「ジミー」とは?

関連ニュース

映画史上最大級の大爆発『バーニング・オーシャン』本編映像解禁 - 04月23日(日)13:00 

 現在公開中の映画『バーニング・オーシャン』の本編特別映像が解禁となった。映像ではガスや油がエンジン室に引火し、瞬く間に石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」が火の海と化していく様子が大迫力で描かれている。映像は27秒という短い時間ではあるが、その描写はまさに圧巻である。【関連】『バーニング・オーシャン』場面写真フォトギャラリー 本作は2010年4月20日にメキシコ湾沖で発生したメキシコ湾原油流出事故の様子をニューヨーク・タイムズ記者による生存者への克明なインタビューを基にして描くディザスター大作。奇跡の生存者の一人、電気技師のマイクには、大作『トランスフォーマー/最後の騎士王』が控えるマーク・ウォールバーグ、現場責任者の施設主任ジミーを『バックドラフト』のカート・ラッセル、石油会社の管理職社員ヴィドリンをジョン・マルコヴィッチが演じる。ほかにも、『メイズ・ランナー』シリーズのディラン・オブライエン、ジーナ・ロドリゲス、ケイト・ハドソンといったメンバーが脇を固める。  今回、公開された映像はクライマックス直前の本編映像。わずか27秒だが、まるで生きているかのような炎に目が奪われる。その炎は、驚くべき早さで可燃性ガスが充満した施設内を動き回り、次々と爆発を誘発していく。施設内取り残された作業員126人の運命は…。 本作でメガホンを取ったのは、ダイナミックな描写と細部にまでこだ...more
in English
カテゴリー:

映画版「お前はまだグンマを知らない」間宮祥太朗は山中でパンツを下ろす!? - 04月22日(土)14:40 

 間宮祥太朗が主演したドラマの映画版「お前はまだグンマを知らない」が4月22日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」のTV DIRECTOR'S MOVIE部門で上映された。間宮は共演の吉村界人、「ロバート」の山本博、椿鬼奴、水野格監督とともに、那覇・桜坂劇場での舞台挨拶に臨んだ。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  同作は、井田ヒロト氏が「月刊コミック@バンチ」(新潮社刊)のウェブコミック配信サイト「くらげバンチ」で、2013年10月から配信中の漫画が原作。井田氏が、中学校1年生時に群馬県高崎市に引っ越してきた際の体験がベースとなっている。  間宮は、開口一番「見どころばかりの沖縄でグンマの映画を見ていただいて、ありがとうございます」とニッコリ。群馬出身の山本は、「皆さんが群馬に来たらヒーローですよ。群馬では原作が『ワンピース』よりも売れていますから」と明かした。  群馬での撮影を聞かれた間宮は、「山の上の方でパンツを下ろしたら寒いんですよ。雪もとけ切っていないし、ずっとその状態で待っていましたよ」と振り返り、場内を驚かせた。そして、自らの着用したシャツを見て「完全に沖縄にかぶれた格好ですよねえ」と、照れ笑いを浮かべていた。  「ニッポン最後の秘境」「古代グンマー帝国」などと言われているが、その実態を知る者はいない謎多きグンマに転校...more
in English
カテゴリー:

映像化不可能といわれた城戸賞受賞作を映画化「クロス」公開決定 - 04月21日(金)06:00 

 脚本家・宍戸英紀に第39回城戸賞をもたらした「クロス」が映画化され、7月1日から東京・渋谷のユーロスペースで公開されることがわかった。同作は劇場公開に先立ち、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で4月21日、那覇・桜坂劇場でワールドプレミア上映されることも発表された。  残酷なまでに人間の心の淵を描き出すため「映像化不可能」と言われてきた同作の映画化に挑んだのは、映画プロデューサーの奥山和由氏と「蝉しぐれ」で日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞した釘宮慎治の2人。共同でメガホンをとった意欲作で、主演の紺野千春をはじめ山中聡、Sharo、ちすん、秋本奈緒美、斎藤工らが脇を固めている。  愛する人の妻を殺してしまった過去に苦悩する女性という難役に挑んだ紺野は、これまでに「青春☆金属バット」「プルコギ」「オーファーザー」など、話題作に多く出演している。自らの役どころについては、「十字架を背負った人間像を過剰に見せ過ぎず、日常に溶け込んでいて欲しいという監督の言葉を軸に撮影の間は主人公と重なり生きました」と語っている。  また、“和製スティービー・ワンダー”の異名を持つ盲目のピアニスト・木下航志が映画音楽を手がけている。「全盲の私に映画音楽ができるのか不安でしたが、ストーリーを聞いた時から音楽が浮かんできました。この映画に音楽という形で携わる事ができ、新たな...more
in English
カテゴリー:

羽田圭介「沖縄国際映画祭」特別上映作品舞台あいさつに緊急参戦 - 04月20日(木)11:31 

4月20日(木)から4月23日(日)まで開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で、“特別上映作品”として上映される「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。」の舞台あいさつに、芥川賞受賞作家の羽田圭介が登壇することが決定した。 【写真を見る】「バス旅」では蛭子&太川の後を継いだ羽田圭介 「ワレワレハワラワレタイ―」は、木村祐一が笑福亭仁鶴から気鋭の若手まで107組の芸人にインタビューするドキュメンタリー作品。 人気芸人たちが、普段はほとんど明かすことのない、“芸人という人生”に対する葛藤やプライドをありのままに語っている。 2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐべくスタートさせたプロジェクトの第一弾だ。 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。笑福亭仁鶴/ガレッジセール/スリムクラブ編」4月21日(金)夜7時40分:沖縄花月…登壇者=ペナルティ、野性爆弾、たかし(トレンディエンジェル)、横澤夏子、木村祐一 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。今田耕司/東野幸治/ピース/オリエンタルラジオ編」4月22日(土)夜6時40分:沖縄花月…登壇者=板尾創路、レイザーラモンRG、椿鬼奴、NON STYLE、木村祐一、羽田圭介 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。ザ・...more
in English
カテゴリー:

MISIA、明石家さんま企画ドラマの主題歌で甲斐バンド「最後の夜汽車」をカバー - 04月19日(水)14:44 

MISIAが、世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナル・ドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」(7月7日より全9話世界同時配信)の主題歌を担当することが決定した。楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム「この夜にさよなら」に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない楽曲だ。同ドラマは、ジミー大西が「お笑い」から「世界的画家」になるまでの物語。ジミーや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に大笑いしながら、孤独や劣等感を抱えて成長していく姿、支える人々の愛と友情にホロリとさせられるエンターテインメント作品となっている。本日公開された予告編では、ジミーの、“ありえへん”本当のエピソードの一部を公開。同じ体に入れるなら「こっちが早い」と思い、点滴を飲む。交通渋滞だと思ってずっと車を留めていたら、前の車は駐車中の止まっている車だった。ことわざを聞けば「人のふり見て」「どないする」、「馬の耳に」「イヤリング」と答え、警察犬と匂いで犯人を当てる対決をするなど…。本編では、これ以上に“ありえへん”エピソードの数々が描かれている。ジミー役は中尾明...more
in English
カテゴリー:

小沢仁志「ビー・バップ・ハイスクール」撮影秘話を暴露 - 04月22日(土)21:30 

 俳優の小沢仁志が4月22日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で上映された「ビー・バップ・ハイスクール」の特別講師として登壇し、同作のファンである桂三度、品川祐、「トータルテンボス」の大村朋宏、藤田憲右らとともに鑑賞しながらオーディオコメンタリーに臨んだ。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  同作が上映されたのは、新しい映画の見方を提案する部門「桜坂映画大学」。1980年代に一世を風びした、東映が製作した不良映画の金字塔的作品だ。しかし、小沢は「当時の東映宣伝部の俺らに対する扱いはひどかった。ホテルとかで会見するときだって、俺らだけ『おまえらはこっちだ!』って、貨物エレベータで移動したんだもん」と明かし、客席を驚かせた。  主人公のヒロシ&トオルに扮した清水宏次朗と仲村トオルは今作をきっかけにスターダムを駆け上った。また、当時人気絶頂にあったアイドルの中山美穂が、ヒロインの泉今日子を演じたことも大きな話題を呼んだ。  小沢は、冒頭の映像を見ながら「これさ、オールアフレコだからね。撮影やった日の夜にスタジオへ入って、アフレコをやっていたんだよ」と述懐。学生服にも触れ、「ボンタンだよなあ。あの頃はヒロシモデルとか、トオルモデルとか発売されたんだよ」とつぶやいていた。  また、電車を使ったアクションシーンについても言及し、「割れる(よう...more
in English
カテゴリー:

『24 -TWENTY FOUR- レガシー』、7月21日(金)ブルーレイ&DVDリリース - 04月21日(金)21:10 

海外ドラマブームを日本に巻き起こしたサスペンスドラマ『24 -TWENTY FOUR-』が史上最高のスケールとパワーで復活を遂げたスピンオフ、『24 -TWENTY FOUR- レガシー』。リアルタイムで複数の出来事が進行していくという手法はそのままで、おなじみのスタッフと新たなキャストが手を組んだ、待望の『24』新章だ。本作のDVDコレクターズBOXが、7月21日(金)より発売されることが決定した。これまで主役を務めてきたジャック・バウアー役のキーファー・サザーランドが、製作総指揮を担当する今作。ジャックに代わって新たな主人公、米軍エリート部隊出身のエリック・カーターに扮するのは、『ウォーキング・デッド』のヒース役でも知られる、ハリウッド注目の若手コーリー・ホーキンズ。彼に協力するCTU(テロ対策ユニット)元局長のレベッカ・イングラム役は『HOMELAND』のミランダ・オットー、彼女の夫である上院議員ジョン・ドノヴァン役は『サンズ・オブ・アナーキー』のジミー・スミッツ。史上最凶のテロリストに主人公エリックとCTUが挑む。また、本家『24』で人気を集めたトニー・アルメイダ(カルロス・バーナード)をはじめ、往年のファンには嬉しいキャラクターも登場し、前作との関係も続々と明かされる。前作『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』同様に"リアルタイム進行"はそのままの12話...more
in English
カテゴリー:

「バーニング・オーシャン」実力派俳優の演技対決を収めた特別映像公開 - 04月20日(木)18:00 

 「ローン・サバイバー」で初タッグを組み、「パトリオット・デイ」(6月9日公開)が控えるピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグが、2010年に発生したメキシコ湾原油流出事故を描く「バーニング・オーシャン」の新たな特別映像が、公開された。ウォールバーグをはじめとする出演陣にフォーカスを当てている。 ・「バーニング・オーシャン」特別映像はこちら!  主任電気技師マイク役のウォールバーグに加え、「ワイルド・スピード」のカート・ラッセル(施設主任のジミー役)、「トランスフォーマー」や「RED レッド」シリーズのジョン・マルコビッチ(石油会社のヴィドリン役)、「メイズ・ランナー」シリーズで知られるディラン・オブライエン(掘削チームの作業員ケイレブ役)、コメディドラマ「ジェーン・ザ・ヴァージン」で第72回ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞したジーナ・ロドリゲス(管理室で働くアンドレア役)、「あの頃ペニー・レインと」や「私だけのハッピー・エンディング」のケイト・ハドソン(マイクの妻フェリシア役)が結集した本作。  映像では、ジミーとヴィドリンが対立するシーンや、マイクとフェリシアがパソコン越しに会話するシーンなどを収録。バーグ監督が「役者が全員本当に才能豊かだから、名演技を見られて監督として楽しかったよ」と語っているほか、「マークはプロだ。いとも簡単に演じているように見える」(オブ...more
in English
カテゴリー:

MISIA、明石家さんま企画のドラマ主題歌を担当 - 04月20日(木)11:00 

7月7日より世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の主題歌をMISIAが担当することが決定した。 楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム『この夜にさよなら』に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない楽曲だ。 MISIAは「今回、Netflixドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の主題歌のお話を通じて、甲斐バンドさんの「最後の夜汽車」と初めて出会いました。素晴らしい曲で、本当に素敵な出会いをいただいたと思っています。また、この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、「さんまさんから見る東京」、または「ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車」のようにも感じ、曲をどのように仕上げるのが良いのか、とてもイメージがしやすかったです」とコメント。 「アレンジはNYにいる黒田卓也くんに頼み、オケをNYでレコーディングしてもらいました。ジャジーで温かく切ないサウンドに仕上がったと思います。ドラマは、皆さまより一足先に見させていただきました。8~9割は笑いながら観ているのに、突然ホロリときてしまう。また、さんまさんの笑いに対する哲学から、人生の哲学...more
in English
カテゴリー:

MISIA、甲斐バンド「最後の夜汽車」カバー 明石家さんまプロデュースのドラマ主題歌 - 04月19日(水)08:52 

 歌手のMISIAが、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 (7月7日より全9話世界同時配信)の主題歌として、甲斐バンドの「最後の夜汽車」をカバーすることが明らかになった。 【動画】『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』本編映像(予告)  同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム『この夜にさよなら』に収録され、さんま自身が「芸人にも相通じる音楽だ」と愛してやまない曲。MISIAは「この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、『さんまさんから見る東京』、または『ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車』のようにも感じ、曲をどのように仕上げるのが良いのか、とてもイメージがしやすかったです」と話している。  今回のアレンジは米ニューヨーク在住のジャズトランペット奏者・黒田卓也が手掛け、「ジャジーで温かく切ないサウンドに仕上がった」(MISIA)というボーカル以外の音はニューヨークでレコーディングされた。  同ドラマは、ジミー大西が「お笑い」から「世界的画家」になるまでの物語。ジミーや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に大笑いしながら、孤独や劣等感を抱...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ジミー」の画像

もっと見る

「ジミー」の動画

Wikipedia

株式会社ジミーは、沖縄県宜野湾市に本社を置き、菓子、パン製造小売業などを行っている企業である。米軍基地内で働いていた創業者が1956年に宜野湾市にてアメリカンスタイルのスーパーマーケットを開業したのが始まりである。その後、菓子、パン製造業、レストラン事業を開始し、現在に至っている。

沖縄県ではケーキ、クッキー製造店として有名である。

企業、及び店名である「ジミー」は、開業当時、米軍基地内で働いていた創業者が、アメリカ人の友人から呼ばれていたニックネームが由来となっている。

沿革
  • 1956年 5月 - 稲嶺盛保が宜野湾市にジミーグロセリーとして開業。
  • 1958年 5月 - ジミーベーカリーに改名。
  • 1976年 3月5日 - 有限会社ジミーベーカリーとなる。
  • 1976年12月23日 - 宜野湾市に大山店新店舗がオープン。
  • 1981年10月1日 - 県内初のPOSシステムを導入。
  • 1982年11月12日 - 那覇市に那覇店がオープン。
  • 1984年7月27日 - 有限会社ジミーベーカリーより販売部門を分離して、株式会社ジミー設立。
  • 1985年11月22日 - 嘉手納町に嘉手納店がオープン。
  • 1989年1...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる