「シシド・カフカ」とは?

関連ニュース

横山だいすけ、ディズニー/ピクサー作品の吹き替え初挑戦「いい経験をさせていただいた」 - 01月18日(木)04:00 

 『おかあさんといっしょ』(NHK)の11代目うたのお兄さんを務めた横山だいすけが、ディズニー/ピクサーの長編アニメーション最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)の日本語吹き替え版声優に起用されたことが発表された。ディズニー/ピクサー作品の声優は初挑戦となり、「小さい頃からディズニー作品が大好きで、いつか関わることができたらいいなと言い続けてきたので、決まってから楽しみでしょうがなかったです!」と喜んでいる。 【動画】エンドソングはシシド・カフカ、日本版予告  同作は、陽気でカラフルな“死者の国”に迷い込んだ、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルが、元の世界に戻るため、ガイコツのヘクターと大冒険を繰り広げる物語。やがて2人がたどり着くのは、ミゲルの家族の驚くべき“秘密”。すべての謎を解く鍵は、今は亡き伝説のスター、エルネスト・デラクルスが歌うミゲルの大好きな曲「リメンバー・ミー」に隠されていた。時を越えて家族をつなぐ奇跡の歌と、何世代もつながってきた家族の絆を描き、『第75回ゴールデン・グローブ賞』でアニメ作品賞を受賞した。  横山が担当するのは、主人公ミゲルのお父さん。ミゲルの夢に理解を示しながらも、“靴職人”として代々続く家族の伝統を受け継いでもらいたいと願っているという役どころだ。  声優挑戦について「自分ではない誰かを演じるにあたり、“間”が違うといいますか…。『...more
カテゴリー:

藤木直人・松雪泰子、ディズニー/ピクサー作品の吹き替え初挑戦 歌も披露 - 01月12日(金)04:00 

 先日発表された『第75回ゴールデン・グローブ賞』でアニメ作品賞を受賞した、ディズニー/ピクサーの長編アニメーション最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)の日本語吹替版に、俳優で音楽活動もしている藤木直人と女優の松雪泰子が参加していることがわかった。二人ともディズニー/ピクサー作品の声優は初挑戦となる。 【動画】エンドソングはシシド・カフカ、日本版予告  陽気でカラフルな“死者の国”に迷い込んだ、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルが、元の世界に戻るため、ガイコツのヘクターと大冒険を繰り広げる。やがて二人がたどり着くのは、ミゲルの家族の驚くべき“秘密”。すべての謎を解く鍵は、今は亡き伝説のスター、エルネスト・デラクルスが歌うミゲルの大好きな曲「リメンバー・ミー」に隠されていた。時を越えて家族をつなぐ奇跡の歌と、何世代もつながってきた家族の絆を描いた物語。  藤木が担当するのは、主人公の相棒となるガイコツ、へクター。日の出までに元の世界へ帰らないと「永遠に家族に忘れられてしまう」という最大のピンチに立たされたミゲルに手を差し伸べる。お調子者で陽気なヘクターだが、実は彼にも「家族に会いたい…」という切なる思いがあり、ミゲルに“ある願い”を託したいと考えていた。  藤木は「ピクサー作品をやってみたいという思いがあったので、うれしい反面、決まったからにはやらなきゃという責任感とプ...more
カテゴリー:

シシド・カフカ、A・ヘプバーンの生き方「憧れ」 - 01月09日(火)19:33 

 ドラマーで歌手、女優のシシド・カフカ(32)が9日、東京・中央区の日本橋三越本店で、「写真展オードリー・ヘプバーン」の内覧会にスペシャルゲストとして参加した。  写真集「オードリー・ヘプバーン」の帯に寄稿文を寄せるなど、93年に63歳…
カテゴリー:

【芸能】シシド・カフカ「走る姿はすごいブサイク」 - 12月26日(火)03:36  mnewsplus

 12月24日に放送された『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に歌手でモデルのシシド・カフカが出演。アルゼンチンで過ごした中学校時代のエピソードを語った。  「生まれがメキシコで、中学時代はアルゼンチンで」という経歴を持つシシド。番組では、藤木直人がシシド行きつけのアルゼンチン料理店で、アルゼンチンで過ごした中学時代の話を聞いた。アルゼンチンに住んでいる時は、「日本人学校」「アメリカンスクール」「現地の中学校」の3校から、現地の中学校を選択したらしい。  その理由を「すべての学校に通っている日本人の人...
»続きを読む
カテゴリー:

映画「リメンバー・ミー」の日本版声優に藤木直人&松雪泰子が決定! - 01月12日(金)04:00 

3月16日(金)に公開される美しい“死者の国”を舞台に、大冒険と“家族の絆”をテーマにした映画「リメンバー・ミー」の日本版声優に藤木直人と松雪泰子が決定したことが分かった。 【写真を見る】映画「リメンバー・ ミー」のポスターカット/(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 藤木が演じるヘクターは、ミゲルが迷い込んだカラフルな“死者の国”で出会い、共に冒険する重要なキャラクター。日の出までに元の世界へ帰らないと“永遠に家族に忘れられてしまう”というピンチに立たされたミゲルに手を差し伸べるのが、ガイコツのへクターだ。お調子者で陽気なヘクターだが、実は彼にも“家族に会いたい…”という切なる思いがあり、ミゲルに“ある願い”を託したいと考えていた。 ディズニー/ピクサー声優初挑戦となる藤木は、「ピクサー作品をやってみたいという思いがあったので、うれしい反面、決まったからにはやらなきゃという責任感とプレッシャーがありました」と心境を告白。さらに、家族がテーマということもあり、アフレコ時には「劇中では祭壇に家族の写真を飾ったりしていたので、(僕は)子供たちの写真を台本に貼ってやっていました 」と家族思いのエピソードを明かした。 また、松雪が演じるミゲルのご先祖ガイコツ(ひいひいおばあちゃん)であるイメルダも、物語のカギを握る重要なキャラクターだ。イメル...more
カテゴリー:

【芸能】“オードリー”シシド・カフカ、YOSHIKI尊敬「唯一無二の存在」 - 01月10日(水)06:15  mnewsplus

2018.1.10 05:03 “オードリー”シシド・カフカ、YOSHIKI尊敬「唯一無二の存在」  ドラマーで女優、シシド・カフカ(32)が9日、東京・日本橋三越本店で「写真展 オードリー・ヘプバーン」(22日まで)の内覧会に出席した。  オードリーの髪形を意識したカフカは「ドラムボーカルが私のアイデンティティー」と笑顔。  昨年末のNHK紅白歌合戦で、頸椎人工椎間板置換手術後初のドラムプレーを披露したX JAPANのリーダー、YOSHIKIについて「彼のドラムをまねして諦めた過去がある。唯一無二の存在」...
»続きを読む
カテゴリー:

シシド・カフカ、体型で悩んだ過去明かす 小学生で「これぐらいの身長だった」 - 01月09日(火)19:02 

 ドラマーで歌手のシシド・カフカが9日、東京・日本橋三越本店7階で写真展『オードリー・ヘプバーン』でトークショーを開催。誰もがうらやむスタイルの持ち主だが、それがコンプレックスだった過去を明かした。 【写真】似てる?オードリー・ヘプバーンとシシド・カフカ  オードリーをイメージしたという髪型で登場したカフカは一足先に同展を内覧。「あらためて見ると違った顔が見える」と見どころを語った。オードリーは細い首がコンプレックスだったが、それを隠すようなファッションがトレードマークとなった。自身のコンプレックスを問われると「小学校卒業のときに、これぐらいの身長があった。それをコンプレックスに感じたことはあります」と振り返る。今では代名詞となった際立つスタイルが悩みのタネだった過去を告白した。  この日が仕事始めだという。昨年はドラマにも出演するなど引っ張りだこになったが、今年の抱負を問われると「今年は、それ(ドラマ出演など)を丁寧に音楽につなげていきたい」とにっこり。今年の主軸は「音楽にしたい」とし、「ライブはできたらいいな」と目標を掲げた。昨年末の紅白歌合戦でロックバンド・X JAPANのYOSHIKIがドラムを復活させたという話題を振られるとカフカは「彼はレジェンド」と尊敬の眼差しをしていた。  また、昨年はデビュー以来のトレードマークだったロングヘアを約50センチも切った。伸ばす...more
カテゴリー:

「シシド・カフカ」の画像

もっと見る

「シシド・カフカ」の動画

Wikipedia

シシド・カフカ(本名:非公開、1985年6月23日 - )は、日本歌手ドラマー、女優、モデル。公称身長175cm。玉川学園高等部卒業、東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。

現在はavex traxの新セクション「JUSTA MUSIC」に所属。

デビュー時の所属レーベルは、テイチクエンタテインメントJ-POPレーベルであるインペリアルレコード。

経歴

メキシコで生まれ、小学校時代まで日本で過ごす。

5歳からピアノバイオリンを習うが、いずれも長くは続かなかった。

12歳の時、父の仕事の関係で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる