「ジャスティス・リーグ」とは?

関連ニュース

K・ベッキンセイル、ワンダーウーマン役を断っていた! - 08月18日(金)00:02 

6月に全米公開されて大ヒットをとばした『ワンダーウーマン』。今となっては、ガル・ギャドット以外の主演女優は想像できないが、ケイト・ベッキンセイルが、実はワンダーウーマン役を断っていたとインタビューで明かしている。 【写真を見る】もうレオタードは着たくなかった!?ケイトが語るオファーを断った理由とは/写真:SPLASH/アフロ 数年前、ケイトはワンダーウーマン役をオファーされたが、様々な事情で断らざるを得なかったという。「もう、あまりレオタードは着たくなかったの。レザースーツを着る役をやったことがあったから。そのうち自分にも子供がいることに気づく時が来るのよ。一体、いつまで子供に恥ずかしい思いをさせ続けられるのかって」と語ったと、コンタクトミュージックドットコムが伝えている。 また、ワンダーウーマンのような有名なコミックキャラクターを演じることが、娘にプレッシャーを与えるのではないかと考えたそうだ。「それは圧迫感のあることだと思うのよ。母親がワンダーウーマンだなんて、絶対に問題を抱える子になるわ」と語っている。 しかし、ガル主演の『ワンダーウーマン』が全米で大ヒットしたことを喜ばしく思っているそうで、「私の娘世代のために、あの映画はとても良いことをしてくれた。『ワンダーウーマン』は興行成績でどんな敵をも叩きのめしたんですもの」と話している。【UK在住/MIKAKO】 【関連記事】 ...more
カテゴリー:

ベン・アフレック「ジャスティス・リーグ」再撮影をめぐる悪い憶測を一蹴 - 08月17日(木)11:00 

DCコミックスのスーパーヒーローチームが活躍する新作映画「ジャスティス・リーグ」でバットマン役を演じるベン・アフレックが、同作の再撮影について、米エンターテインメント・ウィークリー誌の最新インタ...
カテゴリー:

制作中の映画『ジャスティス・リーグ』は、ジョス・ウェドン新監督の下で生まれ変わりつつある - 08月13日(日)15:00 

映画『ジャスティス・リーグ』の最新トレイラーが公開された。途中で監督が交替した作品だが、ジョス・ウェドン監督の作品へと生まれ変わりつつあることがわかる。そこに見え隠れするウェドン監督らしさとは。
カテゴリー:

映画『ジャスティス・リーグ』より地上最速ヒーロー・フラッシュが立体化 - 08月11日(金)19:00 

コトブキヤは自社フィギュアシリーズ「ARTFX+」内で11月23日に日本公開される映画『ジャスティス・リーグ』に登場するスーパーヒーローを順次、立体化することを発表。その中からフラッシュが2017年12月発売することが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は8,424円(税込)。
カテゴリー:

スーパーマン、映画『ジャスティス・リーグ』版で「ARTFX+」にて立体化 - 08月07日(月)19:00 

コトブキヤは自社フィギュアシリーズ「ARTFX+」内で11月23日に日本公開される映画『ジャスティス・リーグ』に登場するスーパーヒーローを順次、立体化することを発表。その中からスーパーマンが2017年11月発売することが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は8,424円(税込)。
カテゴリー:

ベン・アフレック「ジャスティス・リーグ」再撮影をめぐる悪い憶測を一蹴 - 08月17日(木)11:00 

 DCコミックスのスーパーヒーローチームが活躍する新作映画「ジャスティス・リーグ」でバットマン役を演じるベン・アフレックが、同作の再撮影について、米エンターテインメント・ウィークリー誌の最新インタビューで語った。  米ワーナー・ブラザースが手がける本作は、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンに加え、今後、単独映画が予定されているアクアマン、フラッシュ、サイボーグが集結。企画当初から壮大な取り組みになると予想されていたが、撮影を終え、ポストプロダクション段階に入った今年5月、ザック・スナイダー監督が家庭の事情で降板。「アベンジャーズ」のジョス・ウェドン監督が、メガホンを引き継ぎ再撮影が行われていた。  前作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に続きブルース・ウェインことバットマン役を演じるアフレックは、「少し戸惑ったのは確かだね」と認めながら、「ザックが身内の不幸で降板せざるを得なくなったのはすごく残念だったけど、後任者としてジョスほど最適な人選はないと思うし、彼が引き継いでくれて本当にラッキーだった」と明言。「異なるとはいえども、それぞれ独自のビジョンと明確なアイデアを持つ2人の監督が手がけたことで、結果的にはよりユニークで優れた作品になったんじゃないかな。ジョスとの再撮影は、ザックとの撮影と同じくらい楽しくて、素晴らしい体験だったしね」と語った。  ...more
カテゴリー:

ベン・アフレック、「ジャスティス・リーグ」のバットマンは前作に比べ「従来の姿に近いバットマン」に - 08月17日(木)08:09 

「彼は理不尽と呼んでいいほどに、大きな怒りを抱いて放しませんでした。」 ベン・アフレックによれば「バットマン vs スーパーマン」に比べ、「ジャスティス・リーグ」のバットマンはより英雄的で、怒りに満ちていないという。
カテゴリー:

映画『ジャスティス・リーグ』チーム最年少のヒーロー・サイボーグが立体化 - 08月12日(土)19:00 

コトブキヤは自社フィギュアシリーズ「ARTFX+」内で11月23日に日本公開される映画『ジャスティス・リーグ』に登場するスーパーヒーローを順次、立体化することを発表。その中からサイボーグが2017年12月発売することが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は8,424円(税込)。
カテゴリー:

ワンダーウーマン、『ジャスティス・リーグ』での戦うヒロインとして立体化 - 08月10日(木)19:00 

コトブキヤは自社フィギュアシリーズ「ARTFX+」内で11月23日に日本公開される映画『ジャスティス・リーグ』に登場するスーパーヒーローを順次、立体化することを発表。その中からワンダーウーマンが2017年11月発売することが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は8,424円(税込)。
カテゴリー:

最強美女戦士が美しくぶっ飛ばす! 『ワンダーウーマン』アクション映像公開 - 08月07日(月)18:30 

 DCコミックスのスーパーヒロインを実写化した映画『ワンダーウーマン』から、最強美女戦士ワンダーウーマンが“美しく、ぶっ飛ばす”アクションシーン映像が解禁となった。【関連】ワンダーウーマン役「ガル・ガドット」フォトギャラリー 本作は女性だけの島で育った好奇心豊かな<プリンセス>のダイアナが、ある日島に不時着したパイロットのスティーブに出会ったことをきっかけに外の世界で起きていることを知り、世界を救うため<最強の美女戦士>ワンダーウーマンとして立ち上がる姿を描くアクションストーリー。 今回公開された映像は、ワンダーウーマンが美しくセクシーに敵をぶっ飛ばしていく本編映像。銃弾を盾で防ぎながら走り抜け、ひるむことなく一人で戦っていく。敵が撃ってくる銃は、ガントレットで弾き飛ばし、華麗に弾をよけながら、圧倒的な力で何人もの敵をぶっ飛ばしていく爽快アクションを披露している。 ヒロイン・ダイアナを演じたガル・ガドットは、イスラエル出身で兵役の経験を持つ超絶美女。その身体能力を活かしモデルやダンサーとして活躍したのち女優に転身。弁護士を目指すために法律の勉強もしていたということもあり、まさに才色兼備のリアルワンダーウーマンなのだ。 そんなガルはワンダーウーマンを演じるため、半年間に及ぶトレーニングをこなし体重を約8キロ増量。乗馬やマーシャルアーツなど身体的な役作りも行い、アクションシーンも自ら演...more
カテゴリー:

もっと見る

「ジャスティス・リーグ」の画像

もっと見る

「ジャスティス・リーグ」の動画

Wikipedia

ジャスティス・リーグ(''Justice League'')は、DCコミックスの刊行するアメリカン・コミックスに登場する架空のスーパーヒーローチーム、及びコミックのタイトル。オリジナルのチーム名が''THE JUSTICE LEAGUE OF AMERICA''スコット・ビーティほか DCキャラクター大事典 赤塚京子ほか訳、小学館集英社プロダクション2011年、180頁で大文字のみで「THE JUSTICE LEAGUE OF AMERICA」の表記になっている。であるため、''JLA''と略される。アニメ化、実写テレフィーチャー化、格闘ゲーム化されている他、スーパーマンやバットマンを主人公とした作品にも登場している。

中核となるメンバーは、スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンで、DCコミックスの名門チームとして設定されている。以後、必要に応じリーグあるいは''JLA''と省略する。

概要

初出誌は1960年3月のブレイブ&ボールド("''The Brave and the Bold''")28DCキャラクター大事典 180頁。・29。人気を博したため、10月からジャスティス・リーグ・オブ・アメリカDCキャラクター大事典 181頁の訳題より。("''Jus...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる