「シリコンバレー」とは?

関連ニュース

70年代のアップルにマーケティングを教えた男の「未来を見る目」 - シリコンバレーの流儀 - 02月19日(月)05:00 

シリコンバレーの成長を支え「シリコンバレーを作った25人」の一人といわれる、レジス・マッケンナとの出会いは1990年代中ごろだった。彼の誘いで、彼のコンサルティング会社に入ったことがきっかけで、私は日本企業への新事業創造に関わるコンサルティングを始めることとなった。何度も一緒に日本に出張し、その時間を独り占めできたのはとても幸運なことだったと思う。
カテゴリー:

投資家P・ティール氏、シリコンバレーを離れLAに?--Facebook取締役退任検討との報道も - 02月16日(金)08:27 

ベンチャーキャピタリストのピーター・ティール氏が、Facebookの取締役メンバーとの政治に関する問題で対立し、Facebookの取締役を辞任することを検討していたという。
カテゴリー:

【経済】ザッカーバーグ氏やマスク氏も支持する最低所得保障 - 02月14日(水)22:03  bizplus

政府は全国民に対して無条件で何の質問もせずに、一定の年収を保証すべきだろうか。これはリベラル系の人々が気に入りそうなアイデアに思える。しかし、現在ほとんどの国でセーフティーネットを構成している多数の現行制度を廃止し、その代わりとして固定収入を導入するとしたらどうだろうか。保守派には受けるかもしれないが、リベラルの拒否反応を引き起こすだろう。この構想は最低所得保障(UBI)として知られているが、米国では「万人のための社会保障」と言い表されることもある。欧州、アフリカ、北米の特定の地域で実験が計画...
»続きを読む
カテゴリー:

シリコンバレー101 第743回 賢くないスマートスピーカー「HomePod」について考える - 02月14日(水)11:01 

Appleのスマートスピーカー「HomePod」が発売され、続々公開されているレビューで、その評価は真っ二つに分かれている。スピーカーとして購入した人は称賛、音声アシスタントが使えるスマートスピーカーとして購入した人は酷評している。
カテゴリー:

【EV】テスラへの信頼はいつまで続くか? - 02月12日(月)18:53  bizplus

シリコンバレーは常に、他の事業のまねと機能の向上によって動かされてきた。本当に突発的にでてくるアイデアは少ない。大抵は、ほかの誰かがすでに試したものを完璧にすることが勝負どころとなる。グーグルが検索で、あるいはフェイスブックが交流サイト(SNS)でやったように、正しいやり方をみつけたら、その結果は目を見張るものになったりする。たとえほかの企業がすでに同じ道を開拓しようとしたとしてもだ。改良ばかり… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26731080Z00C18A2000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

「シリコンバレーが世の終末を引き起こす」ことを「楽観主義者」のビル・ゲイツさえ危惧している - 02月18日(日)12:00 

AIによって有名女優とポルノムービーを合成する「フェイクポルノ」の誕生から見てもわかるように、「実際には起こらなかったものをまるで現実に起きたことのように見せる技術」は急速に進歩しています。2016年大統領選からもテクノロジー企業がフェイクニュースで人々に与えている影響は非常に大きく、また、テクノロジーを利用した軍備競争は加速しています。テクノロジー企業が自らの力をコントロールできるようにならなければ、これらが合わさることで大災害が起こる可能性があるとして危惧されています。続きを読む...
カテゴリー:

現代の技術により磨き上げた、次世代クオーツ。その進化の背景|LONGINES - 02月16日(金)08:00 

このモデルは、スイス勢のアメリカおよび日本に対抗する言わば“大いなる野望を持った巻き返し”である。正確な時刻を知るだけなら、スマートウォッチ、電波時計やGPSウォッチがすでに先んじているからだ。スマートウォッチとはシリコンバレーに集まるアメリカ勢、一方で電波時計、GPSウォッチを得意とするのは日本勢のことである。何をいまさらクオーツ……ではない。もしもネットワークにアクセスできなかったら、もしも標準電波やGPS信号をキャッチできなかったら、それこそ丸裸のクオーツの精度しか保たれないのだ。続きを読む
カテゴリー:

エイ・キューブド、自動操縦の垂直離着陸機の初飛行に成功 - 02月14日(水)20:42 

A³ by Airbus(エイ・キューブド)が開発を勧めている自動操縦の垂直離着陸機「Vahana(バハナ)」が、現地時間1月31日、アメリカ・オレゴン州のペンドルトンにあるペンドルトンUAS試験場で初飛行に成功した。 実物大の機体が完全自動操縦で高さ約5メートルまで上昇し、53秒間飛行した。翌2月1日にも飛行し、成功した。 プロジェクト・エグゼクティブのザック・ラバリング氏は、「本日、私たちは航空宇宙のイノベーションにおいて偉業を達成しました。ナプキンに描いたコンセプトスケッチから2年足らずで、バハナは実物大の自動操縦航空機へと進化し、初飛行を成功させました。私たちのチームはA³とエアバスのファミリー企業、MTSIやペンドルトンUAS試験場などのパートナーから受けたサポートに、心から感謝しています。」とコメントした。 エイ・キューブドは2015年5月に設立した、エアバスのプロジェクト組織でアメリカのシリコンバレーに拠点を置いている。スピード、透明性、献身という3つの特質を中心にプロジェクトに取り組み、製品化が可能なデモンストレーション機や説得力のあるサイズのデモンストレーション機の制作を行っている。
カテゴリー:

米ニューロ、未来の無人運転車両は「巨大トースターのよう」 - 02月13日(火)06:07 

 未来の無人運転車両は「おかしな帽子をかぶった巨大トースター」のようだ。シリコンバレーの新興企業ニューロが1月末に公開した新しい自動運転車両を言葉で表現するなら、こんな感じだろう。同社はこの事業プランを18カ月前にスタートし、静かに進めてきた。
カテゴリー:

ドコモから米VCに転身し「オープンイノベーション」に挑む--トランスリンク秋元氏 - 02月12日(月)08:00 

NTTドコモ・ベンチャーズの副社長として数多くのスタートアップを支援してきた秋元信行氏が、2017年7月に米国シリコンバレーに拠点を置くトランスリンク・キャピタルのマネージングパートナーに就任した。新天地でのスタートから半年、世界の新興産業やスタートアップの動向にどのような気づきを得てきたのだろうか。
カテゴリー:

もっと見る

「シリコンバレー」の画像

もっと見る

「シリコンバレー」の動画

Wikipedia

シリコンバレー (Silicon Valley) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州北部のサンフランシスコ・ベイエリアの南部に位置しているサンタクララバレーおよびその周辺地域の名称。特定の一箇所を公的に指す地名ではなく、ある程度広い地域一帯の通称として使用される。

名称は、多数の半導体メーカー(半導体の主原料はケイ素、)が集まっていたこと、および地形(渓谷、)に由来する。この地域からはアップル、インテルナショナル・セミコンダクターGoogleFacebookYahooアドビシステムズ、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる