「ジャンル」とは?

関連ニュース

復活が見えてきた最近のソニーの残念なところ【中島聡】 - 07月26日(水)05:00 

Windows95の設計に携わり、「右クリック」などを現在の形にしたことでも知られる世界的プログラマーの中島聡さんが発行するメルマガ『週刊 Life is beautiful』では、中島さんが最近目に止まった記事の中から特に気になった話題を取り上げています。今回は、中島さんから見ても最近再び「面白い商品」を出すようになってきたソニーの動きに注目し、同社のあるべき姿を考察。さらに、別の注目記事を読んだ感想として、東芝やNTTにある恐怖の「社員監視組織」の実態についても言及しています。 私の目に止まった記事 ● 元アップル副社長の辛口エール ソニーもっとこだわれ 元アップル副社長の前刀禎明氏による、最近のソニーに対するコメントです。テレビ画面から音が直接出る「ブラビアA1」はアイデアとしては素晴らしいけれども、リモコンが従来型なのはもったいない、などの厳しいコメントです。 ソニーに限った話ではありませんが、家電メーカーの作るUIやリモコンがいつまで経っても時代遅れなのはとても残念です。「画像の綺麗さ」などにはあれほどこだわって作っている人たちがいるのに、UIやリモコンは明らかに軽視されています。 その意味では、ソニーのAIBO(1999年発売) や コクーン(2002年発売)は、普通の家電メーカーの製品とは大きく違う画期的な商品で、あの頃のソニーは本当に輝いていました。しかし、コクーン...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】時間の因果を超える愛。たとえ宇宙が滅んでも。 - 07月26日(水)00:05 

 梶尾真治は1971年のデビュー短篇「美亜へ贈る真珠」以来、時間テーマのロマンチックSFを多く手がけてきた。それからおよそ半世紀、物理学における成果を踏まえ、また現代文学がおこなっている技法の援用もあって、SFにおける時間観は大きく変化した。大雑把にいえば、かつてのSFでは時間を機械論的な因果に基づき「硬く」考えるのが主流だったが、現在ではずっと「柔らかく」捉えるようになっている。その「柔らかさ」は、いっぽうで複数の可能性世界の重なりあいというロジックで支えられるのだが、またいっぽうで人間の認知や記憶と結びついてなかばメタフィジカルな領域へ踏みこむ。もちろん、実際の作品個々をみればそうした議論がかならずしも尽くされているわけではない。しかし、グレッグ・イーガンやテッド・チャンといった現代SFのトップランナーたちが示した、新しい時間観が残響のようにSFというジャンルに波及している。  前置きが長くなった。なにがいいたいかといえば、本作『デイ・トリッパー』も四十年前、五十年前なら時間SFとして辻褄に瑕疵がある、あるいはアンフェアとみなされていたかもしれないということだ。いうまでもなく、そういう「硬い」解釈のほうがもう時代遅れになのだが(とはいえ、時間SFはイイカゲンでいいということではない。「柔らかい」時間観にも整合性は求められる)。 『デイ・トリッパー』で物語を駆動させるのは、「...more
カテゴリー:

乃木坂46『高校生クイズ』東京会場で新曲を初披露 - 07月25日(火)19:15 

日本テレビ系で放送される夏の風物詩『ライオンスペシャル 全国高等学校クイズ選手権』。25日(火)に、全国11会場で各地の代表を決めるクイズバトルが同時開催され、東京会場には番組サポーターの乃木坂46、応援サポーターのアキラ100%、司会の辻岡義堂アナウンサーが駆けつけた。『高校生クイズ』は1983年にスタートし、今回で37回を数える長寿番組。高校生ならば年齢・学年を問わず、誰でも二人一組で参加でき、アメリカ・ニューヨークを目指しながら、白熱のバトルを展開。今回の代表を決める戦いでは、汐留のスタジオにいる枡太一アナウンサーがクイズマスターとして全国を繋ぎながら総合司会を務める。各地の応援サポーターが意気込みを語る中、東京会場に乃木坂46が登場。集まった高校生たちを盛り上げるべく、高山一実がセンターを務める応援ソング「泣いたっていいじゃないか?」を初披露すると、全国の会場は大歓声に包まれた。その後、高校生たちがスマホを使って「○×クイズ」で熱い戦いを繰り広げる。各地のサポーターが出題する流れになると、アキラ100%は高校生たちの前でお盆芸を披露し、「信号機よりもお盆が大きい。○か×か」と出題。うっかり見えてしまいそうな危険なパフォーマンスも相まり、会場は興奮に包まれた。その後も「乃木坂46とアキラ100%が参加する寸劇クイズ」「20問連続の2択クイズ」をはじめ様々なジャンルの問題で正解...more
カテゴリー:

メニューが多すぎる食堂 - 07月25日(火)13:10 

7月24日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、メニューが多すぎる店を特集した中で、「ときわ」(東京都荒川区)が紹介された。 地下鉄千代田線町屋駅から徒歩1分の位置にある同店は、店内の所狭しと大量のメニューが貼られた料理店。 メニューはなんと200種類以上。地元の住民やサラリーマンに人気絶大なのだそう。 定番メニューは「スペシャルミックスフライ定食」(960円)。あじ、海老、イカのフライに加え、クリームコロッケまでついた豪華メニュー。 更に人気のメニューは「うな重」(1900円)。 一口食べた尾花貴絵レポーターは「これは美味しい!身はとろけるようなやわらかさなんですけど、皮がパリッとしていて香ばしい。甘辛のたれもバランス絶妙」とコメント。店長曰く、「両親が、ウナギの一大産地である愛知県一色町なので、親戚が養鰻をやっている」とコメント。関東風に一度蒸した後、魚を焼くグリルで焼くのだが、火力が強くパリっと焼き上がるのが美味しさの秘密なのだそう。 ちなみに、メニューがやたらと増えたのは、市場の閉店間際は良い物が安く沢山手に入る事もあり、それを店主が片っ端から仕入れてくる為との事。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:...more
カテゴリー:

街で愛される家庭的な食堂 - 07月25日(火)13:10 

7月24日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系、午後16時50分~)では、愛され続ける母ちゃん店主が経営するお店を特集した中で、「おばちゃん八百屋」(神奈川県川崎市高津区)が紹介された。 東急大井町線高津駅西口から徒歩10分の位置にある同店舗は、おばちゃんが経営する、隣に食事スペースを併設した八百屋さん。 八百屋で販売している食材を使って提供される家庭料理は、近くで働く人や住民達に大人気だ。 名物料理は八百屋さんらしく野菜たっぷりの「カレーライス」(300円/大盛り350円)。 お客さんは「家庭的な味ですね」「僕じゃ作れない。おばちゃんしか作れない」と満足そうにコメント。 厨房に入って作り方を紹介。人参21本を炒めず鍋の中に入れ、そこに炒めたたまねぎ11個を加え、ぐつぐつ煮込み出す。気になるルーは、なんと八百屋さんに並んでいる市販のルー。「300円で食べられる理由」とは女将さんの弁。 その他に「野菜天ぷら定食」(500円)、「カシラ定食」(500円)、「マグロ定食」(500円)、「鳥丼」(330円)を紹介。一人暮らし中の大学生のお客さんは「家で食べる食事に近い料理が出てくるので、すごく助かってます」とコメントしていた。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュース...more
カテゴリー:

【オリコン】だいすけお兄さんの親友「かぞえてんぐ」DVDが総合TOP3入り - 07月26日(水)04:00 

 NHK Eテレ『おかあさんといっしょ』の人気キャラクター「かぞえてんぐ」のオリジナルDVD『かぞえてんぐといっしょにかぞえよう!~旅にはかぞえるものがあふれてんぐ~』(19日発売)が、1.5万枚を売り上げ、7/31付オリコン週間DVDランキングで総合2位に初登場。ジャンル別「カルチャー・教養部門」では1位を獲得した。 【写真】現役音大生だったたくみお姉さん、だいすけお兄さんの2ショット  かぞえてんぐは、今春同番組を卒業した「横山だいすけお兄さん」の “親友” で、数を数えることを至上の喜びとして子どもたちにその楽しさを伝える人気キャラクター。見た目も瓜二つのだいすけお兄さんと同じタイミングの今春、「数を数える旅に出るため」番組を去った。  今作では、番組を飛び出したかぞえてんぐの旅に密着し、身近な中にも数を数える楽しさがあることを伝えている。またTV未公開の新曲「かぞえてんぐのかぞえたび」や最終出演回でオンエアされた「かぞえてんぐがやってきた」などの歌クリップ、数字にまつわる楽曲を収録。また番組から選りすぐったコーナー映像を収録した「かぞえてんぐ名作選」「かぞえてんぐスペシャル」が特典映像として収録されているほか、かぞえてんぐが旅先で書いた手紙「てんぐさんからのおてがみ」が数量限定の封入特典として同梱されている。 【関連記事】 【写真】あつこお姉さん、だいすけお兄さん...more
カテゴリー:

乃木坂46『高校生クイズ』東京会場で新曲を初披露 - 07月25日(火)19:20 

日本テレビ系で放送される夏の風物詩『ライオンスペシャル 全国高等学校クイズ選手権』。25日(火)に、全国11会場で各地の代表を決めるクイズバトルが同時開催され、東京会場には番組サポーターの乃木坂46、応援サポーターのアキラ100%、司会の辻岡義堂アナウンサーが駆けつけた。『高校生クイズ』は1983年にスタートし、今回で37回を数える長寿番組。高校生ならば年齢・学年を問わず、誰でも二人一組で参加でき、アメリカ・ニューヨークを目指しながら、白熱のバトルを展開。今回の代表を決める戦いでは、汐留のスタジオにいる枡太一アナウンサーがクイズマスターとして全国を繋ぎながら総合司会を務める。各地の応援サポーターが意気込みを語る中、東京会場に乃木坂46が登場。集まった高校生たちを盛り上げるべく、高山一実がセンターを務める応援ソング「泣いたっていいじゃないか?」を初披露すると、全国の会場は大歓声に包まれた。その後、高校生たちがスマホを使って「○×クイズ」で熱い戦いを繰り広げる。各地のサポーターが出題する流れになると、アキラ100%は高校生たちの前でお盆芸を披露し、「信号機よりもお盆が大きい。○か×か」と出題。うっかり見えてしまいそうな危険なパフォーマンスも相まり、会場は興奮に包まれた。その後も「乃木坂46とアキラ100%が参加する寸劇クイズ」「20問連続の2択クイズ」をはじめ様々なジャンルの問題で正解...more
カテゴリー:

アンコールもマサラ一色で盛り上がる星組公演開幕! - 07月25日(火)17:38 

宝塚歌劇団星組トップスター・紅ゆずるが主演するマサラ・ミュージカル『オーム・シャンティ・オーム ―恋する輪廻―』が、7月22日(土)に梅田芸術劇場メインホールで開幕した。世界的に大ヒットしたインド映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』の舞台化で、初日の公演を原作映画の監督ファラ・カーン氏も観劇し、カーテンコールでは真っ先に立ち上がって拍手を送った。本場のトップ舞踊監督さえ興奮する星組のパワーは、真夏の熱風よりも熱かった!宝塚歌劇星組公演 マサラ・ミュージカル「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」チケット情報(PC)今年1月に東京で紅のプレお披露目公演として上演、大劇場公演『THE SCARLET PIMPERNEL』を経ての再演だけに、星組生がより濃厚なスパイスを作品に降り注ぎパワーアップしているのを感じた。1幕では紅の表情豊かに歌い踊る姿が一層エネルギッシュで、脇役俳優オームの個性を際立たせる演技では観客の大きな笑いを誘う。綺咲愛里(きさき・あいり)扮するスター女優シャンティに恋をし、夢は叶うと信じている真っ直ぐな心も、ピュアな芝居や歌からより強く伝わってきた。30年後の2幕では、オームの生まれ変わりのスター俳優となって堂々登場、女性たちをはべらせ数々のナンバーを披露する。あらゆる場面でセンターオーラを放ち、ラブロマンの色が深まる綺咲とのデュエットではふたりの絆もし...more
カテゴリー:

学生たちに愛され続ける「はんばあぐ・ぐずぐず風」 - 07月25日(火)13:10 

7月24日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、京王線と井の頭線が交差し、新宿や渋谷へのアクセスにも便利な明大前駅周辺を特集した中で「はんばあぐはうす・ぐずぐず」(東京都杉並区)が紹介された。 洋食を提供して40年来の同店。店内はこぢんまりとしてレトロな雰囲気を漂わせており、地元の人々や近隣の大学に通う学生に愛され続けているという。役者として活躍していた高田純次さんもかつて訪れていた事を店の人が覚えており、その時に食べたというのが「はんばあぐ・ぐずぐず風(ライス付)」(830円)だ。レタスやトマトなどのサラダが付け合わされたワンプレートのハンバーグに自家製のホワイトソースをたっぷりとかけた、昔も今も一番人気のメニューだ。 一口頂いた高田さんは、「この上かかってんのは何なの?あ、ホワイトソースなんだね。いやいや美味しいハンバーグですよ。」「40年間愛されてるって事は、それだけ需要があるって事ですよ。」とコメントした。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:はんばあぐはうす ぐずぐず(ぐるなび)のお店紹介・周辺のお店を見る:明大前のお店紹介・同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介・ぐるなび検索:明大前×洋食・西洋料理の...more
カテゴリー:

母親の味噌汁の味から生まれた味噌ラーメン - 07月25日(火)13:10 

7月24日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系、午後16時50分~)では、街で愛され続ける母ちゃん店主が経営するお店を特集したコーナーの中で、「一福」(東京都渋谷区)が紹介された。 京王新線の初台駅が最寄り駅となるラーメン店の同店は、テーブル席とカウンター席が用意されており、女性客や家族連れ、外国人観光客が訪れる。 お客さん達のお目当てのラーメンは「味噌らぁめん」(730円/税込み)で、あっさりとしながらも深い味わいの味噌スープが中太ちぢれ麺に絡む一品。 「味噌らぁめん」(730円/税込み)を食べていたお客さん達は「スープが普通のお味噌汁くらいの感じで、いつでも結構ペロッといける」「やさしい味だと思います」「ラーメンの中でもお袋の味っていう感じですね」「美味しいです」などと述べていた。 同店の「味噌らぁめん」(730円/税込み)は4種類の信州味噌や長崎の麦味噌を使っており、独自の割合でブレンドしている。店主によると、そうすることで様々な酵母のうま味が集まり、1種類よりも複雑かつ美味しい味に仕上がるという。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:らぁめん 一福(ぐるなび)のお店紹介・周辺のお店を見る:初台のお店紹介・同じジャンルのお店を見る:ラ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ジャンル」の画像

もっと見る

「ジャンル」の動画

Wikipedia

ジャンル()とは、芸術表現群をある一つの側面から客観的に分類したものをいう。分類の基準として用いられるのは作品であることが多いが、その内実は多様である。また、「女流文学」のように作品ではなく作者の特徴を基準としたものもある。体系として広く共有された形では存在しないため、使う人によって「SF映画」などのジャンル名の判断基準が異なっていたり、複数のジャンル間で重複があったりすることもしばしばである。

より狭義には、文学などでは、テーマやスタイルにまつわる作品の特性を基準として作品を分類するカテゴリーを特にジャンルと呼ぶ。この意味では作品の出資者の国籍、作者の性別や国籍などといった基準による分類カテゴリー「女流文学」「ラテンアメリカ文学」などはジャンルではないということになる。

戦争映画」「西部劇」なども、カテゴリー名としては題材や舞台についての限定を与えるだけで、主題、スタイルについては必ずしも特定しない。

但し、「ハリウッド映画」が名称上は単に映画の製作会社の本拠地を限定しているだけのものでありながらも、実質的には主題や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる