「シニア」とは?

関連ニュース

五輪史上に残るフィギュア名勝負 データでSP得点分析 - 02月22日(木)16:44 

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子は23日にフリーがある。首位に立つロシアから個人資格で参加したシニア1年目のアリーナ・ザギトワ(OAR)、同門で2位の世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(同)ら…
カテゴリー:

~シニアの健康志向の高まりに注目~ムーンスターから室内運動履き『オトナノウンドウグツ(大人の運動靴)』発売 - 02月22日(木)13:00 

[株式会社ムーンスター] [画像1: https://prtimes.jp/i/10541/64/resize/d10541-64-989492-0.jpg ] ■シニア層 健康意識の上昇  室内運動習慣のあるシニア層の割合を調べるため当社アンケート調査を行ったところ、60代の約9割、70代...
カテゴリー:

平昌メダリストたちが愛する「豚汁とたこ飯」秘密レシピ公開 - 02月22日(木)11:00 

「選手が食べ慣れた白米だけでなく、海外ではなかなか食べられない“炊き込みご飯”を提供しており、好評です。また大事な試合を前に、プレッシャーで食べられなかったり、ストレスで体重を落としたりしてしまう選手もいますが、試合で最高のパフォーマンスを発揮するためには、持久力やエネルギーを補う糖質が必要ですので、炭水化物がしっかりとれるメニューが多くなっています。これはアスリートに限らず、受験生の食事としても応用できるのでは」 そう語るのは、味の素(株)「オリンピック・パラリンピック推進室」の永井敦美シニアマネージャー。 熱戦が繰り広げられている平昌五輪で、日本勢たちの活躍を支えているのが、選手村のそばにある栄養サポート施設『G-Road Station』。日本オリンピック委員会(JOC)が開設したこの施設では、味の素(株)の全面協力により。家庭料理を中心とした和軽食が提供されている。 同社は、これまでフィギュアの羽生結弦(23)や宇野昌磨(20)、宮原知子(19)などの遠征時の食事全般をサポート。ノルディック複合の渡部暁斗(31)らメダリストの栄養指導なども行ってきた。 『G-Road Station』はビュッフェスタイル。「豚汁」や「野菜だし鍋」など、汁物や温かい鍋が日替わりで出されている。日本人におなじみの豚汁は、試合のエネルギー源となる糖質が豊富なじゃが...more
カテゴリー:

「もっと食べなさい」宮原知子の故障を癒したお母さん食堂 - 02月22日(木)06:00 

(写真:アフロ) 「私たちができることは、選手たちが最高のコンディションで五輪の舞台に立つためのサポート。温かい料理を食べて、自宅にいるような気分で寛いでもらえたらいいですね」 そう語るのは、味の素(株)「オリンピック・パラリンピック推進室」の永井敦美シニアマネージャー。 熱戦が繰り広げられている平昌五輪で、日本勢たちの活躍を支えているのが、選手村のそばにある栄養サポート施設『G-Road Station』。日本オリンピック委員会(JOC)が開設したこの施設では、味の素(株)の全面協力により。家庭料理を中心とした和軽食が提供されている。 同社は、これまでフィギュアの羽生結弦(23)や宇野昌磨(20)、宮原知子(19)などの遠征時の食事全般をサポート。ノルディック複合の渡部暁斗(31)らメダリストの栄養指導なども行ってきた。 そんな『G-Road Station』は、'16年のリオ五輪に続く二回目の開設。永井さんは、“食堂のお母さん”としてリオに滞在していたという。 「一流のアスリートは、食事に対する意識が高いんです。また、ストイックで精神的にきつい選手たちにとって、食事の時間は、少しでもホッとできるものにしたかったのです。だから選手には“いらっしゃい”ではなく“おかえりなさい”と声をかけるようにして...more
カテゴリー:

【平昌五輪】“脅威の15歳”フィギュア女子SP1位のアリーナ・ザギトワが「美しすぎる」と話題 - 02月21日(水)18:48  mnewsplus

https://mdpr.jp/news/detail/1748204 2018.02.21 15:36 平昌五輪(2018平昌冬季オリンピック)は21日、フィギュアスケート女子シングル・ショートプログラム(SP)が行われ、OAR(Olympic Athlete From Russia)のアリーナ・ザギトワ(15)が82.92点という世界新記録を叩き出した。 ザキトワは2002年5月18日生まれ、ロシア出身。今シーズンシニアデビューしたばかりの15歳。メドベージェワと同じエテリ・トゥトベリゼ氏に師事している。 ショートプログラム・フリースケーティングともに基礎点が1.1倍になる後半に全てのジャンプ...
»続きを読む
カテゴリー:

「食べても太らない」平昌メダリストを助けるヘルシーレシピ - 02月22日(木)16:00 

「選手が食べ慣れた白米だけでなく、海外ではなかなか食べられない“炊き込みご飯”を提供しており、好評です。また大事な試合を前に、プレッシャーで食べられなかったり、ストレスで体重を落としたりしてしまう選手もいますが、試合で最高のパフォーマンスを発揮するためには、持久力やエネルギーを補う糖質が必要ですので、炭水化物がしっかりとれるメニューが多くなっています。これはアスリートに限らず、受験生の食事としても応用できるのでは」 そう語るのは、味の素(株)「オリンピック・パラリンピック推進室」の永井敦美シニアマネージャー。 熱戦が繰り広げられている平昌五輪で、日本勢たちの活躍を支えているのが、選手村のそばにある栄養サポート施設『G-Road Station』。日本オリンピック委員会(JOC)が開設したこの施設では、味の素(株)の全面協力により。家庭料理を中心とした和軽食が提供されている。 同社は、これまでフィギュアの羽生結弦(23)や宇野昌磨(20)、宮原知子(19)などの遠征時の食事全般をサポート。ノルディック複合の渡部暁斗(31)らメダリストの栄養指導なども行ってきた。 『G-Road Station』はビュッフェスタイル。「豚汁」や「野菜だし鍋」など、汁物や温かい鍋が日替わりで出されている。日本人におなじみの豚汁は、試合のエネルギー源となる糖質が豊富なじゃが...more
カテゴリー:

【フィギュア】宇野昌磨「自分を好きじゃないので、顔はほとんど見たことがない」18歳で語った自分★2 - 02月22日(木)12:46  mnewsplus

2/22(木) 7:00配信 AERA dot.  初めての五輪で銀メダルを獲得した、男子フィギュアスケートの宇野昌磨。天真爛漫で、愛されキャラと言われる宇野だが、2年前、表紙にもなった「AERA 2016年3月21日号」では、初々しく、まだ硬い蕾(つぼみ)を思わせる姿を見ることができる。 「追いかけるだけではダメな日が来る。先輩たちから学んだのは気迫」  そう語っていた、当時18歳だった宇野のインタビューを当時のまま掲載します。 *  *  *  表紙撮影の日は、高校の卒業式。地元テレビは朝から彼を追いかけた。 「高校で...
»続きを読む
カテゴリー:

【フィギュア】宇野昌磨「自分を好きじゃないので、顔はほとんど見たことがない」18歳で語った自分 - 02月22日(木)07:05  mnewsplus

2/22(木) 7:00配信 AERA dot.  初めての五輪で銀メダルを獲得した、男子フィギュアスケートの宇野昌磨。天真爛漫で、愛されキャラと言われる宇野だが、2年前、表紙にもなった「AERA 2016年3月21日号」では、初々しく、まだ硬い蕾(つぼみ)を思わせる姿を見ることができる。 「追いかけるだけではダメな日が来る。先輩たちから学んだのは気迫」  そう語っていた、当時18歳だった宇野のインタビューを当時のまま掲載します。 *  *  *  表紙撮影の日は、高校の卒業式。地元テレビは朝から彼を追いかけた。 「高校で...
»続きを読む
カテゴリー:

平昌メダリスト支える味の素お母さん食堂の秘密メニュー - 02月22日(木)06:00 

熱戦が繰り広げられている平昌五輪。その平昌で日本勢たちの活躍を支えているのが、選手村のそばにある栄養サポート施設『G-Road Station』。日本オリンピック委員会(JOC)が開設したこの施設では、味の素(株)の全面協力により。家庭料理を中心とした和軽食が提供されている。 同社は、これまでフィギュアの羽生結弦(23)や宇野昌磨(20)、宮原知子(19)などの遠征時の食事全般をサポート。ノルディック複合の渡部暁斗(31)らメダリストの栄養指導なども行ってきた。 五輪のトップアスリートが集まるのが、現地で栄養面のサポートを行う『G-Road Station』だが、そこではどんな料理が提供されているのだろうか? 「選手村の食事が合わない選手や、五輪前に海外を転戦してきた選手も多くいます。そんな選手が栄養を十分に補えて、ホッとできるような日本の味を用意しています。」 そう語るのは、味の素(株)「オリンピック・パラリンピック推進室」の永井敦美シニアマネージャー。 「厳寒の今回の五輪では、とくに心身を温める汁物や鍋が人気ですね。また、日本全国から選手がやってくるので、温麺のつゆは、関東風と関西風の2種類を用意。調理師や管理栄養士など21人が常駐し、昼から深夜まで幅広い競技時間に合わせて食時を提供しています」(永井さん・以下同) 『G-Road Station』はビュッフェスタイ...more
カテゴリー:

宇野昌磨 人見知り少年時代を変えた羽生結弦へのライバル意識 - 02月21日(水)16:00 

「五輪の大舞台に初めて出場した宇野昌磨選手ですが、緊張で硬くなるどころか、どこかワクワクしているようでした。試合前には『こんなに気持ちが高まったことは、今シーズンはなかった』と言うほど。羽生選手と戦うことが、少年がゲームに興じるように楽しくてしかたがないという感じでした」 と語るのはスポーツジャーナリストの野口美惠さん。平昌五輪で銀メダルに輝いたフィギュア男子の宇野昌磨(20)は、羽生結弦(23)の背中を追い続けてきた。スケート関係者が語る。 「10歳だった宇野選手が出場した'08年にデンマークで行われた『スケート・コペンハーゲン』でのこと。一緒に出場した羽生選手が宇野選手の面倒をよくみていました。トイレに行きたくてもモジモジして言い出せなかったくらい人見知りの激しい宇野選手を、羽生選手が一緒に連れて行ってやったこともあります。宇野選手にとっては、羽生選手は兄のような存在。“ゆづくん”と言って慕っていました。羽生選手は、3歳年下の宇野選手を”しょうま”と呼んで、弟のように可愛がっていました」 宇野を長年取材しているスポーツ記者がこう語る。 「羽生選手は、つねに宇野選手を成長させる原動力でした。'09 年に小学生だった宇野選手が、ジュニア大会で3位になりましたが、そこで優勝したのが羽生選手。『ゆづ君は話し方もスケーティングもステ...more
カテゴリー:

もっと見る

「シニア」の画像

もっと見る

「シニア」の動画

Wikipedia

シニア (Senior) 略: Sr.

普通名詞
  • 年上の人。相対的な概念であり若者でもシニアと呼ばれる場合(中学生の野球リーグをシニアリーグと呼ぶ場合もある)もある。ジュニアの反対語。
  • 高齢者のこと。シニア世代などと使う。
  • 英・米の人名で、父と息子が同名である場合、明示するために姓名のあとにつけて親であることを表す言葉。トーマス・J・ワトソン シニアなど。
固有名詞
  • トーマス・J・ワトソン シニア - IBMの創立者
  • PGAシニアツアー - 日本プロゴルフ協会 (PGA)が運営するシニアゴルフツアーの名称。PGA会員で満50歳以上のプロゴルファーが参加できる。
  • シニアカー - 高齢者向けの三輪または四輪の一人乗り電動車両(バッテリーカー)。
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる