「ジェダイ」とは?

関連ニュース

オリンピックはライブで、ドラマは見逃し配信で!の気分を反映? - 02月23日(金)18:36 

連日のメダルラッシュによって日本中を盛り上げてきたオリンピックも、いよいよ今週末には開会式を迎える。選手たちの熱い戦いはひとまず終わるが、テレビ業界の戦いが終わることはない。そこで、2月14日〜20日のHulu週間ランキングから現在の注目番組を取り上げていきたい。 今回1位には輝いたのは、山崎賢人主演のドラマ『トドメの接吻』。先週に引き続いてのトップとなっているが、Huluオリジナルストーリーのスピンオフ作品『トドメのパラレル』も2位にランクイン。ワンツーフィニッシュするという好調さを見せつけている。 そんな絶好調な本シリーズを追うのが、3位の 『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』。ヒットドラマには欠かせない「医者」、「弁護士」、「刑事」という職業にそれぞれ就いているエリート三兄弟が繰り広げるホームドラマだ。主人公となるのは、東大卒のエリート警察官にして末っ子の秀作だが、今回は山田涼介がコミカルに演じ、話題となっている。そのほか敏腕弁護士の長女に波瑠、天才心臓外科医の長男に小澤征悦といった実力派たちが勢ぞろい。三兄弟が一家の安泰を脅かす事件を全力で解決するまでを描いたコメディとして、人気を集めている。 そして、4位には広瀬すず主演の『anone』が続いており、国内ドラマが上位4作品を独占する結果となった。 いずれの作品も、内容はもちろん主演を務める若手俳優の人気...more
カテゴリー:

VES賞、「猿の惑星:聖戦記」「リメンバー・ミー」が4冠 - 02月22日(木)20:30 

 視覚効果に携わるアーティストやVFXスーパーバイザーなどで構成される米業界団体Visual Effects Society (VES)が主催する第16回VES賞授賞式が、米ビバリーヒルトン・ホテルで行われた。  映画部門ではリブート版「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」から始まったシリーズ第3弾「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」と、ピクサー最新作「リメンバー・ミー」が最多4冠。「ブレードランナー2049」が2部門、「ダンケルク」と「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」が1冠となり、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」は無冠に終わった。一方、テレビ部門では例年通り「ゲーム・オブ・スローンズ」が圧勝しており、最多5冠に輝いている。  なお、功労賞にあたるVESライフタイムアチーブメント賞は「ジャングル・ブック」を手がけたジョン・ファブロー監督、VESジョルジュ・メリエス賞は「アバター」や「ロード・オブ・ザ・リング」のVFXスーパーバイザーのジョー・レッテリに授与された。 【作品情報】 ・リメンバー・ミー 【関連記事】 ・VES賞は「ブレードランナー2049」「猿の惑星」が最多ノミネート ・人間の顔が……気がつくと“猿”に!? 「猿の惑星」驚がく“猿化”映像公開 ・アンディ・サーキス「猿の惑星:聖戦記」で新たに直面した“猿を演じる難しさ” (C)2017 Tw...more
カテゴリー:

【マーベル】2つの顔を持つ男SKY-HIが『ブラックパンサー』ラップCMを発表! - 02月22日(木)17:30 

ラッパーのSKY-HI(AAA・日高光啓)がマーベル最新作『ブラックパンサー』のオリジナルラップを披露する特別映像が公開されました。 【動画】SKY-HI 『ブラックパンサー』ラップCM ブラックパンサーをイメージしたオリジナルラップ 本作のインスパイア・アルバムをプロデュース/監修したのは、先日NYで開催された第60回グラミー賞で最優秀ラップ・アルバム賞をはじめ5つを受賞したケンドリック・ラマー。 授賞式にはオープニングアクトとして登場し、あのU2とのコラボパフォーマンスも披露、メッセージ性の強い演出と圧倒的な歌唱で会場を熱狂の渦に巻き込んだ、今、最も勢いのある若手ラッパーです。 『ブラックパンサー』本編でも主人公ティ・チャラが韓国プサンの街で敵と闘うカーアクションシーンで彼の楽曲が使用されており、ド派手なアクションシーンがスタイリッシュでクールに仕上がっています。 今回、『ブラックパンサー』映画公開を記念して、ラッパーのSKY-HI(AAA・日高光啓)がオリジナルラップを披露する特別映像が完成しました。 AAAとラッパー2つの顔を持つSKY-HIが自らアレンジ 主人公のティ・チャラがワカンダ王国の国王、そしてブラックパンサーというヒーローの2つの顔を持つことにちなみ、「AAA日高光啓」と「ラッパーSKY-HI」の2つの顔を持つという共通点から今回の起用に至りまし...more
カテゴリー:

米国の映画館で『ブラックパンサー』ではなく官能ロマンス映画を誤って上映→観客は爆笑 - 02月20日(火)17:55 

映画『ブラックパンサー』は、2月16日(現地時間)の公開日の前夜に先行上映が米国で行われ、待ちに待った多くのファンが映画館に押し寄せた。 しかし、ジョージア州アトランタのある映画館で、PG-13指定(13歳未満の鑑賞には保護者の同意が必要)の『ブラックパンサー』の代わりに、誤ってR指定(17歳未満は保護者の同伴が必要)の官能ロマンス映画『フィフティ・シェイズ・フリード』を数分間にわたって上映してしまうというハプニングが発生した。 何人かの観客がこの模様を撮影していたのだが、意外にも、怒るどころか爆笑していた客も多かったようだ。Aiight so this happened at Atlantic Station. They played 50 shades instead of black panther pic.twitter.com/5WhvX270Y5 - The Chef (Steve) (@ChefWaites) 2018年2月16日「そう、これがアトランティック・ステーション(この映画館のあるショッピングモール)での出来事だ。『ブラックパンサー』の代わりに『フィフティ・シェイズ』を上映してた」I never laughed so hard. I’m happy i came to the black theatre pic.twitter.com/pxdTFK4Qt3 ...more
カテゴリー:

【全米映画ランキング】マーベル最新作「ブラックパンサー」が歴代5位のOP興収で首位デビュー - 02月20日(火)16:40 

 プレジデンツ・デイの連休を迎えた全米ボックスオフィス。先週末は、マーベル・スタジオの最新作「ブラックパンサー」が予想通りの強さを見せ、約1億9200万ドルのオープニング興収で、見事首位デビューを果たした。 ・【全米映画ランキング】1~10位まではこちら  この約1億9200万ドルという週末3日間のOP興収は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(15年/約2億4700万ドル)、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(17年/約2億2200万ドル)、「ジュラシック・ワールド」(15年/約2億800万ドル)、「アベンジャーズ」(12年/約2億700万ドル)に続く歴代5位。2月公開作では「デッドプール」(16年/1億3200万ドル)を抜いて1位となった。  アフリカの秘境にある超文明国ワカンダの若き国王ティ・チャラ=ブラックパンサーによる、祖国の<秘密>を守るための戦いが描かれる。レビューも上々で、2月中に3億ドルを超え、最終的には4億ドル突破の可能性もある。タイトルロールは「42 世界を変えた男」で伝説のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンを演じたチャドウィック・ボーズマン。共演は「クリード チャンプを継ぐ男」のマイケル・B・ジョーダン、「ゲット・アウト」のダニエル・カルーヤの他、アンジェラ・バセット、レティーシャ・ライト、マーティン・フリーマン、アンディ・サーキス、オスカー...more
カテゴリー:

興収74億円突破!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』3月8日上映終了 - 02月23日(金)10:53 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、3月8日をもってついに、すべてのスクリーンでの上映を終了することがわかった。 本作は12月15日に封切りとなると、5週連続で興行収入NO.1を記録。現在まで11週連続で動員ランキングTOP10入りをキープしており、2月21日までに興収74億1950万円、観客動員501万8466人を記録している。 なお本作は、現地時間3月4日に発表される第90回アカデミー賞に、視覚効果賞、作曲賞、録音賞、音響編集賞の4部門でノミネートされており、その結果にも注目だ。 【関連記事】 『スター・ウォーズ』新作が興収60億円突破。中国でも大ヒットスタート! J.J.エイブラムス『スター・ウォーズ』最終章に監督として再登板! 『ハン・ソロ』映画だけじゃない。途中降板した監督たち 分配金、クレジット表記はどうなる? 今後も続く『ハン・ソロ』映画の監督降板の影響とは?
カテゴリー:

『最後のジェダイ』3・8上映終了 ラスト2週間で興収74億円をどれだけ伸ばす? - 02月22日(木)19:05 

 公開中の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、3月8日をもって全てのスクリーンで上映を終了し、国内映画興行の幕を下ろすことが22日、配給のウォルト・ディズニー・ジャパンから発表された。昨年12月15日の封切りから5週連続で映画動員ランキング1位を記録(興行通信社調べ)。現在まで11週連続で同ランキングトップ10入りをキープし続け、累計動員は500万人を突破。きのう21日までに興行収入74億1950万円、動員501万8466 人となっている。 【動画】映画『ハン・ソロ』US版特報(字幕付き)  世界興収ランキングでは歴代9位となる13億ドル超えを記録(劇場により順次上映終了)。日本時間3月5日に発表される『第90 回アカデミー賞』には、視覚効果賞・作曲賞・録音賞・音響編集賞の計4部門にノミネートを果たしている。  同映画は、字幕・吹替・3Dなど従来の上映方式だけでなく、最新の技術を余すところなく体感できる、IMAX3D、MX4D/4DX(ライトサイド側の登場人物に併せた「ライトサイド(光)バージョン」とダークサイド側の登場人物に併せた「ダークサイド(闇)バージョン」がある)など、さまざまな上映方式で人気を博し、この冬の一大イベント・ムービーとして、ファンのリピート鑑賞を促した。今回、上映終了が決定したことにより、今後、大スクリーンでの興奮をもう一度味わいたい多くのファン...more
カテゴリー:

ミシェル・オバマも絶賛!『ブラックパンサー』が全米記録を次々更新 - 02月21日(水)17:31 

米国で大ヒット中のマーベル・スタジオ最新作『ブラックパンサー』(3月1日公開)が、次々と全米の興行記録を塗り替えている。米Varietyによると、金曜日から月曜日の4日間の北米での興行収入が約2億4200万ドル(約259億円)を突破したそうだ。これは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)の約2億8800万ドルに次ぐ歴代2位に位置する。 【写真を見る】貴重なメイキング!激しいアクションにも果敢に挑むブラックパンサー役、チャドウィック・ボーズマン/写真:SPLASH/アフロ 週末3日間の興行収入は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)の約2億4700万ドル、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(15)の約2億2200万ドル、『ジュラシック・ワールド』(15)の約2億800万ドル、『アベンジャーズ』(12)の約2億700万ドルに続き、歴代5位にあたる約1億9200万ドルを記録。 公開された週末が4連休で、月曜日が連邦休日(ワシントン誕生日)だったこともあり、月曜日の北米興行収入合計は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(4010万ドル)を超える史上最高の4020万ドルを記録した。 数字でも明らかな本作の人気の秘密は、迫力のある映像とアクション、そして今までのスーパーヒーロー作品には無かった深い社会的メッセージだろう。現地の観客の間では、有色人種コミュニティや、辛口の批評をする...more
カテゴリー:

「スター・ウォーズ」ファン必見!注目の新グッズ一挙出し - 02月20日(火)17:20 

1977年の全米公開以来、40年以上に渡り世界中のファンから愛され続けている「スター・ウォーズ」。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の大ヒットに続き、2018年6月にはハン・ソロの知られざる過去を描く『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開が決定するなど、盛り上がりを見せている。 【写真を見る】ディテール豊かにミレニアム・ファルコンを表現!ロイヤルセランゴールの「USBメモリー ミレニアム・ファルコン」(1万2960円、発売中)/(C)Disney (C)&TM Lucasfilm Ltd. そこで今回は、日々の生活の中でも「スター・ウォーズ」の世界観を感じていたい!というファンのために、「DISNEY EXPO JAPAN 2018」で見つけた注目のライフスタイルアイテムを、一挙紹介しよう。 リビングを再現したブースでひと際目をひいたのは、タカラトミーアーツから発売中の「スター・ウォーズ おつまみサーバー ストームトルーパー」(6980円)。マスク型の本体の下に手を差し出すと、センサーが反応し、中に入れたおつまみが約一口分出てくるというものだ。劇中でおなじみの台詞を喋る仕掛けも付いており、楽しい晩酌のひと時を演出してくれる。 ストームトルーパーになりきれる、一心堂本舗の「スター・ウォーズ フェイスパック」(430円)もユニークな商品。自宅でのリラックスタイムに使用して...more
カテゴリー:

【映画ランキング】ヒュー・ジャックマン主演『グレイテスト・ショーマン』初登場1位 - 02月20日(火)11:10 

 2月17~18日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『グレイテスト・ショーマン』が初週土日動員26万8000人、興収3億9100万円をあげ、初登場1位に輝いた。公開から3日間では、動員35万5000人、興収5億800万円という好スタート。本作は、第90回アカデミー賞主題歌賞にもノミネートされており、3月4日(現地時間)の結果次第ではさらなる上積みも期待できるだろう。【写真】写真で見る「2月17日~2月18日全国映画動員ランキング」 初登場は『グレイテスト・ショーマン』のみで、2位以下は既存作品が並んだ。2位~4位は、先週の1~3位がそれぞれワンランクずつダウンしてランクイン。2位の『今夜、ロマンス劇場で』は週末土日動員8万1000人、興収1億700万円、3位『祈りの幕が下りる時』は週末土日動員5万2000人、興収7000万円、累計では動員100万人、興収12億5000万円を突破した。4位には公開3週目の『不能犯』が粘り腰を見せている。 また、公開5週目を迎えた『ジオストーム』は7位、公開10週目の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は9位、公開5週目の『嘘を愛する女』は10位にランクイン。累計興収は『ジオストーム』が11億5000万円、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が74億円、『嘘を愛する女』が8億2000万円を突破している。 2月17日~2月18日全国映画動...more
カテゴリー:

もっと見る

「ジェダイ」の画像

もっと見る

「ジェダイ」の動画

Wikipedia

ジェダイJedi)は、アメリカ映画スター・ウォーズシリーズで使われる用語である。銀河を司るエネルギー「フォース」と光刃を形成する剣「ライトセーバー」を用いて戦う、銀河系の自由と正義の守護者を指す。スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望オリジナル版公開当時の日本語字幕では「共和騎士」と訳されていたが、現在では使われない。

2012年のウォルト・ディズニー・カンパニーによるスター・ウォーズシリーズの制作会社ルーカスフィルムの買収に伴い、それ以前に展開していたスピンオフ(外伝)作品は「レジェンズ(非正史)」として分別されることになったスター・ウォーズ ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION 「フォースの覚醒」を導いたスター・ウォーズの伝説MEDIA HOUSE MOOK、78頁。。この記事には、実写映画シリーズを始めとする「カノン(正史)」における設定以外にも、スピンオフ(外伝)作品の「レジェンド(非正史)」の内容も含まれる。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる