「ジャーク」とは?

関連ニュース

吉武はスナッチ県高新 大湾は大会新でV - 01月22日(月)05:00 

 重量挙げの第41回琉球新報旗争奪高校選手権大会(主催・県ウエイトリフティング協会、琉球新報社)は1月21日、糸満市の糸満高校体育館で行い、個人と団体で競技した。女子69キロ級の吉武温子(那覇国際)は、スナッチ86キロ、ジャーク97キロのトータル183キロでスナッチとトータルで大会新記録を樹立。...
カテゴリー:

大城(那覇)、大湾(豊見城南)が頂点 重量挙げ九州高校選抜 - 01月14日(日)11:13 

 重量挙げの第26回全九州高校競技選抜大会は13日、豊見城高校体育館で開幕して、女子53キロ級で大城朱萌(那覇)がトータル135キロ(スナッチ60キロ、ジャーク75キロ)を挙げて初優勝した。大湾ゆみか(豊見城南)は157キロ(70キロ、87キロ)で58キロ級を制した。  女子53キロ級の天久星空...
カテゴリー:

今こそ日本のビジネスパーソンが世界に目を向けるべき理由 - 01月19日(金)06:00 

「日本の企業はグローバル人材育成の現場において遅れをとっている」と、著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱する布留川勝さん。自らグローバル人材育成に関する会社を立ち上げ、「このままでは日本企業が危ない」と警鐘を鳴らしてきました。本書のタイトルにもあるパーソナル・グローバリゼーションとは、個のグローバル化のこと。すなわち、日本企業に属するビジネスパーソン一人一人が、世界と対等することのできる人物になる…ということです。「ウチの会社は世界の企業とは関係ない」という人もまずは読んでみてください。きっと、その考えが180度変わります。世界で生きていくには「個人の力」が必須2000年頃の日本企業は、グローバル人材育成について大きな失敗を犯していました。育成プログラムの大半がフェイクだったのです。英会話レッスン、通信教育、TOEIC受験といった「お手軽」なものがほとんどであり、それ以上のことを実施する余裕や予算がありませんでした。こうした方法では、いつまでたっても世界と渡り歩けません。「日本教育はレベルが高いので、英語ができるだけの外国人に負けるはずがない」と考える人もいるでしょう。しかし、グローバル市場では、アップル、グーグル、アマゾン、フェイスブックなどの企業は圧...more
カテゴリー:

スパイシーな本格ジャークチキン Bamboo Cafe(バンブー カフェ) 北中城村渡口 - 01月12日(金)11:00 

 北中城村の渡口交差点近く、国道329号沿いに建つ「Bamboo Cafe(バンブーカフェ)」。東京出身のオーナー・横山さんが、沖縄市の中央パークアベニューでジャマイカ郷土料理の店を構えたのは約16年前。2014年にその二号店としてオープンしたのが、この北中城店です。  自慢のひと品は「ジャークチキ...
カテゴリー:

「ジャーク」の画像

もっと見る

「ジャーク」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる