「ジャケット」とは?

関連ニュース

【音楽】「GLORIA」など38曲を熱唱 ZIGGY、全国ツアー最終公演 - 04月30日(日)00:54 

デビュー30周年を迎えたロックバンド、ZIGGYが29日、3年ぶりの全国ツアー最終公演を 東京・EX THEATER ROPPONGIで行った。  87年メジャーデビュー時はボーカル森重樹一(53)を含めメンバーは4人だったが、今は森重1人で活動している。  3月に発売した10年ぶりのシングル「CELEBRATION DAY」でスタート。 真っ赤なロングジャケット姿の森重が「ハロー、東京!」とあおると、満員の1800人から歓声が上がった。  公演時間は3時間以上。パワフルなボーカルで、89年...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『宇宙戦艦ヤマト2202』第二章「発進篇」予告編公開 - 04月29日(土)21:30 

 テレビシリーズ第1作から40年以上にわたって愛されているアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の新シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の第二章 発進篇(6月24日より2週間限定劇場上映)の予告編が公開された。 【動画】『宇宙戦艦ヤマト2202』第二章 発進篇・予告  同作は、1978年に公開された映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、『亡国のイージス』の原作や『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のストーリーを手掛けた福井晴敏氏がシリーズ構成を担当。壮絶なる物語を、新たな解釈と装いで現代に蘇らせる(シリーズ全七章順次劇場上映)。  第一章「嚆矢(こうし)篇」に続く、第二章は、第三話~第六話の計4話で構成。Blu-ray&DVDのジャケットビジュアルともなる、結城信輝氏・麻宮騎亜氏による第二章のキービジュアルは、第十一番惑星を背に待ち受けるはアンドロメダ&ドレッドノートによる地球連邦主力艦隊。銃を手に抗戦の構えを見せる斉藤始と永倉志織、そして険しい表情の土方竜。“未来”に裏切られた男たちの逆襲が始まる。 ■第二章のキャスト 古代進…小野大輔 森雪…桑島法子 島大介…鈴村健一 真田志郎…大塚芳忠 徳川彦左衛門…麦人 佐渡酒造…千葉繁 山本玲…田中理恵 新見…薫:久川綾 南部康雄…赤羽根健治 相原義一…國分和人 太田健二郎…千葉優輝 岬百合亜…内田彩 桐生美影…...more
in English
カテゴリー:

【芸能】サンシャイン池崎のおしゃれ“ビフォーアフター”が話題「イケメン」「誰かわからなかった」 - 04月29日(土)19:22 

https://mdpr.jp/news/detail/1682742 2017.04.28 19:46 ハイテンションな絶叫ネタでブレイク中のお笑いタレント・サンシャイン池崎が、発売中の雑誌「smart」6月号に登場。 「お笑い芸人ビフォーアフター大変身!」と題した企画で、普段のイメージとは打って変わったスタイルを披露し、話題を呼んでいる。 ランニングシャツに短パン、ハチマキを巻いたスタイルで「空前絶後のぉ!!」とハイテンションに絶叫するネタでブレイク中の池崎。 私服は「ジーンズにシャツがほとんどで、芸風と違って超保守的」だそうで、「笑いには愛さ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

中村一義、会場の盛り上がりが伝わるLIVE DVDトレーラー公開&セルフカバーベスト試聴スタート - 04月29日(土)14:00 

デビュー20周年を迎えた中村一義が、2月18日に江戸川区総合文化センターにて行なったライブの模様を収録したLIVE DVD『エドガワQ2017~ERA最高築~』を5月24日に発売。そのトレーラー映像が公開となった。【その他の画像】中村一義DVDには中村一義の名盤『ERA』をバンドアレンジで再構築したライブが完全収録され、トレーラー映像ではバンド“大海賊"の演奏や会場の盛り上がりを存分に感じることができる。さらに、ボーナストラックとして会場にて観客とともに撮影された「キャノンボール」のMVも収録。すでにMVのショートver.が公開されており、こちらもぜひともチェックしておきたい。 また、セルフカバーベスト『最高築』の試聴もスタートした。ライブで成長した楽曲を厳選し、バンドサウンドやアコースティックサウンドで新たに再構築された「犬と猫」「キャノンボール」など代表曲の数々を一足先に試聴することができる。 発売週には東京・京都の2都市でデビュー20周年記念リリース企画であるトーク&アコースティックライブ『まちなかオンリー!最高チック!TOKYOTO』の開催も決定している中村一義。今後も最新情報はコンセプトサイトKIKA:GAKUならびにビクターエンタテインメントの20周年スペシャルサイトに随時アップされる。ぜひ、このトレーラー映像と楽曲試聴で、発売を楽しみにお待ちいただきたい。 ...more
in English
カテゴリー:

架空のアニメは地球と火星を舞台にした群像劇――岡本麻弥の自主企画プロジェクトインタビュー【前編】 - 04月29日(土)13:56 

「機動戦士Ζガンダム」のエマ・シーンや「機動戦艦ナデシコ」のハルカ・ミナト、「サイレントメビウス」の彩弧由貴など、多彩なキャラクターを演じてきた声優の岡本麻弥さんが“架空のアニメ”をプロデュースし、その主題歌を歌う自主企画プロジェクト。その主題歌と挿入歌、ショートドラマを収録したCDが、4月30日(日)開催の同人音楽イベント「M3」にて先行頒布されます。 麻宮騎亜さん描き下ろしのイラストがジャケットに使用されたCDは、4月30日(日)に開催される同人音楽イベント「M3」で先行頒布されます/(C)雷神八系-ZANAM- ファム・ファタール製作委員会 架空のアニメのタイトルは「雷神八系-ZANAM- ファム・ファタール 運命の女」(以下、ファム・ファタール)。主題歌「Rise and Fall」の作詞をRUCCAさん、挿入歌「カゼノオト」の作詞を岡本さん自身が手掛け、両曲の作曲は加藤慶さんが担当。ジャケットイラストは漫画家の麻宮騎亜さんが描いていることでも注目を集めています。 そんな豪華布陣による今回のプロジェクトについて岡本さんにインタビュー。前編では、自主企画に至った経緯や「ファム・ファタール」の内容について聞きました。 ――今回のプロジェクトがスタートした経緯を教えてください。 岡本:私のマネージャーであるドラゴンと、ディレクターでありプロデューサーのひとりである謎の人物D、この...more
in English
カテゴリー:

『このすば!』主題歌も収録のMachik1stアルバム「SOL」、ジャケット写真とMV公開 - 04月29日(土)21:51 

2017年5月24日にリリースされるMachicoさんのメジャー1stアルバム「SOL」よりジャケットイメージと、リード曲「OVER HEAT」のミュージックビデオが公開されました。
in English
カテゴリー:

クールビズ商戦、百貨店が紳士服需要を喚起 - 04月29日(土)21:09 

 5月1日にクールビズが始まるのを前に、関連商戦が本格化してきた。百貨店各社は素材や機能、デザインにこだわったジャケット、パンツなどをアピール。消費不振で紳士服の売上高が低迷する中、「ノーネクタイ・ノー上着」を提唱するクールビズはさらにマイナスに働きかねない。各社は特徴ある商品を打ち出し、“逆風”を商機ととらえて需要を掘り起こす考えだ。
in English
カテゴリー:

ヒステリックパニック、Twitter上で企画スタート&最新ビジュアル公開 - 04月29日(土)16:00 

ヒステリックパニックが6月21日に発売するミニアルバム『LIVE A LIVE』収録の楽曲を、4月28日から毎週1曲ずつTwitter上で公開していくことを発表した。また、『LIVE A LIVE』のジャケット写真と最新アー写も公開した。【その他の画像】ヒステリックパニックアルバムリリースまで続いていくこの企画、1週間で新しい楽曲に切り替わるということで、リリースまでに『LIVE A LIVE』の全体像を感じ取れる企画となっている。 今作のジャケット写真は、BABYMETAL、またFear, and Loathing in Las Vegas等との仕事で知られ、これまでも多くのヒスパニのアートワークを手掛けてきた、KISS OF DEATHのYutty氏描き下ろしのイラスト。頭の中がヒスパニでいっぱいという女の子をヒスパニらしく、ポップでグロく描いていてまさにヒスパニらしいジャケットとなっている。 ジャケ写公開に合わせて、最新アー写も公開された。ヒスパニを大好きな女子から見れば、俺らもこう見えているかもという、あくまでも自己陶酔の考えで制作されたこのアー写、毎度のことながら大きな波紋を呼びそうだ。 また、ミニアルバム『LIVE A LIVE』だが、ヒステリックパニックのオフィシャルウェブショップでは、アートワークのジャケ写をモチーフにしたTシャツとのバンドル商品を1,...more
in English
カテゴリー:

架空のアニメは地球と火星を舞台にした群像劇――岡本麻弥の自主企画プロジェクトインタビュー【後編】 - 04月29日(土)13:56 

声優の岡本麻弥さんが架空のアニメ「雷神八系-ZANAM- ファム・ファタール 運命の女」をプロデュースし、主題歌「Rise and Fall」や挿入歌「カゼノオト」を歌う自主企画プロジェクト。アニメの内容について聞いた前編に続き、インタビュー後編では楽曲のことを中心に聞きました。 岡本麻弥さんが架空のTVアニメの主題歌と挿入歌を歌唱。主演声優としても出演! ――アニメ「ファム・ファタール」の設定はとても興味深いですね。その主題歌と挿入歌を岡本さん自身が歌い、挿入歌は作詞も担当されています。 岡本:実は私が言い出したのではなく、すでに決まっていたんですよ。岡本麻弥の自主企画と言っていますけど、私は鵜飼いの鵜か猿回しの猿に近いです(笑)。「これも私がやるの?」ということまで本当に全部やっています。作詞に関しては、Dさんが厳しくて「こことここを直して」と言ってくるんですけれど、そこだけ変えるのはできないから、一度バラバラにして作り直したんです。しかも私は楽譜が読めないから大変で…。夜中にDさんと電話しながら何日も徹夜して書きました。でもその結果、手前みそで恥ずかしいですけど、レコーディングの帰りにRUCCAさんから「カッコよかった。とてもよかったです。」って褒めていただいて、ホッとしました。 ――90年代のアニメを髣髴とさせるような要素や言葉が入っていて、雰囲気を感じます。 岡本:そうい...more
in English
カテゴリー:

EXILE ATSUSHI、Charとコラボした「人間の証明のテーマ」&2ndアルバムをアナログ盤で発売 - 04月29日(土)12:30 

EXILE ATSUSHIがCharを招き制作した名曲カバー「人間の証明のテーマ」の7インチアナログ盤が6月28日(水)にリリースされることが発表された。また同日にはソロ2作目のアルバム『Music』の12インチアナログ盤も発売となる。 【その他の画像】Char「人間の証明のテーマ」は1977年に岡田茉莉子・松田優作主演で公開された名作映画『人間の証明』の主題歌として故・ジョー山中氏が歌唱した名曲。ことし4月に『人間の証明』がテレビ朝日系ドラマスペシャルとして新たに映像化された際、「人間の証明のテーマ」のカバーを主題歌に起用したいと考えたテレビ朝日ドラマ制作陣がATSUSHIへ歌唱をオファー。ジョー山中氏と原曲への敬意をもって受諾したATSUSHIが、生前の氏と親交が深くライブでも多数共演していたCharに参加を依頼したことで夢のコラボレーションが実現した。 なお同曲はドラマのオンエアに合わせてすでに配信限定でリリースされているが、今回の7インチアナログ盤には新たにレコーディングされたCharによるギター・インストゥルメント・バージョンが特別収録されることも明らかに。同バージョンの制作はアナログ盤のリリースにあたりATSUSHIが熱望し実現したもの。Char自身が『ジョーがよく私のギター1本で唄いたいと云ってくれた、思い出深い曲』と語る同曲を哀愁に満ちたアコースティック・ギター...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ジャケット」の画像

もっと見る

「ジャケット」の動画

Wikipedia

ジャケット () は、上着の種類。広いカテゴリーであり、さまざまなものが含まれる。

歴史

) が起源である。date=2016年1月}}

名前にジャケットが入るもの
  • ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる