「ジュニア」とは?

関連ニュース

女子ラグビーユースアカデミー SO内田麗選手 - 06月24日(土)06:59 

女子ラグビー選手で川副中3年の内田麗選手(14)が、15~18日に山梨県で開かれた日本ラグビー協会の人材発掘プログラム「第44回女子セブンズ(7人制)ユースアカデミー」に参加した。国際的に活躍する可能性を秘めた選手と認められ、内田選手は「日本代表に選ばれるチャンスに近づいた」と夢を膨らませる。 内田選手は兄や姉とともに小学生からラグビーに親しみ、川副ジュニアクラブで男子に交じって鍛錬。6年生...
カテゴリー:

日本、初戦黒星=バレー男子世界ジュニア - 06月24日(土)01:28 

 バレーボール男子の世界ジュニア選手権は23日、チェコ各地で1次リーグが行われ、D組の日本は初戦で中国に1-3で敗れた。 大会は16チームが参加。4組に分かれて総当たりの1次リーグを行い、各組上位2チームが2次リーグに進む。 [時事通信社]
カテゴリー:

テンポの漫才は賞レースで勝てるのか? ユウキロック×ノンスタ石田 対談 - 06月23日(金)15:52 

 漫才には、さまざまなスタイルがある。ハリガネロックとNON STYLE。両者ともにボケ数の多い“テンポの漫才”が信条である。しかし、同系統でありながら、ハリガネロックはM-1を穫れず、NON STYLEはグランプリに輝いた。賞レースで勝つために、その信条を貫くべきか……。  己の漫才を追求し続けたゆえの葛藤を綴った『芸人迷子』(扶桑社)。今回は、その著者であるユウキロックと石田明が対談。これまでほとんど接点のなかった2人だが、じつは「NON STYLEが重要なキーを握っている」のだという。果たして、その理由とは? ◆ハリガネロックとNON STYLEは同系統の漫才 ユウキロック(以下、ユウキ):僕が『芸人迷子』という本を出したんですけど、石田君は読みました? 石田:はい。僕は中学校の頃から「(心斎橋筋)2丁目劇場」の追っかけを始めまして。シェイクダウンさんにひと目惚れしたんです。それで出待ちしているときに、千原ジュニアさんに足踏まれたりとかあって(笑)。のちに、僕自身が2丁目劇場で「ワチャチャブレイク」というお笑いライブにも出るようになるんです。まだNON STYLEとして井上とコンビを組む前に。 ユウキ:そうだ、元々はピン芸人だったもんね。名前なんやったっけ? 石田:“ジャッジメント石田”です。“ほりごたつ”というトリオ時代もありました。鮮明にあの頃のことも覚えてい...more
カテゴリー:

【テレビの開拓者たち / 伊藤隆行】モヤさま伊藤Pいわく「未来のテレビに必要なのは素直と勇気」 - 06月23日(金)06:00 

「やりにげコージー」('04~'05年)、「やりすぎコージー」('05~'11年)、「モヤモヤさまぁ~ず2」('07年~)など数々のヒット番組を手掛け、ついにプライムタイム進出を果たした内村光良司会のお笑い番組「にちようチャップリン」、古舘伊知郎&坂上忍&千原ジュニアのタッグによるトーク番組「おしゃべりオジサンと怒れる女」など、今年春からの新番組も好調。独自の路線をひた走るテレビ東京の中でも、ひときわ挑戦的な番組を世に送り出すヒットメーカー、“伊藤P”こと伊藤隆行プロデューサーに、自身の番組制作へのこだわりや、テレビが向かうべき未来などについて話を聞いた。 今年6月25日に放送されたシリーズ第3弾「日曜ビッグバラエティ『池の水ぜんぶ抜く&駆除の達人 緊急SOS! ヤバイ現場に行ってみた!』」(テレビ東京系ほか)/©テレビ東京 ■ テレビ東京に入ったのは“雰囲気入社”です(笑) ――伊藤Pは、テレビ東京入社時は、制作ではなく報道志望だったとか? 「というか、テレビ局を志望していたわけでもないんです。“雰囲気入社”ですね(笑)。だから、報道を志望しとこうかな、くらいのスタンスだったんですけど、入社早々、上司から『おまえみたいなバカが報道に行くと視聴者に迷惑をかける』と言われて、編成部に配属されまして(笑)。で、気付いたら今、制作にいるという。 これを言うと怒られちゃうんですけど、僕は元...more
カテゴリー:

【卓球】<13歳・張本智和>元世界ランク1位のウラジーミル・サムソノフ(41=ベラルーシ)を撃破! 2回戦は世界3位の許キン - 06月23日(金)01:46 

怪物がベテランを粉砕した。卓球のワールドツアー、中国オープンは22日、中国・成都で行われ、男子シングルス1回戦で世界ランク39位の張本智和(13=エリートアカデミー)が、元世界1位で現12位のウラジーミル・サムソノフ(41=ベラルーシ)を4―3で撃破した。  張本は世界選手権の2回戦で水谷隼を破って、史上最年少で8強に進撃。荻村杯ジャパン・オープンでは予選で敗れて本戦に出場できずに悔し涙を流したが、「荻村杯ではいい結果を残せなかったので、格上に1人でも多く勝てるように頑張りたい」と気合を入れて...
»続きを読む
カテゴリー:

ウォーターゲート事件とトランプのロシア疑惑をつなぐ米政界の黒幕とは… - 06月24日(土)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンがウォーターゲート事件とトランプ政権の疑惑をつなぐ“米政界の黒幕”について語る。 * * * 米トランプ政権とロシアとの関係をめぐる疑惑は、1970年代にニクソン大統領が任期途中で辞任した政治スキャンダルの経緯との類似性から“第2のウォーターゲート事件”といわれつつあります。 その結末は事態の推移を見守るしかありませんが、40年以上の時を超えて、第1、第2の双方の“事件”に関わっているロジャー・ストーンという人物をご存じでしょうか。 自信満々なフィクサー然とした態度。ボディビルで鍛えた筋肉が隆起する背中には、ニクソンの似顔絵のタトゥー…。最近では保守系メディアに登場する“陰謀論オヤジ”という扱いをされていますが、52年生まれのストーンは10代の頃から米政界で暗躍し続ける“選挙屋”です。ウォーターゲート事件では口止め料の“配布役”を務め、起訴された当時はまだ20歳の若者でした。 その後は政治家向けのコンサルティング組織を設立し、80年の大統領選でレーガンの勝利に大きく貢献。政権発足後は「金を払えばレーガンに話を通す」と吹聴するなど...more
カテゴリー:

G大阪の堂安、フローニンゲンへ=オランダで「成長したい」-Jリーグ - 06月23日(金)16:35 

 J1のG大阪は23日、U20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会日本代表のMF堂安律(19)がオランダ1部リーグのフローニンゲンに期限付きで移籍すると発表した。期間は7月1日から来年6月30日まで。 堂安は市立吹田サッカースタジアムで記者会見し、「ガンバへの愛着もあるし、やっと試合に出られるようになって、タイトルを取るという選択肢もあったが、それと比較しても自分が成長したいという気持ちが強くて決断した」と語った。 先のU20W杯では、3得点を挙げるなどして、日本のベスト16入りに貢献。「できるという手応えがあったので、(海外へ)行きたいと思った」と心境を明かした。 堂安はジュニアユース時代からG大阪に所属し、2015年6月にクラブ史上最年少の16歳でJ1リーグ戦デビューを果たした。今季はJ1リーグ戦9試合に出場し、3得点を挙げた。J1通算では14試合で3得点。 [時事通信社]
カテゴリー:

ソシオメディア UX戦略フォーラム 2017 Spring イベントレポート「エクスペリエンスリーダーの現在」 - 06月23日(金)10:52 

【イベントレポート】ソシオメディア UX戦略フォーラム 2017 Spring 「エクスペリエンスリーダーの現在」 2017年6月23日 TEXT:ソシオメディア株式会社 ユーザーエクスペリエンス(UX)のコンサルティングを行うソシオメディアは、2017年4月26日に「UX戦略フォーラム 2017 Spring」を開催した。今回のテーマは「エクスペリエンスリーダーの現在」。世界を代表するエクスペリエンスリーダーである IBM Design ゼネラル・マネジャーのフィル・ギルバート氏(Phil Gilbert)をキーノートに迎え、また日本を代表する企業においてエクスペリエンス分野を牽引する3名を迎えながら、企業戦略の中核にUXを据えるリーダー像の現在を探った同イベントをレポートする。2014年に始まった同フォーラムシリーズは、これまで6回にわたり「UXの最新動向とUX戦略の実践」「メトリクスの基本と応用」「イノベーションのためのUXマネジメント」「メソッドの基盤」「メトリクスの探求」「イノベーション組織の推進」をテーマに開催してきた。今回はこれらに続く7回目として、企業におけるUX戦略やUXリーダーシップのあり方について学ぶ機会となった。 「よいデザインだけではもはや充分ではない:差別化のためのデザインを目指して」フィル・ギルバート氏(IBM Design) フィル・ギルバ...more
カテゴリー:

日本のタクシー業界は「白タク解禁」で駆逐されてしまうのか? - 06月23日(金)05:00 

消費者の節約志向や公共交通機関の利便性の向上などで、苦境に立たされている日本の「タクシー業界」。さらに政府の規制改革推進会議が近く「白タク」(営業許可を受けず、自家用車を使ってタクシー営業する車)の解禁に向けた答申を出す方向で調整していたり、日本にも上陸している配車アプリ「Uber」が一般人の“白タク化”を加速させるなど、ますます生き残りが難しい状態となっています。今後、タクシー業界は生き残りをかけてどんな戦略・戦術を展開していけばいいのでしょうか。無料メルマガ『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』では著者でMBAホルダーの安部徹也さんが、実際のデータを交えつつ詳しく分析しています。 タクシー業界に迫る“破壊的イノベーション”―既存のタクシー会社はどうすれば生き残れるのか? タクシー業界は、経済の先行き不安からくる消費者の節約志向や、新たな路線開発や相互乗り入れによる電車などの公共交通機関の利便性の向上、またITや通信技術の発達による移動の必要性の低下、さらには健康志向の高まりでワンメーターほどの短い距離であれば歩く人々の増加など様々な要因で利用者が減少し続け、現在厳しい状況に立たされています。 出典:国土交通省「タクシー事業の現状について」 また、もともとタクシー業界は規制の波に翻弄されてきた歴史もあります。 2002年にはタクシーの数量規制が廃止され、多くの事業者...more
カテゴリー:

岩崎は7位=重量挙げ世界ジュニア - 06月22日(木)20:37 

 重量挙げの世界ジュニア選手権は22日、東京都の大田区総合体育館で行われ、男子105キロ級で岩崎貴之(九州国際大)はスナッチ163キロ、ジャーク180キロのトータル343キロで7位だった。丸本大翔(同)はトータル328キロで9位。 [時事通信社]
カテゴリー:

もっと見る

「ジュニア」の画像

もっと見る

「ジュニア」の動画

Wikipedia

ジュニア (Junior) 略: Jr.

普通名詞
  • 年下の人。年少者。相対的な概念であり高齢者でもジュニアと呼ばれる場合もある。シニアの反対語。
  • 子供(幼い者)のこと。服のジュニアサイズのように使う。
  • 英・米の人名で、父と息子が同名である場合、姓名のあとにつけて息子であることを表す言葉。

** その父が他界すると、襲名としてJr.の表記を名前から外す。

  • 転じて、息子のこと。二世ともいう。
固有名詞

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる