「シルベスター・スタローン」とは?

関連ニュース

【シルベスター・スタローン死亡説】本人(71)「まだ元気にパンチしている」手の込んだ死亡説否定 - 02月21日(水)16:36  mnewsplus

http://www.bbc.com/japanese/43138190 2018/02/21 偉大な米喜劇作家マーク・トウェインの言葉を借りるなら、米俳優シルベスター・スタローン氏(71)が死亡したとのツイッターの情報は誇張だった。 スタローン氏と弟のフランク氏は19日にソーシャルメディアで、スタローン氏の「死亡説」を否定し、まだ元気で生きていることを確認した。 デタラメはどうやって広まった? 偽の死亡説は通常、死亡説を広めようとするウェブサイト、あるいは個人が出発点だ。ネット利用者がだまされ、そのうわさを信じることで拡散する。 スタロ...
»続きを読む
カテゴリー:

「デッカいことはいいことだ!」が基本のアメリカが何でもデカい件 - 02月16日(金)22:30 

過去に掲載の「信じられない。日本人には到底理解できぬアメリカ人の異常な日常」などで、日本人とは全く違うアメリカでの日常を面白おかしく紹介してくださったメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者で米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEOの高橋さん。今回は「デカイことは素晴らしい!」というアメリカ人の価値観にスポットをあて、エピソードを紹介しています。 今日のニューヨーカー 「デッカいことはいいことだ! アメリカンサイズに慣れたら終わり」 先日、ふと歯医者の待合室で流れっぱなしになっているプロレス中継をなんとなく眺めていて、気付いたことがあります。 ベビーフェイス(善玉)が全員、デカい! ヒール(悪役)の方がむしろ小さい。「いいモン」が筋肉ムキムキの大型レスラーに比べ、「わるモン」は、ひ弱とは言わずとも、そう強そうには見えないパターンがとにかく多いと思いました。 そういえば、昔からそうだったな。 ハルク・ホーガン然り、スティーブ・オースティン然り、ブロック・レスナー然り。 歴代のアメリカマット界の主役は基本、みんな巨漢レスラーでした。 日本は真逆でした。 馬場さんはともかく、猪木さん、藤波さん、天龍さん、長州さんと小柄なレスラーがトップをとってきた。 タッパ(身長)の高い、鶴田さん、前田さん、武藤さんですら、外国人レスラーと比べるとそう大...more
カテゴリー:

「シルベスター・スタローン」の画像

もっと見る

「シルベスター・スタローン」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる