「ジミー」とは?

関連ニュース

【動画27本まとめ】ケンコバ×庄司 くっきー×ノブ よしもと芸人コンビの枠を超えた「SDGsについて考えはじめた人々」 - 10月21日(土)07:00 

吉本興業は、国連が設けている持続可能な開発目標“SDGs(エスディージーズ)”推進の取り組みとして、よしもと芸人によるPRムービー「SDGsについて考えはじめた人々」を制作。 国連広報センターの協力のもと、オリエンタルラジオ・藤森、FUJIWARA・藤本、トレンディエンジェル・斎藤、ジミー大西、ケンドーコバヤシ、おかずクラブ、千鳥ら人気芸人がコンビの枠を越えてSDGsを語る全27本の動画が公開されました。 総集編 https://youtu.be/yrFiOlzQM94 SDGsとは、2015年に国連で採択された国際的な行動計画で、持続可能な社会の実現のため2030年までに世界が取り組む「17の目標」(貧困・福祉・教育・気候変動など)を掲げたもの。見るからにお堅そうな案件ですが、さすが吉本、やることが手広いです。とはいえ、動画の内容はお笑いファンにとって一見の価値あり。 レトロな喫茶店を舞台に、FUJIWARA・藤本と笑い飯・西田、野性爆弾・くっきーと千鳥・ノブ、ジミー大西と平成ノブシコブシ・吉村、ケンドーコバヤシと品川庄司・庄司など、コンビの枠を超えて真剣に(?)地球の未来を語り合う内容となっています。 どこまでがセリフでどこからがアドリブか分からない、クスッと笑えて思わずSDGsについて気になってしまう動画シリーズ。全27本をまとめてみました。 1・オリラジ藤森A 15秒 h...more
カテゴリー:

志茂田景樹、ジミー・リャオが生んだ「星空」は「圧倒的ファンタジーに満ちている」 - 10月20日(金)22:00 

 「九月に降る風」「百日告別」のトム・リン監督が台湾の人気絵本作家ジミー・リャオ氏のベストセラーを映画化した「星空」の特別試写会が10月20日、東京・台湾文化センターで行われ、作家の志茂田景樹氏が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら  本作は2012年の大阪アジアン映画祭の特別招待作品として上映され、一般公開が熱望されながらも、それ以降は日本の版権の所在が不明とされてきた幻の作品。様々な美術品が並ぶ家で育った13歳の少女(リン・フイミン)は、美術商である両親の離婚問題に悩み、心の支えだった彫刻家の祖父の死を経験したことで、孤独な日々を送っていた。だが、スケッチブックを待って街をさまよう不思議な転校生の少年(シュー・チャオ)と交流を深めたことで、“星空”を見るための旅の出る。  2000年代初頭「君のいる場所」「君といたとき、いないとき」「地下鉄」の3部作が、日本でも人気を博した絵本作家ジミー・リャオ。「『星空』は、絵本も映画も圧倒的ファンタジーに満ちている」と絶賛する志茂田氏は「(絵本は)孤独の中には必ず恐怖もあるということを絵で表現している。ある意味では胸をしめつけられ、そして愛おしさも感じます」とリャオ氏が創出した物語の魅力を観客に伝えていた。  「転校生の父親は、絵本の船員という設定から、DV(ドメスティック・バイオレンス)を繰り返...more
カテゴリー:

志茂田景樹、77歳にして初恋エピソードに赤面「今のはジョークです」 - 10月20日(金)20:03 

 作家でタレントの志茂田景樹(77)が20日、東京・虎ノ門の台湾文化センターで行われた人気絵本が題材の映画『星空』(28日公開)の特別試写会にゲストとして参加。淡い恋の話でもあり、志茂田は初恋トークをしたが「ジョークです」と照れた。 【写真】上映前にスクリーンに絵を映写して読み聞かせを実施  “よい子に読み聞かせ隊隊長”という役割を持つ志茂田は、上映前にスクリーンに絵を映写して読み聞かせを行い、集まったファンは耳を傾けた。作品について問われると「絵本も映画も圧倒的なファンタジーに満ちています」と魅力を力説し、「ある意味では胸を締め付けられるよう、ある意味では愛おしような感じで迫ってきます」と情熱的にまくし立てた。  絵本の中ではイジメのような描写があるなど、単なる子ども向け作品ではない。志茂田は「僕の10代は孤独だったし、イジメられた時期もあった」と回想し「絵本も映画もそうですけど、自分自身の体験を重ねた部分がかなりあった。それが絵本、映画に引きつけられた大きな要素でもあると思う」と話した。  また、恋の部分について話題が及ぶと「僕は意外と奥手だった」と振り返る。「高校の2年から、どんどん背が伸び始めた。高校1年ぐらいまでは異性が、ものすごく年上みたいな感じ。精神状態は初恋の感覚だとしても相手の方が僕を2つも3つも年下に見ていた。そういう感じ(恋愛)にならないんじゃないです...more
カテゴリー:

伝説的俳優:ジミーの雄姿、後世に オリジナルネガを修復 - 10月20日(金)13:00 

 24歳で早世した米国の伝説的俳優、ジェームズ・ディーン(1931~55年)を撮った大量のオリジナルネガが、未修復のまま神戸で保管されている。60年以上前に撮影された1570カットに及ぶコレクションで、うち主要な250カットをデジタル修復し、写真展を開くプロジェクトが進行中だ。新車ポルシェ・スパイダーに乗り事故を起こして急逝する直前、運転する貴重なカットも。
カテゴリー:

俳優・国広富之がもつ画家の顔「夢はNYでの個展」 - 10月19日(木)06:00 

「ニューヨークで個展を開くのが、目標。そのためにもどんどん描きます」 国広富之個展『聖なる次元への眼差し』(東京「ギャラリーむらうち」・10月22日まで)会場で、自信作《縁日》を前に、そう話す俳優・国広富之(64)。京都生まれの国広は、大学を卒業後、俳優養成所に入って1年目にドラマ『岸辺のアルバム』出演でブレーク。 順風満帆のスタートを切った役者人生と並行して、28歳から続けていたのが、“絵を描くこと”だった。 「とにかく忙しくても絵は描き続けてきました」(国広・以下同) これまで描き上げた作品数は膨大で、開催中の個展でも75点を展示。 「一昨年母が、去年父が他界してから、心が大きく変化したように感じます。人生の悲喜こもごもが、発酵して、燃焼して、絵になるんです。去年からは抽象画ばかり描くようになりました。何かがきっかけでまた変わるかもしれないけれど」 1枚あたりの制作期間は2カ月。「常に5枚くらい並べて描いています」と国広は語る。今後も、俳優と画家、二足のわらじ。 「俳優も面白いし、画家も面白いんです」【関連記事】「さんまさんより先に死にたい」ジミー大西のさんま愛SMAP 香取は画家修業…メンバーたちの“再スタート計画”「芸術家3兄妹」育てた母、娘と二人三脚の50年の思い出
カテゴリー:

吉本興業、国連と動画制作 課題解消に向けてオリラジ藤森「感謝の気持ちを行動で」 - 10月21日(土)04:00 

 吉本興業がSDGs(持続可能な開発目標)推進のための取り組みとして、よしもと芸人が出演するPR動画『SDGsについて考えはじめた人々』を21日に公開した。一部の動画は、よしもとの各劇場と、21日からの1週間、「ユナイテッドシネマ豊洲」「T-ジョイPRINCE品川」「109シネマズ川崎」の劇場で放映される。 【画像】渋く決めるFUJIWARA・藤本敏史と笑い飯・西田  SDGsとは貧困や格差など世界が抱える課題解消を目指して国連が設けている持続可能な開発目標のこと。動画はSDGsの活動内容の認知促進を目的に、国連広報センターの協力のもと制作された。オリエンタルラジオの藤森慎吾、FUJIWARAの藤本敏史、トレンディエンジェル斎藤司、ジミー大西、ケンドーコバヤシ、おかずクラブ、千鳥ら人気の芸人がレトロな喫茶店を舞台にショートコントのようにSDGsを語る。全27本。  藤森は「いい具合に軽さが出ていますね。でも地球には身近に出来る恩返しがあるので、みなさん感謝の気持ちを行動で!」と呼びかけ、トレエンの斎藤は「なかなか本腰をいれて芝居をしました。ガンバレルーヤとやらせて頂きましたけど、僕の頭をみて、、危機感が伝われば! 国連と共に伝えていければいいですね」と意気込み。藤本は「みんな! 地球にもっと優しくしようぜ! まず自分に何ができるか考えよう!」とメッセージしている。 【関連...more
カテゴリー:

志茂田景樹、ジミー・リャオが生んだ「星空」は「圧倒的ファンタジーに満ちている」 - 10月20日(金)22:00 

「九月に降る風」「百日告別」のトム・リン監督が台湾の人気絵本作家ジミー・リャオ氏のベストセラーを映画化した「星空」の特別試写会が10月20日、東京・台湾文化センターで行われ、作家の志茂田景樹氏が...
カテゴリー:

写真:ジェームズ・ディーン遺作、神戸で秘蔵 ネガ修復中 - 10月20日(金)17:33 

 24歳で早世した米国の伝説的俳優、ジェームズ・ディーン(1931~55年)を撮った大量のオリジナルネガが、未修復のまま神戸で保管されている。60年以上前に撮影された1570カットに及ぶコレクションで、うち主要な250カットをデジタル修復し、写真展を開くプロジェクトが進行中だ。愛称「ジミー」の名で親しむ所有者の大西清太(せいた)さん(85)は「ジミーを知らない若い世代にも新たによみがえった姿を見てほしい。本人が一番喜ぶだろうね」と目を細める。【清水有香】
カテゴリー:

『アウトランダー』シーズン4、『オーファン・ブラック』と『ダウントン・アビー』からあの二人が登場 - 10月19日(木)18:10 

全世界で販売部数2500万部を突破したベストセラー小説を原作とした、大人のファンタジー・ロマンス巨編『アウトランダー』。同作のシーズン4に、『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』でミセスS役を好演したマリア・ドイル・ケネディと、『ダウントン・アビー』のジミー・ケント役で知られるエド・スペリーアスが出演することが明らかになった。米TV Lineらが報じている。【関連記事】『アウトランダー』女の願望を開拓する危険な冒険 ハマったら、引き返せないかも!?マリアは、ジェイミー(サム・ヒューアン)の叔母ジョカスタを演じる。ジョカスタは意志が強く、クレア(カトリーナ・バルフ)とジェイミーが訪れるプランテーションの所有者でもある役柄だ。一方のエドは、アイルランド人の海賊で密輸業者のスティーヴィン・ボネットを演じる。スティーヴンはのちに重要な人物として、登場人物たちと関わっていくことになる。物語の舞台は1945年。結婚したばかりの従軍看護婦クレアは、夫とのスコットランドへの旅行中に、とあるストーンサークルから突如、英軍に反乱を起こしている202年前の1743年のスコットランドにタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、夫とそっくりな、夫の先祖であるイングランド将校ランダルと、燃えるような赤毛の若いスコットランドの戦士ジェイミー。次第にジェイミーと恋に落ちていることに気づいた彼女の心は、まったく別...more
カテゴリー:

大竹しのぶの還暦祝パーティーに『金スマ』独占潜入 - 10月18日(水)17:52 

 女優の大竹しのぶが出演する、20日放送のTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜 後8:57)では大竹の盛大な還暦祝パーティーの模様をテレビで初公開する。2001年10月19日の初回放送を迎えた同番組では17年目突入特別版として、今年7月、大竹の誕生日当日に開催された笑いと感動に満ちた還暦祝パーティーに独占潜入した。 【写真】泉谷しげると「黒の舟唄」を披露  大竹の誕生日当日、ジャズの殿堂『ブルーノート東京』には、明石家さんま、安住紳一郎(TBSアナウンサー)、綾瀬はるか、池上季実子、泉谷しげる、市村正親、岩崎宏美、宇崎竜童、江川卓、奥田瑛二、キムラ緑子、木村佳乃、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、清水依与吏(back number)、清水ミチコ、ジミー大西、鈴木杏、高橋克実、高橋優、段田安則、寺島しのぶ、豊川悦司、なかにし礼、中村勘九郎、中村七之助、西川貴教、野田秀樹、野田洋次郎(RADWIMPS)、平野レミ、藤原竜也、古田新太、ベック、前田愛、三谷幸喜、宮本亜門、山崎まさよしらそうそうたるメンバーが集結。  冒頭から大竹とともに登場した六代目中村勘九郎の長男・中村勘太郎くん、次男・中村長三郎くんが「これから大好きなたけばぁのお誕生日会です」という開会宣言で華々しく幕を開け、途中には60歳にちなみ「大竹しのぶが人生で影響を受けた60人の男性」を紹介する流れに。...more
カテゴリー:

もっと見る

「ジミー」の画像

もっと見る

「ジミー」の動画

Wikipedia

株式会社ジミーは、沖縄県宜野湾市に本社を置き、菓子、パン製造小売業などを行っている企業である。米軍基地内で働いていた創業者が1956年に宜野湾市にてアメリカンスタイルのスーパーマーケットを開業したのが始まりである。その後、菓子、パン製造業、レストラン事業を開始し、現在に至っている。

沖縄県ではケーキ、クッキー製造店として有名である。

企業、及び店名である「ジミー」は、開業当時、米軍基地内で働いていた創業者が、アメリカ人の友人から呼ばれていたニックネームが由来となっている。

沿革
  • 1956年 5月 - 稲嶺盛保が宜野湾市にジミーグロセリーとして開業。
  • 1958年 5月 - ジミーベーカリーに改名。
  • 1976年 3月5日 - 有限会社ジミーベーカリーとなる。
  • 1976年12月23日 - 宜野湾市に大山店新店舗がオープン。
  • 1981年10月1日 - 県内初のPOSシステムを導入。
  • 1982年11月12日 - 那覇市に那覇店がオープン。
  • 1984年7月27日 - 有限会社ジミーベーカリーより販売部門を分離して、株式会社ジミー設立。
  • 1985年11月22日 - 嘉手納町に嘉手納店がオープン。
  • 1989年1...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる