「シャンソン」とは?

関連ニュース

【テレビ】船越英一郎の前で「(不倫は)破滅ですよ」 美輪明宏、視聴者相談の中で - 07月20日(木)23:21 

妻の松居一代さんから不倫疑惑を突き付けられ、離婚騒動で揺れる俳優の船越英一郎さんが出演するテレビの生放送で、本人の目の前で不倫に関する話題となり、出演者が「現実にした途端に破滅ですよ」と、不倫行為を切り捨てる一幕があった。 番組はNHK「ごごナマ」。出演者は、シャンソン歌手など幅広い活動で知られる美輪明宏さん。番組では美輪さんについて、「数々の人生相談で知られる」などと紹介し、視聴者からの相談を取り上げる中での一コマだった。 しきりにうなずく船越さん 2017年7月20日、NHK「ごごナマ」の13時台のゲ...
»続きを読む
カテゴリー:

美輪明宏の「美少年伝説」 三島由紀夫が思わず吐いた言葉とは? - 07月18日(火)17:00 

 2012年と2015年の「NHK紅白歌合戦」で放送禁止歌とされた『ヨイトマケの唄』を歌い、お茶の間に衝撃と称賛をもたらした圧倒的な歌唱力と存在感。そして、あの戦後を代表する作家・三島由紀夫に「天上界の美」とまで言わしめた人物――。  その人こそ、佐藤剛氏による本書『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」天才たちはいかにして出会ったのか』で語られるシャンソン歌手の美輪明宏さん。"稀代の表現者"として今なお第一線で活躍しており、その存在感は薄れることを知りません。そんな美輪さんに多くの著名人たちが惚れ込でんきたのもまた事実です。  同書では、音楽プロデューサーの佐藤氏が、貴重な資料や証言をもとに、江戸川乱歩、三島由紀夫、中村八大、寺山修司といった天才たちと美輪さんの出会いにまつわるエピソードをはじめ、美輪さんがその才能を開花させる道程が描かれています。美輪さんの原点ともいうべき少年時代にも、すでに今日の片鱗が伺えます。  例えば、江戸川乱歩と美輪さんが出会ったのは、美輪さんがシャンソン歌手を夢見て上京し、まだ「丸山臣吾」の本名で歌い始めた16歳の頃。同性愛者が集まる銀座の喫茶店「ブランスウィック」でした。  ブランスウィックは、同性愛者であることを隠す各界の著名人や官僚などが集まり、噂を聞きつけた文化人などもこぞって集まる場としても知られていた場所。その客の一人だった江戸川乱歩は、臣吾...more
カテゴリー:

クミコ with 風街レビュー、ニューアルバムに 豪華トップクリエーターが参加 - 07月09日(日)18:00 

歌手・クミコのデビュー35周年を記念した「クミコ with 風街レビュー」のニューアルバムが、9月27日に発売されることがわかった。 2016年にスタートした「クミコ with 風街レビュー」は、松本と初タッグとなる作曲家との共作によって大人のラブソングを作るプロジェクト。第1弾として、秦 基博の作曲による「さみしいときは恋歌を歌って」、永積崇の作曲による「恋に落ちる」を収録した両A面シングルをリリース。第2弾シングルで、つんく♂との初顔合わせが実現し、意味深で訳ありな大人のラブソング「砂時計」が誕生した。9月27日にリリースするニューアルバムで「クミコ with 風街レビュー」はついに集大成を迎える。 今作は作詞家・松本隆の書き下ろしや未発表詞を含む全10曲を収録。既発表シングルより秦基博、永積崇、つんく♂のほか、新たに初顔合わせとなる横山剣(クレイジーケンバンド)、亀田誠治、菊地成孔、吉澤嘉代子、村松崇継など、日本の音楽界をリードするトップクリエーターが作曲を手掛ける渾身のフルアルバムとなる。サウンドプロデュースは2枚のシングルに続き冨田恵一が担当。なお、松本がアルバム全曲の作詞を手がけるのは、松本がプロデュースしたクミコの再デビューアルバム『AURA』以来17年ぶりとなる。 クミコのデビュー35周年とニューアルバムの発売を記念したコンサート『クミコ・ザ・ベストコンサー...more
カテゴリー:

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(7月20日付) - 07月20日(木)18:30 

ガジェット通信です。 『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 7月20日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。  ■【7月20日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:7月17日(月)〜7月23日(日)劇場公開作品 人気アニメーションシリーズ第3弾『怪盗グルーのミニオン大脱走』が第1位! 2015年に劇場公開されたアニメの実写化『心が叫びたがってるんだ。』、世界各地の映画祭を席巻したファンタジーホラー『ウィッチ』にも注目。 1位 『怪盗グルーのミニオン大脱走』(https://yahoo.jp/vZUEcL) ■公開日 :2017年7月21日(金) ■監督  :ピエール・コフィン カイル・バルダ ■キャスト:スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、トレイ・パーカー、ミランダ・コスグローヴ、デイナ・ゲイアー、ネーヴ・シャレル、スティーヴ・クーガン、ジュリー・アンドリュース、ジェニー・スレイト、アンディ・ナイマン、ピエール・コフィン 他 ■作品概要:『ペット』『SING/シング』などのイルミネーション・エンターテインメントによる人気シリーズ『怪盗グルー』の第3弾。アグネス、...more
カテゴリー:

日本、オランダに連勝=バスケット女子 - 07月09日(日)19:04 

 バスケットボール女子の日本代表は9日、愛知県のウイングアリーナ刈谷でオランダ代表との国際強化試合最終第2戦に臨み、72-45で第1戦に続き快勝して日程を終えた。 日本は序盤から主導権を握り、前半で15点をリード。河村(シャンソン化粧品)がチーム最多の13点を挙げた。 日本は23日からインドで行われるアジア・カップに3連覇を懸けて出場する。 [時事通信社]
カテゴリー:

クミコ×松本隆氏、9・27にアルバム 亀田誠治・横山剣ら豪華クリエイター集結 - 07月09日(日)05:00 

 歌手クミコがデビュー35周年を記念し、作詞家・松本隆氏とタッグを組むプロジェクト「クミコ with 風街レビュー」のアルバム(タイトル未定)が9月27日に発売されることが9日、明らかになった。松本氏が全曲で作詞を担当、そして作曲を手がける亀田誠治、横山剣、菊地成孔ら強力なクリエイター、アーティストたちとのコラボにも注目だ。 亀田誠治、横山剣ら豪華制作陣が集結  2016年にスタートした「クミコ with 風街レビュー」は、松本氏と初タッグとなる作曲家との共作によって大人のラブソングを作るプロジェクト。これまでは、第1弾に秦基博作曲の「さみしいときは恋歌を歌って」、永積崇(ハナレグミ)作曲の「恋に落ちる」を収録した両A面シングル。第2弾シングルではつんく♂との初顔合わせが実現し、意味深でワケありな大人のラブソング「砂時計」が誕生した。  今回のアルバムはそんなプロジェクトの集大成。松本氏の書き下ろしや未発表詞を含む全10曲を収録。既発表シングルより秦基博、永積崇、つんく♂のほか、新たに初顔合わせとなる横山剣(クレイジーケンバンド)、亀田誠治、菊地成孔、吉澤嘉代子、村松崇継など、日本の音楽界をリードするトップクリエイターが作曲を手掛ける渾身のフルアルバムとなる。サウンドプロデュースは冨田恵一(冨田ラボ)が続投、松本氏は17年ぶりにアルバムの“全編作詞”を手がける。  銀座の「...more
カテゴリー:

「シャンソン」の画像

もっと見る

「シャンソン」の動画

Wikipedia

シャンソン () は、フランス語歌曲である。

概要

本来、シャンソン () は、フランス語の意味である。したがって、少なくとも現代のフランス語圏においては、シャンソンは歌全般を意味し、特定ジャンルの楽曲を指すものではない。他言語圏では''フランス語で歌われる曲''という意味で使われることが多く、この場合も何らかの音楽的特徴を持つものではなく、中世の「武勲詩」や「きらきら星」、「ラ・マルセイエーズ」なども広義のシャンソンである。そのため、歌謡曲としてシャンソンは「モダンシャンソン」、「パリジャン・シャンソン」などと呼ばれるほかシャンソン・ド・ボア(動きのないシャンソン)、シャンソン・ド・シャルム(魅惑的なシャンソン)、シャソン・ド・レアリスト(リアリスティックなシャンソン)、シャソン・ド・サンチマンタル(センチメンタルなシャンソン)、シャソン・ド・ファンタジスト(動きのあるシャンソン)といった風に、「シャンソン」という語...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる