「ジェット旅客機」とは?

関連ニュース

MRJが大ピンチでも、三菱重工の回復が難しくない理由 - 07月21日(金)06:10 

三菱重工が苦しい経営を余儀なくされている。巨額損失を出した造船事業については、ようやく仕切り直しのメドが立ったが、今度は国産ジェット旅客機MRJを製造する三菱航空機が債務超過に転落。開発を継続するには、重工本体からの追加支援がほぼ必須の状況となった。三菱重工の現状と今後の展開について探った。
カテゴリー:

【国際】旅客機の超低空飛行を拝める世界一危険なビーチで女性が吹き飛ばされ壁に強打、初の死亡事故=カリブ海のセント・マーチン島 - 07月14日(金)18:20 

カリブ海のセント・マーチン島といえば、美しいビーチとは別に旅客機の超低空飛行、つまりプリンセス・ジュリアナ国際空港の離着陸を間近にみることができるビーチとしてマホ・ビーチが非常に有名である。 スリリングな体験を目当てにそこには観光客や飛行機好きが大勢集まるが、想像する以上に危険と言われるそのビーチでついに死者が出たもようだ。 現地の13日に警察の広報を担当するリカルド・ヘンソン氏が発表したところによれば、マホ・ビーチで死亡したのはニュージーランドから来ていた57歳の女性(氏名などは明らかにされず)...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業】三菱航空機、債務超過510億円 MRJ開発遅れ損失に…今年度の累積損失額は1510億円★2 - 07月03日(月)09:34 

 国産初のジェット旅客機MRJを開発する三菱航空機が、2017年3月期決算で510億円の債務超過に陥ったことが分かった。開発の遅れで航空会社に機材を納入できないため損失が膨らみ、負債が資産を上回る状態になった。  6月30日の官報に掲載された同社の決算公告で判明した。三菱航空機はMRJの設計変更などにより、これまでに開発延期を5度表明。初号機の納入は当初より7年遅れ、現在は2020年半ばを目指している。機材を納入できない状態で売り上げが計上できず、開発費用がほぼそのまま損失につながっている。今...
»続きを読む
カテゴリー:

【三菱航空機】MRJ開発遅れ、債務超過額は510億円 - 07月02日(日)05:41 

 国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)を開発している三菱航空機(愛知県 豊山町)が平成29年3月期決算で負債が資産を上回る債務超過に陥ったことが1日、分かった。 開発の遅れにより費用が膨らんだためで、債務超過額は510億円。  機体を納入するまで売り上げが計上できず、親会社の三菱重工業からの出資や借入金で事業を進め ている。三菱重工は社長直轄で開発加速に乗り出しており「債務超過はMRJ事業に影響しない」と 説明した。  債務超過は6月30日の官報に掲載された決算公告で判明...
»続きを読む
カテゴリー:

今年は泡! 東京ドームシティのウォーターガーデンが幼児の水遊びにピッタリ - 07月15日(土)07:00 

せっかく暑い夏だから、子どもには思う存分水遊びを満喫させたい! そんなママ・パパにピッタリの水遊び広場「わくわく! ウォーターガーデン」が7月15日、東京ドームシティ内(東京都文京区)にオープンする。 水着でも普段着でも遊べるこの広場は、プールデビュー前の小さな子どもにもオススメ。3回目のオープンとなる今回は、新たに"泡"に触れて遊べるアトラクションも登場し、一昨年、昨年と比べてバージョンアップしている。早速その内容を紹介しよう。 ○泡まみれで大はしゃぎ! フォトジェニックな"あわあわホイップ" これまでにない水遊びが楽しめるガーデン内で、やはり注目してほしいのは「あわあわホイップ」。泡まみれの不思議な世界を体験できるアトラクションだ。 天井から流れてくるホイップ状の泡に、子どもたちは歓声をあげて大はしゃぎ! 両手で受け止めたり、体に付けてみたり、時には飛ばしてみたりと、大人が想像する以上の多様な遊びを楽しんでいた。 アトラクションの横にはシャワーが設置してあるので、すぐに泡を洗い流すこともできる。1歳の子どもから楽しめる点も魅力となっている(2歳までの子どもが使用する場合には保護者の付き添いが必要)。 ○スライダーやアスレチックで体を動かそう 3歳から体験できる高さ5m、長さ7.5mの「ウォータースライダービッグ」もお楽しみの一つ(1人で遊べる子どものみ利用可能)。...more
カテゴリー:

ハウステンボス水の王国がお台場に! 夏全開・ウォーターパークの楽しみ方 - 07月14日(金)11:30 

海上に浮かぶウォーターアスレチックが話題の長崎・ハウステンボス「水の王国」。このアトラクションをモデルとした施設がこの夏、「お台場ウォーターパークbyハウステンボス」(7月15日~8月31日)として、初めて東京・お台場に上陸する。 約100mの「ウォーターロングスライダー」や直径20mの大プールなどが配され、子どもから大人まで幅広い年代が楽しめる内容となっているが、今回はファミリー向けに遊び方を紹介しよう。 ○100mを一直線に滑り抜けるウォータースライダー ウォーターパークの注目ポイントは、何と言っても全5種類に及ぶウォータースライダーだろう。高さのあるもの、傾斜のあるものなどさまざまだが、ここで紹介したいのは長さ約100mにもなる「ウォーターロングスライダー」だ。 傾斜がゆるやかなので、子ども連れでも安心して、流れを優雅に楽しむことができる。ただし、小学生未満は保護者の同伴が必要なので注意しよう。 また、このスライダーを体験するには浮き輪が必要。持参することをオススメしたい。万が一忘れても、1回200円、終日500円でレンタルできる。 スライダーの最初や途中で、スタッフのお兄さんが背中を押してくれるのも楽しい。 時には自撮り棒などで写真を撮りながら、夏の思い出を作ってみるのもいいだろう。 ○水上アスレチックに巨大プールも! 一般的なプール会場ではあまり見られな...more
カテゴリー:

【航空】三菱航空機、510億円の債務超過 17年3月期 MRJ遅れ響く - 07月02日(日)07:18 

国産ジェット旅客機「MRJ」を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)の2017年3月期の最終損益が511億円の赤字(前の期は305億円の赤字)となり、510億円の債務超過になったことが官報に掲載された決算公告で分かった。MRJの納入が遅れ、開発コストが先行している。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01H4R_R00C17A7EA5000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業】三菱航空機、債務超過510億円 MRJ開発遅れ損失に…今年度の累積損失額は1510億円 - 07月01日(土)20:21 

 国産初のジェット旅客機MRJを開発する三菱航空機が、2017年3月期決算で510億円の債務超過に陥ったことが分かった。開発の遅れで航空会社に機材を納入できないため損失が膨らみ、負債が資産を上回る状態になった。  6月30日の官報に掲載された同社の決算公告で判明した。三菱航空機はMRJの設計変更などにより、これまでに開発延期を5度表明。初号機の納入は当初より7年遅れ、現在は2020年半ばを目指している。機材を納入できない状態で売り上げが計上できず、開発費用がほぼそのまま損失につながっている。今...
»続きを読む
カテゴリー:

「ジェット旅客機」の画像

もっと見る

「ジェット旅客機」の動画

Wikipedia

  • redirect旅客機...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる