラー』 2月25日より公開される『アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発』をはじめ、ヒトラーやナチス、ホロコーストを題材とした映画は数多い。古くは『独裁者』や『アンネの日記』から、商業的にも成功した『シンドラーのリスト』『戦場のピアニスト』、ヒトラー本人を描いた『アドルフの画集』『ヒトラー 最期の12日間』『わが教え子、ヒトラー』、ナチスの残した“後遺症”を描いた『ソフィーの選択』『手紙は憶えている』『ヒトラーの忘れもの』など。最近は本作のほか、『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』『検事フリッツ・バウアー ナチスを追い詰めた男』『アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち』『ハンナ・アーレント』といった、1960年のアドルフ・アイヒマンの拘束とその後の裁判にまつわるエピソードを描いた作品が増えているのも特徴だ。 題材が題材なので、これらの作品は当然どれもシリアスなドラマという点で共通している。音楽的にもおしなべて静謐なピアノ曲や物悲しいチェロやヴァイオリンの独奏曲、メロドラマのような弦楽四重奏曲などがあてがわれることが多い。あまたの娯楽大作を手がけてきたジョン・ウィリ...more
in English
カテゴリー:

ローリングストーン誌に見るビートルズ年代史 - 02月12日(日)13:30 

ローリングストーン誌で取り上げたジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人の最も思い出深い25の記事を紹介。1967年、ジョン・レノンがローリングストーン創刊号の表紙を飾って以来、ザ・ビートルズと本誌は長くその歴史を共に歩んできた。それから何十年にも渡り本誌は、ロックン・ロールの歴史の中で重要な地位を占めるバンドとして、カバー・ストーリーでファブ・フォーの各メンバーを特集し、ビートルマニアのファン度を測り、リリースされたアルバムを評価してきた。最も新しい所では、アルバム『ザ・ビートルズ:ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル(原題:The Beatles: Live at the Hollywood Bowl)』のリリースに先立ち、ポール・マッカートニーがカバー・ストーリーに登場した。約半世紀に渡るビートルズ研究やスクープ、トリビュート記事の中から、本誌を飾ったバンドやメンバーの最も印象深い25の記事をピックアップした。その中には、マッカートニーやレノンとの斬新なインタヴューや暴露話もあり、さらにアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』がロック史上に残る最高のアルバムとなるに至った要因の考察まで、さまざまな記事が含まれている。ローリングストーン誌創刊号を飾ったジョン・レノン1967年11月9日ローリングストーン誌創刊号の表紙は、映画『ジョン・レノンの僕の戦争...more
in English
カテゴリー:

【音楽】ジョージ・ハリスン ソロアルバム13組がLPボックスに 2・24発売 - 01月17日(火)20:13 

2017.1.17  元ザ・ビートルズのジョージ・ハリスン(1943-2001)が残したソロアルバム13組が、2月24日にLPボックス「George Harrison-The Vinyl Collection」としてリリースされることが17日、明らかになった。全て個別でもリリースされる。 また、日本のみ、ソロアルバム13組がSHM-CD&紙ジャケット仕様でリリースされることも決定した。  2月25日に巡ってくるジョージの生誕74年が、リリースラッシュで盛大に祝われることになった。  LPボックスには...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

飛鳥凛と山口香緒里の激しい絡みを彩る極甘な響きは想像以上! - 02月13日(月)21:10 

() 【映画を聴く】『ホワイトリリー』/後編 これぞロマンポルノというサウンドトラックにも注目 本作『ホワイトリリー』の音楽は、テーマに据えられたレズビアンの世界をメロウに演出する室内楽で固められている。劇伴を担当する坂本秀一は、山戸結希監督『溺れるナイフ』のほか、中田監督の前作である『鎌倉にて』や松本人志監督『しんぼる』、井筒和幸監督『ヒーローショー』なども手がけている作曲家/編曲家。先月取り上げた園子温監督『ANTIPORNO アンチポルノ』の秋月須清と同じ音楽制作チーム、ライトトラックスに所属している。 音楽が使われるシーンはそれほど多くないが、そのひとつひとつが見る者に鮮烈なインパクトを与える。特に女性コーラスを使ったエンディングテーマは、二人の女の出会いから別れまでをメロドラマ的に締めくくる、これぞロマンポルノという極甘な弦楽曲だ。 今回のリブート・プロジェクトの第1弾である行定勲監督の『ジムノペディに乱れる』は、そのタイトルからもわかるように、エリック・サティ作の有名なピアノ曲をドラマの中心に据えていた。リブートの5作品に限らず、もともと音楽に潤沢な予算を割くことができなかったロマンポルノの諸作では、時に既存の楽曲に新たな解釈を持たせる場として、無名のミュージシャンの飛躍の場として、あるいはベテランミュージシャンの実験の場としてサウンドトラックが絶妙に機能したケ...more
in English
カテゴリー:

仲井戸"CHABO"麗市が語る、ストーンズとの出会い、好きな曲 - 02月11日(土)13:00 

仲井戸"CHABO"麗市、人生を大きく変えたというストーンズとの出会いを語る。「彼らの魅力は継続力。ドラッグでぶち込まれようと生き抜くタフさだよね」ザ・ローリング・ストーンズは、ロックバンドの代名詞的な存在として長年にわたり世界中のミュージシャンへ絶大な影響を与えてきた。もちろん日本にも、彼らのサウンドに出会って人生を変えられたミュージシャンは数多くいる。今回話を聞いた仲井戸"CHABO"麗市もそのうちの一人だ。中学生の頃友人の薦めで出会ったストーンズの楽曲は、その後の彼の人生を大きく変えていった。―ストーンズとの出逢いから聞かせてください。出会いは1962〜3年かな、俺がティーンエイジャーの時。中2とか中3の頃にイギリスのブリティッシュ・インヴェイジョンがあって、その時に同じクラスのK君が"ビートルズもいいけどこれいいよ"と聴かせてくれたのが『リトル・レッド・ルースター』のシングル盤で。他にもK君は『イッツ・オール・オーヴァー・ナウ』とかも持っていて聴かせてくれたんだけど、何だか分からないけどかっこよくて。―その何だか分からないかっこよさって、今思うと何だと思います?ブラック・ミュージックの背景だと思う。要するにブルーズなんだけど。―そのブルーズをはじめとする黒人音楽色が強かった60年代・デッカ時代と、ロックの代名詞となった70年代以降とどちらが好きとかってあります?乱暴に言えば...more
in English
カテゴリー:

「ジョージ・ハリスン」の画像

もっと見る

「ジョージ・ハリスン」の動画

Wikipedia

ジョージ・ハリスン (George Harrison, MBE一部にハロルド-''Harold''というミドルネームがあると記されているものがあるが、ジョージの出生証明書などにミドルネームは記載されていない、1943年2月25日出生届上は25日であるが、ジョージ本人は1992年に「実際には1943年2月24日生である」と述べている。 - 2001年11月29日) は、イギリスミュージシャンザ・ビートルズのメンバー。ビートルズ解散後もソロミュージシャンとして活動。

概要

1960年代にビートルズのリードギタリストとして活動し、解散後はソロ活動した。ソロでは、「マイ・スウィート・ロード」「ギヴ・ミー・ラヴ」「セット・オン・ユー」などがヒット。オール・シングス・マスト・パス(1970年)は、ロック・アルバムの金字塔として高く評価さ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる