「ジミー役」とは?

関連ニュース

ジミー大西演じた中尾明慶「どう見ても苦労しますよね!」 - 04月23日(日)21:47 

 明石家さんまの連続ドラマ初プロデュース作品「Jimmy アホみたいなホンマの話」(Netflixオリジナルドラマ)が4月23日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で上映された。ジミー大西を演じた中尾明慶とさんまに扮した小出恵介は、共演の尾上寛之、六角慎司、ジミー本人、光野道夫監督とともに、満席になった那覇・桜坂劇場での舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  さんまにとって、芸歴42年目で初めて手がけた連ドラは、幼い頃から何をやってもダメだった男が天才お笑い芸人に出会い、導かれ、失敗を繰り返しながらもやがて“本当の自分の道”を見つけ出すまでを描く。ジミーは、「さんまさんはいつも簡単に言われる。毎日放送の楽屋で『ジミー、今度ドラマにしようと思うんや』とおっしゃられたので、『はい、わかりました』。『今度打ち合わせがあるから、おまえも来いよ』とおっしゃられたので『はい、わかりました』。打ち合わせへ行ったら、スタッフ500人くらいおった。どえらい事に『はい』って言うてもうたと思った」と明かし、場内の笑いを独占した。  ジミー役の中尾は、自らの役どころに対して「どう見ても苦労しますよね」と苦笑い。そして、「もしも自分が演じなくちゃならないと決まった時の心境を思い浮かべてみてください」と客席に語りかけていた。一方の小出は、「今までで...more
in English
カテゴリー:

羽田圭介「沖縄国際映画祭」特別上映作品舞台あいさつに緊急参戦 - 04月20日(木)11:31 

4月20日(木)から4月23日(日)まで開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で、“特別上映作品”として上映される「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。」の舞台あいさつに、芥川賞受賞作家の羽田圭介が登壇することが決定した。 【写真を見る】「バス旅」では蛭子&太川の後を継いだ羽田圭介 「ワレワレハワラワレタイ―」は、木村祐一が笑福亭仁鶴から気鋭の若手まで107組の芸人にインタビューするドキュメンタリー作品。 人気芸人たちが、普段はほとんど明かすことのない、“芸人という人生”に対する葛藤やプライドをありのままに語っている。 2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐべくスタートさせたプロジェクトの第一弾だ。 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。笑福亭仁鶴/ガレッジセール/スリムクラブ編」4月21日(金)夜7時40分:沖縄花月…登壇者=ペナルティ、野性爆弾、たかし(トレンディエンジェル)、横澤夏子、木村祐一 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。今田耕司/東野幸治/ピース/オリエンタルラジオ編」4月22日(土)夜6時40分:沖縄花月…登壇者=板尾創路、レイザーラモンRG、椿鬼奴、NON STYLE、木村祐一、羽田圭介 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。ザ・...more
in English
カテゴリー:

MISIA、明石家さんま企画ドラマの主題歌で甲斐バンド「最後の夜汽車」をカバー - 04月19日(水)14:44 

MISIAが、世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナル・ドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」(7月7日より全9話世界同時配信)の主題歌を担当することが決定した。楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム「この夜にさよなら」に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない楽曲だ。同ドラマは、ジミー大西が「お笑い」から「世界的画家」になるまでの物語。ジミーや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に大笑いしながら、孤独や劣等感を抱えて成長していく姿、支える人々の愛と友情にホロリとさせられるエンターテインメント作品となっている。本日公開された予告編では、ジミーの、“ありえへん”本当のエピソードの一部を公開。同じ体に入れるなら「こっちが早い」と思い、点滴を飲む。交通渋滞だと思ってずっと車を留めていたら、前の車は駐車中の止まっている車だった。ことわざを聞けば「人のふり見て」「どないする」、「馬の耳に」「イヤリング」と答え、警察犬と匂いで犯人を当てる対決をするなど…。本編では、これ以上に“ありえへん”エピソードの数々が描かれている。ジミー役は中尾明...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ】ジミー大西の半生ドラマ化!ジミー「というか僕よりうまい」 ジミー役は中尾明慶 - 03月21日(火)14:08 

「島ぜんぶでお~きな祭 第9回沖縄国際映画祭」(4月20~23日)の発表会見が21日、都内で行われた。特別上映される明石家さんま(61)企画・プロデュースのネットフリックスのオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」は、中尾明慶(28)と小出恵介(33)のダブル主演。ジミー大西(53)の半生をドラマ化した。 ジミー役の中尾は「本当にドラマにできるのかな、やめたいなと思った。だけど、さんまさんにお世話になっているし、『お前が、やれ』と言われたので頑張りました」。さんま役の小出は「悩...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「バーニング・オーシャン」実力派俳優の演技対決を収めた特別映像公開 - 04月20日(木)18:00 

 「ローン・サバイバー」で初タッグを組み、「パトリオット・デイ」(6月9日公開)が控えるピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグが、2010年に発生したメキシコ湾原油流出事故を描く「バーニング・オーシャン」の新たな特別映像が、公開された。ウォールバーグをはじめとする出演陣にフォーカスを当てている。 ・「バーニング・オーシャン」特別映像はこちら!  主任電気技師マイク役のウォールバーグに加え、「ワイルド・スピード」のカート・ラッセル(施設主任のジミー役)、「トランスフォーマー」や「RED レッド」シリーズのジョン・マルコビッチ(石油会社のヴィドリン役)、「メイズ・ランナー」シリーズで知られるディラン・オブライエン(掘削チームの作業員ケイレブ役)、コメディドラマ「ジェーン・ザ・ヴァージン」で第72回ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞したジーナ・ロドリゲス(管理室で働くアンドレア役)、「あの頃ペニー・レインと」や「私だけのハッピー・エンディング」のケイト・ハドソン(マイクの妻フェリシア役)が結集した本作。  映像では、ジミーとヴィドリンが対立するシーンや、マイクとフェリシアがパソコン越しに会話するシーンなどを収録。バーグ監督が「役者が全員本当に才能豊かだから、名演技を見られて監督として楽しかったよ」と語っているほか、「マークはプロだ。いとも簡単に演じているように見える」(オブ...more
in English
カテゴリー:

MISIA、明石家さんま企画のドラマ主題歌を担当 - 04月20日(木)11:00 

7月7日より世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の主題歌をMISIAが担当することが決定した。 楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム『この夜にさよなら』に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない楽曲だ。 MISIAは「今回、Netflixドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の主題歌のお話を通じて、甲斐バンドさんの「最後の夜汽車」と初めて出会いました。素晴らしい曲で、本当に素敵な出会いをいただいたと思っています。また、この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、「さんまさんから見る東京」、または「ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車」のようにも感じ、曲をどのように仕上げるのが良いのか、とてもイメージがしやすかったです」とコメント。 「アレンジはNYにいる黒田卓也くんに頼み、オケをNYでレコーディングしてもらいました。ジャジーで温かく切ないサウンドに仕上がったと思います。ドラマは、皆さまより一足先に見させていただきました。8~9割は笑いながら観ているのに、突然ホロリときてしまう。また、さんまさんの笑いに対する哲学から、人生の哲学...more
in English
カテゴリー:

「Jimmy―」主題歌は明石家さんまも愛してやまないあの名曲! - 04月19日(水)07:00 

7月7日(金)より、Netflixオリジナルドラマとして全9話・世界190カ国同時配信される予定の「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」。 【写真を見る】主題歌は圧倒的歌唱力を誇る女性アーティスト・MISIAが歌う 本作は明石家さんまが企画・プロデュースし、ジミー大西を中尾明慶、明石家さんまを小出恵介が演じることで話題を呼んでいるが、このたび本編予告が解禁され、主題歌がMISIAの「最後の夜汽車」に決定したことが分かった。 予告編では、ジミーの“ありえへん”本当のエピソードが満載。同じ体に入れるならそちらが早いと思い、点滴を飲んでみたり、交通渋滞だと思って車を止めていたら、前の車は駐車中の止まっている車だったり…。 ことわざでは「人のふり見て…どないする」「馬の耳に…イヤリング」と答え、また警察犬と匂いで犯人当て対決など、うそみたいな本当の話が盛りだくさん。 本編では、これ以上に“ありえへん”エピソードの数々が。そして「お笑い」から「世界的画家」になるまでの一部始終が笑いと感動と共に描かれている。 主題歌は、甲斐バンドの「最後の夜汽車」を歌姫・MISIAがカバー。1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム『この夜にさよなら』収録曲で、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない曲だ。MISIAが歌い、新たな魅力を放っている。 【MISIA コメント】 今回、N...more
in English
カテゴリー:

「ジミー役」の画像

もっと見る

「ジミー役」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる