「ジョブカフェ」とは?

関連ニュース

生徒が抱える将来リスク、学校ができること…NIERが公開 - 04月05日(木)13:15 

 国立教育政策研究所(NIER)は平成30年4月3日、キャリア教育リーフレット2「生徒が直面する将来のリスクに対して学校にできることって何だろう?」をWebサイトに掲載した。高等学校において、人生上のリスクに対する対処の手立てを学習する機会を作る大切さと、公的な相談機関の存在と活用方法を紹介している。 公開されたリーフレットはPDFファイル4ページ。NIERによると、離職や失業といった人生上のリスクに対処する手立てを身に付ける機会を作ることは、高等学校のどの学科でも大切だとしているものの、潜在的なリスクについての学習は必ずしも広まっておらず、特に普通科では卒業生の半数以下しか学んでいない状況にある。 リーフレットでは、NIERが過去に発表した調査結果「再分析から見えるキャリア教育の可能性―将来のリスク対応や学習意欲、インターンシップ等を例として―」を引用しながら、高等学校や生徒の状況を紹介している。 調査によると、人生上の諸リスクへの対応について学んだ卒業生の割合(高等学校)は、普通科で47.1%、職業に関する専門学科で70.6%、総合学科では62.6%。高等学校卒業者の約5%はアルバイトなどの一時的な仕事に就いたり、無業者だという。また、調査からは、就職した生徒の約40%は3年以内に仕事を辞めている。大学に進学したとしても、そのうち約10%が中途退学しており、そのうち半数近くが非...more
カテゴリー:

「ジョブカフェ」の画像

もっと見る

「ジョブカフェ」の動画

Wikipedia

ジョブカフェは、各都道府県が所管する、若年者の能力向上・就職促進を目的に、職場体験や職業紹介等、雇用に関連したサービスを提供する支援施設。「若年者就業(または就職)支援センター」とも言う。厚生労働省経済産業省による支援も行われている。但し、ここでは一部都道府県で中高年者の能力向上・就職促進を目的に、職場体験や職業紹介等、雇用に関連したサービスを提供する「中高年者就業(または就職)支援センター」、いわゆるジョブサロンについても記述する。

もちろん、これらの名称とは違う名称や、ジョブカフェとジョブサロンをセットにした形、公共職業安定所(ハローワーク)や市町村と共同の形で運営している都道府県もある。

ジョブカフェ

若年者が対象の支援施設で、原則として15歳から34歳までが対象となる。但し、各地域によって上限年齢は異なり、29歳福岡県。但し、30歳代は別組織で支援。までに制限している地域もあれば、39歳宮城県・千葉県・神奈川県・山梨県・三重県・兵庫県・奈良県・鳥取県・岡山県・山口県・愛媛県・高知県・長崎県・宮崎県など。但し、条件あり。または44歳北海道・青森県・群馬県・埼玉県・新潟県・長野県・岐阜県・愛知県・奈良県・和歌山県・島根県・広島県・徳島県・佐賀県など。但し、条件あり。まで拡大されて...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる