「ション作品」とは?

関連ニュース

誰しもが直面するリアルで普遍的なテーマを、ファンタジックに描き出す。細田守監督の手掛けた劇場アニメーション作品『おおかみこどもの雨と雪』配信開始! - 04月26日(木)13:10 

[株式会社ビデオマーケット] 株式会社ビデオマーケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 利樹、以下当社)は、4月25日に当社が運営する一般映像作品数No.1※動画配信サービス「ビデオマーケット」(http://www.videomarket.jp/)にて、『...
カテゴリー:

『けいおん!』『聲の形』の監督・山田尚子がユーフォニアムシリーズ最新作で挑戦した美学「物語より世界を作りたい」 - 04月26日(木)11:00 

2017年に誕生から100周年を迎えた日本のアニメ――。日本が世界に誇る一大コンテンツのメモリアルイヤーに、週プレNEWSでは旬のアニメ業界人たちへのインタビューを通して、その未来を探るシリーズ『101年目への扉』をお届けしてきた。 第8回目は、アニメ監督の山田尚子さん(京都アニメーション所属)。『映画けいおん!』『たまこラブストーリー』など話題作の監督を務め、前作の映画『聲(こえ)の形』では第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、東京アニメアワードフェスティバル2017 アニメオブザイヤー部門グランプリを受賞した他、フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭に選出されるなど国際的にも高い評価を受けている。 その最新作が4月21日より公開中の『リズと青い鳥』だ。鎧塚みぞれ、傘木希美というふたりの女子高生を中心とした物語で、高校の吹奏楽部を舞台に現実と童話のふたつの世界を対比させ、思春期の少女たちの淡い心の機微を丹念に描いた。 誰しも共感できる「部活あるある」満載で青春の激しい感情のぶつかり合いを描いた『響け!ユーフォニアム』シリーズの1作でありながら、ビジュアル面でも物語の語り口においても、シリーズとは一線を画した仕上がりになっている。 シリーズの他作品とは「静」と「動...more
カテゴリー:

「ボブネミミッミ」を作ったAC部のアニメーション12作品をニコ生で一挙放送 - 04月24日(火)17:00 

ドワンゴが運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」とNHKのバラエティ番組「ビットワールド」やアニメ作品「ポプテピピック」内の1コーナー「ボブネミミッミ」の映像制作を行い話題を呼んでいるクリエイティブチーム「AC部」は、2018年4月28日(土)午前0時30分より、同チームが制作するアニメーション作品の一挙放送企画でコラボレーションを実施する。本番組では、AC部の代表作である「group_inou/THERAPY」や、ネット初公開作品の「海女ゾネス シーフードットコムのシーン」、「海女ゾネス 逃亡のシーン」を含む人気アニメーション作品、同じくネット初公開の高速紙芝居「地球防衛運」など、全12作品を一挙放送する。また、オープニングとエンディングには完全新作のニコニコオリジナルアニメーションを放送する。さらに、番組中にはAC部本人たちがコメント投稿で参加し、制作裏話などをお届けする。■番組概要番組タイトル:【狂気動画】AC部 アニメーション一挙放送【本人降臨】放 送 日 時 :2018年4月28日(土)0時30分 ~視 聴 U R L :http://live.nicovideo.jp/watch/lv312547253※アニメーション作品数は変更の可能性があります。■AC部プロフィール1999年頃に多摩美術大学在学中に結成されたクリエイティブチーム「A...more
カテゴリー:

これだけで泣ける! 実写映画『プーと大人になった僕』動くふわふわのプーさんが可愛い特報映像 - 04月19日(木)09:45 

世代を超えて幅広く愛されるディズニーの国民的人気キャラクター「くまのプーさん」が初の実写映画化。『プーと大人になった僕』が9月14日に日本公開。ふわふわで動くプーさんが可愛い特報映像が解禁となりました。 【動画】ふわふわの動くプーさんが可愛い! 実写映画『プーと大人になった僕』特報 https://www.youtube.com/watch?v=rYT7QmL7Zx0 ディズニーの国民的人気キャラクター「くまのプーさん」は、1966年に初めて映像化された短編アニメーション『プーさんとはちみつ』 (66) 以降、これまで短編・長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメーション作品が作られてきましたが、実写映画化は本作が初。 本作は、2011年に公開されたアニメーションの劇場公開映画『くまのプーさん』で、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「僕のことを忘れないって約束して」と約束を交わした感動の別れの後、大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会からはじまる物語です。 特報映像は、「子供の頃の宝物を、どうして大人は忘れてしまうのだろう。どうして僕は君を忘れてしまったのだろう─」というナレーションとともに、プーさんとクリストファー・ロビンの少年時代のイラストからスタート。もうね、すでにここだけで泣ける! 重要な仕事をまかされたクリス...more
カテゴリー:

【映画】「くまのプーさん」初の実写映画9・14日本公開へ “つぶらな瞳”のかわいい姿お披露目 - 04月19日(木)05:05  mnewsplus

2018-04-19 04:00 「くまのプーさん」初の実写映画9・14日本公開へ “つぶらな瞳”のかわいい姿お披露目  ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写化した映画『Christopher Robin』の邦題が『プーと大人になった僕』に決定し、9月14日に日本公開されることがわかった。日本版特報映像も解禁され、ユアン・マクレガー演じる大人になったクリストファー・ロビンや、つぶらな瞳をした愛らしいプーさんの姿がお披露目された。  「くまのプーさん」は、1966年に初めて映像化された短編アニメーション『プーさんとは...
»続きを読む
カテゴリー:

中国が舞台の青春アニメ映画「詩季織々」キャストに寿美菜子、安元洋貴ら - 04月26日(木)12:00 

新海誠の監督作品を手がけてきたコミックス・ウェーブ・フィルム制作の劇場アニメーション作品「詩季織々」のキャストが解禁された。
カテゴリー:

ウェス・アンダーソンらしさが炸裂!『犬ヶ島』キャラポスターが大量到着 - 04月24日(火)19:44 

『グランド・ブダペスト・ホテル』(13)などで世界中に熱狂的なファンを獲得してきたウェス・アンダーソン監督が、黒澤明監督と宮崎駿監督から強いインスピレーションを受けて作り上げた驚異のストップモーション・アニメーション『犬ヶ島』(5月25日公開)。このたび本作から個性的な表情が愛らしいキャラクターポスターが一挙に到着した。 【写真を見る】RADWIMPSの野田洋次郎が声優に挑戦!その役柄は意外にも…/[c]2018 Twentieth Century Fox Film Corporation 全編にわたり近未来の日本を舞台に展開する本作は、“ドッグ病”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と、5匹の犬たちの壮大な冒険を描きだす。先日行われた第68回ベルリン国際映画祭ではアニメーション作品としては異例の銀熊賞(監督賞)に輝き、早くも来年のアカデミー賞長編アニメーション部門の有力作として注目されている。 今回到着したキャラクターポスターに登場するのは、愛犬スポッツを探しにたった1人で犬ヶ島へやってきた12歳の少年・小林アタリ(ランキン・こうゆう)を筆頭に、彼の手助けをするヒーロー犬たちと物語を大きく左右させる人間たちの姿。その中には日本人キャストが声を担当するキャラクターも登場している。 まずヒーロー犬たちからは、闘争心にあふれケンカの強いノラ犬のチーフ(ブライアン・ク...more
カテゴリー:

アニメ版「メカゴジラ」の姿が明らかに!史上最大のゴジラゴジラ・アースと激突する『GODZILLA 決戦機動増殖都市』予告編が公開 - 04月19日(木)18:00 

ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』3部作の第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』がいよいよ5月18 日(金)に公開される。 【写真を見る】これがメカゴジラ!?衝撃の場面写真20枚を一気にお届け!/[c]2018 TOHO CO., LTD. 昨年11月に公開された第1章『GODZILLA 怪獣惑星』はゴジラ映画史上初の 3DCG アニメーション作品であり、その映像は大きな驚きをもって迎えられた。この3部作で描かれるのは2万年もの間地球に君臨し続けてきたゴジラと、絶滅の縁に追い詰められながらもそれに抗う「人類」の物語だ。 第2章となる『決戦機動増殖都市』では、体高300メートルを超える歴代最大のゴジラ、ゴジラ・アースを倒すため、シリーズ不動の人気を誇るメカゴジラが新たな姿で現れるとあって、ファンの注目を集めていた。 このたび解禁された予告編では、人類の生き残りとされる種族「フツア」の長老らしき人物が語る“卵の歌”などゴジラファンには気になる要素も盛り込まれ、かつてのメカゴジラの材料であった“ナノメタル”の謎に迫っており、人類最後の希望とされるメカゴジラがどのような姿で登場するのか期待が高まる内容になっている。 そして「人型種族こそが、ゴジラと呼ばれるに至らなくてはならない」という台詞はなにを意味するのか。主人公のハルオ、ヒロインのユウコ、そして異星人のメト...more
カテゴリー:

ロディ・パイパー フィクションとノンフィクションの境界線――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第63話> - 04月19日(木)08:31 

「オレは6000試合も闘ってきたんだ」「オレは15のトシからこの仕事をやってるんだ」という“語録”を遺した。  “ラウディ”ロディ・パイパーは、1980年代以降、ハルク・ホーガンとアンドレ・ザ・ジャイアントと並びアメリカでもっとも一般的知名度の高いプロレスラーだった。  トレードマークは、スコットランドの民族衣装のキルトとバグパイプ。スコットランドのグラスゴー生まれ、ゲール貴族の末えいを自称したが、じっさいはカナダ出身。  プロレスラーとしてのキャラクターと同じように、パイパーの人生はフィクションとノンフィクションとがつねにごちゃ混ぜになっていた。  父親はスコットランド人で、母親はアイルランド人だというからスコットランド出身という架空のプロフィルは両親のバックグラウンドがヒントになっていたのだろう。  じっさい、パイパーは少年時代の数年間をスコットランドで過ごし、このときに少年少女楽団でパグパイプの演奏を学んだのだという。  家族とともにカナダ・トロントに戻ったのはパイパーが10代になってからで、警察官だった父親とうまくやっていけずロディ少年は12歳で家を出た(とされる)。  “12歳で家出”というプロフィルはあくまでもパイパー自身のコメントによるものだが、ほんとうは15歳だったかもしれないし、18歳だったかもしれない。  生年月日については“1950年”“195...more
カテゴリー:

実写版くまのプーさんはフワフワ&もこもこ!『プーと大人になった僕』の映像に癒やされる! - 04月19日(木)04:00 

世代を超えて幅広く愛される人気キャラクター「くまのプーさん」がアニメーションの世界から飛びだし実写映画化される。このたび日本公開タイトルが『プーと大人になった僕』に決まり、特報映像が公開された。 「くまのプーさん」は1966年に初めて映像化された短編アニメーション『プーさんとはちみつ』以降、これまで短編・長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメーション作品が作られてきたが、実写映画化は本作が初となる。 「子どものころの宝物を、どうして大人は忘れてしまうのだろう。どうして僕は君を忘れてしまったのだろう」というナレーションとともに、プーとクリストファー・ロビンの少年時代のイラストからはじまるこの特報映像では、ロンドンで忙しい毎日をおくる大人になったクリストファー・ロビンとプーの再会の瞬間が描かれる。 重要な仕事をまかされたクリストファー・ロビンが公園のベンチで頭を抱えていると、ふいに声をかけられる。どこか懐かしい声のする方向に振り向くと、そこにはかつての親友プーの姿が。プーとクリストファー・ロビン、2人の奇跡の再会からはじまる感動の物語を予感させる仕上がりになっており、2月に開催されたディズニーのファンイベント「D23 Expo Japan 2018」で映像を見たファンの間では「かわいすぎる!」と早くも話題だ。 注目すべきは、実写ならではのフワモコ感でプーさんの可愛さ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ション作品」の画像

もっと見る

「ション作品」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる