「ジョン・レノン」とは?

関連ニュース

祝来日!ポール・マッカートニーの今聴いておきたい5曲~来日公演の聴きどころ~ - 02月19日(日)18:00 

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――。 4月に2年ぶりの来日公演を行うポール・マッカートニー。昨年始まった今回のワールド・ツアーは、“ワン・オン・ワン(1対1)”と名付けられています。ポールが“1対1”で向き合った相手と言えば、まず思い浮かぶのはジョン・レノンですね。そこで、最新のセットリスト※を参考に、今回演奏が期待される代表曲5曲でポールとジョンの物語を辿ってみたいと思います。 ※文末に“ワン・オン・ワン・ツアー”の最新(2016年10月5日)のセットリスト【その他の画像】Paul McCartney■1.「A Hard Day’s Night」 /The Beatles●2分32秒に込められた、濃密な二人の時間 この曲が発表された1964年、ビートルズは2枚のアルバム、3枚のシングル、ワールド・ツアー、そして映画主演(こんなに働くバンドが今ありますか!?)と、想像を絶するスピードで駆け抜けました。しかも、同名映画の冒頭シーンのように、四六時中熱烈なファンの群れに追い回される日々。「もうくたくたで、やってられないぜ」とジョンが乾いた声で歌えば、追いかけるように、ポールが熱っぽく「家に帰れば、君が僕を強く抱きしめてくれるから大丈夫だ」と返します。そしてそれが終わらないうちに、ジョンが又「もう……」と冷水...more
in English
カテゴリー:

【訃報/音楽】米歌手ボビー・フリーマン氏死去 「踊ろうよベイビー」がヒット - 02月15日(水)00:59 

2017/2/15 00:30  ボビー・フリーマン氏(米歌手)14日付のニューヨーク・タイムズ紙によると、1月23日、心臓発作のためカリフォルニア州サンフランシスコ郊外の自宅で死去、76歳。  10代後半だった58年に作曲して発表した「踊ろうよベイビー」がヒット。青春映画「アメリカン・グラフィティ」(73年)の挿入歌になったほか、ビーチ・ボーイズやジョン・レノンら多数のアーティストがカバーした。(ニューヨーク共同) https://this.kiji.is/204258671385083906?c=39546741839462401 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

バズるトランプのツイート フランスからの応酬 - 02月09日(木)10:48 

 今月3日、パリのルーヴル美術館に隣接する地下街で、警備中の兵士がエジプト出身の男性に襲撃された事件で、アメリカのトランプ大統領が「フランスはイラついている(崖っぷちだ)」とつぶやいたことにフランス人が反応、「イラついてなんかいない。フランスを利用するな」と、大西洋を挟んだツイートの応酬になっている。 毎日さかんにつぶやくトランプ大統領。パリの事件の後も、もちろんすぐさまツイートした。「またイスラム過激派テロが、ルーヴル美術館を襲った。観光客はみな”隔離”されている。フランスはまたイラついている。アメリカは賢く行こう!」という内容。これに“返答”したのが、アカウント名「Egie Wild」さんのフェイスブックの投稿。トランプ大統領の言葉の一つひとつに、皮肉もこめて分析、回答しており、世界中ですでに26万回以上シェアされ、ディレクト・マタンなど現地メディアもこれを伝えている。 「ムッシュウ・トランプ、気にかけていただいて有難う」で始まる文章はまず、テロの場所について、「ルーヴル美術館ではなく、カルーゼル・デュ・ルーヴルというアーケード街です」としたうえで、「観光客は襲撃されていませんし、人質がとられるような状況でもありませんでした。(大統領のツイートのあいまいさは意図的なものですか?)」と、観光客が“locked down”されたというトランプ氏の言葉の使い方に疑義を呈した。 そして...more
in English
カテゴリー:

夢のダブルPPAP実現 ピコ太郎が大恩人のジャスティン・ビーバーと初共演 - 02月06日(月)19:01 

 ついに、ついに実現しちゃいましたよ~! 「アーンッ! JBPT!?」。大人も子供も、日本人も外国人もつい繰り返し歌って踊るほどの大ヒットとなったピコ太郎の「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」。爆発的ヒットのきっかけになったのは、昨年、カナダの世界的大スター、ジャスティン・ビーバーがSNSで「PPAP」を“お気に入り”として紹介したことから。ピコ太郎にとっては大恩人ともいえるジャスティン・ビーバーだが、なんとその2人の夢の共演が現実のものに。1月に国内某所で行われたソフトバンクの学割CMの撮影現場で、2人が初対面を果たしたのだ。  撮影現場では、高校生役のジャスティン・ビーバーが教室の扉を開けると、先生役のピコ太郎が。ジャスティン・ビーバーにとっては思わぬサプライズで、早速2人はハグ&ハイタッチ。「世界中に知ってもらえたのはあなたのおかげです。本当にありがとう」というピコ太郎に対し、「僕もうれしいよ」とジャスティン・ビーバーさん。あまりの緊張にリンゴを落としてしまったピコ太郎、そのリンゴを拾ってピコ太郎が左手に持っていたパイナップルの方に近づけて「アーン!」という掛け声とともにドッキングさせるという即興のPPAPコラボを披露したという。 「私が今、温泉だったらわき上がっていますよ」というほど興奮していたというピコ太郎。「ジャスティン・ビーバーさんはすごくノリがいい青年で、ジ...more
in English
カテゴリー:

ダニエル・デイ=ルイスとポール・トーマス・アンダーソン監督が再びタッグ!ファン待望の新作映画のあらすじが発表 - 02月06日(月)12:55 

俳優ダニエル・デイ=ルイスとポール・トーマス・アンダーソン監督がタッグを組んだ、最新作の内容が少しずつ明らかになってきた。 2人のタッグは、10年前の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)以来となるため、この未発表タイトルの映画にファンから熱い視線が注がれている。同映画の詳細は不明だが、ダニエル・デイ=ルイスがロケ地で撮影している画像が先日ネットに投稿された。 そして先日、同映画の配給権を獲得したフォーカス・フィーチャーズは、この新作映画のあらすじを発表した。「この新作映画は、1950年代ロンドンのオートクチュールの世界を舞台にしています。同ストーリーは、王室や上流社会から依頼を受けた、妥協することのない熱心なデザイナーの、カーテン裏の人生を描いています」。前述の画像では、1950年代風の衣装や(当時の車のような)セットなどが見てとれた。 さらに、フォーカス・フィーチャーズは、『家族の庭』(2010)のレスリー・マンヴィルと『誰よりも狙われた男』(2013)のヴィッキー・クリープスも同映画に出演すると発表した。 ダニエル・デイ=ルイスが、"アメリカ初のクチュリエ"として知られる、イギリス生まれのファッションデザイナー、チャールズ・ジェームスを演じると噂されているが、チャールズ・ジェームスは1950年代のほとんどをニューヨークで過ごしている。そして、別の可能性として考えられるの...more
in English
カテゴリー:

ビートルズ・イン・ジャパン:浅井慎平がとらえた密着オフショットの数々 - 02月18日(土)13:00 

1966年のビートルズ来日時に浅井慎平が密着撮影した写真集『Hello, Goodbye』の米国限定発売が決定した。発売を記念して、歴史的な来日時のビートルズのメンバーのリラックスした姿をとらえた貴重なショットの数々を紹介する。 2016年夏、ザ・ビートルズの最初で最後の来日コンサートから50年を迎えた。バンドの来日50周年を記念し、写真家・浅井慎平による限定版写真集『Hello, Goodbye: The Beatles in Tokyo, 1966』が出版された。これまで日本国内でのみ出版されていた浅井の写真からは、ライヴ・バンドとして最後の年を迎えていたビートルズの、他では見られないリラックスした様子が伺える。当時のバンドの模様は、第59回グラミー賞最優秀音楽映画賞を受賞した、ロン・ハワード監督によるドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ ~Eight Days A Week』でも観ることができる。浅井は、ビートルズが東京の羽田国際空港へ到着した1966年6月29日から、フィリピンへ向けて離日するまでずっと、バンドと行動を共にした。滞在中ビートルズは、日本武道館で5回のコンサートを行った。バンドの写真を撮ることになるずっと以前に、浅井は彼らの音楽に大きな影響を受けていた。「たまたま運転中にかかっていたラジオでビートルズの曲を聴き、それまでに味わったことのない衝撃を受けた」と、浅...more
in English
カテゴリー:

ローリングストーン誌に見るビートルズ年代史 - 02月12日(日)13:30 

ローリングストーン誌で取り上げたジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人の最も思い出深い25の記事を紹介。1967年、ジョン・レノンがローリングストーン創刊号の表紙を飾って以来、ザ・ビートルズと本誌は長くその歴史を共に歩んできた。それから何十年にも渡り本誌は、ロックン・ロールの歴史の中で重要な地位を占めるバンドとして、カバー・ストーリーでファブ・フォーの各メンバーを特集し、ビートルマニアのファン度を測り、リリースされたアルバムを評価してきた。最も新しい所では、アルバム『ザ・ビートルズ:ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル(原題:The Beatles: Live at the Hollywood Bowl)』のリリースに先立ち、ポール・マッカートニーがカバー・ストーリーに登場した。約半世紀に渡るビートルズ研究やスクープ、トリビュート記事の中から、本誌を飾ったバンドやメンバーの最も印象深い25の記事をピックアップした。その中には、マッカートニーやレノンとの斬新なインタヴューや暴露話もあり、さらにアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』がロック史上に残る最高のアルバムとなるに至った要因の考察まで、さまざまな記事が含まれている。ローリングストーン誌創刊号を飾ったジョン・レノン1967年11月9日ローリングストーン誌創刊号の表紙は、映画『ジョン・レノンの僕の戦争...more
in English
カテゴリー:

ジョン・レノンとオノ・ヨーコのドラマ映画を『フィフティ・シェイズ』シリーズのプロデューサーが製作中 - 02月09日(木)06:00 

プロデューサーのマイケル・デ・ルカが、オノ・ヨーコと亡き夫ジョン・レノンとの恋愛関係を描いたタイトル未定のドラマ映画の製作に向けて、オノとコラボレートしている。 映画『博士と彼女のセオリー』の脚本家アンソニー・マクカーテンが同プロジェクトの脚本を執筆し、オノ、デ・ルカ、イマーシブ・ピクチャーズのジョシュ・ブラットマンと共にプロデュースも手掛ける予定だ。 オノとレノンが初めて出会ったのは、1996年のロンドンにあるアート・ギャラリーだ。オノはギャラリーで抽象芸術を展示しており、結成から4年目を迎えたビートルズは世界現象となっていた。レノンは、オノの作品『釘を打つための絵(Painting to Hammer a Nail)』に興味を示し、釘を打っても良いか尋ねた。オノは、5シリング払えば(釘を打っても)良いですよと答えたが、その後2人は想像上の対価を払い想像上の釘を打つことで同意した。 1969年、レノンとオノはジブラルタルで結婚した。その当時のことを綴った不朽の名作『ジョンとヨーコのバラード(The Ballad of John and Yoko)』は、ビートルズのシングルで英国で1位を獲得した最後の曲となった。その後ビートルズは1970年に解散し、それぞれが個々のキャリアを歩み始めた。 オノとレノンは精力的な平和提唱者となり、共に音楽に取り組んだ。1980年、その活動のハイライト...more
in English
カテゴリー:

ジョン・レノン&オノ・ヨーコの伝記的映画が制作へ - 02月06日(月)14:30 

 世界に名をとどろかせた伝説のミュージシャン、ビートルズの元メンバーのジョン・レノンと、ジョンの妻で芸術家・ミュージシャンのオノ・ヨーコの関係を描く伝記映画が制作されるという。ヨーコ自身が、映画『キャプテン・フィリップ』(13)の製作マイケル・デ・ルカ、『博士と彼女のセオリー』(15)の脚本家アンソニー・マクカーテンらと共にプロデュースすると、DeadlineやVarietyなどが伝えた。【関連】「ジョン・レノン」フォトギャラリー タイトル未定の映画はDeadlineによると、ジョンとヨーコのラブストーリーを描くという。『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたマクカーテンが脚本を執筆する予定。監督やキャスト、公開予定時期などの詳細は不明だ。 1960年代にロンドンで開かれたヨーコの個展で出会ったというジョンとヨーコは、1969年にジブラルタルで結婚。やがてビートルズが解散すると、ポール・マッカトニーとの不仲を伝えられたヨーコが解散の原因だったと非難された。ジョンとヨーコは2人の音楽ユニットや反戦活動などに力を入れ、平和活動家としても世界に影響を与えた。ジョンは1980年、ニューヨークの自宅の前で狂信的なファンの銃弾に倒れ死去した。 映画のストーリーは「愛と勇気、アメリカにおける行動主義といった(2人に)関連するテーマに焦点をあてる」とデ・ルカ。現代の若者達が自...more
in English
カテゴリー:

【映画】オノ・ヨーコ、ジョン・レノンとの愛の日々を映画化 - 02月05日(日)05:03 

ELLE ONLINE 2/3(金) 22:40 オノ・ヨーコが、故ジョン・レノンとの半生を映画化するようだ。エンタメサイト『デッドライン』によれば、映画はヨーコとジョンの熱烈な愛の日々を描いたラブストーリーで、『博士と彼女のセオリー』の脚本家アンソニー・マクカーテンが脚本を手がけるという。ヨーコとジョンの出会いは、1960年代後半。当時、ヨーコは若き芸術家として意欲的に活動し、ジョンはビートルズからソロへの転向を図っていた。恋に落ちたふたりは結婚、やがて「愛と平和」の象徴になっていく。 反ベトナム戦争を訴える活動を積...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ジョン・レノン」の画像

もっと見る

「ジョン・レノン」の動画

Wikipedia

ジョン・ウィンストン・オノ・レノン (John Winston Ono Lennon, MBE、1940年10月9日 - 1980年12月8日) は、イギリスミュージシャンロックバンドたるザ・ビートルズのメンバー。ヴォーカル・ギター作詞作曲を主に担当した。身長178cm。

出生名はジョン・ウィンストン・レノン (John Winston Lennon)。オノ・ヨーコとの結婚に際しジョン・ウィンストン・オノ・レノンと改名。

概説

1960年代に伝説的な成功を収めたロックバンド、ザ・ビートルズを立ち上げたリーダーとして知られる。ポール・マッカートニーと「レノン=マッカートニー」としてソングライ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる