「ジミー大西」とは?

関連ニュース

明石屋さんまが息子に「ボス」と呼ばせる理由に感動の声 - 10月21日(土)11:00 

10月20日、TBS系バラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で大竹しのぶ(60)の還暦祝いパーティーの模様が放映された。 パーティーには、ゲストとして元夫の明石屋さんま(62)が登場。大竹と亡き夫との息子・二千翔さん(32)、さんまと大竹の間の娘・IMALU(28)も出席。かつて4年間ともに暮らした4人が再び集合した。 番組VTR内で、二千翔さんはさんまについて「自分が有名だからといって、スタッフの人とかどんな人にも態度が変わらない。どんな人にも優しくちゃんと丁寧に接している。僕もそうしようと思った」と語った。自身の性格を形成するうえで、さんまの影響は大きかったという。 二千翔さんを育て始めたときから、自身を「ボス」と呼ばせていたさんま。「実の父親ではないので、お父さんとは呼びにくいだろう」との配慮からくるものだったという。これを受け、視聴者からは「ボスって呼ばせてた話、家族愛を感じて泣ける」「二千翔さんはさんまが大好きなんだなあ」「いい子に育ったな」などと、感動の声が上がった。 その後は招待されていた大竹の元彼・野田秀樹に対して「(大竹と)結婚してくれ!結婚してくれ!養育費送らんでも済むねん!」と思っていたことを明かし、爆笑をさらったさんま。「台無しだよ!」という視聴者からのツッコミも想定内!?【関連記事】「さんまさんより先に死にたい」ジミー大西のさんま愛内山...more
カテゴリー:

【動画27本まとめ】ケンコバ×庄司 くっきー×ノブ よしもと芸人コンビの枠を超えた「SDGsについて考えはじめた人々」 - 10月21日(土)07:00 

吉本興業は、国連が設けている持続可能な開発目標“SDGs(エスディージーズ)”推進の取り組みとして、よしもと芸人によるPRムービー「SDGsについて考えはじめた人々」を制作。 国連広報センターの協力のもと、オリエンタルラジオ・藤森、FUJIWARA・藤本、トレンディエンジェル・斎藤、ジミー大西、ケンドーコバヤシ、おかずクラブ、千鳥ら人気芸人がコンビの枠を越えてSDGsを語る全27本の動画が公開されました。 総集編 https://youtu.be/yrFiOlzQM94 SDGsとは、2015年に国連で採択された国際的な行動計画で、持続可能な社会の実現のため2030年までに世界が取り組む「17の目標」(貧困・福祉・教育・気候変動など)を掲げたもの。見るからにお堅そうな案件ですが、さすが吉本、やることが手広いです。とはいえ、動画の内容はお笑いファンにとって一見の価値あり。 レトロな喫茶店を舞台に、FUJIWARA・藤本と笑い飯・西田、野性爆弾・くっきーと千鳥・ノブ、ジミー大西と平成ノブシコブシ・吉村、ケンドーコバヤシと品川庄司・庄司など、コンビの枠を超えて真剣に(?)地球の未来を語り合う内容となっています。 どこまでがセリフでどこからがアドリブか分からない、クスッと笑えて思わずSDGsについて気になってしまう動画シリーズ。全27本をまとめてみました。 1・オリラジ藤森A 15秒 h...more
カテゴリー:

「ダウンタウンの次は私らだ」ハイヒール・リンゴ、東京進出への思いを回顧 - 10月20日(金)15:39 

ハイヒール・リンゴが、10月21日(土)14時27分からカンテレで放送されるバラエティ番組『おかべろ』にゲスト出演。華のNSC1期生である「ハイヒール」が、同期のダウンタウンを筆頭に多くの芸人が東京進出した時の思いを語る。また「ロンドンブーツ1号2号」というコンビ名の由来に「ハイヒール」が関係していたことが明かされる。この番組は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村隆史(ナインティナイン)と店主の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から“ここだけ”の話を引き出していくシチュエーショントークバラエティ。モモコと共に組むお笑いコンビ「ハイヒール」。同期であるダウンタウンやトミーズ、ジミー大西らが東京に進出していった当時について「東京に行きたいという願望はありました?」と、岡村から直球の質問が飛ぶと、リンゴは「結婚するまではありました」と、本音をポロリ。表向きには意地を張っていたものの、「ダウンダウンが東京に行った時に、次は私らだと思っていた!」と当時の思いを激白。しかし、のちに「大阪色の強い自分たちのキャラクターのままでは、東京では通用しなかった」と思ったと言い、「その時にくっついて行ったら、全員売れなかったわ」と回顧する。また、現在では東京の番組にも多く出演するリンゴが、東京と大阪のテレビ局の違いを大胆告白。コンビ結成30周年を機に、2012年に漫才を再開させたハ...more
カテゴリー:

大竹しのぶの還暦祝パーティーに『金スマ』独占潜入 - 10月18日(水)17:52 

 女優の大竹しのぶが出演する、20日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜 後8:57)では大竹の盛大な還暦祝パーティーの模様をテレビで初公開する。2001年10月19日の初回放送を迎えた同番組では17年目突入特別版として、今年7月、大竹の誕生日当日に開催された笑いと感動に満ちた還暦祝パーティーに独占潜入した。 【写真】泉谷しげると「黒の舟唄」を披露  大竹の誕生日当日、ジャズの殿堂『ブルーノート東京』には、明石家さんま、安住紳一郎(TBSアナウンサー)、綾瀬はるか、池上季実子、泉谷しげる、市村正親、岩崎宏美、宇崎竜童、江川卓、奥田瑛二、キムラ緑子、木村佳乃、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、清水依与吏(back number)、清水ミチコ、ジミー大西、鈴木杏、高橋克実、高橋優、段田安則、寺島しのぶ、豊川悦司、なかにし礼、中村勘九郎、中村七之助、西川貴教、野田秀樹、野田洋次郎(RADWIMPS)、平野レミ、藤原竜也、古田新太、ベック、前田愛、三谷幸喜、宮本亜門、山崎まさよしらそうそうたるメンバーが集結。  冒頭から大竹とともに登場した六代目中村勘九郎の長男・中村勘太郎くん、次男・中村長三郎くんが「これから大好きなたけばぁのお誕生日会です」という開会宣言で華々しく幕を開け、途中には60歳にちなみ「大竹しのぶが人生で影響を受けた60人の男性」を紹介する流れに。...more
カテゴリー:

「ダウンタウンの次は私らだ」ハイヒール・リンゴ、東京進出への思いを回顧 - 10月21日(土)09:00 

ハイヒール・リンゴが、10月21日(土)14時27分からカンテレで放送されるバラエティ番組『おかべろ』にゲスト出演。華のNSC1期生である「ハイヒール」が、同期のダウンタウンを筆頭に多くの芸人が東京進出した時の思いを語る。また「ロンドンブーツ1号2号」というコンビ名の由来に「ハイヒール」が関係していたことが明かされる。この番組は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村隆史(ナインティナイン)と店主の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から“ここだけ”の話を引き出していくシチュエーショントークバラエティ。モモコと共に組むお笑いコンビ「ハイヒール」。同期であるダウンタウンやトミーズ、ジミー大西らが東京に進出していった当時について「東京に行きたいという願望はありました?」と、岡村から直球の質問が飛ぶと、リンゴは「結婚するまではありました」と、本音をポロリ。表向きには意地を張っていたものの、「ダウンダウンが東京に行った時に、次は私らだと思っていた!」と当時の思いを激白。しかし、のちに「大阪色の強い自分たちのキャラクターのままでは、東京では通用しなかった」と思ったと言い、「その時にくっついて行ったら、全員売れなかったわ」と回顧する。また、現在では東京の番組にも多く出演するリンゴが、東京と大阪のテレビ局の違いを大胆告白。コンビ結成30周年を機に、2012年に漫才を再開させたハ...more
カテゴリー:

吉本興業、国連と動画制作 課題解消に向けてオリラジ藤森「感謝の気持ちを行動で」 - 10月21日(土)04:00 

 吉本興業がSDGs(持続可能な開発目標)推進のための取り組みとして、よしもと芸人が出演するPR動画『SDGsについて考えはじめた人々』を21日に公開した。一部の動画は、よしもとの各劇場と、21日からの1週間、「ユナイテッドシネマ豊洲」「T-ジョイPRINCE品川」「109シネマズ川崎」の劇場で放映される。 【画像】渋く決めるFUJIWARA・藤本敏史と笑い飯・西田  SDGsとは貧困や格差など世界が抱える課題解消を目指して国連が設けている持続可能な開発目標のこと。動画はSDGsの活動内容の認知促進を目的に、国連広報センターの協力のもと制作された。オリエンタルラジオの藤森慎吾、FUJIWARAの藤本敏史、トレンディエンジェル斎藤司、ジミー大西、ケンドーコバヤシ、おかずクラブ、千鳥ら人気の芸人がレトロな喫茶店を舞台にショートコントのようにSDGsを語る。全27本。  藤森は「いい具合に軽さが出ていますね。でも地球には身近に出来る恩返しがあるので、みなさん感謝の気持ちを行動で!」と呼びかけ、トレエンの斎藤は「なかなか本腰をいれて芝居をしました。ガンバレルーヤとやらせて頂きましたけど、僕の頭をみて、、危機感が伝われば! 国連と共に伝えていければいいですね」と意気込み。藤本は「みんな! 地球にもっと優しくしようぜ! まず自分に何ができるか考えよう!」とメッセージしている。 【関連...more
カテゴリー:

俳優・国広富之がもつ画家の顔「夢はNYでの個展」 - 10月19日(木)06:00 

「ニューヨークで個展を開くのが、目標。そのためにもどんどん描きます」 国広富之個展『聖なる次元への眼差し』(東京「ギャラリーむらうち」・10月22日まで)会場で、自信作《縁日》を前に、そう話す俳優・国広富之(64)。京都生まれの国広は、大学を卒業後、俳優養成所に入って1年目にドラマ『岸辺のアルバム』出演でブレーク。 順風満帆のスタートを切った役者人生と並行して、28歳から続けていたのが、“絵を描くこと”だった。 「とにかく忙しくても絵は描き続けてきました」(国広・以下同) これまで描き上げた作品数は膨大で、開催中の個展でも75点を展示。 「一昨年母が、去年父が他界してから、心が大きく変化したように感じます。人生の悲喜こもごもが、発酵して、燃焼して、絵になるんです。去年からは抽象画ばかり描くようになりました。何かがきっかけでまた変わるかもしれないけれど」 1枚あたりの制作期間は2カ月。「常に5枚くらい並べて描いています」と国広は語る。今後も、俳優と画家、二足のわらじ。 「俳優も面白いし、画家も面白いんです」【関連記事】「さんまさんより先に死にたい」ジミー大西のさんま愛SMAP 香取は画家修業…メンバーたちの“再スタート計画”「芸術家3兄妹」育てた母、娘と二人三脚の50年の思い出
カテゴリー:

「ジミー大西」の画像

もっと見る

「ジミー大西」の動画

Wikipedia

ジミー大西(ジミーおおにし、1964年1月1日 - )は、日本のお笑いタレント画家である。本名は大西 秀明(おおにし ひであき)、名前の由来は豊臣秀吉が元日に産まれたことから「秀」と明けましておめでとうの「明」を組み合わせたもの。

大阪府八尾市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。血液型はA型。既婚。

デビューまで

勉強は苦手だったが、運動神経はよく、八尾市立安中小学校時代は、ボーイズリーグ八尾フレンドに所属。八尾フレンドの4年後輩には桑田真澄がいた(桑田は八尾市立成法中学校の後輩で...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる