「シボレー」とは?

関連ニュース

Official: スバル・オブ・アメリカが「フォレスター ブラック エディション」を発表! - 05月21日(日)20:00 

Filed under: クロスオーバー/ CUV, 特別/限定車, スバル, アメリカ【ギャラリー】2018 Subaru Forester Black Edition4 ブラックのトリムを好む人は多いらしい。これまで日産やシボレー、ホンダが、ダークなボディ・カラーを採用し、クロームや色付きパーツの使用を抑えた特別仕様車を発売している。そして今回、SUBARUの米国法人であるスバル・オブ・アメリカがその仲間に加わり、2018年モデルとして「フォレスター ブラック エディション」を発表した。 Continue reading スバル・オブ・アメリカが「フォレスター ブラック エディション」を発表!スバル・オブ・アメリカが「フォレスター ブラック エディション」を発表! originally appeared on Autoblog Japan on Sun, 21 May 2017 07:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

Etc: 【ビデオ】「コルベット・スティングレイ」の組み立て工程がよく分かるCG映像 - 05月18日(木)11:00 

Filed under: ビデオ, GM, シボレー, パフォーマンス, テクノロジー, デザイン/スタイル【ギャラリー】2014 Chevy C7 Corvette Stingray First Drive68 2014年のデトロイト・オートショーでデビューした、シボレーのC7こと「コルベット・スティングレイ」。ゼネラル・モーターズ(GM)は、この期待の新型スポーツカーが組み立てられていく工程のCG映像を公開した。 Continue reading 【ビデオ】「コルベット・スティングレイ」の組み立て工程がよく分かるCG映像【ビデオ】「コルベット・スティングレイ」の組み立て工程がよく分かるCG映像 originally appeared on Autoblog Japan on Wed, 17 May 2017 22:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

佐藤は12位=インディカー第5戦 - 05月14日(日)12:03 

 【ロサンゼルス時事】自動車レースのインディカー・シリーズ第5戦は13日、米インディアナ州のインディアナポリス・モータースピードウエーのロードコースで決勝が行われ、22番手発進の佐藤琢磨(ダラーラ・ホンダ)は12位だった。ウィル・パワー(オーストラリア、ダラーラ・シボレー)が今季初勝利。 [時事通信社]
カテゴリー:

Video: 【ビデオ】フォルクスワーゲン「タイプ181」の電気自動車バージョンが登場! - 05月12日(金)19:00 

Filed under: ビデオ, グリーン, フォルクスワーゲン, アフターマーケット, 電気自動車 米国カリフォルニア州のアイコン社といえば、トヨタのFJ44型「ランドクルーザー」や初代フォード「ブロンコ」など、オフロード車のカスタムで有名だが、ここの数年はその守備範囲を広げて来た。1967年製フォルクスワーゲン(VW) 「タイプ2」から、90年代中期の警察車両仕様のシボレー「カプリス」なども手掛けるようになり、そしてついに、この1973年型VW「スィング(Thing)」で電気自動車(EV)の世界に足を踏み入れたのだ。Continue reading 【ビデオ】フォルクスワーゲン「タイプ181」の電気自動車バージョンが登場!【ビデオ】フォルクスワーゲン「タイプ181」の電気自動車バージョンが登場! originally appeared on Autoblog Japan on Fri, 12 May 2017 06:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

Video: 【ビデオ】シボレー「カマロ ZL1」にアフターマーケット製エキゾーストを装着したら、爆音でエアバッグが誤作動! - 05月10日(水)19:00 

Filed under: ビデオ, クーペ, シボレー, アフターマーケット, パフォーマンス 標準のマフラーを直管に交換するハーレーダビッドソンのオーナーたちは「爆音は命を救う」と言う。爆音が本当に命を救うかどうか議論をするつもりはないが、あらゆる物の究極的な爆音は聴力に重大な損傷を与えることがあると指摘したい。だが、爆音による弊害はそれだけではないようだ。今回ご紹介する映像では、新型シボレー「カマロ ZL1」のオーナーが不適切なアフターマーケット製のエキゾーストに交換した結果、エンジン音が大きすぎてサイドカーテンエアバッグが誤作動を起こした瞬間を見ることができる。 Continue reading 【ビデオ】シボレー「カマロ ZL1」にアフターマーケット製エキゾーストを装着したら、爆音でエアバッグが誤作動!【ビデオ】シボレー「カマロ ZL1」にアフターマーケット製エキゾーストを装着したら、爆音でエアバッグが誤作動! originally appeared on Autoblog Japan on Wed, 10 May 2017 06:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comment...more
カテゴリー:

Official: シボレー、新型「カマロ ZL1」をさらにハードコアにする「1LE」パッケージの価格を発表 - 05月20日(土)17:00 

Filed under: クーペ, シボレー, パフォーマンス【ギャラリー】2018 Chevrolet Camaro ZL1 1LE9シボレー「カマロ」の中で最もハードコアなモデルとなる、「カマロ ZL1」用パフォーマンス・パッケージ「1LE」の米国における販売価格が遂に明らかになった。「A1Z」というオーダーコードのこのオプション・パッケージは、新型カマロ ZL1の車両価格に7,500ドル(約83万円)を上乗せすれば購入できる。つまり、合計価格は7万990ドル(約790万円)となる。 Continue reading シボレー、新型「カマロ ZL1」をさらにハードコアにする「1LE」パッケージの価格を発表シボレー、新型「カマロ ZL1」をさらにハードコアにする「1LE」パッケージの価格を発表 originally appeared on Autoblog Japan on Sat, 20 May 2017 04:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

【特集】走行距離32万kmを超えても走り続けている割合が多い、タフなモデルたちをご紹介! - 05月16日(火)17:00 

Filed under: フォード, SUV, トヨタ, シボレー, アメリカ アメリカ人は実に多くの距離をクルマで走る。米国運輸省によると、平均年間走行距離は1万3,000マイル(約2万km)を超えるという。こうした理由から、深刻な問題を起こさずに長距離を走れるクルマの性能は、新車を購入する際に考慮すべき非常に重要な要素となるのだ。 Continue reading 【特集】走行距離32万kmを超えても走り続けている割合が多い、タフなモデルたちをご紹介!【特集】走行距離32万kmを超えても走り続けている割合が多い、タフなモデルたちをご紹介! originally appeared on Autoblog Japan on Tue, 16 May 2017 04:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

平均年収約25万円。昭和30年代の日本のようなウズベキスタンでスポーツカーがモテない理由 - 05月13日(土)08:53 

 読者諸兄にはまったくどうでもいいであろう、ウズベキスタンの交通事情第3弾。最終回である今回は、「ウズベキスタンではどんなクルマがモテるのか!?」をお送りします! さらにどうでもいいネ!!  ウズベキスタンの平均年収は25万円くらい。都市部でも60万円くらい。日本の昭和30年代というところでしょうか。  で、ウズベキスタンでは、95%くらいのクルマが、現地工場のあるGMウズベキスタン製のシボレーブランド車です。車名を書いてもカーマニアである私ですらピンと来ないんだけど、日本で言えばこのようなラインナップだ。 ダマス(スズキの開発)=エブリィ(軽ワンボックス) マチス/スパーク(韓国GM開発の“軽車”)≒ムーブ(軽) ネクシア≒カローラその1 コバルト≒カローラその2 ラセッティ≒カローラその3  この上にマークX相当とハリアー相当もあるが、そっちは年収の10倍以上って感じなのでほぼスーパーカー。100万円台で買えるカローラクラス(ほぼマニュアル車。オートマはゼイタク)がウズベキスタンのシティボーイの憧れで、長い納車待ちを乗り越えて、無理してでも買っている。  で、モテるのはどのクルマか? 「みんなシボレーに乗ってるので、車種による差はないですね」(現地ガイド・アリ氏)  アリ氏の愛車もコバルト。クルマが手に入ればそれでOKのようです。それでも憧れのクルマはある...more
カテゴリー:

Video: 【ビデオ】ロータス「エヴォーラ」にテスラ製パワーユニットを搭載し、450馬力の電気自動車に改造! - 05月11日(木)19:00 

Filed under: ビデオ, クーペ, グリーン, シボレー, ロータス, アフターマーケット, パフォーマンス, テスラ, 電気自動車 電気で走るロータスと聞けば、多くの人はカリフォルニア州に拠点を置く電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズが第1弾として発売した「ロードスター」のことを思い出すだろう。テスラ ロードスターは、ロータス「エリーゼ」の車体をベースに、テスラによる電気駆動システムを搭載したクルマだった。それと同じ精神で、カナダ・トロントにあるOnPointというダイノ&チューニングの会社が、ロータス「エヴォーラ」をEVに改造する「ブルー・ライトニング」と呼ばれるプロジェクトに取り組んでいる。Continue reading 【ビデオ】ロータス「エヴォーラ」にテスラ製パワーユニットを搭載し、450馬力の電気自動車に改造!【ビデオ】ロータス「エヴォーラ」にテスラ製パワーユニットを搭載し、450馬力の電気自動車に改造! originally appeared on Autoblog Japan on Thu, 11 May 2017 06:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

【サッカー】<プレミアリーグ>ユニホーム・スポンサーで最大勢力は?横浜タイヤなどの自動車関連企業など世界的な大企業が名を連ねる - 05月06日(土)09:41 

ブックメーカー関連のスポンサーが10チームを占める。   5月に入り欧州各国リーグもいよいよ終盤。プレミアリーグも今月の21日に最終節を迎える。 優勝争いや残留争いなどが気になる時期だが、今回はユニホームスポンサーに注目したい。   近年、プレミアリーグでは放映権料だけでなくスポンサー契約料も上昇の一途を辿っている。 現在、世界一の契約料といわれているマンチェスター・ユナイテッドとシボレー(アメリカGM社のブランド)の結んだ金額は年間で約70億円にも上る。   胸スポンサーの企業を見ていくとある傾向...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「シボレー」の画像

もっと見る

「シボレー」の動画

Wikipedia

シボレー()は、アメリカ合衆国の自動車メーカー、ゼネラルモーターズ (GM) が製造・販売する自動車のブランドである。略称はシェビー()。フランス語に由来する正式名が英語圏の人には発音し難いため略称がついたとされる。

日本ではスポーティーカー、あるいは大型SUVピックアップトラックなどに代表される、いわゆるアメリカ車のイメージが強いが、シボレーはオセアニアを除くほぼ全世界で展開される、GMでは数少ないグローバルブランドの一つであり、その製品ラインナップも多岐に渡る。なお、オセアニアではホールデンにリバッジされて販売されている。また、韓国市場においては2011年3月に「GM大宇」ブランドが廃止され、一部車種を除いてシボレーブランドに切り替えられた。

概要

創業者はスイス出身のレーシングドライバー、とGM設立に大きく関わったウィリアム・C・デュラントで、1911年に設立した。シボレーのエ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる