「シンガポール航空」とは?

関連ニュース

シンガポール航空、日本就航50周年記念セール 豪州・欧州路線も対象 - 02月16日(金)16:29 

シンガポール航空は、日本就航50周年を記念して特別運賃を3月31日まで販売している。 対象路線とエコノミークラスの各往復運賃は、東京/成田・東京/羽田発のシンガポール行きが56,450円から、プーケット行きが47,420円から、ジャカルタ行きが55,830円から、クアラルンプール・ペナン行きが45,650円から、ジョグジャカルタ行きが55,830円から、ランカウイ行きが55,590円から、スラバヤ行きが76,320円から、バリ行きが46,440円から、コロンボ行きが79,050円から、シドニー行きが79,330円から、パース行きが107,550円から、ダーウィン行きが108,560円から、キャンベラ行きが73,330円から、ケアンズ行きが108,890円から、メルボルン行きが78,000円から、アデレード行きが108,180円から、ブリスベン行きが79,530円から、ゴールドコースト行きが79,060円から、クライストチャーチ行きが88,730円から、ウェリントン行きが78,930円から、オークランド行きが89,170円から、モルディブ行きが114,050円から、ケープタウン行きが132,920円から、パリ行きが95,810円から、バルセロナ行きが91,590円から、アテネ行きが93,160円から、ミラノ行きが92,450円から、ローマ行きが94,320円から、ロサンゼルス行き...more
カテゴリー:

シンガポール航空、クリスフライヤーのデジタルウォレットを開発 ブロックチェーン技術活用 - 02月14日(水)16:05 

シンガポール航空グループ(SIAグループ)は、世界初となるブロックチェーン技術をベースとしたフリークエントフライヤープログラム「クリスフライヤー」のデジタルウォレットを開発すると発表した。 約6ヶ月以内にリリースする計画で、クリスフライヤー会員は参加する小売店のPOS経由でマイルを使用することができるようになる。KPMGデジタルビレッジとマイクロソフトと実証実験を行い、成功している。 シンガポール航空のゴー・チュン・ポン最高経営責任者(CEO)は、「ブロックチェーン技術を活用してクリスフライヤーのマイルをデジタル化する取り組みは、顧客の利益のため、デジタル化を大幅強化する投資を実証するもの。」としている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアバスA350-1000型機、ワールドツアーで東京に飛来 報道陣に機体を公開 - 02月14日(水)12:40 

エアバスA350-1000型機の機体前方。羽田空港のJAL格納庫で。 エアバスは2月14日、開発中の最新鋭機であるエアバスA350-1000型機の試験飛行機を、羽田空港で報道陣や航空関係者に公開した。 ドーハ、マスカット、香港、ソウル、台北、ハノイ、シンガポール、バンコク、シドニー、オークランド、東京、マニラの中東とアジアを巡る、3週間に渡るデモ飛行ツアーの一環として飛来した。今回飛来したのは、3機ある試験飛行機の中で完全な客室を装備した1機であるMSN065。ビジネスクラス40席、エコノミープラス36席、エコノミークラス219席を配置している。 エアバスA350-1000型機の特徴的なウイングチップ。機体後方には「1000」と大きく描かれている。 エアバスA350-1000型機は、エアバスA350XWBの中で最大の機種。胴体はエアバスA350-900型機より7メートル長い。システムや部品は両機種で95%が共通化しているなど、他のエアバス機とも高い共通性を有する。ロールス・ロイス社製のトレントXWB-97エンジンを装備している。主翼やフレームなど約53%が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、高荷重フレームやランディングギア、パイロンがチタンからできており、約70%で最先端材料を使用した。航続距離は8,000海里(14,800キロ)で、東京発では北米全都市、メキシコ、ロンドン、ア...more
カテゴリー:

エミレーツ航空、エアバスA380型機20機を確定発注 オプション16機 - 02月13日(火)15:34 

エアバスは、エミレーツ航空からエアバスA380型機20機の確定発注を受けたと発表した。オプション16機の発注も含まれており、カタログ価格で160億米ドルとなる。引き渡しは2020年より開始する。 エミレーツ航空のシェイク・アハメッド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム最高経営責任者(CEO)は、「この合意によりエアバスA380型機の生産ラインを安定させ、サプライチェーンで何千人もの高付加価値の雇用を支援する。エミレーツ航空にとってエアバスA380型機は、顧客、事業、ブランドにとって成功した機体である。」と述べた。 エミレーツ航空は2008年7月にエアバスA380型機の初号機を受領し、2017年11月3日には、ドイツのハンブルクで100機目となるエアバスA380型機を受領した。現在は101機を運航している。受領待ちの機体は41機あり、最大で178機を導入することになる。 世界では、シンガポール航空やカタール航空など13社が222機を運航しており、エミレーツ航空はエアバスA380型機の世界最大の運航会社。燃費効率の良い中型機を活用したポイント・トゥ・ポイントでの路線開設が増える中で、エアバスA380型機の発注は伸び悩んでおり、世界最大のエアバスA380型機のオペレーターであるエミレーツ航空の発注の動向に注目が集まっていた。全日本空輸(ANA)も2019年春より、東京とホノルルを結ぶ路線...more
カテゴリー:

スカイトラックス、ガルーダ・インドネシア航空の5つ星評価を更新 4年連続 - 02月13日(火)13:49 

イギリスの航空格付け会社であるスカイトラックスは、ガルーダ・インドネシア航空の5スター評価を更新した。ガルーダ・インドネシア航空の5スター獲得は、2015年から4年連続。 2月8日にシンガポール・エアショー2018で行われた式典で、ガルーダ・インドネシア航空のパハラ・ヌグラハ・マンスリ社長兼最高経営責任者(CEO)は、「今回の5スター認定更新は、2016年から2017年にかけて行われた、スカイトラックス社の更新監査プログラムを経て認定されたもので、これは単にガルーダ・インドネシア航空が世界的な航空会社として認定を受けたというだけでなく、インドネシアのおもてなしが世界にも認められた事を意味します。インドネシアのおもてなしを体現する、ガルーダ・インドネシア航空のサービスをさらに沢山の方に知っていただき、ご体験いただきたいと思います。」とコメントした。 スカイトラックスのエドワード・プレイステッドCEOは、「今回もガルーダ・インドネシア航空が5スターの認定を獲得したことは、航空業界の激しい国際競争において最高の価値とサービス基準を維持してきたことの証しでもあります。ガルーダ・インドネシア航空が提供する機材および様々なサービスは、5スターエアラインとしての条件を十分に満たしています。」とコメントした。 また、ガルーダ・インドネシア航空傘下の格安航空会社(LCC)、シティリンク・...more
カテゴリー:

シンガポール航空、日本就航50周年記念セール 豪州・欧州路線も対象 - 02月16日(金)16:29 

シンガポール航空は、日本就航50周年を記念して特別運賃を3月31日まで販売している。 対象路線とエコノミークラスの各往復運賃は、東京/成田・東京/羽田発のシンガポール行きが56,450円から、プーケット行きが47,420円から、ジャカルタ行きが55,830円から、クアラルンプール・ペナン行きが45,650円から、ジョグジャカルタ行きが55,830円から、ランカウイ行きが55,590円から、スラバヤ行きが76,320円から、バリ行きが46,440円から、コロンボ行きが79,050円から、シドニー行きが79,330円から、パース行きが107,550円から、ダーウィン行きが108,560円から、キャンベラ行きが73,330円から、ケアンズ行きが108,890円から、メルボルン行きが78,000円から、アデレード行きが108,180円から、ブリスベン行きが79,530円から、ゴールドコースト行きが79,060円から、クライストチャーチ行きが88,730円から、ウェリントン行きが78,930円から、オークランド行きが89,170円から、モルディブ行きが114,050円から、ケープタウン行きが132,920円から、パリ行きが95,810円から、バルセロナ行きが91,590円から、アテネ行きが93,160円から、ミラノ行きが92,450円から、ローマ行きが94,320円から、ロサンゼルス行きが7...more
カテゴリー:

エアバスA350-1000型機、ワールドツアーで東京に飛来 報道陣に機体を公開 - 02月14日(水)12:40 

エアバスA350-1000型機の機体前方。羽田空港のJAL格納庫で。 エアバスは2月14日、開発中の最新鋭機であるエアバスA350-1000型機の試験飛行機を、羽田空港で報道陣や航空関係者に公開した。 ドーハ、マスカット、香港、ソウル、台北、ハノイ、シンガポール、バンコク、シドニー、オークランド、東京、マニラの中東とアジアを巡る、3週間に渡るデモ飛行ツアーの一環として飛来した。今回飛来したのは、3機ある試験飛行機の中で完全な客室を装備した1機であるMSN065。ビジネスクラス40席、エコノミープラス36席、エコノミークラス219席を配置している。 エアバスA350-1000型機の特徴的なウイングチップ。機体後方には「1000」と大きく描かれている。 エアバスA350-1000型機は、エアバスA350XWBの中で最大の機種。胴体はエアバスA350-900型機より7メートル長い。システムや部品は両機種で95%が共通化しているなど、他のエアバス機とも高い共通性を有する。ロールス・ロイス社製のトレントXWB-97エンジンを装備している。主翼やフレームなど約53%が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、高荷重フレームやランディングギア、パイロンがチタンからできており、約70%で最先端材料を使用した。航続距離は8,000海里(14,800キロ)で、東京発では北米全都市、メキシコ、ロン...more
カテゴリー:

エミレーツ航空、エアバスA380型機20機を確定発注 オプション16機 - 02月13日(火)15:34 

エアバスは、エミレーツ航空からエアバスA380型機20機の確定発注を受けたと発表した。オプション16機の発注も含まれており、カタログ価格で160億米ドルとなる。引き渡しは2020年より開始する。 エミレーツ航空のシェイク・アハメッド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム最高経営責任者(CEO)は、「この合意によりエアバスA380型機の生産ラインを安定させ、サプライチェーンで何千人もの高付加価値の雇用を支援する。エミレーツ航空にとってエアバスA380型機は、顧客、事業、ブランドにとって成功した機体である。」と述べた。 エミレーツ航空は2008年7月にエアバスA380型機の初号機を受領し、2017年11月3日には、ドイツのハンブルクで100機目となるエアバスA380型機を受領した。現在は101機を運航している。受領待ちの機体は41機あり、最大で178機を導入することになる。 世界では、シンガポール航空やカタール航空など13社が222機を運航しており、エミレーツ航空はエアバスA380型機の世界最大の運航会社。燃費効率の良い中型機を活用したポイント・トゥ・ポイントでの路線開設が増える中で、エアバスA380型機の発注は伸び悩んでおり、世界最大のエアバスA380型機のオペレーターであるエミレーツ航空の発注の動向に注目が集まっていた。全日本空輸(ANA)も2019年春より、東京とホノル...more
カテゴリー:

日本貨物航空/シンガポール航空カーゴと戦略的パートナーシップを締結 - 02月13日(火)14:00 

日本貨物航空(NCA)は2月13日、シンガポール航空カーゴ(SIAカーゴ)と戦略的パートナーシップの構築に向けた覚書(MOU)を締結したと発表した。 今後、両社が5年をかけて段階的に拡大してきた既存のブロックスペース契約 […]
カテゴリー:

スカイトラックス、ガルーダ・インドネシア航空の5つ星評価を更新 4年連続 - 02月13日(火)13:49 

イギリスの航空格付け会社であるスカイトラックスは、ガルーダ・インドネシア航空の5スター評価を更新した。ガルーダ・インドネシア航空の5スター獲得は、2015年から4年連続。 2月8日にシンガポール・エアショー2018で行われた式典で、ガルーダ・インドネシア航空のパハラ・ヌグラハ・マンスリ社長兼最高経営責任者(CEO)は、「今回の5スター認定更新は、2016年から2017年にかけて行われた、スカイトラックス社の更新監査プログラムを経て認定されたもので、これは単にガルーダ・インドネシア航空が世界的な航空会社として認定を受けたというだけでなく、インドネシアのおもてなしが世界にも認められた事を意味します。インドネシアのおもてなしを体現する、ガルーダ・インドネシア航空のサービスをさらに沢山の方に知っていただき、ご体験いただきたいと思います。」とコメントした。 スカイトラックスのエドワード・プレイステッドCEOは、「今回もガルーダ・インドネシア航空が5スターの認定を獲得したことは、航空業界の激しい国際競争において最高の価値とサービス基準を維持してきたことの証しでもあります。ガルーダ・インドネシア航空が提供する機材および様々なサービスは、5スターエアラインとしての条件を十分に満たしています。」とコメントした。 また、ガルーダ・インドネシア航空傘下の格安航空会社(LCC)、シティリンク・インドネシア...more
カテゴリー:

もっと見る

「シンガポール航空」の画像

もっと見る

「シンガポール航空」の動画

Wikipedia

シンガポール航空(シンガポールこうくう、, 、、)は、シンガポール航空会社である。

概要

イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている5-Star Airline Rating SKYTRAX。

シンガポールを代表する大企業の一つで、チャンギ国際空港ハブ空港とするシンガポールの「フラッグ・キャリア」である。またアジアのみならず世界でも有数の規模を持つ航空会社でもある。

シンガポール本国への航空需要の他に、乗り継ぎ客(特にヨーロッパオーストラリアや...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる