「ジミー」とは?

関連ニュース

【お笑い】松本人志「ドキュメンタル」に“身内だらけ”とネット上で批判飛び交う - 04月24日(火)10:21  mnewsplus

松本人志「ドキュメンタル」に“身内だらけ”の批判! 2018/04/23 18:15 https://asajo.jp/50602 「真の笑いの頂点を決する」と謳うには、バランスを欠いているのでは?  4月20日よりAmazonプライム・ビデオで配信されるバラエティ番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン5のメンバーが発表された。  10人のお笑いスペシャリストが一堂に会し、制限時間の6時間を笑わずに耐え凌いだ最後の1人へ賞金1100万円が贈呈されるという同企画。 シーズン5となる今回の出演者には、ジミー大西、千原ジュニア、ケン...
»続きを読む
カテゴリー:

【海外】米『タイム』誌が2018年度最も影響力のある100人を発表、エンタメ界から選出されたのは? - 04月23日(月)10:07  mnewsplus

アメリカの「タイム」誌が、2018年度の世界で最も影響力のある100人を発表した。 ハリウッドからは女優のニコール・キッドマン、ガル・ガドット、ミリー・ボビー・ブラウン、俳優のヒュー・ジャックマン、チャドウィック・ボーズマン、ギレルモ・デル・トロ監督、ラッパーのカーディ・B、歌手のケシャ、ショーン・メンデス、ジェニファー・ロペス、リアーナ、司会者のオプラ・ウィンフリー、ジミー・キンメルらが選ばれた。 さらにアメリカのドナルド・トランプ大統領、イギリスのヘンリー王子と婚約者のメーガン・マークル、安倍首...
»続きを読む
カテゴリー:

アンドリュー・ランドリーがツアー初優勝!ツアー4勝のS・オヘアは「66」の猛追も2位タイ - 04月23日(月)07:16 

<バレロ・テキサス・オープン 最終日◇22日◇TPCサンアントニオ(7,435ヤード・パー72)> 米国男子ツアー「バレロ・テキサス・オープン」の全競技が終了し、最終日に4ストローク伸ばしたアンドリュー・ランドリー(米国)がトータル17アンダーでツアー初優勝を挙げた。 ヒーロー・小平智が凱旋帰国!空港でのお出迎えに本人もびっくり! 2打差・2位タイには、8バーディ・2ボギーの「66」と猛追を見せたツアー4勝のショーン・オヘア(米国)と、トレイ・マリナクス(米国)が入った。首位と3打差・4位にはジミー・ウォーカー(米国)が続いた。 昨シーズン覇者のケビン・チャペル(米国)は、トータル3アンダー・30位タイ。先週行われた「RBCヘリテイジ」で、小平智にプレーオフで破れたキム・シウー(韓国)は、トータル1アンダー・45位タイに終わった。 【最終結果】 優勝:アンドリュー・ランドリー(-17) 2位T:ショーン・オヘア(-15) 2位T:トレイ・マリナクス(-15) 4位:ジミー・ウォーカー(-14) 5位:ザック・ジョンソン(-13) 30位T:ケビン・チャペル(-3) 45位T:キム・シウー(-1) 【関連リンク】 ・バレロ・テキサス・オープンの最終結果はリーダーボードで ・「世界のトップを争いましょう」松山英樹が初優勝の小平智にエール ・米ツアーチャンプになった小平智は、...more
カテゴリー:

松本人志『ドキュメンタル』シーズン5が配信スタート! 千原ジュニア・ケンコバ・ロバート秋山ら出演 - 04月20日(金)16:30 

4月20日、動画配信サービスAmazon Prime Videoで人気お笑い番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』の最新作、シーズン5の見放題独占配信がスタートした。毎週金曜日に1話ずつ更新され全5話構成となる。 同シリーズは松本人志さんのアイデアで誕生し、シーズン1が2017年上半期『日本Amazonランキング大賞』プライム・ビデオ総合部門1位を獲得した人気番組。 毎回10人の芸人が参加費100万円を支払って参加し、地上波ではとうてい放送できない過激なバトルを経て、最後まで笑わなかった者が賞金1000万円を勝ち取るという“密室笑わせ合いサバイバル番組”。 今回もMCの松本さんの他、ジミー大西さん、千原ジュニアさん、ケンドーコバヤシさん、陣内智則さん、たむらけんじさん、ハリウッドザコシショウさん、サバンナ高橋さん、ロバート秋山さん、狩野英孝さん、かまいたち山内さんら10人が出演する。 「ただただスベってるって感じちゃうと滅入ってくると思うので、”大丈夫、ウケてるけど、みんな我慢してるだけだ”と思い込んで挑みたいと思います。」(千原ジュニア) 「とにかく準備してきたネタを全部出し切りたい。今回で参加するのが3回目となるので、そろそろ優勝したいです。」(ロバート秋山) 「みんなを笑かして、ちゃんと面白いやつと思われながら賞...more
カテゴリー:

【お笑い】松本人志「ドキュメンタル」シーズン5参加者が判明!千原ジュニア、陣内、たむけんら初参戦 - 04月20日(金)10:37  mnewsplus

松本人志プロデュースによるAmazon Prime Videoのバラエティー番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン5が、20日より配信開始。 配信日まで明かされなかったシーズン5の参加者が全員判明した。 「ドキュメンタル」は、密室に集められた参加者10人が互いを笑わせあい、優勝者が賞金1100万円を手にすることができるバラエティー。 賞金は参加者がそれぞれ用意した参加費100万円と、松本人志が出資する100万を加えたもので、制限時間6時間の中で最後の一人に残ったものが1100万円を獲得し、負ければ100万円を失う。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ランディ・サベージ マッチョマンの孤独――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第66話> - 04月24日(火)08:31 

 ハルク・ホーガンと長編ドラマのロングランをくり広げたスーパースターだった。  “レッスルマニア1”(1985年)から“レッスルマニア3”(1987年)までが“ホーガン物語・第1章”だとすると、“レッスルマニア4”(1988年)から“レッスルマニア8”(1992年)までの5年間がWWEにおける“マッチョマン”ランディ・サベージの時代ということになる。  ベビーフェースとしてもヒールとしてもつねに主役のポジションを演じつづけた。  “レッスルマニア3”(1987年3月29日=ミシガン州ポンティアック、シルバードーム)でのリッキー・スティムボートとのインターコンチネンタル選手権は、いまでもプロレス史に残る名勝負として語り継がれている。  体格的には“小型ホーガン”のような筋肉マン・タイプだったが、ディテールにこだわったキメのこまかい動きをつねに計算し、リングの広さやトップロープの高さをひじょうにうまく観客に伝える“2階席からもよくわかるプロレス”の名人だった。  サベージがテッド・テビアスを下しWWE世界ヘビー級王座を獲得し、最愛のパートナーであるエリザベスElizabethの肩にチャンピオンベルトをかけた“レッスルマニア4”の感動のラストシーンがサベージのスーパースターとしてのステータスを不動のものにした(1988年3月27日=ニュージャージー州アトランティックシティー)。...more
カテゴリー:

カウボーイボブ・オートン レスラー仲間からリスペクトされたバンプ=受け身――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第65話> - 04月23日(月)08:31 

 ロディ・パイパー、ポール・オーンドーフとともに1980年代前半のWWEの大悪役トリオとして活躍した。  パイパーがおしゃべりの達者なグループのリーダー格、オーンドーフが元プロ・フットボール選手の筋金入りのアスリートといった役どころだったのに対し、テンガロン・ハットに革ベストの“カウボーイ”ボブ・オートンはバンプ(受け身)がとれる寡黙なボディーガードというポジションだった。  “レッスルマニア1”(1985年3月31日=マディソン・スクウェア・ガーデン)のハルク・ホーガン&ミスターT対パイパー&オーンドーフのタッグマッチでは、ホーガン・チームにはジミー・スヌーカ、パイパー・チームにはオートンがそれぞれセコンドについていた。  じつはこのレイアウトには、スヌーカとオートンがリングサイドで大乱闘を演じることによって観客の視線をできるだけミスターTからそらすという目的があった。  アクション映画俳優のミスターTはこの試合のために約1カ月間、プロレスのトレーニングを受けたが、そんなにかんたんに試合ができるようになるはずはなかった。  オートンはミズーリ大中退後、ヒロ・マツダ、エディ・グラハム、ジャック・ブリスコの3人のコーチを受け、1971年にフロリダでプロレスラーとしてデビューした。  デビュー当時は父“ビッグO”ボブ・オートンとの“親子タッグ”で南部エリアをサーキットし、そ...more
カテゴリー:

A・ランドリー、Z・ジョンソンが首位で最終日へ T・マリナクスが前日22位から急浮上 - 04月22日(日)07:15 

<バレロ・テキサス・オープン 3日目◇21日◇TPCサンアントニオ(7,435ヤード・パー72)> 米国男子ツアー「バレロ・テキサス・オープン」3日目の競技が終了。トータル13アンダーの首位には、6バーディ・2ボギーとスコアを伸ばしたZ・ジョンソンと、2位からスタートし5バーディ・ノーボギーの「67」を記録したアンドリュー・ランドリー(ともに米国)が並んでいる。 【動画】バレロ・テキサス・オープン 2日目のハイライト 1打差の3位には、2イーグル・7バーディ・1ボギーと大きくスコアを伸ばしたトレイ・マリナクス(米国)が続いている。トータル11アンダーの4位にライアン・ムーア(米国)がつけている。 前年度優勝者のケビン・チャペル(米国)はトータル5アンダーの20位タイ。先週の「RBCヘリテイジ」で、優勝した小平智とプレーオフを争ったキム・シウー(韓国)はトータルイーブンパーの59位タイで最終日に臨む。 【3日目までの順位】 1位T:アンドリュー・ランドリー(-13) 1位T:ザック・ジョンソン(-13) 3位:トレイ・マリナクス(-12) 4位:ライアン・ムーア(-11) 5位T:ショーン・オヘア(-9) 5位T:ジミー・ウォーカー(-9) 5位T:クリス・カーク(-9) 5位T:マーティン・レアード(-9) 【関連リンク】 ・バレロ・テキサス・オープン 成績 ・【動画...more
カテゴリー:

ジョージ・クルーニー妻、アンジーも真っ青の激ヤセに心配の声! - 04月20日(金)11:45 

ジョージ・クルーニーの妻アマル・クルーニーが、コロンビア大学のロースクールに、コートやジャケットを羽織らずに半袖で出勤。激ヤセに懸念の声があがっている。 【写真を見る】骨が浮き出るほどガリガリに…心配を集める痩せ方のアマル・クルーニー/写真:SPLASH/アフロ ニューヨークは、4月だというのに気温が低かったこともあってこれまでアマルは常にジャケットやコートを着用していたが、今回気温が上がったこともあり、半袖の黒いTシャツに、ドルチェ&ガッバーナの黒地にピンクのバラの模様が入ったタイトスカートという春らしい出で立ちで出勤。 また、翌々日には、26度という初夏のような気温に対応して、クリーム色の膝上のプリーツスカートと半袖のトップスに、ジミー チュウの花柄のパンプスという出で立ちで出勤する様子がE!ニュースなどで紹介された。 ジョージと交際を始めてからメディアの目にさらされることになったアマルは、かつても激ヤセが懸念されていたが、今回はさらに痩せてしまった様子。特にTシャツとスカートはボディラインがくっきり出てしまうファッションで、クリーム色のツーピースは、サイズが大きすぎるのか服の中でボディが泳いでいる感が否めないことから、ネットユーザーたちからは「痩せすぎ」「アンジーなんてもんじゃなく、ガリガリ!」「産後はちょっとふくよかだったけど、また痩せちゃったみたい」「昔はサイズが合ってい...more
カテゴリー:

松本人志『ドキュメンタル』シーズン5の参加者10人発表 ジュニア、陣内、ザコシショウら7人が初参戦 - 04月20日(金)10:00 

 きょう20日から配信されるAmazonプライムビデオの人気シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のシーズン5が(毎週金曜に1話更新、全5話)参加者10名が、明らかになった。初参戦となる千原ジュニア(千原兄弟)、陣内智則、たむらけんじ、高橋茂雄(サバンナ)、ハリウッドザコシショウ、狩野英孝、山内健司(かまいたち)の7人と、経験者であるジミー大西、秋山竜次(ロバート)、ケンドーコバヤシの3人が熱い戦いを繰り広げる。 【写真】前回は…宮迫、フジモン、千鳥らが参戦  同シリーズは松本が主宰する“密室笑わせ合いサバイバル”。同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で「笑わせ合う」のが基本ルールで、笑ってしまいレッドカードが出たら即退場となる。笑いを仕掛け、笑いに耐え、見事激しい攻防をくぐり抜け最後に残った1人が賞金1100万円を手にできる。シーズン5では、参加者以外に“助っ人”を1人呼ぶことができるという新ルールを追加。これまでは参加者のみによる“笑いの聖域”だったスタジオに第三者が加わることで、さらなる“笑劇”が期待される。  今回、初の参戦となるジュニアは「ただただスベってるって感じちゃうと滅入ってくると思うので『大丈夫、ウケてるけど、みんな我慢してるだけだ』と思い込んで挑みたいと思います」と意気込み。陣内も「せめて3話目くらいまでは...more
カテゴリー:

もっと見る

「ジミー」の画像

もっと見る

「ジミー」の動画

Wikipedia

株式会社ジミーは、沖縄県宜野湾市に本社を置き、菓子、パン製造小売業などを行っている企業である。米軍基地内で働いていた創業者が1956年に宜野湾市にてアメリカンスタイルのスーパーマーケットを開業したのが始まりである。その後、菓子、パン製造業、レストラン事業を開始し、現在に至っている。

沖縄県ではケーキ、クッキー製造店として有名である。

企業、及び店名である「ジミー」は、開業当時、米軍基地内で働いていた創業者が、アメリカ人の友人から呼ばれていたニックネームが由来となっている。

沿革
  • 1956年 5月 - 稲嶺盛保が宜野湾市にジミーグロセリーとして開業。
  • 1958年 5月 - ジミーベーカリーに改名。
  • 1976年 3月5日 - 有限会社ジミーベーカリーとなる。
  • 1976年12月23日 - 宜野湾市に大山店新店舗がオープン。
  • 1981年10月1日 - 県内初のPOSシステムを導入。
  • 1982年11月12日 - 那覇市に那覇店がオープン。
  • 1984年7月27日 - 有限会社ジミーベーカリーより販売部門を分離して、株式会社ジミー設立。
  • 1985年11月22日 - 嘉手納町に嘉手納店がオープン。
  • 1989年1...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる