「ジュディ・オング」とは?

関連ニュース

由紀さおり、ペギー葉山さんとの別れに未練  「突然姿が見えなくなっちゃってどうしたら…」 - 06月23日(金)09:47 

 肺炎のためことし4月に亡くなったペギー葉山さん(享年83歳)のお別れの会が22日、東京都内で行われ、大月みやこ、ジュディ・オング、水前寺清子、由紀さおりらが報道陣の前であらためて故人との思い出を語った。  大月は「歌のジャンルは少し違ったけど、デビューのスタートの頃からずっとそばにいてくださったような、そんなうれしいお付き合いをしてくださっていました」とペギーさんとの長年の親交ぶりを明かし、「みやこちゃんみやこちゃんとずっと呼んでいただいて、いつもたくさんお話を聞かせてもらった。お別れって気持ちはまだ全然ない」と実感が湧かないという。  代表してお別れの言葉を述べ、ペギーさんの代表曲「ケ・セラ・セラ」のワンフレーズをアカペラで歌ったジュディ・オングも「まだちょっと信じられない。たくさんの幸せをくださって、歌う喜びを教えてもらったり、人生は楽しく生きるのよってことを教えてくださった。大好きな大好きな先輩」と故人をしのんだ。   水前寺は「本当におきれいで優しくて、しっかりとものをおっしゃる。それがちゃんと的を射ていて、いろいろなことで勉強させていただきました」と振り返り、由紀は「いつもずっと背中を見て追って歌ってきたので、突然姿が見えなくなっちゃってどうしたらいいのかしら…と、ちょっと甘えたい気持ちもあります」と故人との別れを惜しんだ。【関連記事】 ・ペギー葉山さんお別れ会に800...more
カテゴリー:

高畑充希が美声響かす「いつまた、君と」主題歌、6月21日配信決定&PV披露 - 06月16日(金)12:00 

 向井理の祖母・芦村朋子さんの半生記を映画化した「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」の主題歌「何日君再来」(いつの日君帰る)が、6月21日から各音楽配信サービスで配信されることが決定。あわせて、歌唱を担当する高畑充希のレコーディング風景と本編映像を組み合わせたPVがお披露目された。 ・【動画】「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」PV  本作は「神様のカルテ」の深川栄洋が監督、NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」などで知られる山本むつみが脚本を務め、衣食住もままならない戦後の動乱期を生きた一組の夫婦、妻・芦村朋子(尾野真千子)と夫・芦村吾郎(向井)の愛を描く物語。朋子の孫・理(成田偉心)が、突然倒れてしまった朋子にかわって半生記をまとめるなかで、祖父と祖母が歩んできた戦中戦後の波乱に満ちた道のり、50年におよぶ家族の歴史を知っていく。  映画のタイトルにもなっている上海製作の映画「三星伴月」の挿入歌である同曲は、テレサ・テン、渡辺はま子、ジュディ・オング、都はるみ、夏川りみ、石川さゆりら多くの歌手にカバーされてきた名曲。劇中では、朋子と吾郎の初デートの際に流れていた曲で、2人の運命を結ぶ“愛の歌”として使用されている。  PVでは、レコーディングでのびやかな歌声を響かせる高畑に加え、朋子と吾郎、2人の子どもたちの日常を活写。ところてん屋...more
カテゴリー:

ペギー葉山さんお別れ会に800人参列 ジュディ・オング「見上げる星が一つなくなってしまった」 - 06月22日(木)14:40 

 肺炎のためことし4月に亡くなったペギー葉山さん(享年83歳)のお別れの会が22日、東京都内で行われ、秋元順子、大月みやこ、小金沢昇司、こまどり姉妹、ジュディ・オング、水前寺清子、中村メイコ、ピーコ、由紀さおりら著名人・関係者800人が参列。故人の生前に親交のあったジュディ・オング、黒柳徹子らがお別れの言葉を述べた。 遺影は2009年末に「夜明けのメロディー」(2010年1月27日発売)のジャケット撮影時に撮られたもので、ペギーさんお気に入りの着物をリメイクして作られたドレスを着ている。ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の世界観を表現した祭壇は、ペギーさんの歌声の周りに子どもたちの笑顔があふれていた光景を再現している。 ジュディ・オングは「ペギーさん、早すぎます。いま、私は見上げる星が一つなくなってしまった、そんな気持ちです」と早すぎる別れを悔しがり、「ペギーさんのことが大好きで大好きで、どんなときも一番最初に行くのがペギーさんの楽屋でした」と思い出を振り返った。 「教わることがあまりにもたくさんありました。歌っていうのは、何回も歌って自分のものになったときに初めてメッセージが届けられる。それを教えてくれたのはペギーさんです」と遺影に向かって語りかけるように言葉を紡ぎ、「その志を私たち後輩が受け継いで、なるべくいい歌を上手に歌えるように精進していきたいと思います」と誓った...more
カテゴリー:

「ジュディ・オング」の画像

もっと見る

「ジュディ・オング」の動画

Wikipedia

ジュディ・オング (本名・帰化名:翁ジュディ{帰化当時は翁玉恵「おきな たまえ」}、旧名・台湾名:翁倩玉()、英語名:Judy Ongg、1950年1月24日 - )は、台湾出身の歌手・女優・版画家(版画家としてはジュディ・オング倩玉という雅号を使っている)。上智大学国際学部卒。出生地は台北市、貫籍(本籍地)は台南縣柳營郷。語学が得意で、母語である台湾語のほか、日本語英語中国語スペイン語の5言語を話すことができる。

プロフィール

1950年1月24日、台湾台北市にて生まれた翁家の長女は倩玉と名づけられた。上に兄(職業は建築家)が1人いる。

1952年、彼女が2歳のときに父の仕事(米軍GHQ報道工作)の都合で翁家は訪日した。小学校は東京中華学校に入学、学校で中国語の標準語である北京語を勉強しつつ、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる