「ジュード・ロウ」とは?

関連ニュース

【キング・アーサー聖地巡礼その2】ジュード・ロウ演じる暴君の城の名残が存在した! - 05月26日(金)18:00 

 「シャーロック・ホームズ」シリーズでイギリスの名探偵の大活躍を描いたガイ・リッチー監督が、最新作「キング・アーサー」ではイギリスの英雄アーサー王の大冒険をスタイリッシュに活写。そこで、何世紀も語り継がれてきたアーサー王伝説のゆかりの地であり、本作のロケが行われた北ウェールズへ映画.comが行ってきました。そこで、突撃取材の旅の模様を全5回にわたってレポート。第2回は、ジュード・ロウが演じた暴君ヴォーティガンのお城の名残を見てきた!の巻です。  映画は、王の息子でありながら、両親を殺されスラム街で育ったアーサー(チャーリー・ハナム)が、聖剣エクスカリバーを手に入れたことから、王座へと上り詰めていく下剋上エンタテインメント。「シャーロック・ホームズ」で名探偵の相棒ワトソンを演じたロウが、本作では卑劣な悪役で魅了してくれます。兄であり、先王のユーサー亡き後、恐怖で国を支配するヴォーティガンは、真の王位継承者である甥(おい)のアーサーを目障りに思い、魔術の力を駆使してまでも葬り去ろうとする極悪非道な国王なのです。 ■ヴォーティガンの城の名残をこの目で目撃!  北ウェールズでのロケ地巡りの道中、「ヴォーティガンの城に使われた石が残っているので見に行こう!」ということに。「ディナス・エミリス」と呼ばれる丘のふもとに姿を現したのは、ナショナル・トラストののぼりがなければ見落としてしまいそ...more
カテゴリー:

特別映像解禁!アーサーVS暴君!チャーリー・ハナム&ジュード・ロウが明かす『キング・アーサー』の魅力 - 05月24日(水)12:00 

『シャーロック・ホームズ』のガイ・リッチー監督が“アーサー王伝説”を大胆な解釈&スタイリッシュな映像で描くアクション大作『キング・アーサー』(6月17日公開)。その劇中映像の一部が、主演のチャーリー・ハナムとジュード・ロウのメッセージと共に先行公開された。 『シャーロック・ホームズ』にも出演のジュードが、敵の暴君役を怪演/[c]2017 WARNER BROS. ENT. INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENT. LLC 映像の冒頭には、アーサー役のチャーリー・ハナムからのメッセージを収録。「スラム育ちのアーサーが聖剣エクスカリバーを用い、邪悪な暴君ヴォ―ディガンに立ち向かう」と役柄について自ら説明する。続いてヴォ―ディガンを演じたジュード・ロウのコメントも披露され、「アーサー王伝説を新しい切り口で描いている」と本作の魅力を語る。 そして本映像では、ハナムが語った通りスラムの売春宿で貧しく生き抜くアーサーと、彼の両親を殺した暴君ヴォ―ディガンの関係性が浮き彫りになるやり取りと、アーサーがヴォ―ディガンへ「お前が俺を創ったんだ」と言い放つシーンが公開されている。 劇中のキャラクターについて、『シャーロック・ホームズ』2作に続きリッチー監督と組んだジュードは「監督が大切にしたのは観客がアーサーと等しく...more
カテゴリー:

『キング・アーサー』特別映像が解禁! メインキャストらの日本向けコメントも - 05月24日(水)12:00 

 映画『キング・アーサー』の特別映像が解禁となった。冒頭では、主人公アーサーを演じたチャーリー・ハナムが日本のファンへ向けたコメントが収められており「日本のみなさんこんにちは。スラムで育ったアーサーは聖剣エクスカリバーを使い邪悪なヴォ―ディガン王に立ち向かいます」と自身の役柄について説明。ジュード・ロウが演じた暴君ヴォ―ディガンの邪悪なシーンの数々を収めている。【関連】『キング・アーサー』フォトギャラリー 本作はガイ・リッチー監督が贈る、究極の下剋上エンターテインメント。世界中の人々を惹きつけてやまない伝説的物語『アーサー王物語』をベースに、ハリウッドでしか作れない圧倒的なスケールと斬新な新感覚のソードアクションで描き出す。 主人公は王の息子でありながら、両親を殺され、スラムの売春宿で貧しく生きることを強いられた若きアーサー(チャーリー・ハナム)。しかし彼は次第に、強靭な肉体と生き抜く知恵を身に付け、運命に導かれるように、無双の力を持つ“聖剣エクカリバー”を手に入れる。王国に君臨する、両親の敵・暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)を倒し王になるため、アーサーは仲間と共に立ち上がる。 ジュード・ロウは自身の演じる役について「ヴォーティガンは恐怖によって統治する王です。彼は、自分の支配力のために、国の魔術師たちや古いやり方を一掃します。でも彼のやり方は、自分の良心や魂を犠牲にしているの...more
カテゴリー:

山田孝之、意味深発言にダメな顔公開でファンから心配の声も…? - 05月22日(月)13:08 

俳優の山田孝之が、5月21日にオフィシャルInstagramを更新し、自称“ダメな顔”を公開した。 【写真を見る】「大丈夫ですか?」の声も殺到した山田孝之の“ダメな顔”/※画像は山田孝之(takayukiyamadaphoto)公式Instagramより 「今の俺もうたぶんこれ以上ねぇなってくらいダメな顔してるのがわかってたから写真に収めておきました」と、いつになく弱気な発言と共に、苦悶の表情を浮かべる写真を投稿した山田。 その後、しばらくして「これはきっとただの水さ #私は生きるのがとても下手」と意味深なコメント共に、何らかの水分を飲んでいる連続写真も投稿。ファンを大いに心配させると、またしばらくして「テキーラ飲みすぎた #グッナーイエッヴァリ」と一転、陽気なつぶやきをし、大勢のファンを翻弄(ほんろう)した。 酔っ払っていたと見られる一連のInstagram投稿に、山田のファンは「ジュード・ロウに似てる(*´∀`)」「母性本能くすぐられるわっ」「ダメな顔でもダメじゃない孝之。」「この顔、ダメじゃない時に後から自分で見て笑ってやるんですよね?(*^▽^*)」「あっ~! あれはテキーラだったのですか~?!」などと心配する声と、山田ならではの遊び心(?)に感動するコメントが殺到した。 そんな山田は、今年1月期にテレビ東京ほかで放送されたドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」を...more
カテゴリー:

ベッカム、ハリウッド本格進出 ガイ・リッチー監督作の場面写真公開 - 05月17日(水)13:42 

 ガイ・リッチー監督の最新映画『キング・アーサー』(6月17日公開)より、同作でハリウッドに本格進出を果たした元サッカー選手デヴィッド・ベッカム(42)の場面写真が17日、解禁された。  同作は、アーサー王をめぐる伝説をベースにしたアクション。王であった父を殺されてスラム街で生きてきた男が、聖剣エクスカリバーを手に親の敵である暴君に立ち向かう。  日本、韓国共催のサッカーW杯で注目され、日本でブームを巻き起こした“イングランドの貴公子”ベッカムが演じるのは、まさかの悪役。解禁された場面写真は、暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)率いる軍隊に所属し、岩に刺さったまま引き抜くことができなくなった聖剣エクスカリバーを管理する兵士役として登場するシーン。目線の先には、青年アーサーがおり、彼が聖剣を引き抜くというすべての始まりとなる重要なシーンの一端を担っている。  ベッカムはリッチー監督の結婚式に出席し、前作『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015年)では、映写技師役としてカメオ出演するなど、2人は親友の関係性。リッチー監督は「ベッカムにはスターの素質があると思う。『キング・アーサー』のどこかで登場してほしかったんだ」とコメント。アーサー役のチャーリー・ハナムは「ベッカムのことが大好きだし、真剣に演じてくれて感動したよ。本当に仕事に一生懸命だし、とても優しくて、謙虚で、思いや...more
カテゴリー:

【キング・アーサー聖地巡礼その2】ジュード・ロウ演じる暴君の城の名残が存在した! - 05月26日(金)18:00 

「シャーロック・ホームズ」シリーズでイギリスの名探偵の大活躍を描いたガイ・リッチー監督が、最新作「キング・アーサー」ではイギリスの英雄アーサー王の大冒険をスタイリッシュに活写。そこで、何世紀も語...
カテゴリー:

特別映像解禁!アーサーVS暴君!チャーリー・ハナム&ジュード・ロウが明かす『キング・アーサー』の魅力 - 05月24日(水)12:00 

『シャーロック・ホームズ』のガイ・リッチー監督が“アーサー王伝説”を大胆な解釈&スタイリッシュな映像で描くアクション大作『キング・アーサー』(6月17日公開)。その劇中映像の一部が、主演のチャーリー・ハナムとジュード・ロウのメッセージと共に...続きを読む
カテゴリー:

聖剣エクスカリバーの圧倒的破壊力!「キング・アーサー」バトルシーン満載の特別映像入手 - 05月24日(水)12:00 

 「シャーロック・ホームズ」「コードネーム U.N.C.L.E.」で知られるガイ・リッチー監督が中世の騎士道物語を独自解釈を加えて映画化した「キング・アーサー」の特別映像が、公開された。出演者のチャーリー・ハナムとジュード・ロウが日本のファンに向けたメッセージを送っている。 ・「キング・アーサー」チャーリー・ハナム&ジュード・ロウ コメント特別映像はこちら!  イングランド王の父ユーサー(エリック・バナ)が暗殺され、スラムで育った息子アーサー(チャーリー・ハナム)が、ユーサーが残した聖剣エクスカリバーを手に入れ、両親のかたきである暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)に挑むさまを描く。  ハナムは映像中で「日本の皆さんこんにちは」と挨拶し、ロウは「本作はアーサー王伝説を新しい切り口で描いています」と特長をアピール。本編シーン映像も盛り込まれており、アーサーがエクスカリバーを手にするシーンや、肉体美を見せ付ける拳闘シーン、エクスカリバーによって“覚醒”したアーサーが、神速で剣を振りぬき敵を吹き飛ばすダイナミックなバトルシーンなどが切り取られている。ヴォーティガンによってアーサーが牢に閉じ込められるシーンや泥だらけになったアーサーが悲痛な叫び声を挙げるシーンも映し出され、アーサーを待ち受ける過酷な運命を予感させる。  ハナムは「俳優になるという夢に導いてくれたのも聖剣だった」と本...more
カテゴリー:

『ピウス13世 美しき異端児』、タイトル&主演を変えて更新へ - 05月19日(金)19:10 

アカデミー賞女優のダイアン・キートン(『クーパー家の晩餐会』)と、英国を代表する俳優ジュード・ロウ(『ホリデイ』)が共演した米HBOの新シリーズ『ピウス13世 美しき異端児』が、タイトルを変更して続編を製作することが明らかになった。米Den of Geekが伝えた。本作のシーズン1の原題は『The Young Pope』だったが、リミテッドシリーズとして製作されるシーズン2では『The New Pope』に変更される。米Varietyによると、クリエイターのパオロ・ソレンティーノと、脚本家のウンベルト・コンタレッロは新シーズンにも続投するという。2018年後半にイタリアで撮影が行われる予定で、視聴者の元に届けられるのは2019年以降のようだ。Skyイタリアのアンドレア・スクロサティは、「『ピウス13世』と同様に、ソレンティーノが脚本を書いていますが、予想を裏切る紆余曲折が待っています」とコメントした。また、『ピウス13世』ではジュードがアメリカ人ながらローマ教皇になったレニー・ベラルド役で主演を務めたが、続編では主人公も交代になるとのこと。しかし関係者の情報によれば、小さい役にはなるもののレニーが本作から消えるわけではないようで、ジュードの再登場もあるという。ジュードは大ヒットファンタジー作品『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で、ホグワー...more
カテゴリー:

デヴィッド・ベッカム、騎士姿で俳優出演!『キング・アーサー』場面写真解禁 - 05月17日(水)12:05 

 チャーリー・ハナム主演×ガイ・リッチー監督で贈る、究極の下剋上エンターテイメント映画『キング・アーサー』より、本作でハリウッド大作に本格進出を果たしたデヴィッド・ベッカム演じる、騎士姿の場面写真が解禁となった。【関連】「デヴィッド・ベッカム」フォトギャラリー 映画『キング・アーサー』は、世界中の人々を惹きつけてやまない伝説的物語「アーサー王物語」をベースに、ハリウッドでしか作れない圧倒的なスケールと斬新な新感覚のソードアクションで描き出す。 主人公は王の息子でありながら、両親を殺され、スラムの売春宿で貧しく生きることを強いられた若きアーサー(チャーリー・ハナム)。しかし彼は次第に、強靭な肉体と生き抜く知恵を身に付け、運命に導かれるように、無双の力を持つ“聖剣エクカリバー”を手に入れる。王国に君臨する、両親の敵・暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)を倒し王になるため、アーサーは仲間と共に立ち上がる。 解禁となった写真は、ヴォーティガン率いる軍隊に所属し、岩に刺さったまま引き抜く事が出来なくなった聖剣エクスカリバーを管理する兵士役としてベッカムが登場するシーン。目線の先には、青年アーサーがおり、彼が聖剣を引き抜くというすべての始まりとなる超重要なシーンの一端を担っている。部下を引き連れ、険しい表情で睨み付けるベッカムの姿が収められており、悪役としての風格を感じとることができる。 監督...more
カテゴリー:

もっと見る

「ジュード・ロウ」の画像

もっと見る

「ジュード・ロウ」の動画

Wikipedia

ジュード・ロウDavid Jude Heyworth Law, 1972年12月29日 - )は、イギリス出身の俳優。1999年の映画リプリーでアカデミー助演男優賞にノミネートされ、その美貌と才能で一躍名を馳せた。

発音はで、「ジュード・ロー」が日本語表記としては近い。身長182cm(5' 11½)。

生い立ち

ロンドンにて、教師をしていた両親の間に生まれる。実姉のナターシャは画家として活躍中Natasha Law at ''Eleven Fine Art'' Gallery, LondonDolly Jones, "Fashion Law", ''Vogue'', May 10, 2006, accessed November 19, 2007.。名前のジュードはビートルズヘイ・ジュードトーマス・ハーディの小説日陰者ジュードにちなんで名付けられたCharlie Rose, "A Conversation with Actor Jude Law", ''The Charlie Rose Show'', recorded on October 19, 2007, broadcast on ''WNET'' (New York), October 22 (to October 23), 2007, 11:30 p.m.–12:27 p.m. (ET); video clip posted October 27, 2007, accessed November 12, 2007.。現在、両親は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる