「シナプス」とは?

関連ニュース

CTC、AI活用のために開発技術を体系化し、ハイブリッドクラウド環境を提供 - 10月16日(月)08:00 

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月13日記者説明会を開催し、データの準備、学習、アプリケーションの開発などのAIに関する開発技術を体系化した「CTC Artificial intelligence Resolution Library&Architecture(CarlA:カーラ)」と、それに対応したAI活用のためのハイブリッドクラウド環境「CTC Integrated AI Platform Stack(CINAPS:シナプス)」を提供開始すると発表した。
カテゴリー:

光チップ上に人工シナプスを実装、脳型コンピュータ実現めざす - エクセター大など - 10月06日(金)12:34 

エクセター大学、オックスフォード大学、ミュンスター大学の研究チームは、ヒトの脳におけるシナプスの動作を模倣した人工シナプスを、光チップを用いて実装することに成功したと発表した。脳型コンピュータ実現のための重要な技術であるとしている。
カテゴリー:

CTCがAI活用システム向けクラウドサービスを開始、導入から運用までを一括支援(ニュース) - 10月13日(金)16:21 

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2017年10月13日、利用企業が人工知能(AI)技術を使いやすくするハイブリッドクラウド環境「CTC Integrated AI Platform Stack(CINAPS:シナプス)」の提供を開始した。
カテゴリー:

Intel、人の脳を模倣した自己学習型AIチップを発表 勝手にどんどん賢くなってゆくらしい - 09月28日(木)11:26  news

インテル、自己学習型AIチップ「Loihi」発表--人間の脳の仕組みを模倣 2017年09月28日 10時40分 Intelが「Loihi」という名のニューロモルフィック人工知能(AI)テストチップを発表した。 環境から獲得したデータから学ぶことで、脳の機能の模倣を目指したものだという。 Intelでは、「機械と人間の脳を比較する」取り組みから、自己学習型で エネルギー効率の高いAIチップが生まれたとしている。 このチップは非同期スパイクの仕組みを利用して周囲の環境から 推論を引き出し、どんどん賢くなっていくという。 Intel La...
»続きを読む
カテゴリー:

「シナプス」の画像

もっと見る

「シナプス」の動画

Wikipedia

シナプス(synapse)は、神経細胞間あるいは筋繊維(筋線維)、神経細胞と他種細胞間に形成される、シグナル伝達などの神経活動に関わる接合部位とその構造である。化学シナプス(小胞シナプス)と電気シナプス(無小胞シナプス)、および両者が混在する混合シナプスに分類される。シグナルを伝える方の細胞をシナプス前細胞、伝えられる方の細胞をシナプス後細胞という。

神経細胞の構造図 [[:

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる